即席の足跡《CURIO DAYS》

毎日の不思議に思ったことを感じるままに。キーワードは、知的?好奇心、生活者発想。観る将棋ファン。線路内人立ち入り研究。

謹賀新年 2015

2015年01月05日 18時44分54秒 | 日記とニュース
バタバタしているうちに時間は通り過ぎ、あっという間の一年。
去年は徐々に忙しくなって後半はすっかり余裕がなくなってしまいました。
ブログを始める一つの理由であった「自分と向き合う時間」が徐々に減ってきてしまった昨年でした。

そう、それだけでなく、
将棋と向き合う時間、社会や未来と向き合う時間、線路内人立ち入りと向き合う時間。
思うように取れなくなってしまいました。

すべての元は、余裕、です。
気持ちの中のハンドルの遊びの部分。

つくづく反省です。

いいことも悪いこともたくさんあったけど、何とか無事に2014年が幕を閉じ、穏やかに新年を迎えることができました。

皆さま、新年明けましておめでとうございます。

昨年の反省からしても、今年はテーマは『余裕』ですね。

忙しい中でも、余裕をきちんと作り出さないといけない。
走っていても余裕を持って走っていなければいけない。

持ち前の好奇心ゆえ、どんどん広がってしまっているものをしっかりひとつずつ切り落としていく作業が肝心。

羅針盤の精度を上げるの記事でも取り上げたけど、いろいろある選択肢の中から取捨選択の捨てる方を見極めてスパッと行動していくことが大切だとつくづく感じます。

やらないことを決める
断捨離
ですね。

ブログ更新がどこまで追いついていけるかはわからないけど、心身ともに余裕に裏打ちされた充実の2015年にしていきたいと思っています。                 

新年が皆様にとって素晴らしい年になりますように。

今年もまた楽しいお付き合いのほどよろしくお願いします。
コメント

別れの朝

2014年09月06日 12時55分51秒 | 日記とニュース
忙しさにかまけてまたまた更新できずにいます。
次回の電王戦の発表もあったし、王位戦、王座戦、竜王戦挑決と、羽生さんの大事な戦いが続いているし、昨日のアギーレジャパン緒戦のことだってあるし、書きたいことは山積みです。

さて、昨日の朝の話です。

電車で隣に座ってる若い女の子がかなりの爆睡で舟こいでる。

こっちばっかりにがんがん当たってくる。

たまーに反対側にも振れるのだけど、メインはこっち、すぐにこっちが主体の動きになる。

これが、結構強くぶつかってくる。

体幹をしっかりして動じないようにしてるのだけど、向こうもスポーツしてるのか結構しっかり当たってくる。

おとなしくもたれかかってくるのならそれなりの対応もあるし、顔を覗き込んだり、朝から変な気持ちにもなるだろうけれど、かなり攻撃的だ。

ザックジャパンにも欲しかったアグレッシブに向かっていく姿勢だ。

1対1で絶対に負けないフィジカルな強さだ。

やられるがままになっていたけど、これはちょっと看過できない。

ぎゅっと押しつけておいてひらりと身を交わすテクニックを駆使したのだけど、全然動じる気配がない。

相変わらず同じリズムでしっかりと攻撃を続けてくる。

完全にポゼッションは支配されている。

フェイントも効かない。

こんなに受け身ばかりでいいのか。

逃げるわけにはいかないし、どのように反撃をしかけるのか、いろいろ作戦を考える。

ある駅に電車が着いた。
その途端、何事もなかったかのようにパッと目覚めて立ち上がり、さっさと降りていった。

あっけにとられてその後ろ姿を見送っている多分アホな顔した自分。

あー、やられた。かなりの強者だ。

朝から戦いに巻き込まれ、必死で反撃を試みようとしていたらサッと交わされて一人取り残された空しいオジサン。

この気持ちを誰にぶつけたらいいのか。

諸行無常。

彼女の肩の感触だけが空しく残る。

若い子にいい様に振り回され、逃げられ、もて遊ばれた朝。

これから長い一日、どう力強く生きていったらいいのか。

力が出ない。

人生は危険な罠に満ちている。
コメント (2)

