KAZASHI TREKKING CLUB

四国の山を中心に毎週楽しく歩いています。

六甲全山縦走4/4 六甲山~宝塚

2024年01月04日 | 四国外の山


いよいよ今回で六甲全山縦走も最終区間となる。前回の第三区間は逆うちという伝家の宝

刀で山上から麓へ降りて、へっぽこリーダーらしい言い訳(南京町で中華を食べる)をし

て楽して歩いた。本来なら新神戸から市ケ原へ歩いて稲妻坂・天狗道を登るのが正規なの

だが、邪道も邪道、その天狗道を下りながら、『これ、登るとしたらしんどいよね』なん

て言いながら、他人事のように話をしながら下って南京町でおいしい中華を頂いた。

今回の有馬ロープウェイ山頂駅から宝塚もほぼ下りの区間だが、今回は正規の順打ち。

誰にも後ろ指を刺されることなく正々堂々と下っていける!(笑)




前回と同じように六甲ケーブル下駅横の駐車場に車を停めて、8時40分のケーブルに乗

り込むと、先週よりもなんだか人が多かった。山上駅からバスに乗り換えるとやはり満員

で座ることができなかった。そして先週と同じようにスノーパークで他の人が全員降りた。

三人だけで六甲有馬ロープウェイ山頂駅に降り立ち、先週と同じようにここからスタート。













山頂駅からしばらくは県道16号線の舗装路歩き・左手に広々としたアスレチックパーク

を眺めながら歩いて行くと、頭上にネットを張ってロープウェイが通っていた。

しばらく歩くと右手に展望公園。正面はもうほぼ大阪湾になっている。




展望公園からすぐに縦走路は左の階段を登って行く。道標は六甲山最高峰と宝塚駅までの

距離が書いてある。小さなピークを左に巻く様に道は続いていたが、すぐ県道に降りまた

次のピークに向かって階段が続いている。何ならそのまま県道を歩いてもよかったかな?










一旦登ってまた降りる。正面に見える電波塔が今日最初に登るはず?だった西おたふく山

辺りだろうか。




県道の北側を二度登り降りすると、今度は県道の南側に道は続いていた。道標は六甲最高

峰まで1.5kmとなっている。この先で西おたふく山の道標を見逃してしまって、通り過ぎ

てしまう。道はこれまでと同じように県道を右に左に横断しながら続いている。

途中でルリちゃんが『あ!西おたふく山を通りすぎているわよ』と気づいたが、『どうする

、もどる?』と言いながら『六甲全山縦走も24ピークスも、西おたふく山を踏んでいない

ので、いいんじゃないですか』とへっぽこリーダー。

















六甲最高峰への取付きからピークの南を巻くようにして登って行くと、道の脇の東屋で男性

が二人休憩していた。その先を登って行くと大きな電波塔が目の前に現れた。電波塔の下の

建屋は大正ロマンぽい風変わりな建物だった。戦後この山頂には米軍のパラボラアンテナが

設置されていて、1992年までは民間人の立ち入りが禁止されていたそうだ。二つのパラ

ボラアンテナは麓からも良く見えて、六甲最高峰の場所がよく分ったそうだ。











六甲最高峰は平らな広々とした場所に背の高い山名標が建っていた。その手前にステンレ

スのプレートがある 一等三角点 六甲山 931.25m

西側を見ると六甲ケーブル山上駅の辺りの電波塔が随分遠くに見える。











広場でしばらくの間休憩した後南に下って行くと、こちらも六甲最高峰と彫られたケルンが

あった。戦時中から先程の最高峰の広場は米軍の軍用地として使用されていた為、一般人が

立ち入ることが出来ず、やむ得ず少し南にある小高い丘を六甲最高峰としていた経緯があ

る。ケルンから東屋があった場所に下って行く途中で、大阪の湾岸地区から東に広がる大

阪の平野部が見渡せた。この全山縦走路で最初から見えていた、地上55階の超高層のワ

ールドトレードセンタ(大阪府庁第二庁舎)が、埋め立てが続く湾岸地区の奥に見える。

その手前が今何かと話題になっている2025万博の会場になる夢洲になる。














山頂から県道に降りると右手に江戸時代末期から続く一軒茶屋がある。時間はまだ10時

過ぎ。いつもお腹が空いたとうるさいあっちゃんでも、いくら何でも時間が早すぎる。

その一軒茶屋から東に広場になった場所に真新しいおしゃれなトイレがあった。この場所

は、24ピークスの大会では最終エードとなっている場所だ。




六甲最高峰から先でそれらしいピークがあった。おそらく後鉢巻山だろうと言いながら、道

の脇からそのピークに向かって登って行く(道は無い)と今日二つ目のピークの後鉢巻山。

須磨公園から数えると十六座となる。山頂にはオプテージなる通信会社の基地局があった。













後鉢巻山を後にまた県道へと下りて行くと道の南に六甲山神社の鳥居と参道が続いている。

先ほどからこの県道を若い男女の学生が、部活動だろうか一生懸命に走っている。

その姿を見ながら県道の脇から縦走路へと入って行く。これまでは県道の舗装路と縦走路

を交互に歩いて来たが、ここからはほぼ地道になる。










水無山の手前で一ヵ所眺望が開けた場所があった。ここまで来ると今度はあべのハルカス

の高層ビルが目につくようになった。







これまでの二つのピークは道から脇に外れてあったが、水無山は道の途中の笹に囲まれた

場所にあった。プレートには西宮市単独最高峰と書かれてあったが、先ほどの後鉢巻山に

もたしか西宮市最高地点と書かれていたと思ったら、後鉢巻山は芦屋市の最高峰でもある

為、この水無山が西宮市の単独最高峰となるようだ。








水無山から船坂峠への下りの途中で道の脇に見覚えのある大きな岩があった。たしかWOC

登山部のまゆゆがこの六甲全山縦走でYAMAPに写真をアップしていた岩だった。

頭巾を被った赤ずきんちゃんのようだと思い、カメラの電源を入れ振り向いて写そうとし

た瞬間に、足を滑らせ転倒した。岩にぶつけて少し変な向きに足が曲がって転んでしまっ

たが、それよりも手に持ったデジカメのレンズが伸びた状態で根元が曲がってしまって、

元に戻らなくなったのが気になった。電源をオフにしたらカチカチと音をたてて無理やり

レンズを格納しようとするが納まらない。仕方がないので根元で曲がった方向と反対にね

じると何とか元に戻り、レンズは何とか格納されたが今度はレンズの蓋が閉まらない。














膝の痛みよりレンズに白い傷も入ってカメラが壊れたのが痛かった。幸い電源を入れると

レンズは出るようになったので、この後は指でレンズの蓋を開けながら写すようになった。

以前にも一度このカメラを落としてレンズが格納できなくなったが、その時も保証期間が

切れていてけっこう修理費がかかった記憶がある。今度はレンズに傷が入っているし、また

修理に出そうか、それとも買い替えようか、なんて考えながら歩いて行くと船坂峠に着いた。

船坂峠は周りの木々も疎らで明るい場所だったので、お昼ご飯をここで食べることにする。

道の両脇に分かれて腰を降ろし、今日はカップ麺。水筒のお湯だとやはり温度が下がるの

で、3分以上経っても麺が硬かった。その間も奥様たちとの間の道をトレランの人たちが

走り抜けていった。




30分ほど休憩した後、丁度12時に船坂峠を出発。しばらくは自然林の歩きやすい道が

続くと、次に今回の六甲山ではあまり見られなかった人工林の林になる。














その林を抜けるとまた眺望が開けた場所になった。この辺りでそろそろ南側の眺望とはお

別れとなる。







次の大平山にも巨大な電波塔が立っていた。電波塔への道を回り込みながら登って行くと

18座目となる大平山。電波塔を囲んだフェンスの脇に山名標が掛かっていた。










大平山から電波塔の管理道を通り下って行き、途中から右手に縦走路へと入って行く。急

な階段を下っているとやはり先ほどの転倒が原因なのか膝の関節が痛んできた。真っすぐ

に足を運ぶと何ともないのに、少しでも左右に振れると痛い。










そうこうしている内に、市道436号線の大谷乗越に出た。ここでも後ろから来たトレラ

ンの女性陣が追い抜いていった。前回まではたくさんの登山者とすれ違ったが、宝塚から

のこの区間は登山者とはほとんどすれ違わなかった。やはり宝塚から逆うちをしている人

は少なく、走っている人の方が多いようだ。この大谷乗越からさきの破線上に、地形図に

は初めてこの道が近畿自然歩道と掲載されているが、今日歩いて来た道のほとんどが、近

畿自然歩道の六甲山・大阪湾展望のみちの区間になっている。







大谷乗越から10分ほど歩いただろうか、大きく右にカーブしている途中から、次のピー

クの岩原山へと取り付いて行く。最初は適当に歩いて行くと途中で登山道らしき道に出た。

須磨から数えて15座目のピーク。以前は積み上げられた石の中央に宝塚最高峰の標柱が

建っていたようだが、今はプレートが置かれているだけになっていた。







岩原山から一旦下って自然歩道に出た後、すぐに向かいの山へと踏み跡を辿って入って行く。

するとまもなく譲葉山西峰










その西峰から東にそのまま進んでまた自然歩道に出て、また道の脇から右手に入ると直ぐ

に今度は譲葉山南峰があった。ここはさしてピークらしくもなく、プレートが今までと違

った形になっているのからすると、先ほどの西峰と一緒に無理やり名前を付けた感じがした。








次は自然歩道の北側にある譲葉山北峰。こんな短い距離の間で次々とピークをゲットでき

て奥様たちはホクホク顔。そして最後の譲葉山譲葉山東峰とも書かれていた。













譲葉山から自然歩道まで戻ると、残るは24ピークス最後の山、岩倉山となる。

この辺りになると道の脇の笹の種類が変わってきた。今までは葉の縁が白くなったミヤコ

ザサ?だったが白い縁のない笹になっていた。











岩倉山は道の脇から少し登った場所が山頂となっていた。山頂には地蔵尊を祀った石祠が

あり、その前が 二等三角点 小林 488.38m になっていた。

これで六甲全山縦走24ピークスの全てのピークを廻ったことになる。













岩倉山からはもう登りは無く下るだけ。途中にある塩尾寺にお参りを済ますと、道は舗装

路となる。道は両側に落ち葉が綺麗に掃かれていて、その先で貯水タンク越し宝塚を見降

ろせる展望台にでた。











展望台からさらに下って行くと甲子園大学の横を通る。ただここからの坂がなかなかの急

坂の下り。痛めた膝がカクカクとし始め、最後の最後に堪えた。







川沿いに住宅地の横を通り坂を下りきると宝塚の街中。武庫川に架かった大きな橋を渡る

と、今日のゴールそして六甲全山縦走のゴールとなる阪急宝塚駅に着いた。













11月22日から始めた六甲全山縦走。これを一日で歩ききる人たちがいる事に驚きだが。

WOC登山部の私と一回り違うセニョさんが2回で歩いたのにはほとほと感心する。

しかも我々は『下山後、南京町で中華を食べる』と云う言い訳をしながら、第三区間は楽し

て逆うちをしたのだ。まあそれでもこの短期間で完歩できたのは自身でも予想していなかっ

た。大都会の神戸と背中合わせの六甲山。こんなに近くの自然の中で常に都会を感じながら

歩けるコースも珍しいだろう。ほとんどの『線で繋ぐ』の計画が終われば、またいつか第三

区間をちゃんと順うちで歩いてみたい。(ほんとかな?)

追伸:転倒して痛めた膝が年を越しても直らず曲がらない状態が続いている。病院が開いた

四日にレントゲンを撮ったのだが、大きな骨折はしていないが症状が思わしくないので、M

RIで精密検査をする事になってしまった。壊れたデジカメは家に帰って精密ドライバーで

シャッターの蓋が閉まる場所を調整したら何とか元の動作をする様になったが、膝だけは自

分ではどうにもならない。どうか検査の結果何もなく、日にち薬となるように願うばかりだ。






六甲山全山縦走2/4 鵯越駅から新神戸駅

2023年12月14日 | 四国外の山


いやいや今更のコロナに感染。ずっと寝ていたせいで腰の調子が思わしくない。ただ2週

お山を休んで、その間奥様たちは地元の里山を歩いていた。そろそろ復帰しないと何を言

われるか分からない。そう思って先週の土曜日に足慣らしをしたのだけれど、歩いている

うちは何ともなかったのに、一晩経つとさらに腰の痛みが酷くなった。

でもそんなことは言ってられない、奥様たちの視線が刺さらないうちに、前回と同じよう

に6時30分に集合して一路神戸に向かって GO!!




