即席の足跡《CURIO DAYS》

毎日の不思議に思ったことを感じるままに。キーワードは、知的?好奇心、生活者発想。観る将棋ファン。線路内人立ち入り研究。

将棋界近況

2009年07月31日 22時56分40秒 | 将棋
いやはや、ずっといろいろあってバタバタでした。
こんなに更新できなかったのはほんと久しぶり。

書きたいけど、書けないストレスが噴出。

飲み会疲れと、ブログご無沙汰のストレスで、体調もヘロヘロ。

王位戦も見られず、全英女子オープン、世界水泳もついていけず、後追いするだけで精一杯。

いやだなあ、こういう毎日。

ということで、まずは将棋関連、まとめて後追いしつつ、振り返ります。

(というよりも、自分で把握するために。)

王位戦第三局が昨日今日行われました。
なんと大方の予想を裏切って(失礼!)、木村八段が3連勝。
王手をかけました。
それにしても深浦王位、羽生名人を連続してフルセットの末退けたあの粘り強さはどこへいったんでしょうか?
別に不調ではないはずなので、第四局以降に期待します。

木村八段は、棋聖戦での和服の初勝利で吹っ切れたのでしょう。
元々実力はあったのだけど、一皮向けて、一流から超一流の階段を半分以上登った感がします。

本当は、久保棋王が、念願の初タイトル獲得を機に、今年は旋風を巻き起こすのでは、と予想していたのですけどね。

次は王座戦
山崎七段がタイトル戦初登場。
新鮮な顔合わせです。
17期連続と途方もない記録更新中の羽生王座に、どう戦いを挑んでいくのか、注目です。
これはもう実績違いすぎるので、思い切って、居直って、楽しんでぶつかるくらいの覚悟で戦って欲しいと思っています。

次は竜王戦
決勝トーナメントが始まったかと思ったら、もうベスト4が決まっちゃいました。
羽生名人-森内九段、深浦王位-久保棋王という組み合わせですね。
残った人たちはほんと、順当。竜王以外のタイトル保持者3人と、前名人森内九段。
渡辺竜王としては、誰が来ても大変なのでしょうけど、果たしてどうなるでしょうか?
羽生名人が、去年の雪辱を晴らすため、そして、永世七冠に向かって、最後まで行っちゃうのでしょうか。
渡辺-久保戦なんていうのも見てみたい気もするし、挑戦者が決まるまで、まだまだワクワクする日が続きます。

A級順位戦
一回戦が終わりました。
白星発進は、郷田、谷川、高橋、森内、三浦。
黒星発進は、佐藤、木村、藤井、丸山、井上。
最近の佐藤九段の不調が気になります。
そして、谷川九段には、残留争いではなく、今年は挑戦者争いの方で楽しませて欲しいです。

マイナビ女子オープン予選一斉対局。
一回戦から里見-石橋戦もあり、とても盛り上がったようですが、決勝進出16名が決定。ベテランから若手まで、面白そうなメンバーになりました。

マイナビ女子オープンは、矢内女王が3連勝で防衛。
産休後の岩根挑戦者は、毎局とも追い込んだようですが、ここは貫禄というか、地力がまだ違うのでしょうね。

石橋女流王位、対男性棋士3連勝。
これはすごい。前代未聞。前人未到。
この先破る人は出てくるのかわからないけど、さすが強力、豪腕のたいふ~娘。
バサバサと連続で斬りまくりました。
ほんと、彼女らしい記録です。
失礼だけど、こういう記録は清水さん、矢内さんではなく、石橋さんの成せる業なんですね。
清水-上田の挑戦者争いになった(3年連続で師匠対決になるのか、はたまた新鮮な対決になるのか)今秋の女流王位戦の防衛に向けて、どう調整していくか、期待しています。

将棋ペンクラブ大賞の話題賞に「妻の小言」が選ばれました。
いやあ、このブログの素晴らしさについては、過去何度か書いてますけど(これ、とか、これ、とか。)、これは将棋界の中において素晴らしいのではなく(もちろん将棋を知る人の方が受けるのはそうだけど)、将棋を、渡辺竜王を知らない人にとっても、このブログの価値、魅力っていうのは絶対にあるのではないかと信じています。

遠山四段ご結婚。これもめでたいことです。
遠山四段についても過去何度も書いてますが(これとか、これ、とか)、これを機に、さらに飛躍して欲しい棋士です。
結婚した事で、そして、もうすぐ30代になることで、いい意味のプレッシャーを感じつつ、そして、よりパワーアップした形で、遠山さんらしい将棋、活動を期待しています。