伝統に胡坐

2014年08月29日 16時22分35秒 | 日記とニュース
先日、銀座のI東屋に行ってボールペンの芯を買った。

カウンターのお姉さんに聞いて、このボールペンなら1番の引き出しです、と言われたので、よく使うペンなので芯を4本も買って帰った。

で、すぐに入れ替えようとしたらこれが合わない。
その場で合わせてみればよかったと反省したけどもう遅い。

仕方なく予定をやりくりして再び銀座に。

その旨説明すると、別に謝るわけでもなく、穏やかに
『返金の手続きを他部署の方でやるので10分ほどお待ちいただきます。』
とさらりと言う。
はっ?
10分待つの?
何だかあらぬクレームをつけて返品を強要する客になったみたいな対応だ。

素直で温厚なオジサンもこれにはさすがに切れた。

『そちらが言った1番の引き出しから買って帰ったら違ってたので、時間も交通費もかけてまたわざわざこのために来たんですよ。』
と、少し低い声で言う。

暗に「交通費も時間もどうしてくれんの?」
という意味も込めた冷めた視線もしっかり送る。

すると、すぐに対応が変わった。
お待ちください、と、レジに走って行ってあっという間に処理してくれた。

なんだよ、できるんじゃん。
じゃ、最初からやれよ。

10分お待ちください、なんて対応するかなあ。
返金手続きは他部署でしかできない、ってほんとにそうなの?
自分で間違えたのも含め、こういうケース、ずいぶんあるんじゃないのかなあ。

この店、人によるのだろうけど、以前から何となく上から目線が気になる部分もある。
銀座の一等地の老舗意識があるのだろうか。
よりお客様に喜ばれるようなサービスの改善とか、そんなイノベーションはうちには必要ないと、伝統に胡坐をかいているのだろうか。

知らないうちに行かなくなってるお客様がいるんじゃないですか?
大丈夫ですか?
また次にこういうことがあったら僕ももう行かないですよ。

100年以上の歴史を誇るこの文房具店。

≪変なオヤジの無理難題なクレーム一件≫
ということで無事に社内処理されたのでしょうか。
コメント

素敵な一日・その2

2014年08月24日 14時30分21秒 | 日記とニュース
《素敵な一日》の続編です。

おとといの話。

珍しく朝から仕事で出かける。
朝の電車、冷房効かせすぎだ。
汗をかいた体に堪える。
カラダの芯が冷えて来てトイレに行きたくなってきた。
しかし運悪く特急に乗ったのでしばらくは停まらない。
結構やばくなってきてちょっとした危機。
行きたいのは大ということもあり、やばい状況に。
あといくつ駅を通過すれば着くのかを冷静を装って数える。
どうせ停まらないのだし、特急なんだからもっと速く走ったらいいのに、と空しく思う。
あと3駅か。
寒いのにまた汗が出る。
・・・
やっとのことで到着。
人を押しのけトイレまで走る。
安堵の時がすぐに訪れると思いきや、甘かった。

3つの個室は全部埋まってるだけでなく、3人も待っている。
あー。

一難去ってまた一難。
モゾモゾしつつ、駅の外に出ちゃおうか、と迷う。
出てもどこにトイレあるかわからないのでここで待った方が得策かと冷静に判断する。

一人出てきた。あと二人。
音がしないかと思えど静寂の時が進む。
事態はさらに深刻化する。
あー、まだまだ時間かかったらオレはどうなるんだ。
最悪の事態を想像する。
音がして一人。
また音がして続けてもう一人。

やっと自分の番が来た。
ふー。
やっとだ。
大事に至らず、危機的状況を必死で乗り越えて、胸を撫で下ろし個室に。

えっ?
和式だ。
なんだよー。

あと二つは洋式なのについてない。
出てくる順番がだめなんだよ。
この部屋のやつが一人前に出て来ていれば。。

などと思うけど個室の種類に固執してる場合じゃない。
とりあえず念願だった目的を一気に果たす。
慣れないからうまく拭けない。
手が回しにくい。
でもまあよしとしよう。