前回は須磨から9座登ったことになるが、今日は菊水山・鍋蓋山・再度山

3座の予定。スタート地点となる鵯越駅周辺には駐車場が見当たらないので、南に下がっ

湊川公園駐車場に車を停めて、そこから神戸電鉄湊町線の電車で三つめの鵯越駅まで移

動することにした。




電車を降りると同じようにザックを担いだ数組の人たちが降りて来た。さすが都会の裏山

六甲山。公共交通機関で登山口まで移動なんて、今や四国ではほぼ見かけない。

下りのホームに降り立ち、反対側の上りのホームの横から駅舎に沿って歩き始める。








駅舎の横から鵯越市民公園の広場に出る。先にスタートした3人の女性が広場で準備体操

をしていた。駅でその女性たちの会話を聞いていると、どこかの山の会に所属している様

子だったが、さすがだな~と感心しながらその横を通り過ぎ、しばらくはイヤガ谷沿いを

歩いて行く。










すると川沿いの道から舗装路に飛び出した。カーブになった場所に道標が立っていたが、

道標の矢印の向きが微妙で、舗装路の横に登山道ポイ道があったので、少し迷ったがそち

らに進んでしまった。しばらく登って行くとダウンロードしたルートから離れていってい

るのに気づき、慌てて引き返した。







舗装路まで戻って今度は島原川に沿って道なりに歩いて行くと、フェンスで囲まれた中央

水環境センター鈴蘭台処理場の大きな施設の前に出た。その施設の正面から左に回り込む

ようにして歩いて行くと、施設の裏側になった。そこにも菊水山への道標が立っていたが

それより大きな『ガードレール側』と書かれた案内板。その方向を見やると門扉とフェン

ス、その脇に細い道が続いていた。門扉は個人宅のものらしく、間違って入らないように

した注意書きの案内板だった。








案内板に書かれている通りガードレール横の道を歩いて行くと、広場になった場所に出る。

そこから左手に登って行くと今は廃駅となった菊水山駅が左上に見えた。周りに民家もなく

こんな山中にどうして駅を?と思ったが、帰って調べて見ると処理場施設に通勤する職員

が利用していたようだが、業務が省人化されて乗降客もほとんどいなくなった為に廃駅に

なったらしい。










駅からは菊水山方面へのハイキングコースがあり、行楽期の休日には多くのハイカーが下

車したようだが、2004の平日の調査では乗車人員は18人だったそうだ。

その菊水山駅跡の横を通り過ぎると、正面に菊水山の電波塔の頭が見えた。










石井ダムの下流に架かる橋を渡り、島原川の支流の右岸に沿って登って行く。この辺りま

ではまだ綺麗な紅葉が残っていた。すると対岸の奥から『メエ~!』と鳴く声が聞こえて

きた。『山羊かな?』と奥様たちに言うと、『まさかこんな所に』と馬鹿にされたが、確

かに山羊の鳴く声が聞こえてきた。ベンチの置かれた広場はモミジの落ち葉で赤色に染ま

っていた。ピーク時だったらそれはそれは見事な紅葉が見られただろう。














この広場から左手にいよいよ菊水山への登りが始まる。最初は擬木の階段。不規則な段差

が直ぐに足に堪えてくる。階段の両側のスズタケが、葉が落ちて色のない周りの景色にま

だ若い緑の色を保っている。擬木の階段の次は、蹴込と踏面が樹脂でできた階段になった。

こちらは段差が割と低くさっきの階段よりは登りやすい。それにしても山頂までほぼ階段

が続いている。前回の栂尾山の手前の階段も『地獄の階段』だったが、こちらもそれに引

けを取らない階段だ。

















すると道の折返しの場所が展望所になった場所にでた。正面から少し東を見るとポートア

イランド
とその沖に神戸空港。西を見ると明石大橋がクッキリと見える。昨日の雨のあと

空気が澄んでいるのだろう、今日はけっこう遠くまで見渡せる。














その展望所から15分ほど登っただろうか、今日の一つ目のピークの菊水山に着いた。

二つある巨大な電波塔のうちの一つは足場で囲われて改修工事中、もう一つの電波塔の下

は展望台になっていた。今日はここが一つ目のピークだが、前回の須磨から数えると、丁

度10座目のピークとなる。三人で10本の指を立てる。













展望台からは先ほどと同じように須磨から神戸の街並みが見渡せた。そしてさらに北東に

は広大な住宅地が広がっているのが見えた。三角点は 三等三角点 下谷上 458.83m














菊水山からは城ケ越をへて天王谷川まで200mほど下って行く。登った山を下ってまた

登るなんてと思うけれど、自然の地形は人間様の都合よくは出来てはいない。














途中のダム湖では、明るい日差しの中を仲良くカモの夫婦が、付かず離れず気持ちよさそ

うに泳いでいた。自分たちもああなりたいもんだと三人で。







国道428号線の上に架かる天王吊り橋を渡ると、今日二つ目のピークの鍋蓋山への登り

がすぐに始まる。







しかも直ぐに急登になった。地表を辺り一面に木の根が這って菊水山とは全く違った雰囲

気になる。単調な菊水山の階段登りに比べると、右に左にと自分で歩く方向を変えながら

登って行けるので、意外と苦しくはなかった。













すると年配の男性が一人立ち止まって道を譲ってくれた。すれ違いざまに『前にあと11人

登っているから』と教えてくれた。『どこかの山の会ですか?』と尋ねると、『正式なもの

ではなく、好きな人が集まって登っている』と答えてくれた。

するとその先にまた三人ほどの組。その中の男性が『鍋蓋山のこの坂が一番キツイよね』と

仰った。自分的には菊水山の階段の方がキツイかったのにと思ったが、ひょっとするとこの

グループは菊水山には鈴蘭台側から登って来たのかもしれない。

その三人を追い越して登って行くと今度は男女の組。その男性が立ち止まって『ガソリン補

給するわ!』と言っている。男性を追い抜き一緒にいた女性に『水分補給ですか?』と尋ね

たら『タバコよ、タバコ』と笑って答えてくれた。








急登を登りきった所で一ヵ所見晴らしの良い場所があった。先ほどからの団体さんの先頭の

人が、『ずっと沖には関西国際空港が見える』と教えてくれる。奥様たちがその景色に見入

っている間に、次から次と団体さんのメンバーが登ってきた。鍋蓋山の山頂にはもう休憩し

ている人がいるだろうし、この人数が到着するとお昼ご飯で座る場所がなくなるかもしれ

ないと思い、奥様たちを置いて先に山頂へと向かう。




鍋蓋山は広々とした山頂だったが、予想した通り広場ではさらに大勢の団体さんが休んで

いた。その脇にひとつだけ空いていたテーブルとベンチを陣取る。しばらくして奥様たち

が到着。すぐにお弁当を広げてお昼にする。この山頂からの眺望も申し分ない。ポートア

イランドも随分と近づいてきた。そして反対に前回スタートした須磨からの鉢伏山旗振

が遠ざかっている。














奥様たちも山名が書かれた案内板を眺めながら山座の同定をしている。ここでは三人で須

磨から11座目の指を立てる。











鍋蓋山山頂で30分ほど休憩した後は、今日最後のピークの再度山へと下って行く。道は

里山らしい花崗岩が風化した道、植生もどこにでもある木々。この六甲山には所々でその

場所が特定できるナンバーが書かれた黄色いプレートが設置されている。プレートに書か

れたナンバーを119番に連絡すると、すぐに居場所が分かるようになっているようだ。











ここでも途中で見晴らしの良い場所があった。眼下にはポートタワーがはっきりと目視で

きる距離まで近づいて来た。







再度越では道は四差路になっていた。一番北の道は再度公園への道、南の道は大竜寺へ直

接下って行く道。そして真ん中が再度山への上りの道になる。再度山への道は、距離は短

いが急登。でも今日最後の登りだと思うとあまり苦にもならない。再度山山頂は今日の二

つの山頂に比べると猫の額ほどの広さだった。須磨からは12座目のピーク。

四等三角点 鍋蓋山 486.15m











写真を撮ったあとは南側に下って行くと直ぐに『天狗』と書かれた大杉天狗。ここからは

また一段と急な坂になる。











急坂が終わると四国88カ所のミニ霊場の石仏が並んでいた。ただ四国でもよく見かける

ミニ霊場とは違って、石仏だけでなく立派な石の建屋がひとつひとつに造られていた。

奥の院にお参りして大竜寺の境内に入る。本殿にはお参りせずにそのまま表参道を下って

行くと、大きな山門のある駐車場に着いた。













駐車場から車道の反対側へ渡り、再度東谷の川沿いを20分ほど歩いて行くと市ケ原の広

い河原に出た。河原ではベンチに腰掛けテーブルの上にアルコール類を並べて談笑する年

配の男性グループや。木陰でチェアに腰掛けのんびりとしている女性の姿があった。










河原から布引大竜寺線に出て道の脇にあるトイレで用を済ませる。トイレの近くにある桜

茶屋のシャッターは下りていたが、少し南に下がった場所にある紅葉の茶屋は店の前に可

愛らしいぬいぐるみを置いて営業していた。













ここからの道は同級生3人で以前に歩いた事のある道。フェンスで囲われた川沿いを歩い

て行く。生田川になるこの川は布引貯水池を経て神戸港へと流れていく。夏からこの季節

の間、あまり雨が降らなかったせいか貯水池の水位も随分低いように見えた。

突堤の向こうにはハーブ園のロープウェイが結構短い間隔で動いている。

















貯水池の突堤の下まで降り、大正時代に造られたという谷川橋を渡りしばらく歩くと今日

最後の景勝地の布引の滝。落差43mの布引の滝は『日本の滝百選』に選ばれ、さらには

那智の滝華厳の滝とともに日本三大神滝の一つと呼ばれる名瀑。滝は花崗閃緑岩と云わ

れる白色と緑色の鉱物が混じった岩石で、全体的には白っぽく見える岩を流れ落ちている。

滝壺の上にはここでも営業している茶屋があった。紅葉の頃はもちろん、夏には涼し気な

この場所は新神戸からもほど近く、滝を眺めながら一服するにはもってこいの場所だ。

















布引の滝は上流部の雄滝から鼓滝、雌滝へと続いている。その脇を通りながら最後の展望

所に着いた。ここでもベンチに腰掛けて大勢の人が休んでいた。

すぐ手前には谷を流れ落ちる雄大な滝があったばかりなのに、目の前には新神戸駅の高層

ビル。大自然と都会がこんな近くに接している場所はなかなかないだろう。








展望所で一息入れて下って行くとすぐに明治時代に水道管を通す為に造られたレンガ造り

砂子橋。その橋を渡ると程なく新神戸駅の裏手に着いた。














これで全山縦走の1/2を終えた事になる。ここからが本来の六甲山となる。残り2/4と

はいえ、麓から都度登り下りをしていたのでは時間が足りない。登り下りのいずれかで、

ケーブルカーを利用し、さらには駐車場を確保しスタートもしくはゴール地点まではバス

移動と、課題が満載。どうやって歩くかどうやって交通機関で移動するか、頭の悩ませ処。

できれば年内に残りの2区間を完歩したいと思っている。

六甲全山縦走路、緩めに1/4須磨浦公園から鵯越駅

2023年11月23日 | 四国外の山

先週の寒霞渓馬の背コースから帰りに下った裏八景。最後に立ち寄った石門洞で大きな

カメラで写真を撮っていた男性と、あっちゃんがしばらくの間話し込んでいた。石門か

ら石門洞へと下った私とセニョさんが、また石門へと戻ってくると思って、そのカメラ

マンの男性の話を聞いていたそうだ。その男性は体型に似合わずマラソンしたり、六甲

全山縦走
もした事があると話をしてくれたようだ。『人は見かけによらないね』なんて

二人で陰口を言いながら帰ってきた。

寒霞渓の馬の背の絶景の後、さて何処を歩こうか。県外の山はどうやら雪景色のようだ

し、かと言って県内の里山の紅葉はまだ少し早い。

そう考えているとあっちゃんから『六甲は?』とメッセージが入った。なるほど、そう

言えば昨年のこの時期に六甲全山縦走路を歩いてみようと計画をしていたが、事情があ

って延期したままだった。『早起きが出来るなら』と返したら、『もっと寒くなったら

益々朝起きられなくなる』と返事が来た。


六甲全山縦走も神戸市主催の大会をはじめ色々と大会があるようだが、基本的には須磨

浦公園から須磨アルプス、摩耶山、六甲山を経て宝塚に至る公称56kmを歩く大会だ。

(YAMAPの記録では43km前後になっている)

もちろん我々が一日でそれだけの距離を歩けるわけもなく、じろじろさんやセニョさん

が歩いたハーフでも25km前後になるのでパス。結局1/4づつ歩こうと言う事にな

った。この区間はWOC登山部でも歩いていて7時間20分ほどかかっている。そして

じろじろさんチームはなんと4時間30分ほどで歩いていた。それなら我々は6時間位

かなと考え、6時30分に集合して朝日に向かって徳島自動車道を東に向かって走り、

明石大橋を渡って須磨ICを降りて須磨浦公園に8時30分過ぎに到着した。




駐車場に車を停めて8時40分にスタート、空は雲一つない青空が広がっていた。

須磨浦公園駅のロータリの西側から車道に沿って登って行くと『ちかみち』と書かれた

小さな道標。ここから階段を登って行くと近道のようだが、そのまま真直ぐ登って行く。

直ぐに展望台とトイレのある場所に着く。ここが六甲全山縦走のスタート地点になる。

朝日に照らされた大阪湾の海は眩しいくらいに輝いていた。

















展望所から右にカーブを曲がってその先から遊歩道へと入って行く。しばらくの間は石

段が続いて行く。まだ少し空気は冷たかったが、直ぐに汗が噴き出て上着を一枚脱いで

歩いて行く。











このコース1/2ほどが住宅地を歩くことになるが、山の中も住宅地でもとにかく分岐

が多い。ただ分岐には必ず案内板が掛かっているので、奥様たちには『おしゃべりに夢

中になって、案内板を見逃さないように!』と事前に忠告しておいたお陰で、分岐では

必ず立ち止まって、奥様たちが案内板を確認している。




最初に着いたのがロープウェイの鉢伏山上駅。駅の横の展望台からは先ほど渡ってきた

明石大橋が見え、反対側には須磨の海浜公園の砂浜と神戸への街並みが続いていた。







山上駅の横からはさらに上に向かって『カーレーター』という屋根の付いた斜面を登る

二人乗りの乗り物がある。ガタガタ振動しながら傾斜を進んで行くので『日本一乗り心

地が悪い』と言われている乗り物だそうだ。体調のすぐれない人、妊婦さんは坂道を歩

いて登ってきてくださいとホームページには書いてある。なんとも・・・・(笑)

そのカーレーターの到着場には大勢の中学生が休憩していた。『おはようございます』

と声を掛け『遠足?』とあっちゃんが聞くと、二人の女の子が『屋久島へ行く前の練習

です』と答えてくれた。女の子に少し話を聞いたあと広場の奥にある山名標で、今日ひ

ひつめの鉢伏山をゲット!今日の区間、YAMAP上では9つのピークポイントがある

内の最初の一つになる。











鉢伏山から軽く下って登り返すと今日二つ目の旗振山に着いた。旗振山の名前は、江戸

時代に大坂・堂島にあった米会所で行われた米取引の相場を旗を 振って西国地方に知ら

せた中継場所に由来するそうだ。山頂には昭和6年創業の老舗の旗振茶屋がある。














ここでも神戸港から明石海峡への絶景が広がっていた。神戸空港の奥の霞の中にひとつ

だけ背の高いビルが見える。大阪南港のトレードセンターだろうか、それともアベノハ

ルカスかな?











旗振山からは花崗岩の尾根が続いていく。ここでも少し下って登り返すと本日三つ目の

鉄拐山。山頂といっても200m程のピーク。二人ほどの年配の人がベンチに腰掛け休

んでいた。











何個か石柱がある中で、コンクリートの桝を鉄板で蓋をしているのが目についた。その

鉄板を開けて見ると、『復興基準点』と書かれた基準点があった。震災の際に基準点が

変動した為、復旧の効率化を図るために国土地理院が設置した基準点だそうだ。ベンチ

に座っていた男性も一緒に覗き込み『へ~そうだったんですね。いつも来ているけど何

の蓋かなと思っていた』と仰った。ここでも南から東にかけての眺望が広がっていた。










鉄拐山からはまた下って行く。それにしてもこの区間はアップダウンの繰り返し。山頂

まで登り一辺倒、そして下り一辺倒の山とはまた違って標高の割にはなかなか疲れる。

尾根は瀬戸内海沿岸部の特徴のひとつのウバメガシの林の中の尾根。ウバメガシのワッ

クスが掛ったような落ち葉が足を滑らせるので要注意だ。











すると道の脇にプレートが見えた。近づいて見るとなんとキティーちゃんのプレートだ

った。比較的新しそうなプレートには『キティ山岳会』ではなく、『四国キティ山岳会

と書かれていた。四国では有名なキティちゃんだが、島外になると影が薄いのか?

プレートの横には 四等三角点 立原谷 212.15m








三角点から進んで行くと広場になった場所に出た。広場にはステンレス製のモニュメン

トが立っていた。『いったい何だろうね?』と言っているとルリちゃんが、『縫い針に

見えるね』と。そういえばそんな形をしている。その針の穴から覗き込んでみて見ると、

『何か違って見える?』と聞かれたが、『????分かりません』。するとその足元に

『神戸らしい眺望景観50選・10選』と彫られたプレートがあった。

『神戸らしい眺望景観50選・10選』は2008年に市民から募集して選定した場所

で、そのうち15カ所に『ビューポイント』としてこのモニュメントを設置しているそ

うだ。そしてこのモニュメントはルリちゃんが言った通り、針をイメージしていて、そ

の穴から覗いて神戸の新たな魅力を発見してもらうようにとの事だ。














広場で次の四つ目のポイントを探すが見当たらない、ここまでほぼ一緒に来ていた男性二人

も同じようにウロウロ探している。『おらが茶屋』と横断幕を掲げた鉄筋コンクリートの立

派な茶屋が広場の奥にあり、その横に四つ目の高倉山の標識があった。

六甲全山には10軒以上の茶屋あるそうだが、その内でも一番茶屋らしからぬ建物だった。








高倉山でも写真を撮って、おらが茶屋を横目に見ながら奥へと進んで行くと、眼下に高倉台

の団地の白い建物が目に入ってきた。中層階から高層階の建物が立ち並んでいる。その奥に

見えるのは次に向かう栂尾山。その高倉台に向かって長い長い階段を下って行く。
















高架橋を渡って団地の中へと入って行くとメインの通りにスーパーや、魚屋・肉屋などの

お店が立ち並んでいて、団地の住民はここで生活必需品は揃いそうだ。










ルリちゃんがサイドポケットに入れていたスポーツドリンクを落としたと言っている。

普通に山の中なら水分補給ができなくてなって慌てるところだが、今日の区間は至る

ところに自動販売機があるので、その点では心配ない。







高倉台の団地の中央部を通り抜ける様にして歩くと、朝須磨ICを降りて右に曲がっ

た県道65号線の上に架かった橋を渡る。橋を渡り終えて左に山裾を進んで行くと、

『六甲全山縦走路』の矢印案内板が右に誘導している。














案内板に沿って右に曲がると目の前に、栂尾山山頂への階段が続いていた。『天国に続く

階段』と呼ぶ人もあるらしいが、400段のしかも一直線の階段は『地獄の階段』だ。

















途中で何ヵ所か踊り場があり、そこで上から降りてくる人と離合をしたり息を整えたりし

ながら、大汗を掻きながら登って行く。額から流れ出る汗が目に入り痛い。

途中からは高倉台の団地の全容、旗振山の電波塔そして明石大橋まで見え始めた。














階段地獄が終わって一息付けると思ったら、尾根道も栂尾山山頂まで急登になっていた。

ここまでの下りも急坂か急な階段で休む暇がなく、なかなか楽をさせてくれない。








栂尾山山頂は展望台になっていた。ここでも二人ほど男性が休んでいた。展望台からは

遠くに明石大橋、そして高倉台を見降ろし東は長田区から湾岸地域が見渡せた。

展望台の足元にある山名標で今日五回目の山頂写真。














栂尾山からは次の横尾山にまた急坂一旦下って行く『やれやれ!』。横尾山の先にはこの

須磨アルプスの核心部の馬の背があるが、写真で見ると花崗岩の風化した痩せ尾根の尾根。

でもこの横尾山までの尾根も同じような花崗岩が風化した乾いた尾根で滑りやすい。しか

も階段の段差が半端ない。














横尾山山頂で六個目の山頂ポイント。三角点は 二等三角点 須磨 3120.08m








横尾山から少し下って行くと花崗岩が浸食された痩せ尾根になった。所々で鎖が掛かっ

ている。乾いた尾根を注意しながら下って行くと写真で見た馬の背が目の前に広がった。

するとあっちゃんが『コレ?』と一言つぶやいた。確かに思っていたよりも規模が小さ

い。しかも先週の寒霞渓の馬の背と比べると・・・・・・?