最後に、渡辺竜王の新著
永世竜王への軌跡
渡辺 明
毎日コミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る


もちろんすぐに買いました。
残念ながら話題の新刊コーナーではなく、2階の奥の将棋本コーナーでした。
図面もたくさんあるし、こういうタイトルだと仕方ないのでしょうかね。
観る将棋ファン、指さない将棋ファンでも十分に楽しめる内容だと思います。
竜王の気合、思い入れが伝わってきます。
コメント (2)   トラックバック (1)

天気はいろいろ

2009年07月25日 16時06分32秒 | 
帰りの新幹線。
がらがらです。



新大阪を出る時はかなりの雨。

それが静岡くらいからやたらいい天気です。

九州や山口は豪雨とのことだし、日本は広いです。

昨日は仕事における出会いの中でかなり感動的なことがありました。

今年、二ヶ月も入院していたけどやっと元気になった懐かしい友人にも会えました。

いろんなところでいろんなそれぞれの天気がありますね。
コメント   トラックバック (1)

雨の御堂筋

2009年07月25日 13時27分07秒 | 
昨日から仕事で大阪です。



この写真撮った後、すごい通り雨。



あわただしい毎日で、ゆっくり本読んだり将棋観戦する時間が持てずストレスです。
コメント

王位戦のこと

2009年07月23日 00時37分47秒 | 将棋
各方面より、まだか、サボりすぎでは、と非難の声が高まっているので、急遽強引な将棋関連記事を。

深浦王位対木村八段の王位戦第二局が札幌で始まりました。
相掛かりからすでに駒がぶつかり合い、戦いが始まりました。

札幌と言えば、大好評の北海道新聞のネット中継です。

信頼できる筋が、全国一の定評のある素晴らしいネット中継だと語ってます

過去50年間の王位戦の歴史や、対局者のコメント動画インタビュー、しかも無料、と、その内容の充実ぶりは右に出るものはないです。

プロの真剣勝負を一番身近な感じで捉え、観る将棋ファンがうれしいのが、スタッフブログ
懇切丁寧に熱戦の模様を伝えてくれています。

この方もご満悦です。
米長会長が記者室に登場、占拠
米長会長、ブログを残して去る

昨年の王位戦についても第一局第七局について書いてますが、そこでも北海道新聞のネット中継に感服していますし、スタッフの努力に目を見張ってます。

王位戦と言えば、今でも傑作と自負する、下記の記事。
見たことない方はぜひどうぞ。
新王位記念対局構想(妄想)
新王位記念対局構想(妄想)続編
王位・女流王位合同就位式
伊藤園への期待

つい最近、某プロ棋士の方とも話したのですけど、
『nanaponさん、ぜひ、あの企画は実現したいですよねえ。』
と言っていただきました。

僕もしつこい方なので、機会があれば、伊藤園にプレゼンに行きたいとマジに思ってます。

もし伊藤園関係の方がこのブログをご覧になっていれば、ご一報ください。
ここに書いてあるアイディアだけでなく、もっともっと面白い事ができると確信しています。

ということで、明日の二日目も、道新スタッフがどう楽しませてくれるのか、安心して身を任せたいと思っています。
コメント (2)   トラックバック (1)

ヤングファミリーの反乱

2009年07月20日 17時10分04秒 | 雑感
先日の沖縄での事。

ビーチリゾートのホテルに滞在中のこと。

かなりハイクラスな・・・、(古いか、この言い方)
かなりハイカラな・・・、(もっと古いな。)
かなり高級な?セレブな?ハイソな?
なんでもいいけど、値段も含めて我々庶民にはそういう類のホテルだと思うのですけど、

今回は、ほんと、びっくりしました。

小さな子供連れの若いファミリーでいっぱいなんです。
(夏休みでもないのに、何で今頃休み取れるんだよ?)

ロビーは、さながら運動会。

走り回る。ソファに土足で駆け上る。
クッションを投げ飛ばす。
兄弟喧嘩。
奇声、泣き声、むずかる声、叱る声・・・。

(写真はイメージです。)

いやーん、こんなとこまで来て、それも奮発して結構なお金出してるのにさ。

レストランも同じです。
さながら学食かファミレス。
 (写真はイメージです。)
これは朝食なのでまだいい。

かなり高いディナーコースを食べに行ったときもおんなじ。

普通、親が気を遣うもんだろ?
皆、こんなに不快な思いをしてるというのに、泣き叫ぶ子供をほったらかしで、平気で飯食ってるおめーらはなんなんだ!