安堵感、達成感、充実感に包まれた瞬間だ。

素晴らしい一日の始まりだ。
コメント

素敵な一日

2014年08月24日 12時28分29秒 | 日記とニュース
まだまだ暑い毎日。
仕事も忙しいし、いろいろな飲み会も結構多いので、あわただしい日が続く。

そんな中、何と言ってもカラダが資本なので、スポーツクラブにはできるだけ時間を作って行くようにしています。
飲んだくれたりも含め体によくないことばかりの生活を是正するべく精一杯体を鍛えるように努力しています。

ということで今日は《悪魔の要塞》など、過去にたくさん書いているスポーツクラブネタ。

夫婦で一緒に行くことも多いので、帰りにはいつも今日こんなことがあった、という奥さんの報告が必ずと言っていいほどある。

スタジオ、お風呂、サウナなどでの場所取り、大声のおしゃべり、牢名主的威圧、裸でうろうろ、などなどおばさんの傍若無人の世界は枚挙に暇がないほど。
それに比べると男はそれほど嫌なことがないのでいつも聞くばかりです。

それがこの前は珍しく、いや、初めてと言っていいほど、すごくいいことがあったという話。

若い女性とロッカーが隣だったので、さっさと片付けて邪魔にならないようにして場所を空けてあげた。
たったそれだけのことなのに、お風呂を出てまた会った時に、

『先ほどはお気遣い、どうもありがとうございました。』と、頭を下げて言ったらしいです。

意外性もあるし不意を突かれて一瞬固まったようです。

こんなの初めて、とすっかり感激してました。

それだけのことで一日中かなり幸せな気分だって。

災害、事件、紛争、いろいろ嫌なことが多い毎日だけど、こういうちょっとしたことがあるだけで、人間って単純だし、素敵な一日になってしまう。

毎日の生活の中でのちょっとした一言、気遣い、大切だなあ、とつくづく思った出来事でした。
コメント

熱中症

2014年07月27日 12時32分09秒 | 日記とニュース
また間が空いちゃいました。

いろいろあったけど、この暑さで何もかもやってられまへん。

過去にも、《もうしょーがない・・・》《猛暑》などの記事、書いてますね。

この間のことをあれこれ書いてみます。

ブログ

ずっと更新してなかったものの、凝りもせず電王戦関連のこと、その他将棋以外の感じたことも含め、かなり下書きはしてました。
これが、どれも並行して書き進めてるのだけど、どれ一つ完成、フィニッシュしないんだよなあ。
パスだけ回してて結局ゴールできないどっかのチームみたいだよ。
それも横パスやバックパスばかりで、ゴールに直結するスルーパスやサイドからの切り崩しができないでいる。
はい、監督も変わったことだし、徐々に今回の反省を生かし、自分らしい記事を書いていきます。

誕生日

つい先日、誕生日でした。
真夏生まれ。
かに座としし座の中間です。
かに座の優しさとしし座の逞しさを併せ持つ、と勝手に言ってます。

いい歳になっちゃいました。
ほんとビックリです。
何と言っても健康が基盤なわけだけど、いくつになっても充実していたいです。
老骨に無知売って、、、
無知じゃ売れないか。
毎日少しでも向上していきたいので、ご厚情のほどよろしくお願いします。

この暑さ。どんどん進行してますよね?
また42度とか、なるのだろうか。
子どもの頃も暑かった夏の思い出はあるけれど、こんな暑さじゃなかった気がする。
ジリジリとは暑いけど、もっとカラッとしていたイメージ。
夏休みに入ったばかりだから、いつも気分的には最高に解放された気分で誕生日を迎えていた。
これからのほぼ40日間。
どこに行って何をしてどう遊ぼうか。
自由を謳歌して最高の時期にいつも迎えていた誕生日。
特に海にはよく行った。
真っ黒になって泳ぎまくった。
それがいつのまにかこんな歳だよ。
ああ。