イヤイヤそんなことを言ったら須磨の人に叱られる。










風化花崗岩も思っていたより滑らない。悪路になれた奥様たちはトットコトットコ歩い

て行く。確かに足を滑らせ滑落したらただでは済まないだろう。300mほどの山で、

しかも周辺には住宅地が広がっている場所では希有な場所だろう。

(そんなことを言ったら五剣山の五峰の高度感の方がよっぽどだ)イカンイカンまた要

らんこと言ったら怒られる。













そんなことを言いながら何枚も何枚も写真を撮る。











馬の背を越えてひと登りすると今日七つ目の東山。少し広場になった場所からは先程の

馬の背と横尾山。北西にはまた巨大な横尾の団地。しかしあそこだけでいったい何人の

人が住んでいるのだろうか?田舎者には目が点になる。














東山からは右に左に折れながら九十九折れの道を下って行く。そろそろかなと思ってい

たらやっぱり朝ドラの話が始まった。『まあこれだけしっかり矢印の案内板がかかって

いれば間違う事はないだろう』。













九十九折の坂を下りきると横尾の住宅地になる。ここは看板が少し分かりづらい位置に

立っているので、この家を正面に左に曲がって行く。みちの脇には今日一番のモミジの

紅葉。コースはは住宅地の外周部に沿って歩いて行く。













外周の水路沿いを歩いて高層のマンションの手前で右に曲がって脇道に入って行く。











コンクリートの階段を登ると目の前に阪神高速神戸山手線の橋脚が見えた。その高速の

下を潜ると今度はトンネルとトンネルの間を丸いドームの様な構造物で繋いでいる。

『なんだろうね?』と三人で言いながらその下も潜って行く。この構造物は恐らく地下

鉄西神山手線のもので二つのトンネルの間を囲って、騒音が下の住宅地にいかないよう

にしているのだろう。











そこから谷あいの住宅地を下って行く。それにしても神戸は坂の街というが、平野部が

少ないので仕方のない事だろうけど、団地以外では住宅地のほとんどが坂になった場所

に住宅が建っている。坂道を下ると右手に妙法寺。そこを過ぎると県道22号線の交差

点に出た。その交差点を右に曲がるとローソンがある。今日はここでお昼ご飯。

ローソンでカップラーメンを買って、暑いお湯を入れて3分。お店の前の駐車場の端で

アスファルトの上に腰を降ろしてカップ麺を頂く。

さすが上品な奥様たちは、『コンビニの前で腰を降ろしてラーメンを食べるなんて・・

地元だったら考えられないわ!』と。そりゃ私だって地元ではこんな事はしない。














コンビニの前でお行儀悪くお昼ご飯を食べて30分ほど過ごす。山の中と比べると、コ

ンビニはドラえもんのポケット。何でも揃っているし買う事が出来る。あっちゃんは食

後のデザートにアイスクリームを。私はスポーツドリンクが切れそうだったので、一本

買い足した。駐車場からは今日最後の山、高取山が目の前に迫っている。




休憩後交差点まで戻って西に県道を渡って行く。ここからも坂道を矢印案内板に沿って

登って行く。急坂の両側に建つ住宅。狭い駐車場いっぱいに器用に車を停めている。し

かし車の運転が出来なくなったらどうするんだろう。こんな息切れのする坂道に暮らす

人々。他人事ながらもちょっと考える。住宅地の途中から左に山の方へと入って行く。












やっと登山らしくなった。イノシシもでるらしい。ここからが高取山への登りとなる。










山裾から案内板に従って登って行く。掘割のようになった道が終わると、風化花崗岩の

道。途中木々の間から旗振山が見えた。














交差点から1.4kmほど、時間にして45分ほどで高取山に着いた。こちらはYAM

APでは高取山西峰となっている。そして山頂の下には春日神社(荒熊神社)が祀られ

ていた。ここの神社はとにかく何でも願い事が叶うようだ。札に書いてあるように裏手

に回ると磁器に書かれた通りの景色が見えた。

















境内の手前に赤鳥居が続いているがその横に八番目の西峰の山名標と三角点があった。

三等三角点 高取山 312.8m。この三角点は元々すぐ上の山頂にあったようだが、平成

18年に現在の場所に移設されたそうだ。その奥で晩秋の陽だまりの中で黒猫が横にな

って昼寝をしていた。














赤鳥居を潜って東に歩いて行く。鳥居から少し下がって左手の尾根へとひと登り。尾根

の北側は須磨区でも山の手になる。それでもまだまだ住宅地が広がっている。

















尾根筋を進んで行くと広場に出た。ここが今日最後のポイント高取山東峰になる。ここ

から石段を下ると高取神社。境内からは眺望が広がり、ポートアイランドも随分と近づ

いて来た。こうして見るとやっぱり都会は凄いな~と思うけれど、住みたいかと言えば

・・・・・?だ。














神社からしばらく石段を下って行く。途中こんな立て札が立っていた。ここまで登って

きて石柱に足を乗せて体操する人の姿が目に浮かんだ。








途中にある月見茶屋は今は営業はしていない様子。同じ続きの建物には『神戸ツキワ登

山会』と書かれた看板と『ツキワ投輪道場』とも書かれている。














その先には安井茶屋とさらに先にはきれいに清掃された広場と公衆トイレ。その広場に

は演題と投輪の台があった。須磨区では毎年投輪の大会が盛大に行われているらしい。

安井茶屋の奥には大きな大きなサザンカが沢山の花を付けていた。

トイレで用を済ませて、脇の道を下って行く。













安井茶屋からの道も所々にほうきが置かれていて、落ち葉もきれいに掃かれていた。そ

の道を降りきると鵯越駅までは住宅街の中を歩いて行く。











まあそれにしても坂・坂・坂の住宅街。途中にあったひばり小学校からは下校する小学

生の姿があった。日本一狭い県の香川県だがそれでも平地がほとんど。こんな坂の街に

住んでいる小学生の方が、毎日の通学の登り下りで、香川の小学生よりも丈夫だろうな

~とあっちゃんと話をする。










須磨浦公園をスタートして6時間20分、沿面距離13km。予定より20分ほど遅

かったが、途中眺望のいい場所が何ヵ所も有り度々立ち止まった。それ以上にアップ

ダウンの繰り返しで、けっこう足にきていた。腰もパンパンで油断して変な体勢をと

ろうものなら、ギックリになりそうだ。







鵯越駅から神戸電鉄有馬線で新開駅へ。そこから山陽電鉄本線で須磨浦駅に移動。特

急で須磨浦駅が終点だったが、ほぼ全員手前の須磨駅で降りて最後は三人だけになっ

た。駐車場で車に乗り込み一路香川へ。鳴門大橋を渡る頃には薄暮れの何とも穏やか

な景色が広がっていた。さてさて来週はどこまで歩こうかな?











帰りに寄り道した伊吹山もお花の山だった!

2023年08月05日 | 四国外の山


昨日は木曾駒ケ岳から下山して、飯田市まで移動してホテルに泊まった。ホテルの部屋

で、汗を流した後近くの居酒屋で祝杯をあげた。山を下りた後の生ビールは、それはそ

れは美味しく、頼んだ料理もどれも美味しくてついつい飲み過ぎてしまった。

そのせいで朝起きると頭が重く、昨日は高山病?で頭がクラクラ、今日は二日酔いで頭

がクラクラだった。

今日は帰り道の途中で関ケ原ICで下りて、日本百名山、新・花の百名山、関西百名山

に選定されている伊吹山に寄り道する予定。標高は1,377mあるが、ドライブウェイを

利用すれば、駐車場からは30分程度で登れるので、体調は最悪だが何とかなるだろう。

飯田市から中央道を走り名神高速の小牧辺りになると急に空が暗くなり、車のワイパー

が効かないほどのどしゃ降りの雨になった。いわゆるゲリラ豪雨だ。一般道なら停車も

出来るが高速道路ではそうはいかずに一瞬冷や汗がでた。

それでも関ケ原ICを下りる頃には青空が広がって、車窓からは山頂近くが少し雲がか

かった伊吹山が見えた。伊吹山ドライブウェイは麓から全長17kmの有料道路。その

距離もそうだがかなりのくねくね道で、後ろの座席ではあっちゃんがグロッキー。

ドライブウェイの駐車場には自家用車や観光バスが停まり、大勢の観光客で賑わってい

た。当然登山服の姿の人もいたが圧倒的に軽装の人が多かった。

麓では雲がかかっていた山頂だったが、ここでも晴れ男の本領発揮。雲は流れて青空が

見えていた。ルリちゃんは傘をさして軽装で、まずは西遊歩道コースを歩いて行く。







すると早速道の脇に次々と花が咲いていた。

ヤマホタルブクロ


クガイソウ


クサタチバナ



前を歩く女性も日笠をさしてのんびりとそんな花たちの写真を撮りながら歩いている。

遊歩道のスタート地点から少し登って行くと右手の山肌が、キオンの花で黄色一色に染

まっていた。里では菜の花畑やひまわり畑で黄色一色の景色はよく見るが、山中でここ

までの群生は珍しい。










奥様たちは相変わらず花散策でなかなか登って来ない。




キオンの群生地を過ぎさらに登って行くと植生保護柵の中で今度はシモツケソウで赤色

に染まったお花畑。柵の前では『伊吹山もりびとの会』の方が、花の説明や自分たちの

活動の説明をしていた。










ここで昨日の千畳敷カールでの花の写真をFBにアップしていたのを見たWOC登山部の

写真の先生から『花の写真が露出オーバーでは?』とコメントしてもらったのを思い出

した。さっそくネットでデジカメの取説を調べて設定を変更して見ると、今まで明るす

ぎたマクロでの写真が、随分と落ち着いた感じになった。(山の中でも電波の届く場所

だったのでネットで直ぐに取説を見られるなんて、便利になったもんだ。とは言え最初

から取説をちゃんと読んでおけば良かった。(^_^;) )

露出オーバーのイワアカバナ



設定を変えて写したクルマバナ






ウツボクサ




もりびとの会の方にクガイソウだと思っていた花はルリトラノオだと教えてもらった。

ルリトラノオは上から見ると葉が十字に見えるそうだ。

ルリトラノオ


キリンソウ



山頂が近づくとガスが流れて来た。後ろから来る女の子たちは流れるガスを見るのは初

めてなのか、喜んでスマホで動画を撮っている。




山頂の少し手前で上野登山口への分岐になる。植生保護柵のゲートを開けて奥に進んで

行くと、西から南にかけての眺望が広がっていた。石灰岩の白い山肌の向こうに、霞が

かかっているが薄く琵琶湖が見える。南には米原市の市街地の奥に夏らしくモコモコと

入道雲が盛り上がっている。







7月の豪雨で上野登山道は崩壊して通行禁止になっているらしいが、崩壊している場所

はどの辺りだろうか?奥様たちもこの絶景を堪能している。








分岐まで戻り山頂へと歩いて行く間にもいろんな花が咲いていた。



カワラナデシコ


シモツケソウ


クサフジ


イブキフウロ







山頂にはこの山での伝説が残る日本武尊が祀られている。







三角点はこの日本武尊の像から更に西に進んだ場所にある。一等三角点・伊吹山1377.3m








三角点から見える西側の斜面も石灰岩の石クズの様な雰囲気に見える。その三角点から

山頂中央部の植生保護柵で囲まれた場所を北側に回り込んで、中央遊歩道コースを下っ

て行く。西遊歩道と比べるとほとんど歩いている人の姿もなく、階段状の遊歩道を三人

でゆっくりと下って行く。






ヒメジョオン


ホタルブクロ


コオニユリ






すると下から長いポールを担いで登ってくる女性が二人。山側の斜面を見ながら手を叩

いて声を出している。その方向を見るとシカがピョンピョン跳ねながら逃げて行く。

その女性たちに『あそこは保護柵の外ですか?』と聞くと『柵の中なんです。網を破っ

て入ってくるんです』と教えてくれた。伊吹山レンジャーの二人は『最近は少々毒のあ

る草花でも食べちゃうんです』と。シカも生きていく上で耐性ができていくようだ。

たまに見かけて喜ぶ我々と違って、山では鹿害は大きな問題。安易に可愛いとは言えない。



オトギリソウ


イワアカバナ



あまりの花の多さにコースタイムでは35分の所を1時間30分もかかって山頂に。その

後も花の写真ばかりを撮って下りて来た。帰り道で見えた伊吹山は山頂にまたガスがかか

っていた。




帰り道、高速のSAで遅めの昼食を摂り一路香川へ。満腹の後の運転はさすがに少し眠

気がしてきたが、何とか無事に帰宅した。

今日の伊吹山で日本百名山を二座。YAMAPの山頂ポイントも4つゲットして、しか

も花の写真を1年分くらい撮った感じの二日間は、なかなか収穫の多い二日間だった。

色々と制約はあるが、年に一度は遠征に出かけてみたいものだ。


他の花たち



















三人で初めての遠征は花・花・花でした!

2023年08月05日 | 四国外の山
ここ最近、大山の三ノ沢・三鈷峰そして寒風山と、花音痴の三人が珍しく花を求めての

山歩き。その仕上げとして兼ねてより計画していた初の一泊しての遠征をしてきた。

目的地は中央アルプスの最高峰の木曾駒ケ岳。そのスタート地点となる千畳敷カールの

お花畑。そして翌日は帰りに花の山として有名な伊吹山に寄り道してドライブウェイを利

用しての観光コースで、両日ともに花を目当てに、そしてあっちゃんは初めてのアルプ

スデビューとなった。ルリちゃんは意外とあちこちの山にツアーで出かけているのだけ

れど、結構な確率で雨だったそうだ。今回はその雨女と晴れ男の私との勝負になった。

1週間前まで40%だった降水確率が20%まで回復して『シメ・シメ』と思っていた

のに、直前では40%にまた戻ってしまった。果たして二人の勝負は、お山の天気はど

うなるのか?今まで以上にずっと気にしながらの1週間だった。




夜中の3時に集合して高速を一路長野県を目指す。途中で淡路島の室津。宝塚北・黒丸・

恵那のPA・SAで休憩をとりながら6時間ほどで菅ノ台バスセンターに着いた。セン

ターの駐車場はすでに満車で、少し上の臨時の駐車場に案内された。

予定より2便早い9時15分発のバスに乗り込み、ロープウェイ乗り場のしらび平には

30分ほどくねくねの道を揺られながら到着。ロープウェイは1,662mのしらび平

から2,612mの千畳敷駅までの高低差950mを7分ほどで一気に登って行った。










千畳敷駅の前には以前にはなかった、千畳敷カールを目の前にして広いテラスが出来て

いた。宝剣岳から乗越浄土そして伊那前岳にかけての稜線の奥は残念だが曇り空だった

が、それでも山々はくっきりと見えて三人とも歓声をあげる。







周りは家族連れの観光客や登山客の姿があったが、ここでは観光客の方が多いような感

じがした。まずは駅舎の横にある駒ケ岳神社にお参りして千畳敷カールの遊歩道を歩

いて行く。さっきまで灰色一色だった空は時々青空がのぞき始めた。『ヨシ・ヨシ!』











遊歩道の脇には次々と花が咲いていて、道の右に左にと忙しく写真を撮って行く。写真

撮影に忙しい奥様たちもなかなかやってこない。振り返ると何やら女性から花の名前の

レクチャーを受けていた。

ヒメユキソウ








タカネツメクサ


ウサギギク






遊歩道と登山道の分岐となる八丁坂分岐からは足元はゴロゴロ石の登坂になる。九十九

折れの道は、時々上から降りてくる人との離合で立ち止まって意外と時間がかかる。






チングルマの綿毛



ロープウェイで一気に上がってきたせいなのか、それとも寝不足のせいなのか、先ほど

から息を吸うと頭がクラクラとする。たしかにもう既に標高は2,700n近いので、

高山病が発症してもおかしくはない。









ヨシバシオガマ



乗越浄土が近づくにつれ、周りは岩稜のアルプスらしい景色になって来た。相変わらず

頭がクラクラするが、奥様たちも同じような感じだと言っている。












サクライウズ




乗越浄土には遊歩道でゆっくりしていたのでコースタイムより時間がかかって1時間ほ

どで着いた。正面には天狗荘の赤い屋根の向こうに中岳。右手にはハイマツの緑と白い

稜線とのコントラストが美しい伊那前岳(山頂は更に奥)が見えた。まずは伊那前岳へ

のアタック(笑)を前に、ここでお昼ご飯にする。今日も麓のコンビニで買ったぶっか

けうどん!













