畑のつぶやき

畑や田んぼの作物の生育や農作業の報告
農家の暮らしの日記
田畑を取り巻く自然の移ろいの描写
食、農への思い

ストーブ

2018-10-15 17:15:07 | 暮らし

10月14日(日)  のち 

昨晩、暗くなってから、パラパラし始めた雨は、夜遅くには、本降りとなる。そのまま、止む間もあるが、ほぼ午前中いっぱい降り続いた。気温も低く、今で椅子に腰を掛けて新聞を読んでいると、寒さを感じ、ストーブに火をつけた。

学生時代のゼミの同窓会とかで、東京へ出かける連れ合いを、バス停まで送り、午前中は、暖を取りながら、新聞や小説を読んで過ごす。合間に、玄米の石抜きと、精米。

午後は、雨が上がるので、花畑に行き、残る場所に、マルチ畝を作る。さすがの砂地も、雨水たっぷりで、鍬にくっつき、少々やりにくかった。

コメント

季節

2018-10-13 17:41:24 | 暮らし

10月12日(金)  いちじ 

朝、出かけるころに弱い雨が降る。出鼻をくじかれる。その後も、濡れるほどではなくとも、パラパラすることもある。畑の作業をしなければと思うが、どうも気分が乗らない。午前中は、家にいて、こまごましたことをやりながら、様子を見ようと決め込む。精米、トレイへの種まき、山芋の整理などをしながら時間をつぶす。急きょ、コメの出荷が入り、荷造りもする。

午後は、出かけようと思うが、うっとうしい天気に変わりはない。今日は休み、と決める。明日はやろうと、明日の出荷用の芋類の荷を作ってしまう。

午前中は、まだなんとなく、蒸し暑いな、と思っていたが、午後も夕方になると、空気はかなり冷えてくる。山芋の湿った土を触っていると、手がかじかむほどの感じになる。夏の暑さから、突然に、晩秋の寒さに変わるように感じた。

コメント

施食会

2018-10-07 17:50:16 | 暮らし

10月7日(日) 

季節外れの暑さを伴う晴天。台風が、日本海を通り、北海道へ向かった影響だそうだ。

寺の行事の施食会。買い出しなどもあり、何もせずに、余った時間は、新聞や本を読んでいた。4時ころには散会し、ザッと片付けて帰り、会費をまとめ、計算をしておく。

コメント

のんびり

2018-10-05 17:48:29 | 暮らし

10月5日(金)  のち 

時折パラパラする程度だったが、昼頃からは本降りとなり、降り続いている。

200穴セルトレイ、二枚に種蒔。コマツナ。

昼からは、録画してあるドラマを見たり、読書で過ごす。

コメント

血圧記録

2018-10-05 17:33:12 | 暮らし

10月4日(木) 

午前中、花畑。ダイコン、カブを蒔いた畝に、不織布のべた掛け。三角鎌で不織布の縁を入れる溝を切り、不織布を広げ、ところどころ土で抑えた後、再び、三角鎌で、土を寄せて縁を抑える。中腰での作業で、腰が痛く、休み休みの仕事になる。

時折ぱらつくが、本降りにはならない。

午後は、寺の事務で、調べ物や、施食会の下準備で、寺に行ってきたり。9月の血圧記録を作る。なんとなく、少し、高めなのかなあ。

コメント

避難勧告

2018-10-01 17:13:07 | 暮らし

9月30日(日)  いちじ  いちじ 

明け方から、早朝、ものすごい豪雨が続いた。数時間で、100㎜を超えるほどの雨量で、大雨洪水警報が出る。そのうえ、地滑りしやすい地区に対しては、避難勧告が出る状態だった。台風本体の雨雲が来る前の豪雨で、そのご、日中は、ほとんど降らず、日差しも出るくらいではあった。午後遅くには再び強く降ることもあったが、台風の影響は、ほとんどなかった。しかし、早朝の大雨に出鼻をくじかれたわけでもないが、外仕事はちょこっとだけで、本日も休んでしまった。

雨を吸わせようと、200穴セルトレイの土入れ。7トレイ。露天のコンクリートの土間に並べ、これからの雨を待つ。

 