スマホ

おととい、朝起きたらスマホの電源が入らない。
朝から打ち合わせもあったし、その後も待ち合わせなどもあり、このまま出かけてしまったらかなりやばいかも、と焦った。
午前中の打ち合わせが終わったらショップに駆け込むしかないと思ってその後も何度も電源入れようとしたけど、うんともすんとも言わない。
昼過ぎに(冷房の効いた部屋での)打ち合わせが終わって、ショップに行こうと思い、スマホを手にしてみたら、何と、電源、普通に入った。
なーんだ。
数時間もずっと気になっていたので、騙されたようなホッとしたような。

周りの人にも聞いたら、同じような症状になった人がいた。
スマホやタブレットもどうやら熱中症になるらしい。
やはり電源入らなくなったYさんは、冷蔵庫に入れたら治ったと言ってた。

そう言えば時々異常過熱とかなってた。
人間だけでなく、家電やIT機器なども、この異常な猛暑を熱中症にならないようどう健康に過ごせるのか、かなりの難題になっているのだろう。

IT機器がIT危機。

そんなダジャレ、聞きたくない?

冷房

うちはもう何年も冷房、入れてないです。
奥さんが冷房嫌いということもあり、電気代、いや地球資源節約もあり。
ということで今も駅前のドトールに来て仕事やったりしてます。

家では窓を開けて扇風機。
あとは、タオルで汗を拭き、頻繁にシャワーと着替えでもう何年も乗り切っている。

そして休日の昼はできるだけ出かける。
スポーツクラブに行く。

夜もエアコンは入れずに、窓を開けて扇風機でしのぐ。
お陰様で夏バテもせずにもう10年近くやってます。
長らく使ってないエアコン、まだ使えるのかどうか、わからないです。

熱中症

どうも余裕がなく忙しいのは本来の熱中症だからのようです。

ある占いの結果。

タイプ:《熱中する人》
【好奇心旺盛で、興味を持ったことは何でもやってみようとするタイプ。明るく活動的で、社交的。誰とでもこだわりなく付き合え、出会った人とはすぐ友達になれるようなところがあります。楽天的で、いつも前向き。どんなときにも希望を失わず、人生を楽しむ能力を持っています。自分が楽しむだけではなく、場の雰囲気を盛り上げ、周囲の人を楽しませることができます。抵抗なく新しいものを受け入れ、物事に熱中しやすいところがあります。頭の回転が速く、いろんなアイデアを思いつき、同時に幾つものことをやれる器用さを持っています。
反面、熱しやすく覚めやすいところがあり、物事が長続きしない傾向があります。自分がほしいものと必要なものの区別がつかず、ほしいと思ったらすぐ手に入れたくなり、衝動買いや浪費に走りやすいところがあります。自分に責任のかかってくることからは、なるべく逃れようとします。】


仕事も、お金にならないことも含め、いろいろ広がっていて、考えること、整理すること山積みです。本も、あれも読みたい、あれにも興味ある、となり、上の占いの結果ではないけど、どんどん買ってきてしまう。結局時間もなくて山積みになっている。

ワールドカップも全英オープンもウィンブルドンもどれだけ真剣に見たことか。
もちろん将棋に関しても、モバイル、ニコ生、週刊将棋、将棋世界と観る将棋ファンとして真剣に熱中している。

この傾向はわかっているので、できるだけ手を広げないように、いっぱいいっぱいになる前に、きちんと断捨離しようと心掛けている。

しかし、これだけ暑いとクールでいられない。冷静に対処できない。
熱くなって、あれもこれもとやりたがってしまう。

昨年暮れからまた手を広げてしまい始めてしまったものに“俳句”があります。
前から興味があったのだけど、お誘いに乗って訳もわからず始めてしまいました。
また書きますが、ついこの前も晩夏の句を詠んだところです。

皆様、くれぐれも熱中症にかからないようご注意ください。
コメント (2)

LINE乗っ取られました!