ご飯を食べた後は少し時間が押して来たのでザックを置いて、早々に伊那前岳へと歩き

始める。乗越浄土浄土から見えるピークは山頂ではなく、さらに奥になるが15分ほど

で行けると奥様たちに男性が教えてくれたそうだ。周りは次々とガスが流れていく。













山頂の前のピークには、江戸時代中期に高遠藩郡代の阪本天山が木曽駒を検分した際に、

この場所で絶景を前に漢詩を詠み、すぐさま石工に命じ近くの岩に(鎖で囲まれた中の

岩)この詩を刻んだ勒銘石がある。その後詩が刻まれた岩が風化し始めたので、その傍

らに石碑が建立されている。







伊那前岳山頂には乗越浄土から25分ほどで着いた。今までほとんどなかったのに、な

ぜかここ最近『写真を撮ってもらえませんか』と山頂で頼まれることが多くなった。こ

こでもご夫婦に頼まれ写真を撮ってあげ、その後こちらもお願いをする。

















相変わらず次々とガスが流れて、一瞬はクリアだった周りの景色を刻々と変えていく。













山頂から乗越浄土に戻り宝剣山荘の横を通ってまずは中岳へと歩いて行く。振り返ると

先ほど歩いた伊那前岳への稜線と、険しい顔をした宝剣岳。

















中岳山頂から木曾駒ケ岳へは一旦下っての登り返しになる。鞍部には頂上山荘の前でテ

ントを張っている人の姿があった。山頂への道はここまでと同じようなゴロゴロ石の道。
















道の両側には立ち入らないようにロープをずっと張ってある。すると赤い小さな花が目

についた。『あっ、女王様だ!』










山頂には木曾駒ケ岳神社伊那駒ケ岳神社の二つの神社がある。まずは木曾駒ケ岳神社

にお参りして記念撮影してその後伊那駒ケ岳神社で手を合わせる。山頂に神社が二つあ

るのは珍しいことだが、昔の水利権の名残りだそうだ。山頂は長野県の上松町・勒銘石

木曽町・宮田村の3つの村の境界にあり山頂がどこに属するかは昔は大変重要で、谷を流

れ下る水の権利に関わったそうだ。











木曾駒ケ岳山頂からの下りで数人の人が立ち止まって写真を撮っていた。カメラを向け

ている方を見ると、岩の上にひょこっと雷鳥が立っていた。少し距離が合ったのでズー

ムで撮ったがガスの影響もあってイマイチ。








中岳との鞍部まで下り、今度は中岳山頂へは登らずトラバース道を進んで行く。すると

ここでも道の脇へカメラを向けている人の姿があった。さっきの雷鳥と比べると随分近

くの岩に立っていた。しかも周りでちょこちょこと小さな子供たちが歩いている。さら

に一羽や二羽ではなくかなりの数が動いている。なんなら親鳥から離れてこちらへやっ

て来る子供もいる。

木曽駒ケ岳の雷鳥は、昭和44(1969)年以降にライチョウの目撃がなく絶滅したとされ

ていたが、平成30年7月20日に一般登山者により撮影され、その後個体群復活事業がな

されているそうだ。目視では分からなかったが写真をみて見ると、個体識別の色足輪が

付けられている。雷鳥は北アルプスで何回か見た事はあるが、これだけの数を見たのは

初めてだった。それにしても子供たちは周りの花崗岩や花崗土にそっくりの保護色をし

ているので、よくよく見ていないと直ぐに見失ってしまう。













トラバース道は途中から岩稜の道になる。晴れていれば右は滑川へと続く谷筋の切れ落

ちた斜面のはずだが、ガスっているので高度感は感じられないのが助かる。










さきほど雷鳥を撮影していた団体は中国の人の様で、こんな雰囲気の中でも賑やかにと

言うより騒がしく前を歩いている。











ガスがどんどん濃くなってくる。宝剣山荘の横から『さぁ宝剣岳へ!』と稜線を登って

行くと、直ぐに雨が降り始めた。どうしようかと迷っていると雨脚はどんどん強くなる

ばかり。仕方がないので引き返して雨具を着るために宝剣山荘に入る。食堂の椅子に腰

かけ雨具を着こんでいると同じように次々と登山客が入って来た。食堂には8月だとい

うのにストーブに火がつけられていた。







雨具を着た後、宝剣岳は諦めて下山する事に。晴れの日を天気予報を見ながらの登山ば

かりしているので、雨具を着こむのは久しぶりの事だった。







乗越浄土から千畳敷駅までは花崗岩の急な下り坂。ただ花崗岩の表面がザラザラしてい

て雨で濡れても意外と滑りにくかったのが助かった。この時間この天気の中、下からは

まだ登ってくる人達とすれ違う。

<








八丁坂分岐からは往路と違う剣ケ池の方へ歩いて行く。こちらの道ではムカゴトラノオ

の群生地になっていた。

ムカゴトラノ












ロープウェイの出発時刻までには余裕があったので、花を見つける度に立ち止まっての

んびりと写真を撮る。幸い剣ケ池では雨も小降りになっていた。



ミヤマアキノキリンソウ


エゾシオガマ




下りは16時発のロープウェイ。乗り込む人も多くなくロープウェイもバスもスムーズ

に我々を運んでくれた。千畳敷駅で18度の気温から下界は一気に気温が上がっていた。

今晩は飯田市のホテルで宿泊。チェックインの後直ぐ近くの居酒屋で宴会。一口目の生

ビールの美味しいこと美味しいこと。最後の岩と鎖の宝剣岳に登れなかったのは残念

だったが、それでも千畳敷カールの高山植物、そして女王のコマクサ、花崗岩とハイマ

ツのコントラストの中の稜線歩き、最後に雷鳥の大家族にも会えて満足度100%の第

一回の遠征は無事幕を下ろした。













花の数が多すぎたのでまとめてみました。
















いざユートピアのお花畑へ、GO・GO!!

2023年07月22日 | 四国外の山
昨年の夏に大山ユートピア避難小屋の周りのお花畑の存在をネットで知った。その時は

シーズンを少し過ぎた頃だったので、『来年は出かけてみましょうと』と奥様たちと話を

していた。そして前回に三ノ沢から剣ケ峰に登った時に、剣ケ峰の山頂で出会ったご婦人に

お花畑の話をすると『今年はどこも花の開花が早いので、7月の初旬が見頃かも?』と教

えてもらったのだが、今月の第一・二週は都合が付かず、とうとう三週目に入ってしまい、

この間花はまだ咲いてるのかが気がかりだったけれど、YAMAPを見ていると、どうや

らまだ間に合いそうな雰囲気。それならと晴れの日を狙って金曜日に出かけましょうと言

う事になった。前日には中国地方が梅雨明けをして期待大で出かけてきた。





6時に坂出で待ち合わせ。自宅を5時に出て高速を西に走らせると、まだ陽が登る前の薄

っすらと朝焼けの空。『日本海側も晴れているかな?』と思いながらアクセルを踏み込む。




瀬戸大橋を越え中国道から米子道に入る頃に周りは次第に雲が多くなり、少し天気が怪し

くなってきたが、蒜山の手前になると一気に青空が広がった。『ヤッタ~!』溝口ICで

下りて県道45号線を桝水高原の中をグングンと高度を上げて行くと、南側から見る大山

とは全く違ったシルエットの、まさしく伯耆富士の大山が朝陽の中に浮かんでいた。




南光河原駐車場は満車状態だったので県営第4駐車場に車を停める。登山口へは南光河原が

一番近い駐車場なのだが、この第4駐車場からは大山の北壁が見渡せるビューポイントにな

っている。思っていた通り雲一つない空に大きな大きな大山が横たわっていた。







駐車場の上にあるナショナルパークセンターでトイレを済ませた後、道の両側に宿が並ぶ

御幸参道本通りをまずは大山寺へと足を運ぶ。本堂はまだ朱色の大きな扉を閉じていたが、

その扉の前で手を合わせ、本堂を左に回り込んで次に大山神社の奥宮へと向かう。自然石を

敷き詰めたこの参道の長さは日本一だそうだが、デコボコしていて歩きにくい。その参道が

終わると逆さ門と呼ばれる神門がある。この神門は大山寺本坊西楽院の表門(宮家のお成門)

にあったのが仏毀釈によりこの奥宮の門に移転された際に、そのまま移転したので後向きに

なったという。その逆さ門を潜り本殿へ。国内最大の権現造りの本殿は残念ながら改修工事

中でその全容は見ることが出来なかった。



















本殿を参拝した後、その社殿の右側奥の登山口から取り付いて行く。平日だったが梅雨明け

を狙って訪れた何組もの登山者と一緒になる。原生林の中の道は途中で大山頂上への道と分

かれ、左の下宝珠越の道へと進んで行く。道の脇にはヤマアジサイが咲いていた。このヤマ

アジサイは三鈷峰の尾根近くまで最後まで咲いていたが、尾根近くにあると濃い青色へと色

が変わっていった。











道は涸れ沢の中の道になり途中で一旦舗装された林道に飛び出す。ここからは『通行注意』

で、自己責任でと書かれた道標。後ろから登って来た常連の様な方が『ここから下宝珠越は

30分位ですよ!』と教えてくれる。麦わら帽子に小さなザック。地元の方だろういかにも

通い慣れているといった感じの男性だった。次第に涸れ沢は沢というより深く切れ込んだ谷

筋のような雰囲気になって来た。足元もゴロゴロ石が多く歩きにくい。









クサアジサイも咲いている



この辺りからヤマジノホトトギスが所々で見かける




振り返ると大山町の街並みと白い雲の下には日本海が見える。谷筋から尾根直下の直登の急

登になる。木の根に足の運びを戸惑いながら登って行くと、下宝珠越には25分ほどで着い

た。ここから左に行くと宝珠山。復路はこちらから下る予定だ。














下宝珠越からしばらくは緩やかな尾根道。密度の濃い樹林の中を進んで行くと右手にチラチ

ラと北壁が見え始めるが、駐車場で見たあの青空の面影は全くなく、白いガスの上にちょこ

っとだけ稜線が見える程度になってしまっていた。







中宝珠越の手前の1242mの標高点は展望台になっていた。最初は真っ白なガスで全く姿

が見えなかった三鈷峰が、しばらく待っているとその姿を現した。白い岩肌と緑のコントラ

ストは四国には無いどちらかと言うとアルプスの様な雰囲気の山容だ。視線を右に移すと北

壁の稜線が青空に映える。このまま晴れてくれればと話をしていると、後から来た大きな一

眼レフを抱えた男性が『昼からは晴れる予想です!』と言ってくれた。その言葉を信じて!
















標高点からは一旦下って行く。それもなかなかの急坂だ。『も~、どこまで下るんやろ?』と

先頭のあっちゃんが言っている。急坂を下りきった場所が中宝珠越になっていた。







中宝珠越を過ぎると右側にロープが張られた崩壊地。ここからは木の根を握ったり、ロープ

を握ったりしながらの変化のある道。
















さらにもう一ヵ所大きく崩れた場所があったが、足元はしっかりしているので問題はない。

次々と登ってくる登山者。そして上から降りて来たのは高校の登山部。この時間だとユート

ピア避難小屋で小屋泊だったのかな?










ガスが次々と現れては北壁の稜線が見え隠れしている。三鈷峰の尾根の延長にあるユートピ

ア避難小屋も薄く見える程度だ。







上宝珠越の道標はここまでの道標と同じように朽ちて落ちていた。冬は雪に埋もれてしまう

ので、どうしても腐るのが早くなるのだろう。この道標の左手に侵入禁止のロープが張られ

ていた。ここでも後から来た男性が、『ここが砂すべりの入り口ですよ』と教えてくれた。

前回の三ノ沢での下りで砂利滑りが楽しかったと言うあっちゃんの目が一瞬輝いた。すると

間髪入れずにルリちゃんが『もう変な事考えんとってよ!』と。すかさず私も『帰りにここ

から下ってしまうと宝珠山に行けませんけど、いいですか?』と言うと直ぐに諦めた。

相変わらず三鈷峰の稜線のガスは濃い。今日はこのままかな?







ホタルブクロ



上宝珠越からは左に回り込むように三鈷峰の尾根へのトラバースの道になる。このあたりか

ら道の脇には今までなかった花が目立ってくる。巨大なシシウド越しのユートピア避難小屋。

トラバースの道はキャラボクの中を続いている。何ヵ所も枯れた古木が横たわっていて、そ

の度跨ぎながらで時間がかかる。稜線が近づくと左手の景色が見え始める。天狗ケ峰からの

支尾根だろうか、その下の方には勝間ケルンと呼ばれている鉄骨の大きな三角錐が見える。







シモツケソウ



クサボタン



ダイモンジソウ










三鈷峰とユートピア避難小屋との分岐の尾根に出ると左手に三鈷峰、右手に象ケ鼻から16

36mの標高点へと続く稜線が見える。でも相変わらず北壁は姿を現せてはくれない。







コオニユリ






目の前に見えるユートピア避難小屋でお昼ご飯にすることにして尾根を歩いて行くと、前を

歩く奥様たちから歓声が上がった。『凄~い!』

稜線の両側に色とりどりの花が咲き乱れている。ネットで見た印象としてはナンゴククダイ

ソウとシモツケソウのお花畑かと思ったら、その他にも色々な花が咲いている。お花畑に感

激した奥様たちが『写真を撮って!』と催促してきた。『周りのお花に負けてませんよ!』

と胡麻をする。










ホゾバシュロソウ



シシウド




稜線上に建つユートピア避難小屋。その道筋に咲くヤマブキショウマ。そして左の山肌には

オオバキボウシとナンゴククガイソウの紫色。右の斜面にはシモツケソウの濃いピンクが目

立つ。例年に比べると今年は少なめだと書いている活動日記もあったが、それでもこの数は

特筆すべき、本当にお花畑だ!










クガイソウ



ただコンデジではこの辺りが限界。見た目ほどはきれいに写せない。








ユートピア避難小屋にザックを置いて取り敢えず象ケ鼻まで登ってみる。岩場になった象ケ鼻

までの間もお花畑が続いて行く。
















カラマツソウ







奥様たちは更に先の通行禁止の看板のある場所まで行ってみると言う。私はこのお花畑をもう

少しゆっくりと写真を撮りたくて引き返す。そして先に小屋まで戻ってお昼ご飯にする。小屋

の建屋の日陰に腰を降ろしていると奥様たちも戻って来た。先ほどまで大汗を掻いていたのに

動かなくなった途端に汗冷えで少し肌寒く感じ始めた。










ホソバヤマハハコ



アカモノ



ダイセンオトギリソウ



ダイコンソウ



シコクフウロ






その間次々と登ってくる登山者。お昼ご飯を済ませた後は三鈷峰へと向かう。その稜線上にも

山頂にも多くの人の姿が見える。



















分岐から一旦小ピークを越えて鞍部まで下ると、そこから先は西側が崩れた稜線になる。足

元の岩は割としっかりしているので手足を使って登って行く。ただ左手を見るとなかなか迫

力のある斜面になっている。
















山頂は多くの人で賑わっていた。そんな中でも話声で高知の人はすぐ分かる。その高知から

来た団体さんにシャッターを押してくれと頼まれる。二枚ほど撮った後、今度は私たちの写

真をお願いすると年配の女性が快く撮ってくれた。するとその中の一人の方から『すみませ

ん、ひょっとしてKAZASHIさん?』と声を掛けられた。『そうです!』と答えると、

YAMAPでフォローしているとしくんさんだった。『よく縦走であるかれてますよね』と

言うので『こちらの奥様たちと一緒に歩いています。いつもついて行くのがやっとなんです

。』と奥様たちを紹介する。としくんさんは登山会のメンバーと一緒に来ていて、今日は一

泊して明日は甲ケ山を歩くそうだ。甲ケ山と聞いて直ぐにあのゴジラの背が頭に浮かんだが、

としくんさんのメンバーを見ると年配の方も多い。さすが登山会、熟達者揃いのようだ。

相変わらず周りはガスの中。1242mの標高点で『午後からは晴れますよ!』と言った男

性の予想はどうやら今日は外れのようだ。するとまた今度は女性4人と男性1人のグループ

に写真を頼まれた。撮り終えると女性たちが山頂標を前に思い思いのポーズで写真を撮り始

めた。そのポーズを見て私も撮ってと真似をするあっちゃん。













時間は13時を廻っていた。少し予定より遅れ気味だったのでポーズ写真を撮って直ぐに下

山を開始する。













としくんさんとはユートピア避難小屋への分岐で分かれ、そのまま上宝珠越へと下って行く。

遅れ気味の時間を気にしてスピードを上げたいところだが、道は相変わらず倒木が多くてス

ピードはあまり上がらない。











中腹辺りまで掛った雲の下に大山から広がる緑の山裾が見えた。車を停めた辺りの建物も見

えるが、まだまだ随分と下の方に見える。崩壊地まで下って来るとさらに考霊山が正面に見

えた。そしてその奥には霞んではいるが名前の通り弓なりになった弓ケ浜が見える。










北壁はやはり全容を見せてはくれない。中腹の険しい岩肌と年々崩れていく石クズになった

沢。地形図には元谷沢、天狗沢、弥山沢と名前が載っているが、その地形が複雑すぎてどの

沢かはさっぱり分からない。










上宝珠越から中宝珠越も岩肌のロープ場や岩の間の道になっていてスピードは上がらない。

北壁は相変わらずだったが三鈷峰はガスが流れて午前よりはユートピア避難小屋とともに

綺麗に見えた。こちらも植生のある山肌はいいが、岩場の斜面は少しづつ崩れてきている

ように見える。













中宝珠越からの道はやはりブナの林が見事だった。けっして大きくはないがこれだけの数が

密集して並んでいるブナの尾根は見た事がない。










下宝珠越からは直進して宝珠山を目指す。流石に歩く人の数が今までと比べると少ないのか

足元が見えない程度に木々が茂っている。暑さ対策でズボンからショートパンツに最近切り

替えたので、枝葉が当たるタイツが破れはしないだろうかと気になる。宝珠山の山名札も同

じ様に朽ちて杭から落ちていた。今日三つ目のポイント。そういえばYAMAPのポイント

は三ヵ所だったが、その内のひとつも三角点ではないのも珍しい。







宝珠山からは下り一辺倒。最初は先ほどと同じようなブナ林。その内に笹が道を覆うように

なり、その笹道を抜けると一気に視界が広がった。中の原スキー場の最上部のリフトに出た。

冬場のスキーシーズンはここでリフトを降りて滑り始める場所だ。そのスキーで何度も来た

事のある場所だが、夏場のこの時期は初めて。その開放感に『ウォ~!』と声が出た。











正面には豪円山、その奥に考霊山。そして更にその奥には弓ケ浜。大山北壁は駐車場からし

かその姿は見ることが出来なかったが、この景色でそれも帳消し。素晴らしいの一言に尽き

る。それじゃボーゲン?パラレル?で下って行きましょう!