コメント

エクセル

2018-09-25 16:58:54 | 暮らし

9月25日(火)  いちじ 

朝は雨が降っていたが、その後上がる。ときどきパラパラ続くが、午前中は、曇りの天気で、午後は本降り。

母の退院かと思っていたが、施設の都合で、明日に延期となる。

そんなことで、一日家の中。こんな時にと、パソコンの前に座る。今、毎日血圧を測っている。朝晩に諮るが、夕方は忘れることも、ままあるが、大体続いている。一月以上になるので、月単位で、朝と晩、そして日の平均血圧を記録し、それをグラフ化してみようと思っていた。初めてのことだし、調べながら、時間がかかるので、こんな時にと手を付ける。

コピー、貼付けの機能を使って、データーを移動させ、それをグラフ化する。一度やってしまえば、作業シートを張り付け保存しておけば、あとは、データーを張り付ければ、ワンクリックで、グラフになる。あとは、好みに拡大保存するだけ。おおよそのソフトができた。

コメント

三日間

2018-09-24 18:21:11 | 暮らし

9月22~24日

 

9月22日(土)  いちじ 

お祭りの日だが、朝は雨。8時に集合し、とりあえず、山車の飾り付けはすることになる。雨が降っているので、幟は濡れると乾かすのが大変なので、たてないことにする。各所に彫刻を取り付ける作業は大仕事だ。4メートルはあるだろう上に登って、結構重い木彫りの彫刻を飾り付ける。時々、サーッと降ることもあるが、あがっている時間が長く,色紙の花などで、集会所周囲も飾り付ける。

便利な世の中で、スマートフォンで、実況で、雨雲の予測などが見れる。だしの出発の午後には、かなりの雨雲がかかり振るだろうとのことで、相談して、山車の引き回しは中止。格納庫の前に出しを出し、大きなシートで屋根を張り、底でお囃子をということに決め、その準備をして、昼食。

午後は、子供会の面々が集まり、にぎやかにはなるが、やはり、止まったままの山車には寂しそう。雨はサーッと降ったがすぐに上がり、その後は、ほとんど降らない。予報は良いほうに変わったらしく、薄日も差したりしてくる。が、警察には、中止の連絡をしてしまったので、道路の使用はできず、夕方まで、不動堂前での祭囃子だった。5時過ぎころからは、つまみやおにぎりが並べられ、子供たち、子供会の親たちも、軽い夕食。山車の灯りもつけて、再びお囃子。子供会のオービー達もやってきて、お囃子は一段と熱を帯びるが、今年の終了は、7時過ぎ。

会員たちは、歩き疲れることなく、早めの終わりにほっとして、帰路につけた。

 

9月23日(日)  ときどき 

花納

1時集合で、祭りの片づけ、花納。

今年で、会員の最後の一人が会長職が終わる。ほかの役員は皆2度目の役で、当番制をとっている。一つの節目ということで、今後の買いの在り方を決めなければならない。会員の減少と、高齢化で、来年以降の山車の引き回しや、お囃子の練習が困難化している。そんな話し合いをしながらの慰労会。11月の集まりの時、きちんと結論を出すことになる。

午前中は、花畑。熱処理マルチをはがして、雨を吸水した畝に、ホウレンソウを種蒔。シーダーテープで、4列。不織布のべた掛け。

 

9月24日(月)  ときどき  いちじ 

夜中から明け方に、ザーッとまとまった雨。日中もパラパラする時間もある。午後ざっと一降り。雨が多い秋だ。

タマネギの育苗種蒔。128トレイに5。ハウス内、インゲンのネットの補強。

コメント

寺事務

2018-09-21 17:13:41 | 暮らし

9月21日(金)  ときどき 

日中は弱まり、パラパラ、霧雨、ぐらいの時間はあるが、ほぼ降り続いた。

こんな天気だからと、10月の第一日曜日に行う、寺の施食会の案内文書を作り、郵送分は送付する。地元配布は、明日のお祭り後にする予定。が、夕方、たまたま、役員の一人が、施食会について、相談に来たので、他地区配布分は、託した。

午後は、ほとんど弱い霧雨だったので、部屋を出て、タマネギの育苗種蒔。128トレイ二つ。明日は、早朝から、祭りの準備で出かけ、夜まで拘束されるので、出荷作業の一部をやっておく。

久し振りで、軽トラの運転席の片づけと掃除をやる。

コメント

行燈張

2018-09-17 18:11:17 | 暮らし

9月16日(日)  いちじ 

午前中は、弱い雨ながら、濡れるほどに降る。午後は、パラッとすることはあるが、曇り空。

昼からは集落の行事で、行燈張。週末はお祭りで、また、山車の引き回しをしなくてはならない。

コメント