2014年06月28日 12時32分58秒 | 日記とニュース
ずいぶんまた間が空いてしまいました。

かなりひどかったギックリ腰もお陰様でなんとか治まり、毎日ワールドカップ観戦に熱中。
日本戦以外も好試合がたくさんあり、1日何試合も録画を楽しんでいるうちに、ウィンブルドンも始まってしまいました。
仕事でもいろんなことがあり、寸暇を惜しんで考えたり整理したりすることがどんどん増殖しています。
これじゃ時間、いくらあっても足りないです。

そうこうするうちにもう一年の半分が終わってしまいそうですね。

そんな生活を送っている先週、突然ずいぶんご無沙汰の人も含め、たくさんの電話やメールが殺到しました。
えっ?どうなったの、これ?何があった?と久々にちょっと焦りまくり。

要は、
『nanaponさんからなんかメッセージもらったけどこれなーに?』
『手伝うけどどうしたらいいの?』
『nanaponさんじゃないよね?この変なメッセージ。』
『最初から絶対におかしいと思って無視したけど、nanaponさんからこんなの来てるので知ってますか?』


やっとわかったけど、どうやらLINEが乗っ取られたようで、いろんな方に変なメッセージが行ってしまったらしいです。
最近かなり流行ってるようですね。
つい最近乗っ取られた友人がいたのですぐにメールして色々教えてもらい対応したのですけど、いやはや結構大騒ぎでした。

LINE乗っ取りの手口とは? 「コンビニでWebMoneyのカード買って」
=======================
携帯電話用の無料通信アプリ「LINE(ライン)」で、何者かがアカウントを乗っ取り、本人が知らない間に知人に金券を要求するという被害が相次いでいる。登録しているメールアドレスとパスワードを不正に入手しているものとみられ、運営元のLINE株式会社ではパスワードの変更を呼びかけている。

<中略>

この問題は、何らかの方法で不正入手したIDとパスワードを使って、さまざまなサイトにログインを試みる「リスト型アカウントハッキング」によるものとみられている。
複数のサービスで同じIDとパスワードを使っていると乗っ取られやすいとされる。ドワンゴの会員制動画サイト「ニコニコ動画」やSNSサイトの「ミクシィ」でも不正アクセスの被害が相次いでおり、同じメールアドレスとパスワードと複数のサイトで使い回しているユーザーは、パスワードを変更することをお勧めしたい。
=========================

LINEアカウントの乗っ取り被害が拡大している模様!被害にあったときの対処法はこれ
LINE乗っ取り「カード買って」と騙す

皆様、本当にご注意ください。

対応は
1:パスワードをすべて別々にすること
2:できるだけ長くすること
3:記憶できないのでメモすること
4:まめに変更すること
です。
早速いろんなパスワードをどんどん変更。
たくさんの人にご迷惑おかけしてしまいました。

とりあえずアカウント削除され収まったかと思いきや、
その後もまだメール来ます。
『バタバタしていて今メッセージ見たのだけど遅くなってすみません。
これからやっとお手伝いできますが、何をどう手伝えばいいのですか?』
『メッセージ途中でできなくなったけど、どうお手伝いしたらいいですか?』

すみません、お手伝いしないでください!!

知ってる人から『ちょっと手伝ってくれますか?』
と言われると、そりゃできることならお手伝いしましょう、となりますよね?
皆最初は信じてメッセージのやり取りをしたようです。
でもやりとりする中で、何かおかしい、nanaponさんとは違う、あれ?これは怪しい、と徐々に気づいていくようです。

最後はすっかりおかしいとわかって
『てめえ!』とか、
『自分で買え!』とか、
『警察と一緒にお手伝いしましょう。』とか
の展開になった人もいたようでしたが、本当に怖いです。

先日もNHKの『NEWS WEB』で中村太地キャスターも取り上げていたし、流行ってるのは知ってはいたけど、まさか突然自分に来るとは思いませんでした。

皆様もくれぐれも気を付けてください。
コメント

青色吐息

2014年03月13日 12時55分02秒 | 日記とニュース
つい先日、<一石二鳥週間>という記事を書きました。
ピロリ菌除去のための禁酒投薬と深刻極まりない青色申告作業の1週間でした。

飲み会も入れなかったので、ジムにも行った。
しっかり汗をかいた後のグビッ!!がないのはなんともピロリん村と苦しみの日。

禁酒を実行するための苦行感解消のために、4社の各種ノンアルコールビールの飲み比べをやることにしました。(結局どれもビールに比べたらまずい、という結論しか得られなかった。)
生活にいろいろ工夫をしたりしつつ何とか1週間が過ぎました。