下草はそれほど伸びていなくて歩きやすかったが、それでも一直線の下り。しばらくすると

登山靴の中の指先が痛み始めた。ついでに膝と腰も・・・・・。










計画では最長7時間と読んでいたが、結局30分ほどオーバーして駐車場に着いた。やはり

途中で散々花の写真を撮っていたせいかな?着いた駐車場では直ぐに靴を脱ぎ、汗でびっし

ょり濡れた服を着替えて帰路につく。もちろん途中の蒜山SAでソフトクリームを食べたの

は言うまでもない。

奥様たちを坂出で降ろして自宅へと高速を走っていると、サイドミラーには陽が落ちた夕焼

けの空が写っていた。朝焼けから夕焼け。今日も一日よく遊びました!





他に見かけた花たち(一応調べたつもりですが間違ってたら・・・・ゴメンなさい)

ウツギ



ホツツジ



トキショウマ



トチバナニンジン



シモツケ



ダイセンオトギリ


お久しぶりの大山、そして初めての三ノ沢ルート

2023年06月17日 | 四国外の山


『線で繋ぐ石鎚山から引地山』で弥山から二ノ森へ歩いた時に、西ノ冠山の辺りで

数輪咲いているイワカガミを見つけて三人で喜んだ。

それが6月の初旬にエントツ山さんとアカリプタさんがYAMAPにアップした

大山三ノ沢の活動日記には、尾根近くの斜面一面にコメツツジとイワカガミが

びっしりと咲いた写真が載っていた。『なんじゃ~これは??』と目が点に!。

さっそく奥様たちに『天空のお花畑』のお誘いをすると、もちろん即OK。

ただエントツ山さん達が出かけて以降の天気が、梅雨らしいといえば梅雨らしい

ぐずついた天気が続き、出かけるのに二の足を踏んでいたのと同時に、お花は

まだ大丈夫だろうか?と心配する日々が続いた。

今週は木曜日までそんな天気が続き、金曜日にやっと天気が回復した。

降雨の後の大山がガスがかかっていないかが気がかりだったが、仕事の都合も

あって今日しか出かけられないので、意を決して・・・・!





坂出で奥様たちと待ち合わせをして高速道路を一路蒜山ICを目指す。途中の

中国山地辺りでは曇り空からポツリポツリと雨が。蒜山SAでトイレを済ませたが、

やはり蒜山・大山は雲がかかって姿が見えない。車に乗り込む前に頭の上の雲を

じっと眺めると、雲は西から東へと流れている。この調子で雲が流れてしまう事を

願いながら高速を降りて、大山環状道路を走ってスタート地点となる文殊堂に着いた。




文殊堂の横の駐車場は平日にかかわらず満車状態。『みんな考えることは同じかな?』と

思いながら、文殊堂の後ろの少し路肩が広くなった場所に移動して車を停める。

まわりはやはり霧がかかって薄暗い。




その霧のせいもあってか、少し肌寒かったが、時間が経てば陽が照ってくるのを

願いながら、三ノ沢の右岸に造られた工事用の道を歩いて行く。

右手に砂防ダムを見ながら登って行くと、道の左側に工事現場の小屋と工事の人の

車が数台停まっていた。道の正面は立ち入り禁止の標識とロープが張られていたが、

なぜか立入禁止と書いた矢印の方向にはロープは張られていなかった。








その矢印通りに樹林帯の中へと進んで行く。しばらく歩くと砂防ダムの際にでた。

そこから砂防ダムの上手に降り、河原についた踏み跡を辿りながら今度は左岸へ。










左岸に渡ると自然林の中の道になる。気のせいか四国の山とは周りの木々も林床の

植生も少し違って見えた。足元に今日初めてのダイセンクワガタみ~っけ!







樹林帯を抜けると最上部の大きな突堤の足元に出た。ここでまた今度は右岸に渡り、

突堤のコンクリートにロープがかかった斜面を登って行く。











コンクリートの斜面を登り、タニウツギの咲く突堤の脇を抜けていくとまた

岩や石が堆積した広い沢に出る。ここから見上げると千畳敷カール涸沢カール

ような景色が見られるはずだったが、残念だが稜線をうす暗い雲が覆い隠していた。

この沢の最上部になるゴルジェの様な場所には、白い塊が見えた。大山の南壁にある

沢だが、まだ雪が残っているようだ。











沢の踏み跡を辿りながら一旦右手の中州の様な灌木帯の中へ入って行く。この頃には

汗のせいなのか霧のせいなのか、シャツがしっとりと濡れている。














灌木帯からまたゴロゴロ石の斜面に出る。ザレた斜面は踏み出すたびにズル・ズルと

足が後ろに滑って歩きづらい。ここでも踏み跡を辿りながら右の灌木帯へと登って行く。

前を行く岡山から来たという男女のペアは、このルートにも何度も来ているようで、

途中で色々と話をすると私たちと同じようで、やはりぐずついた天気が続いて

いたので、やっと今日の天気を待って出かけてきたそうだ。ここからが沢から

離れて尾根への取付きとなる。



















ザレ場から岩肌になると今日初めてのイワカガミ。先ほどの女性に『この辺りからが

群生地になるのかな?』と尋ねると、『もっと上の方よ』と教えてくれる。

ポツリポツリとマイズルソウも姿を現し次始めた。













すると今度は霧の雫と同じくらい小さなコメバツガザクラも目立ち始めた。

奥様たちもそんな可愛い天使たちの写真を撮るのに夢中だ。










更に今度はあちらこちらの岩肌にダイセンクワガタが群生していた。手前のイワカガミは

既に枯れていたけれど、ダイセンクワガタの群生を見られただけでも良かったねと。







霧は期待を裏切っていっこうに流れそうにもない。それどころか高度が上がるにつれて

益々濃くなっていっている。















険しい岩肌に咲く濡れたダイセンクワガタの群生に圧倒される。それに負けじと

高度が上がってくるとイワカガミもまだまだ咲いている。











最上部から尾根に近づくにつれイワカガミのピンクが目立ち始める。右を見ても

左を見てもピンク色の斜面。そして星屑の様な白いツガザクラがその周りを覆っている。















道の両脇に続くイワカガミの群生。尾根手前で少しだけ下ると独特な形と色をした

オダマキも咲いていた。この辺りから右に行くとキリン峠への道になる。








晴れていると目の前に槍ケ峰がデ~ンと構えているはずだが、そのシルエットが

辛うじてわかる程度だ。その槍ケ峰の足元を西にトラバースして巻いて行く。














槍ケ峰をトラバースすると初めて稜線に出た。槍ケ峰は岩を積み上げたような岩稜。

その尾根は足を踏み出しただけで崩れていきそうだ。ここから西に向かって稜線を

歩くと最初のピークが三ケ峰となる。相変わらずの霧のお陰で、両側が切れ落ちている

場所もさして高度感も恐怖心も湧かずに通過できた。











三ケ峰山頂では先ほどのペアが腰を降ろして休んでいた。お二人は剣ケ峰へは

行かずにここで引き返すという。『以前は平気だったけれど、最近は無理をしない』と

言っている。それを聞いたルリちゃんもここまでにすると言っている。もちろん

あっちゃんは行く気満々!

時間は11時ジャスト。12時までには帰ってくるとルリちゃんに約束をして、あっちゃんと

二人で先ずは天狗ケ峰へと一旦三ケ峰山頂から下って行く。ここまでも、そして

ここからも道の脇に小さな小さなマイズルソウがあちらこちらで咲いていた。








稜線の痩せ尾根は何度も歩いた事はあるが、ここの稜線は今にも崩れそうな

危うい場所が何ヵ所かあった。ただ想像していたよりは道が踏み固められていて

歩きやすかった。ただこれも霧がなく晴れ間の下ではもっと怖かったかもしれない。







天狗ケ峰は山名標もないので気づかずに通り過ぎてしまったようだ。剣ケ峰

近づいてくると、稜線の北側は草木が生え、南側は切れ落ちた道。草木があると

気分的に少しは楽になるが、気をつけないとその根っこに躓いたりする。











剣ケ峰山頂手前は稜線から北側を巻いて行く。そして樹林帯を抜けると『あら、山頂?』。

山頂では女性が独りで休んでいた。『こんにちは!』とあいさつをした後、コンクリートの

モニュメントで記念撮影をすると、その女性が『そちら側は遭難の碑になっているから

反対側で写した方がいいわよ!』と教えてくれた。確かに反対側には剣ケ峰の山名が

刻まれていた。山頂では霧が流れて一瞬だが青空も見えた。その女性も何度も大山には

登っているようで、色々と話を聞くことができた。そして大山最高峰に立つ事ができた。

ここから見えるはずの360度の眺望は残念だが今回は見ることが出来なかったが、

槍ケ峰から剣ケ峰へのルートも後何年かすれば崩落するかもしれず、そうなると

大山最高峰のこの場所に立つ事は二度とできなくなる。そう思うと感慨深かった。
















さあ山頂を踏んで満足した後はルリちゃんの待つ三ケ峰へと折り返していこう。

三ケ峰で話をした女性が『剣ケ峰への登りはいいけど、下りがザレて危ないから』と

言っていたが、今日はそのザレた場所も湿っていて、乾ききったザレ場よりも

思ったよりも歩きやすかった。









ただ一度動画を撮っていて足が滑って尻もちをついてしまって冷や汗がでた。

この痩せ尾根は今にも崩れそうだった



















あっちゃんは剣ケ峰で話をした女性に、花の名前を教えてもらいながら歩いて

来ている。途中では前から来るソロの女性とすれ違い、三ケ峰の山頂では別の

ソロの女性がルリちゃんと話し込んでいた。それにしても平日にソロの女性が

意外と多い。しかもその女性たちはこの山に何度も足を運んで、山にも花にも

詳しい。今日のような周りが何も見えない霧の中を歩いてみても、この大山が

多くの女性を魅了しているのが何となく分かった。

時間は12時。少し風が冷たいがこの三ケ峰でお昼ご飯にする。














帰りの下りは、登りに比べると霧が少し流れてイワカガミの群生が更に色濃く見えた。

途中まだ登ってきている何人かの人達とすれ違う。そのどの人も大きな一眼レフを

抱えて歩いている。やはりお花畑がお目当ての様だ。














麓の霧も流れて少しの間だが三ノ沢の全容が見渡せた。そして振り返ると槍ケ峰の

山容も初めて確認できた。剣ケ峰からの折り返しですれ違った女性が降りてきている。


















それにしても景色以上に花の写真をこれだけ撮ったのは久しぶりかもしれない。














三ノ沢の霧は刻々と流れて周りの景色を変えていく。三ノ沢の奥は二ノ沢だろうか。

同じように南壁に向かって白い線が延びている。そんな移り変わる景色を先ほどの

女性も何度も立ち止まってはカメラに収めている。














灌木の中の道もザレていて歩きづらい。注意深く下って行かないと簡単に足を滑らせる。

途中であっちゃんと二人で灌木の中から飛び出し、石屑でザレた沢を下って行く。

足を踏み出すと2~3mはズ・ズッと滑って行く。まるでスキーをしているような

感覚で下って行くのが楽しい。




















振り返ると朝方はガスがかかって全く見えなかった稜線が見渡せるようになった。

やはりこうしてみるとプチカールに見える。プチとはいえ四国には無いスケール感だ。
















往路とは反対に右岸から左岸に、そして最後は右岸へと歩いて行く。森では今年

初めて聞くカッコウの鳴く声が鳴り響いていた。

















奥様たちも途中で何度も立ち止まって、最後に草花を写しながらのんびりと歩いている。

三ケ峰からは1時間40分ほどで文殊堂に着いた。










帰り道、鍵掛峠展望台には大勢の人達が車を停めて、南壁の写真を撮ろうとしていた。

私たちも暫くの間待ったが結局雲が流れて大山の全容が見られることはなかったが、

その雰囲気だけでも感じることができた。さらに走った所の御机みつめの棚田でも

同じように雲がかかっていたが、それでも大山のスケール感には三人が虜になった。

来年は晴れた日にもう一度三ノ沢を登って天空のお花畑に出かけようと奥様たちと

話をする。その前に、7月にユートピア小屋のお花畑にも!











最後に貴重な花たち

コケイラン


クゲヌマラン


ノビネチドリ


ノビネチドリ

WOC登山部2021.03.31 雪彦山

2021年04月02日 | 四国外の山



今日のWOC登山部は四国を出て兵庫の山に出かけてきた。

以前からその独特な山容に目を奪われ、いつかは登ってみたいと

思っていた雪彦山は、弥彦山(新潟県)、英彦山(福岡・大分)

と共に日本三彦山のうちのひとつで、古くから修験道の地として知られている山だ。

少し前に神戸支部長の山じいに『雪彦山は登った事はありますか?』

と尋ねると、既登の山だと返事が返って来た。

二週間ほど前に計画段階になって、『31日にWOCで登ろうと思っています』と

メッセージを送ると、『神戸支部は明後日に登ろうと思っています』と返信が来た。

『せっかくなら、予定を変更して合流しませんか?』と尋ねたら、

神戸支部(男性1名・女性3名)の中では支部長にもかかわらず

意外と立場の弱い山じいから『一応、提案してみます』と

弱腰の返事が返ってきたので、『武運をお祈りします!』(笑)と返した。


幸いにも直前の提案にも関わらず、快く提案を聞き入れてくれた神戸支部と

めでたく今回は交流会となり、香川からは7名で雪彦山を目指した。

姫路西ICで高速を降り、県道67号線を北上すると、夢前川沿いの土手には

丁度見頃を迎えたソメイヨシノが咲き誇っていた。雪彦山の登山口にはほぼ

予定通りの9時に到着。丸亀からは3時間の道のりだった。

既に到着していた神戸支部のメンバーが、駐車場のスペースを1台分

確保していてくれていて、我々が車を停めるとほぼ満車となった。

平日にもかかわらず、さすが関西100名山の雪彦山は人気の山の様だ。







今日のリーダーの山じいから予定しているコースの説明の後、

駐車場から少し上のバンガローの横の階段から取り付くと、いきなりの急登が始まる。

階段が終わると岩がゴロゴロした場所の登り。













そのゴロゴロ坂が終わると、寒風茶屋から桑瀬峠への最初の急登の様な木の根の道になる。

30分ほど息を切らせて登って行くとヒカゲツツジが尾根の右側のあちらこちらで

目につくようになり、目の前が開けたと思ったら、展望岩と書かれた場所で、

写真で見た大天井岳がで~んとその雄姿を我々の前に見せてくれた。

『大天井岳はどう読むんだろうね?』はるちゃん

『北アルプスの大天井岳はおてんしょうだけですよね』と私。



















展望岩でこれから登る尖った岩峰の大天井岳を眺めながら小休止した後、

修験道の山らしい行者堂跡を通過し、杉の木に大きく書かれた『ガンバレ』

書かれたメッセージに励まされながら登って行くと、露岩が点在する道になる。

岩には赤いペンキで矢印が書かれていて、その矢印に沿って右に左にと進んで行く。













登りから少しトラバース気味になると、少し段差のある岩があり、

ロープを使って慎重に降りる。










ロープで降りるとザレたトラバース。ここも難なくメンバーも通過し、

更に岩場を登って行くと、出雲岩と書かれた、オーバーハングした巨岩の真下に着いた。

四国の山でもいろんな場所で岩壁を目にする事はあるが、ここまで巨岩が覆いかぶさるように

して迫力のある場所はなかなかない。ここで神戸支部のメンバーの記念撮影。

この出雲岩にはけっこうな数のハーケンが撃ち込まれている。

この山は関西でも人気のロッククライミングの山で、この出雲岩も

その内のルートのひとつらしいらしいが、何を好き好んで、

こんな場所を登ろうとするのか、素人には理解できない。










出雲岩を過ぎるといよいよ鎖場が始まる。先ずは岩と岩の間が細い溝のようになった場所に

鎖がかかっていて、ここでは足掛かりと体の向きが肝心になってきて

少し戸惑う人とすんなり登って行く人に分かれた。







太い鎖よりも一緒にあるクライミングロープを使った方が登りやすく、

キョウちゃんに『ロープの方が登りやすいよ!』と教えてあげる。

後に続くルリちゃんも同じようにして登って来た







急登や岩場が続くので、何だかさっきからなおちゃん

お尻ばかり撮っているような気がする。








この鎖場を過ぎるとしばらくまた木の根の坂。太い木の根は足がかりになって

手足を使っていくと問題なく登って行ける。







木の根坂を越えると覗き岩と書かれたまた展望台に出た。

岩の先から見下ろすと車で走って来た夢前川沿いの集落と道が見える。

昨日・一昨日と大量の黄砂で、香川県内でも霞んだようになっていたが、

今日はそれに比べると随分とマシなようだ。







展望台を過ぎると今度はセリ岩なる岩と岩の狭い間を潜り抜ける場所があった。

迂回路もあるが、ほとんどの人は興味本位でここを通り抜けるだろう。

ただ杉ちゃんには無理かなと、麺法師さん。(笑)