でも、最近、ほんと、思いませんか?

電車の中でもなんでも、子供にやらせ放題の若い親が増殖してるって。
ろくに注意しない。したとしても、ニコニコして、笑顔で言ってるだけ。

前と明らかに変わってきているんじゃないかと思う。

公共の場だろうとどこだろうと、幼児が泣き叫ぶのはある意味仕方ないこと。

でも、その場にいる親の対応、というのが、明らかに変だと思うのです。

百歩譲って、対応しないまでも、まわりにはそれを不快を思ってる人がかなりいるってことを認識しろよ、ってこと。

つまり、車内の携帯とか、音楽シャカシャカとか、そういうことと同じなんですね。
他人のことは見えてない。気にもならない。自分だけの世界。

以前、「羞恥心」って記事でも書いたけど、明らかに、傍若無人です。

そういう自分だけの世界に入り込んでしまう奴が、結婚して子供できたりすれば、当然のようにこうなる。

最近は、我が物顔のベビーカー、多いと思いませんか?

混んでる電車でも、子供寝かせたまんま、すごいスペースと占領してる。
この前なんかね、双子が大の字に寝てるツインのベビーカーがそのまんま車内に。
ドアの前のあのスペース、全部使っちゃってる夫婦がいた。
他の同じところには、10人も15人も立ってるのに、そこだけは完全に占領下。

もちろんいろいろ大変だとは思うから、あからさまに文句は言わないけど、ちったあ考えてくれよ、ってこと。
イマジネーションを発揮して欲しいと、うるさいオヤジは言ってるわけ。

子供が小さいから仕方ないだろ。
大事な用で電話かかってきたから、しかたないだろ。
音楽聞きたいんだから、いいだろ。それも大きな音で聞かないと迫力ないからさ。

あー、腹立ってきた。

ついでに別の話だけど、なんでこいつらこんなに金があるんだろって思った。

余計なお世話だろうけどさ。

20代後半か、30代前半くらいで、一家3人か4人で、沖縄のこんなところまで来る事でもすごいのだけど、
一人6千円とかするディナーコース、皆で食べに来てるんだよ。
(どんな高給取れる仕事してるんだよ。)
設定は、朝食付きでいくら、というやつなので、夜は各自でいいわけだし、うちなんか、近くのコンビニで買ってきて済ました日もあったくらい。
(情けないな。なんでこんなとこで発表してるんだよ。)
だって、お金の事だけでなく、毎晩そんなにコース料理なんか食えないしさ。
(言い訳してるよ。)

その上、小瓶なのに、900円近くもする、ビールなんか頼んでる。(豪勢なやつだな。うらやましい。)
人それぞれの価値観だからなんとも言えないけど、僕はいやだなあ。
さんざん汗かいて一日遊んできたから、小瓶なんか、あっという間になくなっちゃうよ。コストパフォーマンス悪すぎ。
子供がうるさいレストランに行って、そんな値段のビールは死んでも飲まない。
(もう部屋でコンビニで買ってきた安いビールをしっかり飲んできたから。)

おまけに、3分の一くらいしか飲まずに、残してるんだよ、こいつ。
(若いもんは、酒嫌いなのね。)
何考えてるんだよ、もったいないじゃないか。
(言ってくれれば僕が飲むのに、と、まではせこくて言わない。)

どうにもこうにも若い人たちにはついていけまへんわ。
楽しく子育てや家族サービス、やってくださいね。

あー、言っちゃった。すっきりした。

最近の若いもんはって、いつもブツブツ文句たれてるおじさんだけにはなりたくないって思っていたんだけどね。
コメント (4)

携帯を買う

2009年07月20日 12時30分00秒 | 日記とニュース
ここのところたくさんの方からコメントいただいてるのに、レスできずにすみません。
中でも3時のおやじさんには、長くて濃いのをいただき、恐縮しています。
皆様、しばしお待ちくださいませ。

と言いつつ、昨夜は、あわや還暦間近なおじさんが、20数年ぶりの優勝か、ということで、3時半まで熱戦を見てました。

話は変わって、
川島さんが最近携帯の記事いろいろ書いてますよね。

BBBとか、Google携帯とか、はたまたiPhoneのこととか。

それぞれに興味はなくはないのだけど、結局、電話とメールとウェブと、たまーにメモ用写真の機能だけあれば事足りる自分。

スケジュールなどは、PDA(クリエ)でやってるし、あまり高い機能は必要ない。

ということで、そんなに携帯には興味はなかったんだけど、昨日仕事で銀座に行った際、たまたま立ち寄ったビックカメラで、ふらっと買っちゃいました。

左が旧。右が新。当たり前か。


なんせ、最近のに比べると、画面小さい、厚い、重い、そして、あんまり関係ないけど、赤外線機能なし、QRコード取り込めない、など、古っ!って感じだったので、お金かからなければ買い換えようかなとは思ってました。