なんとか頑張って1週間禁酒後、その達成感と解放感の中の最初のビール1杯はなんと素晴らしかったことか。
ドキドキしちゃいました。
この緊張感がたまらない。
1杯の酒を飲むことがここまでエキサイティングだったとは。
何でもそうだけど、当たり前のように慣れっこになってしまってはもったいない。
その有難味、そして味と雰囲気の新鮮さ。
人生、これほどまでに幸福なわけなんだ。

ということでたまには禁酒もいいものだと実感。
ピロリ菌除去成功かどうかの検査は8週間後とのことです。

さて、もう1件の難題。
ほとんどの作業はこの期間でやっつけたけど、いろいろ細かい不明点や確認事項が出てきて、詳しい人や知り合いの税理士とかに聞いた。
近くのショッピングセンターでも確定申告コーナーができていたのでそこでも相談に乗ってもらった。
結局、細かいところはその人の考え方というか、皆見解が違うということが発覚。
なんだい、どっちだっていいんじゃん。
いい加減だな、ってことも思うけど、まあ、そこまで一人一人細かくはやってられないだろうな、という大人の見解もある。各自の解釈で、って部分もあったっていいっちゃあいい。

そんな最終検証確認作業を経て、やっとのことで昨日終了しました。
税務署は満員行列。

ふ~。

これは1年に1回の作業なのがネックとも言える。
せっかく集中して理解しようとしてやるのだけど、1年後にはまた思い出せないことになる。
これってどうすればいいんだっけ?
その繰り返し。
ここが曲者なのだ。
自分の中に苦手意識がまたいけないということもある。
当然、今回悩んだところ、どんなステップでどうしてこうして、というマニュアル風なメモも作ってはいるのだけど、常に新鮮な悩みがいっぱい。
そんなに激しく仕事してて複雑なデータがあるわけじゃないのだけど、大量の疑問がいつも渦巻く。
もっとわかりやすくできないのかな?
ほんと、教わりながらとはいえ、皆ちゃんとクリアしてるのかな?
ごまかそうとしてではなく、初歩的な計算間違えや勘違いも含め、何もわけわからなくてめちゃくちゃな申告をしてる人って大勢いるのではないかとマジに思う。
そういう人は額が小さいから体制に影響なく、納税額の多い人はきちんと税理士がついてるから心配ないという図式なのだろうか?
こんなに意味不明で一方的な専門用語、もっとどうにかならないのだろうか?
シンプルで誰にもわかりやすくできるような仕組みは難しいのだろうか?
わかんないなら、ちゃんと勉強しろよ、って突っ込まれるかもしれないけど、いつもこの時期の重くて暗い気持ちを何とかできるのであればしたい。
お金払って税理士とか青色申告会とか便利なPCソフトとかに委ねたらというのもいまいち腑に落ちない。
そんなことを考えつつも、とにかくお陰様で無事に終了したので、今日から僕は春になりました。
ありがとうございました。
コメント

一石二鳥週間

2014年03月01日 00時45分02秒 | 日記とニュース
先週の棋王戦に続いて、今日の王将戦、渡辺王将、強かったですね。
隙がなかったです。

さて、私事ですがちょっと人生に思うことあって、禁酒してます。
と言ってもおとといから始めて1週間限定の禁酒。
なので、来週火曜日まではどんなに勧められようと一滴も飲めませんので、宴会のお誘いはご遠慮ください。

酒さえなければもっとましな人生だっただろうに、もっとしっかりした人間になれたはずなのに、というような大げさな話ではありません。
実はピロリ菌除去の薬を服用中です。
おととしのGWにがんばって一週間禁酒して薬を飲んだのだけど、去年の人間ドックでまだ僕の胃の中のピロリ菌はくたばってなかったことが判明しました。