線の細いはずのひろりんは、ザックに仕舞ったストックが引っ掛かって

なかなか出てこれず右往左往している。大きめのザックで来たやまじいやIRIBITOさん

やはりザックを降ろして何とか通過した。













セリ岩を通過すると、所々で鎖がかかった山頂からの岩峰になる。










素麺流しが出来そうな岩の溝に鎖が掛った場所も、神戸支部のお嬢様方?は

手慣れた手つき足つきで登って行っている。










素麺流しの鎖場を登るとちょっとした展望岩があった。

やっぱりここでもあっちゃんが岩の上に登ってポーズをとっていた。




次に馬の背と書かれた尖った岩が連なる場所があるが、

周りには木々があり岩自体の高さもなく高度感もあまりない。ここも巻き道があるので

あっちゃん以外は当然の事、馬の背の横を通り抜けていた。







山頂が近づくとタムシバの白い花が目につくようになった。

そのタムシバに目移りしながら更に岩を登って行くと大天井岳に着いた。

ただしこの山頂標には雪彦岳と書かれていて

その下に消えかけたマジックで大天井岳と書いてある。

旧夢前町(現在は姫路市に合併)は、雪彦山の定義として、「洞ケ岳」(811m)、

「鉾立山」(950m)、「三辻山」(915m)の総称であると定義し、「洞ケ岳」山頂にもそのように

表記していた。国土地理院発行の2万5千分の1地図等では、三辻山を「雪彦山」として、

二等三角点を置いている。また、登山案内の多くでは、「大天井岳」、「不行岳」、「三峰岳」、

「地蔵岳」等の岩峰から構成される「洞ケ岳」の最高峰である「大天井岳」(標高811m)を

雪彦山と看做しているという。何だか香川の七宝山のように本当の山頂がどこなのか

とても分かりづらいのが雪彦山なのだ。










山頂からは南に眺望が開けていて七宝山や明神山などが見渡せた。




メンバーが揃うまでザックを降ろして大休憩。周りにも腰を降ろして

食事をしたり寛いでいる数組の人たちの姿があった。

休憩した後は我々が雪彦山と思っている三角点を目指して先ずは下って行く。

向かいの山肌はタムシバで白い斜面になって見える。










途中にある天狗岩を仰ぎ見ながら進んで行くと

今までと全く雰囲気の違う杉林になった。木漏れ日の杉林の中を歩いて行くと

前から赤いシャツを着た三人組が目に入った。ジロさん、さおりん、ゆかりんじゃないですか!










実を言うとこの三人が今日八の字コースで回るとゆかりんから連絡が入っていた。

八の字コースと周回コースなら、途中で会えるかもしれんね?と話していた通りになった。

ジロさんたちは既に上級者コースの地蔵岳への鎖場を下って、鉾立山・雪彦山に登り、

あとは新道を下って帰るだけだと言う。するとゆかりんが地蔵岳への道がスリルもあって

素晴らしかったとしきりに言うので、それを聞いたあっちゃんの我慢の糸が切れた。

車中でも登っている途中でも度々、『今日は八の字コースへは行かんの?』と聞いてくるので

『ダメです!今日は地蔵岳へは行きません!』と何とか押さえつけていたのに・・・・!

ところがジロさんが、『もう一度地蔵岳への鎖場を下っても良いですよ!』と救いの手を

差し伸べてくれた途端に、あっちゃんの目がキラリと光り、『ハイ!行きます!』と手を挙げた。

あっちゃんにとっては次に行く三角点や山頂よりも、とにかく岩・鎖・スリルなのだ。

仕方がないので離脱を黙認し、駐車場でメンバーが着くまで待っているようにと

リードと首輪を外して解き放った。まあこれで、今後会うたびに『地蔵岳へ行きたかったのに』と

愚痴を聞かされずに済んだのは、こちらにとっても幸いだった。((笑)







雪彦山の山頂へも杉林の登りが続いていく。メンバーからは頻りに

『お腹が減った!』の声が上がり始めると、雪彦山三角点に着いた。










山頂は三角点があるだけで木々に囲まれて見晴らしはなく、ここで暫しの休憩と昼食にする。

30分休憩した後、次の鉾立山へと歩いて行く。







雪彦山から鉾立山へ一旦下って登り返しの杉林の中の道。

登山開始から休憩時間も含めると4時間弱で鉾立山に到着した。













鉾立山山頂は北の方向に木々の間から中国地方の山々が見渡せた。

遠くに見える氷ノ山はまだ雪を抱いている。










鉾立山からは最終のジャンクションピークに向かう。

ジャンクションピークからは三辻山への道と虹ケ滝への分岐となっている。




ジャンクションピークから虹ケ滝への道を下って行くと、一旦明るい南側の眺望が開け、

林道整備のための広場を横切ると、今度は薄暗い杉林の中の急坂となる。














ここで責を切ったように山じいとセニョさんが猛スピード下って行き、

あっという間に姿が見えなくなった。先ほど鉾立山でセニョさんに『古希の二人で写真を撮って』と

頼まれたが、どうやら古希の二人が張り合ってスピードを上げているようだ。

『古希・古希の二人が張り合っているわ』と言うと、『私の膝はコキコキやわ』と声がした。







ゆかりんが擦れちがった時に、こちらの道は平凡でつまらないと言っていたが、

あまり見た事もない苔の生えた大量の杉の倒木や、その倒木に新しい芽が

生えた始めた苔を見ながら歩いて行くのも楽しい。










倒木の杉林をさらに下って行くと小さな沢を何度か渡渉する。

谷の幅が広がってくると石垣が現れた。こんな山中で石垣があると言う事は

古くから修験道の道として造られ使われていたのだろうか。

石垣の上でメンバーを待つ古希二人!(笑)










沢沿いの道を進んで行くと度々女性陣が立ち止まり、小さな小さな花を写真に撮っている。

次第に沢の水の流れは大きくなり、時々段差で滝となって流れている。




















虹ケ滝の手前で、右側に標識と岩に書かれた赤い矢印、そして鎖が垂れていた。

ここからが地蔵岳への道となる。あっちゃんたちはどのくらい前にここを下って来たのだろうか?













虹ケ滝からは石垣の道が続いていた。そして何度か大きな岩を渡っての渡渉となる。

ここでドボンしたらと慎重になる。渡渉が終わるとしばらくまた石垣の道が続きいて行く。
















すると今日最後の急登目の前に現れる。鉾立山では山じいが『ここからは下りだけや~』と

言っていたのに。疲れた足に急登が随分と堪える。




急登が終わると本当にあとは下るだけ。登山口が近づいてくると

メンバーの足取りも軽くなりスピードも上がって来た。

道の脇にはミツマタが群生している。







ミツマタの群生地からほどなく砂防ダムに着いた。この砂防ダムは初めて見る形で

中央部分が鉄の格子状になっていてまるでジャングルジムの様だ。

解説によるとこの谷は流速が早く、上流にある巨石が流れ出ないようにしている

独特な構造になっている。







砂防ダムからは直ぐに駐車場に着いた。駐車場では山じいの車のキーを預かったあっちゃんが

待ちきれず車の中で口をポカンと開けて眠っていた。(笑)


メンバーが全員揃ったところでお湯を沸かしていつものコーヒータイム。

勝手が違ってバーナーとクッカーの外し方が判らず苦戦する古希二人(しつこい)