以前凡人さん書いてましたけど、いろんな縛りをつけて、その分特典をつけてるんですね。

結局、今の時期だけの設定ということで、2年以上auを使ってる人だけこの値段というのを買っちゃいました。(もう12年もauだったみたい。)
最近すごく高くなったイメージだったけど、結局auポイントだけで済んで、なおかつ、月々のお金も数百円安くなる。
縛りも大したものはない。

ひぇー!ワンセグ付きだってよ。
当たり前かあ。

おさいふ携帯?テレビ電話?

あら、海外でも使えるって。

でも、なんでもそうなんだけど、皆、いろんな機能使いこなしてるわけじゃないよね。

だから、いろんなものなんでもかんでもつけないで、もっとシンプルな機種を安くできないものか、と思うんだけど。

マニュアルも薄くて簡単なやつ。

そういうもの望んでる人、そんなに多くはないのかなあ。

ワンセグがついてないもの、カメラがついてないもの、探すの大変なくらいだもん。

えっ、それは簡単携帯だって?

いや、そこまで年寄り扱いはされたくない。

若い人でもいるでしょ?

ま、そんなことで、マニュアル読まなくてもできることだけ今日からやってます。
コメント

将棋のこと、沖縄のこと

2009年07月18日 15時38分51秒 | 
14日に帰ってきて。
15日からあわただしい日々。
水、木、金、と、連続飲み会。

マイナビ女子オープン第三局も、棋聖戦最終局梅田さんリアルタイム観戦記付き、もゆっくり楽しむことはできずに残念。

ということで、ずっと沖縄に行っていて、携帯からの簡単な記事しか書けてなく、毎日訪れてくれた方の、特に将棋ファンの方の期待を裏切っていたかもしれません。

オジサンからも、将棋ネタ待ってるよ、と、初コメントいただきました。

話は変わって、
最近、「将棋ブログ更新状況一覧」から来てくれる人が連日かなりの数になってます。

どなたか知らないのですが、紹介していただき、ありがとうございます。

でも、ここに載ってるのは、プロ棋士や業界人ばかり。

そんな中に、将棋専門ブログでもないこのブログがちゃんと入っている。
(一般ファンのブログはもしかして僕だけ?かも。)

光栄です、というか、恥ずかしい、です。

そして、更新の度にアップデートされるので、(知らない人は)将棋関連の面白い記事が見られると思い来てくれる。

なーんだ、沖縄の写真かよ。
将棋と関係ないじゃん!

って、たくさんの人があきれて帰っていったかと思うと、なんか、申し訳ないです。

ということで、今日も今週の週刊将棋や昨日の梅田さんの観戦記を読んだり、囲碁将棋ジャーナルを見たり、ブランクを取り戻そうと必死です。

そして、早く気の利いた将棋関連記事書かないと、というプレッシャーに押しつぶされそうになってます。(嘘!)

では、まだ沖縄の余韻に浸ってるので、将棋のことは一時忘れて、美しい海の写真でも眺めていってください。







コメント (3)

久々に

2009年07月17日 00時06分38秒 | 「線路内人立ち入り」研究
飲み会の帰りの有楽町駅ホーム。

電車、なかなか来ません。

早く帰って全英オープン見たいのにね。


線路内人立ち入り関連過去記事
コメント   トラックバック (1)

いよいよ

2009年07月14日 14時43分56秒 | 
現実に戻らないといけない日になりました。

夢のような日々ではあったけど、おとぎ話のように夢が冷めたら悲しい現実が待っているというような極端な話でもありません。

これは現実でないのか、あれが現実なのか。

現実ってなんなのか。

過去とのつながり、積み重ねとしてあるのが現実なのか、一瞬でも真実として存在していることは現実なのか。

とにかく、今日帰ります。

溜まってる記事、徐々に書いていきます。

ご無沙汰の将棋ネタも。

今回味わったホテルのサービスについての話も書きたいです。

ゆったりもできたし、いろいろ考えたりもできた有意義なリフレッシュ休暇でした。
コメント (2)

花の命は短くて

2009年07月14日 10時10分39秒 | 
何もかも、生き生きしてるんですね。

健気に精一杯に。

日々最大限できることを全うすべく。

何に対しても、出会えたことに感謝です。
コメント