胃の中の変わらず。

今回は二回戦、リベンジです。
ピロリ菌はどんどん強くなってるらしく、1回(1週間)の薬で除去できる確率が昔は9割くらいあったのが年々低下してるとのことらしいです。
しぶとい奴め!
ということで、今回こそは絶対にやっつけるべく、禁酒、がんばります。
この薬はずいぶん前にもらっていたのだけど、1週間もの間酒を飲む機会が全然ないようなスケジュールはなかなかないので、あっという間に数か月経ってしまいました。
やらなきゃやらなきゃ、と思いつつも、また来週もはずせない飲み会があるからだめだな、と延ばし延ばしにしてきました。
で、今回も本当は飲み会が入っているのだけど、なぜ今やるのかと言えば、マジに苦手な青色申告。
好きな酒を飲む楽しみをきっぱり断ち、なかなか進んで取り組みたくない青色申告を今週こそはやっつけてしまおうという強い意志の表れです。
一石二鳥。
ピロリ菌と青色申告を一気に退治する1週間です。
転んでもタダでは起きない根性、我ながら立派です。

明日からは3月。
新しい1年が始まったな、今年はどうしよう、とか思って、その後雪かきしたり真央ちゃんに涙したりしてたりしたらもう今月もおしまい。
ということで、今日で1年の6分の1が終了です。
マジに早いです。
これでちょっと暖かくなったなあと感じたら4分の1が過ぎ、桜が咲いたなと思えば3分の1が終わる。
ブラジルワールドカップで興奮したら半分が過ぎる。
では皆様、よいお年をお迎えください。
コメント

新年の日々

2014年01月11日 17時48分05秒 | 日記とニュース
年が明けてからというもの、例年よりはるかにあわただしい日々が続いている。

元旦は恒例の実家での親戚の集まり。
毎年20人集まっているけど、今回は16人。

10年ほど前は子供たちが走り回っていて大変な騒ぎだったのに、今回よく見たら未成年は一人だけ。
ゆっくり飲んで食べて3世代で落ち着いて大人同士の会話を交わしている。
いや、時の移り変わりは早い。

2日は義妹一家がうちに来る。



おせちとお好み焼きという取り合わせで、その日の朝にポルトガル旅行から帰ったばかりの甥っ子の話が中心。
リスボンだけでなく、かなりローカルな町までいろいろ回ってきたみたいで写真見ながら皆で興味深く聞いた。

3日はこれも恒例で高校の友人たちとの会。
今回は上野で11人が集合。
いわゆる谷根千散歩を楽しんで、根津神社に初詣して、また上野に戻ってもんじゃバトルで締めるというコース。
桜木の有名なオーギョーチの店に入る。

わけわからず餃子を頼んだ奴がいた。(笑)

谷中銀座はかなりの人出。

お饅頭を買う。お煎餅やお菓子も買ったし、金太郎飴まで買い食いした。

根津神社は大行列。

不忍池に戻ってきた頃はすっかり夜の帳。

2チームでこっちの方が作り方がうまい、いや、この方が美味しい、と子供みたいに大騒ぎ。


やっと地元で恒例の初詣に行けたのは5日。


 


ここ何年かは猿回しが恒例に。

トルコ料理のこんな屋台まで出てる。
グローバル化はここまで進んでいるのか。


今週から仕事が始まったけど、いろいろ一気に押し寄せる。
大学の同級生の訃報が届いてショックを受ける。
二人とも知ってる友人たちがつきあっていたのだけど、やっと入籍の知らせが舞い込んでほんわり嬉しい気持ちになる。
羽生三冠が久保九段に勝ってA級順位戦快進撃を続けているが、谷川九段がまさかの陥落でちょっと動揺する。明日からはいよいよ渡辺vs.羽生の王将戦が始まるし、いよいよ春の陣も賑やかになってくる。
今日もまだ来ている年賀状もちゃんと整理して、住所録も更新しないといけない。
そろそろ徐々に青色申告の準備もしないといけない。
TODOリストがやたらと増殖していく。

とりあえず風邪もひかずに飲み会もこなしつつ元気なだけがとりえ。
しっかりと、ブレない、ボケない、バテないで頑張っていこうと思う。
日々、少しずつでもパーソナルベストの日々を目指す。
まわりのいろいろな人たちに感謝の気持ちを倍返しできるよう、今年も静かに一歩ずつ進んでいきたいと思っています。
コメント