ちなみに地蔵岳へと下って行ったニコニコ顔で満足気なあっちゃん。








念願の雪彦山は木の根の急登に巨岩と岩峰、鎖場。そして苔の杉林の急坂と沢沿いの道と

予想以上に色々な表情の道を楽しめた大満足の山だった。


今日のトラック



今日の3Dトラック


WOC登山部2020.12.02 鬼ケ城山

2020年12月04日 | 四国外の山


今年も残すところ残り一ケ月となった。そろそろ県外の山から県内の

里山歩きになる季節。さてさてどこに出かけようかと考えていると、

むらくもさんとピオーネさんが岡山県の総社市の鬼ケ城山

歩いているレポートが目についた。麺法師さんにも、そのレポートのページを

リンクを貼って案内すると、『ぜひ、出かけてみましょう』と即、返事が返ってきた。

鬼ケ城は大和朝廷によって国の防衛の為に築かれたとされる古代山城で『日本100名城』のひとつ。

その鬼ケ城山の近くには犬墓山と少し離れて登龍山

二つの三角点があり、それらの山を巡って周回できるコースがある。

これなら、三角点マニアのセニョさんも食いついてくるだろうと思って

案内を出すと、さっそく『参加します!』と返事が返ってきた。


高速を総社ICで降り鬼ケ城ビジターセンターを目指す。砂川公園からは離合も難しい幅の狭い

登坂が続いていたが、丸亀からでも意外と近く約70kmでビジターセンターに着いた。

駐車場には1台車が停まっていて、登山服姿の男女が身支度をしていた。

時間的にはまだ早いので、先ずは犬墓山を目指し鬼ケ城山でお昼の時間になるように

時計回りに周回していくことにする。




ビジターセンターの道路の反対側に犬墓山の登山口があり、階段上になった道を登って行く。

『先週の御在所山の石段に比べたら楽勝ですね!』などと言いながら、麺法師さんを先頭に

歩いて行くと、階段は直ぐに終わって、里山らしい花崗土と小さな花崗岩が露出した尾根道になる。
















しばらく尾根道を進んで行くと道の脇に大きな露岩があり、そこからは鬼ケ城を見下ろせ、

鬼ケ城の西門の奥には朝靄がかかった総社市の里山の幻想的な風景が広がっていた。










その鬼ケ城山から視線を左に移すと、まだ彩を残す緩やかな山裾が広がる山々。




その展望岩からしばらく歩くと犬墓山に着いた。『あれ?もう山頂』とセニョさんがひと言。

先週に比べると、意外と早く簡単に三角点をゲットできたセニョさん。










ここからの道は所々で巨岩が点在しいく。鬼が手刀で真っ二つに割ったような不思議な形をした岩や、

方位岩汐差岩と名付けられた奇岩の数々。その度に立ち止まったり、岩の上に登ってみたりする。













汐差岩も先ほどの岩と同じようにスッパリと鉈ででも切られたように割れている。

花崗岩は規則正しい割れ方をするようで、ここだけではなく他の山でもきれいに割れた

岩の形はよく目にする事がある。そんな不思議な形から色々な伝説が生まれたり、

それに合わせた岩の名前が付けられたりする。







途中にある案内標識には馬頭観音の名が書かれているが、

その馬頭観音は今まで道の脇に点在していた弘法大師と観音様の石仏と同じような

二体並んだ石仏で、それまでの仰々しい案内標識の割にはその石仏の前に案内板はなく、

よくよく見ないとその馬頭を見逃しそうになる。







馬頭観音を過ぎると道の北側の少し下った所に屏風岩

正面や脇から見てもどうも屏風には見えない。正面に少し登れそうな岩肌があり、

それを見たあっちゃんが登りたそうにするので、

先に私が登って見せたが、足がかりのない岩に、さすがのあっちゃんも登れず途中であきらめた。







屏風岩の次には岩の上部が平らになった八畳岩は、

『こんなに広いのに八畳どころではないよね!』とメンバーが口を揃えて言っている。

八畳岩から少し歩くと道の北側に樹木がなくなり、吉備高原への山並みが続いている。







ここからの奇岩は鬼のもちつき岩鬼の酒盛り岩と鬼の岩シリーズが続いていく。

鬼が腰掛て酒盛りをしていた様な二つの椅子の様な岩とテーブルの様な岩の酒盛り岩から

少し下って行くと広場になった場所に出た。











鬼の差し上げ岩と名付けられた巨岩は、温羅(うら)が岩屋を造る際に

岩を持ち上げ天井にしたという伝説が残る巨岩で、岡山県では最大規模の巨岩の遺構だそうだ。











その温羅とは、この吉備地方を統治していた伝承上の鬼で、朝廷から派遣された吉備津彦に退治されたという。

この鬼の差し上げ岩の脇には岩屋寺の毘沙門堂がひっそりと巨岩のを背に佇んでいた。




毘沙門堂の前の石段を下ると今は無住となった小さな本堂の観音堂があった。

本堂の大きさの割にはその境内の前には立派な石垣があり、盛時の面影を残している。

石垣の周りでは、今年は最後になるかもしれないモミジの彩を束の間楽しんだ。










岩屋寺から次に実僧坊山を目指すが、本堂の脇の道から

登ったり降りたり、元の道に戻ったりと少し右往左往をしてしまう。




道にはたっぷりと落ち葉が積もり、これからくる寒い冬の訪れを感じながら、

鬼の昼寝岩への分岐を更に進んで行くと、後ろから麺法師さんと

ひなちゃんの姿が見えないのに気づく。『お~い!』と呼んでも返事が返ってこない。

登坂の途中でやっさんもセニョさんもあっちゃんも、呼びかけるだけで

動こうとしないの(笑い)。仕方がないので度々呼びかけながら戻ってみるとその内に返事が返ってきた。

どうやら二人は昼寝岩まで行ってしまったようだ。二人と合流して実僧坊山へと登って行く。

里山らしい雑木の中の道を登りながら、『こんな所まではまさかキティー山岳会のプレートは無いわな~』と

セニョさんと話をしながら登って行くと山頂に着いた。

実僧坊山は樹木に囲まれ展望もなく、ポツンと岩がある寂しげな山頂だった。










ところが岩の脇の木に、なんと!、キティちゃんのプレートがあるではないですか。

ん?でも何かおかしい。プレートには登龍山と書かれている。

地形図ではこの先にある山が登龍山になっているのに。でも、あのキティーちゃんが間違えるなんて・・・?。

三角点も次のピークが点名:登龍山になっているし、などとセニョさんと疑問を残しながら

次の山へと歩いて行く。




登龍山?であろうピークの手前には見晴らしの良い展望岩があった。










取りあえず山頂の三角点で今日、二つ目のポケモンをゲットしたセニョさん。

少し広場になった場所には何故か可愛らしい鯉のぼりがあり、周りをウロウロ探して見ると

あったあった!キティちゃん!でもやっぱりこちらが実僧坊山と書かれている。

『弘法も筆の誤りならぬ、キティちゃんも筆の誤り?』『これは鬼の錯乱か?』などと言いながらも

やはりモヤモヤとした疑問が残ったままで、山頂を後に登って来た道を引き返す。










分岐まで戻り更に先に進んで行くと、先ほど逸れた麺法師さんとひなちゃんが待っていた

鬼の昼寝岩に着いた。今度はセニョさんが岩登りにチャレンジした。










この昼寝岩で鬼シリーズの奇岩は終わり、幅の広い落ち葉道を進んで行き立派な石垣の民家の

横を通ると集落の明るい里道に出た。里道の脇には岩屋の大桜の案内板があり、

案内板に従って歩いて行くと、広場にはそれはそれは立派な背の高い桜の巨木が、

すっかりと葉を落とし、少し寒そうに立っていた。










この桜が満開の時にまた見に来たいね、などと話をしながらまた集落の中の里道を

進んで行くと、トイレのある岩屋の休憩所に着いた。ここでしばらくトイレ休憩。




休憩所からは鬼ケ城の案内板に沿って少し下って行くと茅原に出た。青空が広がり

明るい陽光に、ススキの穂が輝いている。休憩所からの道は中国自然歩道になっていて

全長2,300kmにも及ぶ自然歩道の吉備路ルートの中の古代山城を尋ねるみちの一部。

四国で言えば四国のみちみたいな感じだ。







一旦、車道を横断し自然の道は鬼ケ城への山道へとなっていく。次第に羊歯の生い茂る

里山によくある登坂にセニョさんが、『もう、下りの脚になってたからしんどいな~』と。

あっちゃんが『お腹が空いた~』と騒がしくなってきた。







もう少しですからと、騙しだまし登って行くと石積みと敷石の遺構に出た。

北門跡と書かれた場所は、鬼ケ城の背面にあり、裏門にあたる門。







北門跡からの尾根道を歩いて行くと南側が緩やかに斜面になった東屋のある広場に出た。

南に広がる景色を眺めながらここでお昼ご飯にする。







東屋の横でお弁当を広げると、風もなく青空の下のポカポカの陽気に

のんびりとした時間が過ぎていき、何とも言えない穏やかな気持ちになる。










そんな中で食事を終えたセニョさんがウロウロとしている。地形図にある397mの標高点を

探しているのだが、どこを探しても見つからない。

いつになくゆっくりとお昼ご飯を済まし、東屋から少し下って行くと復元された巨大な

西門の遺構にでた。高さ6m近くある城壁は石垣の上に土塁が築かれ、復元された西門の

建築様式と相まって、どこか異国情緒を感じる場所だった。







建物には登れないがその下の門をくぐるとその土塁の巨大さがよく判る。

飛鳥時代のとき白村江の戦い(はくそんこう)にて百済復活のため大和朝廷は援軍を出したが、

大和朝廷との連合軍は敗北し、唐・新羅(しらぎ)の連合軍が日本に侵攻してくることが想定され、

そのため大和朝廷は倭(日本)の防衛のため、西日本各地に大きな城を造営した、

そのうちの一つが鬼ノ城(鬼城山城)だとされている。各地の山城は百済から逃れてきた

百済人の協力を得て築城したとされているが、人の手だけでそのエネルギーたるや

凄まじさを感じずにはいられない。














すぐ横にある角楼跡も展望台になっていて、総社市の街並みが見下ろせる。










角楼跡から南西に見える展望台に寄り道してみる。この展望台からは鬼ケ城で検索すると

必ず出てくる写真のビューポイントになっていた。










展望台から駐車場まで戻ると、平日にも関わらず観光客の車がたくさん停まっていた。

時間はまだ13時過ぎ。今日の予定にはないが、少し欲張って西門から見えた

南にある経山にも登ってみることにする。

ビジターセンターから車で少し下って、離合のできるスペースに車を停めて

経山城跡の道標のある登山口から登って行く。




標高差は100mもない登山道を登って行くと15分ほどで山頂に着いた。

今日はこれで三つの三角点をゲットでき大漁の日となった。







経山を下る途中で麺法師さんが、まだ時間がるので最上稲荷に寄ってみませんか

と提案され、車に乗り込み向かって行く。

日本三大稲荷の最上稲荷は、正月には大勢の初詣客で賑わうが駐車場には一台も車が停まっていなかった。

仁王門まで続く参道の門前町の土産屋や飲食店もほとんど閉まっていている中を歩いて行くと、

近代的な石造りの仁王門。さらに石段を登って行くと立派な社殿が目の前に現れた。













広い境内にも人影はまばらで、取りあえず本堂で商売繁盛をお祈りし、

廻りにある史跡を散策した後、車に乗り込み巨大な赤鳥居を潜って帰路についた。


里山らしい道と奇岩・巨岩や古代の史跡の伝承・伝説が至るところで残る神秘と謎の多い

コースだったが、今日一番のミステリーはキティーちゃんのプレートの入れ違いだった。

果たして本当の実僧坊山と登龍山どちらなのか、大きな宿題をもらった一日だった。







【今日のトラック】













WOC登山部2020.11.11 高清水トレール

2020年11月12日 | 四国外の山

今日は久しぶりに四国から離れ瀬戸大橋を渡って岡山へ。

ネットで見かけた鏡野町の観光案内には昨年全線開通した高清水トレール

紹介されていた。四季折々の様子を写したトレールコースには木のチップが敷き詰められ

特に秋の様子を収めたドローンで空中から撮影した動画は、錦に染まる山並みが

それはそれは素晴らしく、目が釘付けになった。




香川からは少し遠いけれど、この景色を一度は見てみたいと思って出かけてきた。

するとやまじいから『神戸支部の4名参加します!』と連絡があり、

スタート地点の人形峠で落ち合うことにした。

人形峠は昭和30年に日本で初めてウランの露頭鉱床が発見された場所で、

現在、峠には日本原子力研究開発機構の様々な施設が点在している。

施設の横の駐車場には神戸支部のメンバーが先に到着していて合流する。

初めての顔合わせなので自己紹介をして8時50分にスタート。







“高清水トレール”と書かれた大きな案内標からしばらくはコンクリート道を歩い行くと、

まだこの辺りは木々の色付きが残っているが、今年の紅葉のピークは例年よりずいぶん早いので、

更に標高の上がるトレールコースの稜線沿いの紅葉は期待できそうにない。




少し登ってコンクリート道の脇からいよいよトレールコースが始まると、

鏡野町のホームページに載っていた木のチップは雨で流れたのか風に飛ばされたのか

ほとんど残っていなくて、その面影はなかった。







標高が上がるにつれて予想した通り周りの木々の葉は落ちて、その代わり足元には

チップの代わりに落ち葉のふかふかの道になっていた。




最初に着いたのは高清水高原。高原らしく広々とした場所は

見晴らしも良く、ススキの穂が風に揺れている。







高清水高原からしばらくは遮るもののない高原の中の尾根道。

南には山裾にオレンジ色に染まる山肌が続いているのが見える。

あっちゃん、指さしても瓶ケ森までは見えませんよ!




高清水高原のなだらかな道から少し登りになると、自然林の林の中の道になる。

今は既に木々の葉は落ち寒々としているが、紅葉の頃だとさぞかし見ごたえがあることだろう。

キョウちゃんの誘いの声にポーズする女性陣。










緩やかな幅の広い階段状の道を登り詰めると、今日最初の三角点の大畝山に着いた。

少し手前の道の脇からは、西に大山や蒜山の山並みが見える。

三角点の前でご満悦のセニョさん










大畝山からもトレールコースらしい幅の広い整備された道が続いていく。

木々が途切れた場所からは日本海も望むことができる。

日本海が見えると、なんだかすごく遠くまで来た気持ちになる。










鞍部からまた緩やかな登りが始まるとブナの原生林の林の中の道になる。

この辺りも黄葉の頃にはとても素敵に道なるだろう。

先を行く山じいがなおちゃんに『ペースが速いよ!』と呼び止められる。













ブナの原生林が終わると御林山と書かれた案内標があった。

朴葉で可愛らしくポーズをするさおりんと遠慮気味に可愛らしくポーズするひろりん










御林山からの南側は木々が途切れ、また山裾の錦が広がっているのが見える。

人工林の杉の濃い緑とオレンジ色の紅葉のコントラストが素晴らしい。





次に着いたのは池川山。ここではなおちゃんのポーズが可愛らしい!




池川山からは一旦100mほど下ってまた登り返しが始まる。今日のコースの中では一番の急登?

登坂の先には展望台の三角屋根が見えている。登坂になると左膝の痛みと右の太ももの張りが気になりはじめ

いつも登りではマイペースで歩くひなちゃんについて行くのがやっとだ。
















展望台で大休憩をとることにする。陽が遮られた曇った空の下では立ち止まるとやはり肌寒い。

ダウンを着込んでいるのに痩せのセニョさんは『寒い、寒い!』と言っている。

展望所で行動食を口に入れて、水分を補給してまた歩き始める。










道の脇の植生が先ほどまでとはまた変わって、針葉樹と背の高い笹の茂る道になる。

足元はここ最近けっこう雨が降ったのか、まだ乾ききらずにぬかるんだ道になる。













ルリちゃんは今回登山部には2回目の参加で、この距離を歩くのは初めての

ご近所さんの長さんを気を使って、離れると時折戻っては一緒に歩いて話しかけている。




杉林の中の道になるとコースの道は陽が当たらず更にぬかるんでいて、

道を外して林の中を通って行くが、セニョさん一人は気にせず歩いてくる。

日陰の道は急に気温が下がった感じがする。すると後ろの方でゆかりん

『寒いね~』と言うと、それを聞いたやまじいが『暖めてあげようか』と言ったらしくて

『やまじいのセクハラ発言や~』と騒いでいる。

更にそれを聞いた神戸支部の女性陣から『若いからって、

私たちにはそんな事言われたことがないわ!』(; ・`д・´)

とブーイングの大炎上が始まった。やはりやまじいはエロじいに改名した方が良さそうだ。







杉林を抜けると、いよいよ今日最後の山頂の伯州山が近づいてくる。

このコースの山頂はどこも緩やかなのでピークといった雰囲気が全くしない。








伯州山からも大山の山並みが見えるが、ちょうど大山の頭には雲がかかり始めた。





今日最初の全員での記念撮影。




はるちゃんを含めて女性三人は生粋の神戸っ子。それに比べてほんとは三木市民のやまじいは

今回三木支部支部長に変更して、神戸支部長はひろりんを任命することにした(笑)




今回のメンバーとは初めての顔合わせになる長さんはまだ少し遠慮気味に

女性陣との距離が開いている。




今日はここから赤和瀬駐車場まで下ると、

今月いっぱい人形峠までの無料のシャトルバスが出ている。

ただその時間が13時と15時なので、13時のバスに乗り遅れると2時間も待つ事になるので、

ここでは昼食にせずに駐車場までおりてのお昼ご飯にする事にして、早々に山頂をあとにする。







赤和瀬駐車までの下りはまた自然林の中の道になる。見上げると木々の葉はすっかり落ちてしまっているが

代りに足元には落ち葉の錦秋が広がっている。







最初のなだらかな道を過ぎると、渓谷沿いの急な下りの道になる。

先ほどの杉林のぬかるみより、更にぬかるんだ道に何人かが足を滑らせている。







廻りの木々はすっかり葉を落としてしまっているが、標高が下がるにつれて所々で

きれいな彩が残っていて、道の横を流れる渓谷の水の音を聞きながら下って行く。




















途中で『熊、出没注意!』の看板を見て、熊に出会った時にどうしたらいいかと女性陣が

ああだこうだと言っている。その内に『誰か一人を生贄にして他の人が逃げるという手もある』と

言うので、『それじゃ、やまじいを生贄に差し出しましょう』と言うと

『やまじいは不味そうで、生贄にならんわよ!』と神戸支部の三人が口を揃える。

先ほどのセクハラ発言の仕返しのようだ。




渓谷沿いの急な道が終わると、あとは緩やかな道が続いていく。周りもどんどん錦が広がり初め、

女性陣も世間話に花が咲いているようだ。













伯州山から45分ほどで赤和瀬駐車場についた。幸いシャトルバスの姿はまだなく、

代りにモンベルのバスツアーのバスが停まっていた。

未だ時間は12時過ぎ。バスを待つ間ここで腰を降ろしてお昼ご飯にする。







お昼ご飯を食べ終えると直ぐに肌寒くなってきた。幸いシャトルバスが早めに来たので

バスに乗せてもらって暖をとることにする。26名乗りのバスは次々と

山から下りて来る人たちですぐに満員になってしまう。乗り遅れた人たちはこの場所で

2時間も待つことになってしまっている。山頂で食事をとらずに先に山から下って来て正解だった。







赤和瀬駐車場からバスは山間の道をほぼピークに近い錦秋のなかを走って人形峠に戻ってきた。

峠の広場で恒例のIRIBITOさんのお店のコーヒーを頂く。

いつもIRIBITOさんのジェットボイルでお湯を沸かすのだが、今日はやまじいも新しく買った

ジェットボイルを持参。人数が多いので二つで沸かすと早くて助かる。











美味しいコーヒーを頂いた後、帰り道にある奥津渓に寄り道してみる。

好井川沿いの道は今週いっぱい一方通行になっていて、道の脇の路肩には赤いコーンが並べられて

車が駐車できないようにしてあった。速度を落としてゆっくりと走って行くと、大釣橋の先に

車を停めるスペースがあり、何とか駐車できることができた。

西日本屈指の紅葉スポットと言われているだけあって、平日にも関わらず大勢の人で賑わっていた。

透明度バツグンの好井川沿いに真っ赤なモミジやグラデーションのモミジの錦秋。







若い女性達はインスタ映えする景色を写真に収めようと、

賑やかに楽しそうにいろんなポーズで自撮り写真をとっている。

最後に錦のトンネルを潜り、車を停めた場所まで戻って今年一番の錦を目に焼き付けて帰路についた。













今日のトラック


WOC登山部2020.04.08 八丈岩山・新割山(王子ケ岳)

2020年04月13日 | 四国外の山

今週の登山部は月間計画で六甲山を予定していましたが

やはりこの時期、感染者の多く出ている地域へは控えようと言う事で予定を変更。

予定していた六甲山はロックガーデンを歩く予定にしていたので、

それに近いイメージの山を探したところ、グランマー啓子さんの以前のレポートで目にしていた

玉野市周辺の八丈岩山・新割山が頭に浮かびました。

取りあえず不要な場所には立ち寄らないようにして丸亀を出発。瀬戸大橋を渡って水島ICで降り、

児島湾に沿って県道45号線を走ります。半島をぐるっと回りこみ市民憩いの森

駐車場に車を停めスタートします。車を降りた途端に女性陣が『トイレないんかな?』と言うので

公園の案内板を見てみると、駐車場からさらに上の県道沿いにWのマーク。

『ちょっと車で走ったらトイレがあるみたい!』と言うと、さっそく車に乗り込み走って行きました。


残った私が駐車場で準備をしていると、散歩をしている老人がやってきました。その男性に八丈岩への

行き方を聞くと、駐車場の奥から遊歩道があると教えてくれました。

『今はトイレが無くなっているけど、上の広場からも登れるんやけど』とも。

『え!トイレがない!』案の定走っていった車は上にはトイレが無かったので、

右往左往をしながら公園の中を走り回っています。

仕方なく戻ってきたメンバーに『すみません。トイレは撤去されたそうです!』と言うとゆかりんが、

『我慢するから・・・』と。『他の人がおらんから、あの看板の後ろでやったら!』

そんなやり取りをしながら駐車場から公園の中を歩き、遊歩道へと進んで行きます。




遊歩道は直ぐに擬木の階段になりました。この階段がけっこう段差があり、直ぐに息が上がってきます。











階段を登りきると花崗岩が風化した支尾根の道。ミツバツツジが道の両側で至るところで咲いています。




少し暑くなってきたので後続を待つ間にウィンドブレカーを一枚脱ぎます。その下に着ていた横縞模様の

シャツを見てルリちゃんが『佐川急便みたい!』と、その横であっちゃんが『ヨコシマな人間や!』などと。

支尾根の緩やかな道も直ぐに終わり、また階段が続いていきます。所々で見晴らしの良い場所で立ち止まっては景色を眺めます。










段差があるので階段を出来るだけ避けて歩こうとしますが、乾いた花崗土は滑りやすく

結局は階段を歩いて行きます。







道には大きな岩が目立ち始めました。











海際の山より高度が上がって瀬戸内の海が光って見えます。








巨岩を右に左に見ながら進んで行くと八丈岩山と書かれた説明板がありました。

予定ではここに来る前に立石に寄ってからこの八丈岩だったのに、

いつの間にか分岐を見落とし通り過ぎてしまったようです。





取りあえず先に見える三角点に。説明板に八帖ほどの広さと書かれていますが、

平らな部分と盛り上がった部分があって、あまり広さが感じられません。

やっさんに言われてワザとらしいポーズをとる麺法師さんとメンバー。










今度はやっさんにもポーズをしてもらいます。

メンバーは霞みながらも見える瀬戸内海に浮かぶ島々の名前を確認しています。

犬島のエントツも見えると言っていますが、私にはさっぱり見えません。

確かにデジカメのズームした写真を見ると確認できます。








ここから山頂山まで廻って周回する予定でいたのですが、

立石まで引き返すことにします。往路を戻って行くと途中にあった環境庁の案内板の左下隅に

小さく立石と書かれた文字と矢印。







遊歩道から外れ矢印の方向に進んで行くと、乾いた花崗土の急な下り坂。

その坂をどんどん下って行くとお目当ての立石が、支尾根のピークに上に鎮座しているのが見え始めました。







歴史的な場所によくある石碑を、一回りも二回りも大きくした巨大な石というより岩。










近づくにつれその大きさが迫って来て、何だかワクワクします。

鞍部から岩場を登ると立石の足元に着きました。

見上げるとほぼ垂直の岩肌には錆びついたハーケンが打ち込まれています。










立石の南側のピークの端にも大きな岩がゴロゴロしています。




その内のひとつに登ってみます。表面がツルツルしていて足や指を掛けるところが見つからず

岩の角を左手で掴み、右手の指を何とか引掛けて登ってみます。

高い所大好きのあっちゃんが同じように挑戦しますが、そこはやはり女性。無理なようで諦めました。










他のメンバーも岩に登ったり写真を撮ったりして楽しんでいます。

しまった!、ここまで登ってこなかったひなちゃんをすっかり忘れていた。

『待っててね、ひなちゃ~ん!今戻るからね!』







写真を撮ったあと、ひなちゃんの待つ鞍部まで戻り合流。随分と長い時間戻ってこなかったので、

ほっとかれたかも?と不安になっていたようで、ゴメンゴメンとお詫びを入れ分岐までの急登を登って行きます。







分岐まで戻り遊歩道の階段を今度は下って行きます。段差のある階段をゆかりんが歩きにくそうに下って行ってます。







駐車場まで戻ったあとは今日二つ目の目的地の新割山へと移動します。

玉野市内を抜け国道430号線の海外線を走って行くとレストラン帆風の建物の

道路の反対側の海側に広い駐車場とトイレがありました。車を降りると目の前の桜並木の向こうに

今にも崩れ落ちそうな巨岩や奇岩がゴロゴロと山の斜面に湧いています。







レストランとレストランの駐車場の間に登山口がありました。コンクリート道を登り、その道の脇から

山の中へと入って行きます。八丈岩山と同じように、こちらの道も直ぐに階段が始まりました。











先ほどの八丈岩山の階段とは反対に、段差もなく幅の狭い階段が続いています。

階段の段を留める杭の擬木の頭に、100、200と数字が書いています。

『メーター数かな段数かな?』などと話しながら登って行くと、

どうやら下からの段数を書いているようです。その内に

700段目あたりから『金毘羅さんより多いかな~?』

800段目からは『奥の院より多いかな~?』などと言いながら登って行きます。







1000段を超えると左右の分岐。上から下りて来た老人に道を尋ねると

桜園地は左の道を辿って、先にある階段を登らずにそのまま進んだ方がいい』と教えてくれました。

道は緩やかになり途中には先ほどの八丈岩よりも広い岩棚の展望台。










道の突き当りは桜園地の一番端でした。ここから園内を歩いて行きます。

少し散りはじめてはいるものの、今が見頃です。所々に大きな木もあり広く伸ばした枝に

これでもか!というくらいの花びらが!普段なら平日といえ、もっとたくさんの人で賑わっていたでしょうが、

今日の園内は人影も疎らです。桜園地の駐車場まで歩き、そこからはレストハウスへと

続く遊歩道を歩いて行きます。


















途中にある今は廃墟となっている王子アルカディアリゾ-トホテルは、

当時の環境庁が地上七階、地下二階という建物を建設し、建物が完成したところで玉野市が出資する

第三セクターの企業(王子リゾート㈱)が買い取って内装などを仕上げてホテルとして開業する計画でした。

しかし建設の途中でバブルの崩壊といわれる景気の低迷が始まり、

内装だけでも30億円という計画は宙ぶらりんになってしまい、建物は未完成のまま置かれたホテルです。

国税が40億円近くも使われた挙句、日の目も見ることもなく解体もできず朽ち果てるのを待つだけの建物です。


そのホテルの南側にお弁当を広げる丁度いい場所があったので、岩の上に腰を降ろしてお昼にすることに。










お昼ご飯を済ませた後ここでもゴロゴロ横たわっている巨岩に登ったり、

動岩(押したら動くよ)と書かれた岩を押してみたりして遊びます。







レストハウスの周りでも桜が満開でした。ここまでは車で来られるので急に人が増えてきました。

展望台に登ると先ほどのホテルの巨大な全景が!今は盛りとばかりに咲き誇る桜の花が

対照的で、廃墟となったホテルになお一層寂しさを感じさせます。







南側は春霞の瀬戸内と桜の絶景!







レストハウスから、今日最後の目的地のニコニコ岩に向かいます。ここからの道もツツジロードです。







途中には広い芝生広場があり、その広場の南端は切れ落ちていてパラグライダーの発進場になっています。




ここでもいい年したおじさん、おばさんがはしゃいでいます。

本人は思い切りジャンプしているつもりでも大したことのなかった、ゆかりん!




着地の瞬間を見たら腰の曲がったおばあさんのようになっている、あっちゃん!




でも実は飛んだ瞬間は、年の割には(笑)結構飛んでいました!




何故かプールに飛び込んでいるように見える私(何をしようとしていたのか?)




それを横で眺めながら杉さんと麺法師さんが、

『あんなことして腱でもきれたらいかんがな~』と言っています。





広場にも展望台があり、そこからニコニコ岩が遠目に見えます。




ただ途中にある巨岩の横を通ったり、見晴らしのいい展望ヶ所から景色を眺めたりしながら歩いて行くと、

随分と遠くに見えたニコニコ岩にも意外と早く着きました。













近づくと本当に笑っているように見えるニコニコ岩は、アニメに出てきそうなキャラクターの横顔に見えます。




ここでも岩の上に上がってみます。『狭いのに来んといて!』と言うのに、

無理やりあっちゃんとゆかりんが登ってきます。

足元が狭く突起した所もないので、あっちゃんが私の足を握って登ろうとしますが、

『あっちゃん、変なところを握らんといてよ!』




ニコニコ岩の南側にも巨岩がゴロゴロしていました。その中の一番端の平らな巨岩にみなさん上がっていきます。

三人そろってバンザイ!その後なぜがごろ寝でバンザイ!












あっちゃんがここでもジャンプしていますが、見ている方が股間がゾクゾクしてきます。

そんな子供っぽいメンバーを横目に見ながら風に吹かれる、ひなちゃん!大人~!







私も別の岩に登ってみます。岩の上に立つとその大きさがよく判ります。

慎重な杉さんは、もちろんそんな場所には近づきません。










ここでもひとしきり遊んだ後、レストハウスへと戻り、その手前から行者道登山口

案内板に従って下って行きます。道は今までの遊歩道とは変わって狭く、ウバメガシの葉が積もった

道はとても滑りやすい道です。九十九折れにどんどん下って行きます。













さらに下って行くとこの行者道の由来になったのか、岩から怪しげな細い梯子が掛り、その梯子の上は

岩と岩の間の空洞になっていて、その壁面には金剛蔵王大権現の壁画が見えます。







壁画の場所まで何とか行けないかとあっちゃんと二人で回り込んでみますが、

どうやらあの梯子を使って下から登らないと行けないようなので諦めます。







行者窟からしばらく下ると見晴らしの良い岩の上に五鈷杵

密教の法具を前に神妙な面持ちの私と麺法師さんの二人。




それとは対照的なお茶目な杉さん!




今日は最後までツツジの花が目を楽しませてくれます。

さらに下ると広場に出ます。二本づつ両側に立つ石柱の片方には『御嶽山行者窟』と彫られています。










広場を過ぎると間もなく国道に飛び出しました。








国道を駐車場まで戻り今日の山の予定は終了です。ただ時間が早いので近くの由加山にお参りすることに。

由加山には由加山蓮台寺と由加神社本宮があり、瑜伽大権現の総本山、また厄除けの総本山として知られている山です。

またかつてはこの由加山は、金毘羅宮に参拝するため四国に渡る前に旅の安全を祈願していたため

いつしかこの由加神社と金毘羅宮の両方を参拝する両参りという風習になったといいます。




厄除けの寺社らしく参道の石段は33.42、61段の石段になって1段ごとにお賽銭を入れられるようになっています。




蓮台寺の総本殿には国内でも最大級の厄除けの不動明王が祀られています。







また神社本宮には備前焼の狛犬や大鳥居以外にも縁結びの獅子や豊漁を祈るタコ神様?など

様々なまたユニークなものがお祀りされています。










最後は一番奥にある仏堂への石段を登りお参りをして終了。




今日は山も観光も最後まで階段や石段を昇り降りした分、距離的にはさほど歩いていないにも関わらず

思ったより疲れた一日でした。

巨岩と桜と瀬戸内海、そしてツツジと見所満載の里山の春を存分に楽しみ帰路につきました。

それにしても今回のブログ。最後の数行というところで間違った操作をしてしまい書いた文章の全てが消え

テンションがダダ下がり、再度書くまでに時間がかかりました。あ~疲れた!


WOC登山部2020.03.18 播磨アルプス

2020年03月19日 | 四国外の山



元祖ヨーロッパのアルプス山脈や日本アルプスにちなみ、

地元や山好きたちが憧れと親しみを込めて「アルプス」の愛称をつけた「ご当地アルプス」。

日本全国にはその数は50以上あるともいわれる中、以前からずっと気になっていたのが播磨アルプス

雪山もそろそろ終わり(ところが前日にたっぷりと山に雪が積もっていました)、花の山ももう少し先。

それなら少し遠出になるけれど念願の播磨アルプスに出かけてみることにしました。


いつものようにFBのグループで案内を掛けると『アルプス』の名前に惹かれてか

12名から出席の返事が返ってきました。さらに神戸からも2名の参加で総勢14名の久しぶりの大人数となりました。

神戸からは神戸支部長と自らが語る、三木市在住のやまじいとやまじいが在籍している

北神山の会のメンバーの、こちらは生粋の神戸っ子のひろりんが参加してくれました。

2台の車に分かれて丸亀をスタート。麺法師さんの車にはWOC登山部のオールドメンバー、

IRIBITOさんさんの車には比較的新しいメンバーが乗り込んで、車は東へ東へ。

なんちゃって神戸支部長とは高砂市阿弥陀のローソンで待ち合わせて合流して、

阿弥陀新池の駐車場まで移動して9時過ぎににスタートです。




まずはウォーミングアップを兼ねて下道を3kmほど豆崎登山口まで歩きます。

墓地公園からは南に真っすぐ道が続き、中央分離帯の両側は桜並木になっています。

高砂市市制60周年を記念に整備されたこの道。

桜の咲くころには見ごたえのある並木になるのでしょう。

やまじいとコアラさん迷コンビ

ボケとツッコミしながら仲良く歩いています。




国道2号線迄でると駐車場からは直ぐ近くに見えた播磨アルプスの主峰の高御位山

それに続く稜線が随分遠くに見えます。今日は意外とハードな行程になりそうです。

国道脇の豆崎登山口から取り付きます。













登山道の足元はしばらくすると露岩の道になります。周りの木々もまばらになり麓の街の

景色が広がってきました。







更に進んで行くと岩塊の斜面になります。岩肌には日本アルプスの岩稜を思わせるような

白いペンキで道標が書かれています。約20分ほどでまず一つ目の山大平山













大平山からは尾根道を進んで行きます。次第にこれから歩く縦走路の峰々が見え始めます。

『次のピークで休憩しましょう!』と声を掛けると、前を歩くやまじいが、『ピンクで休憩?』と。

やまじい~今度からエロじいと名前を変えますよ!

次の大谷山は三角点も山名札もない山頂です。皆さん水分補給をしていると、

いつものように『早弁大将』の山さんが『お腹が減ったからちょっと食べていくから先に行って!』と言っています。










更にアップダウンの道が続いて行きます。この辺りは前回歩いた和気アルプスの雰囲気に似ていますが

奥に鷹ノ巣山から高御位山の稜線が見え始めると、スケールの違いを感じ始めました。










高低差と距離が短いのでさほどではありませんが、小刻みなアップダウンは堪えます。

地徳山まで来ると、右手に見えるのが鷹ノ巣山でしょうか?

中腹には山の名前の由来になった、木々の上に枝を集めて盛り上がったような迫力のある大岩が見えます。




地徳山を下り鞍部から少し登ると青い柵で囲んだ展望台がありました。

麓の鹿島神社から登ってこられる展望台では、お孫さんを連れたおじいちゃんや、

これから鷹ノ巣山に登る人たちが寛いでいました。地元の人らしい男性が仰ぎ見る岩肌を百間岩だと教えてくれ、

ここを登ったピークからは姫路城も見えるよとも教えてくれています。







『百間ということは180mか~』と言いながら登り始めると、後ろでコアラさんが

『私は若いから間(けん)と言われても、そんな単位は判らんわ~』と言っています。

ここまでの大きな岩塊の斜面は初めてです。でも岩肌はざらついてもなく登山靴のグリップが効くので

どんどん登って行けます。メンバーもこのスケールの大きな岩の斜面の登りを楽しんでいます。










大きなヌンチャクのようにしてペットボトルを何本も首からぶら下げている杉さん

今日は他にも3~4本の500mlのペットボトルを持ってきているとか?

通常山歩きでは自重(体重+荷重)×5×行動時間が必要な水分補給の量だとか。

私だと70×5×6(今日の行動時間)で2.1Lの水分を摂らないといけない計算になります。

それなら杉さんのペットボトルは何本必要になるでしょうか・・・・・・?















百間岩を登りきると電波塔があり、さらに進むと鉄塔。

先ほどの男性がここから姫路城が見えていると言います。

西側の霞んだ景色の中を『あの小山の向こうの赤い建物の奥に見える!』と

皆さん指さしながら言っていますが近眼の私にはまったく分りません。













岩の上でみなちゃんがポーズをきめています!





鉄塔からがこの縦走路の主稜線。山肌は過去に山火事で焼けたのか木々がなく、振り返ると

後ろから来るメンバーの姿が確認できます。







別所奥山となっているピークから双耳峰の鷹ノ巣山と鷹ノ巣山東峰が見えます。

周りに見える山もそうですが乾いた岩の白い登山道がくっくりと見えます。










香川の里山では山頂には必ず個人や山の会が付けた山名札や道標があるのですが、この山には

分岐に案内標があるだけで山頂にはそれらがほとんど見当たりません。

ピークハンターのセニョさんが『何もないな~』と言いながらも

証拠写真のバンザイ写真を撮っていきます。







そろそろお昼ご飯をどこで食べようかという話題になり、13時近くにはあるかもしれないけれど

取りあえず高御位山まで歩く事に。ただまた『腹へった~!』と山さんが騒ぎ出すかもしれません。

鷹ノ巣山から東峰への道も木々のない開けた景色を見ながらの稜線歩きです。

ルンルン気分でひなちゃんも快調に歩いて行きます。







単純に見える道も岩を登ったり下ったりと変化があって本当に楽しい道です。

その道を辿っていくと、まだまだ遠くに高御位山。山さんでなくてもお腹がもたないかもしれません。









東峰からはまた岩肌の斜面を下ります。

前回の鶏足山では珍しくしんどくてトップを歩く事のなかったセニョさんが、

今日は元気にこの辺りから快調に飛ばして行きます。







写真が趣味のやっさんは、やはり度々立ち止まっては写真を撮るので今日は最後尾です。




スタート直後に歩いた鹿島サンロードが、本当に真っすぐ南に延びているのも見て取れます。







道標にはまだ40分と書いています。先頭集団と後続との距離も次第に開いていきます。

取りあえず後ろから来る麺法師さんにも、高御位山で昼食と伝えているので、どんどん先に進みます。










まるで哲学者のように寡黙に登って行くセニョさんの後ろで『あか~ん、バテバテや~』と言って

やまじいのスピードが落ちてきました。













高御位山のピークで体操服姿の高校生らしい男の子と女の子が降りてきました。するとゆかりん

『遠足?』と聞くと『違います!』と返ってきました。『じゃ~デート?』と言って冷やかしています。

シャリバテになる前に何とか高御位山に着きました。山頂はさらに奥の大岩の所みたいですが

取りあえず鳥居の横の広場でお昼にします。腰を降ろしていると後続が次々到着してきました。







ただ随分と遅れてIRIBITOさんが到着。聞いてみると足が攣ったと言っています。

『月曜日の内視鏡検査で体中の水分を抜いたせいだと思う!』と言っていますが、

いつもは絶対に前日にはお酒を飲まないのに、珍しく麺法師さんと一緒に深酒したせいだと私は推測します。

(いつもは私がメンバーに今日は二日酔い?と聞かれているので・・・・)







山頂には高御位神社がありトイレもあります。

高御位山は大岩の祠の後ろにひっそりと山名札がかかっていました。

三角点も山頂の下にある神社の横に石柱の頭があまり出ないように埋まっていました。
















高御位神社は29代欽明天皇によって創建され、この高御位山全体がご神体とされています。

社殿は南東向きに立春の日の出の方向に鎮座しています。

毎年元旦には御来光を見るために大勢の参拝者で賑わうそうです。




また大正10年にグライダーで関西初飛行を成し遂げた渡辺信二氏の偉業を称えた飛翔の碑

その横でやまじいとひろりんのツーショット!





お昼ご飯を食べ終え、集合写真を撮り、神社の横のトイレで用を済まして、

高御位神社から参道の石段を下り小高御位山を目指します。










成井登山口への分岐からはまた岩肌の斜面を下ります。本当にこの山は岩・岩・岩の山です。

振り返ると高御位山の山頂の大岩が見えます。










小高御位山の鞍部まで来ると右にエスケープルートがあります。ここでこのまま降りるか進むかの相談。

まだ時間的には余裕があるので、メンバー全員一致で登っていく事に。




道はまたアップダウンの道になり、右手には車を停めた新池が見えます。一旦回復したかに見えたやまじいが

また『しんどいから先に行って!』と道を譲ります。








中塚山は鉄塔広場になっていました。ここから新池への下りと

さらに先にある北山奥山の分岐になっています。バテたやまじいはここで後続を待っているというので、

セニョさんとゆかりんとルリちゃんの四人で最後のピークを目指します。

途中で更に登りがあるのを見てルリちゃんが引き返します。




ただ北山奥山にも目印となるものはなく、南側の眺望が広がっているピークでした。

最後の山頂バンザイの写真を撮ったあと、直ぐに引き返します。







途中で後から来た他の四人とすれ違い、中塚山で到着しているメンバーと合流。

山頂から西側を望んでよく歩いてきたなぁ~と振り返るIRIBITOさんと杉さん。









しばらく北山を目指したメンバーを待っていたのですが、コアラさんだけだと心配だけど、麺法師さんも

やっさんもいるので大丈夫だろうということで、先に下りて行く薄情な?メンバー。







中塚山からの道の南側には石切り場のような山肌が見えます。そう言えば麓の下道歩きの時に

何軒かの石材店を見たように思います。この石切り場は古くから姫路城の石垣や国会議事堂にも使われ、

1700年間もの間使われ続けている竜山石の産地だそうです。







そして最後の最後にまた岩肌の斜面が!花崗岩のように風化せず赤黒い岩は、調べてみると

流紋岩質ガラス質溶結凝灰岩というガラス質の岩のよう。道理でとても硬そうな岩でした。







北山鹿島神社まで降りてくると里山特有の猪避けの囲いがしてありました。

『イノシシや~い!』と呼ぶと少しほっそりとした猪が一頭(笑)、降りてきました。




下道を歩き新池を回り込んで駐車場に戻る途中。正面に春の日差しが当たりずっしりと構えた高御位山。

このところ運動不足で今日の縦走は疲れたといっていたひろりんも最後は笑顔で!











今日は下山後の後のコーヒータイムは省略して、帰り道の鹿島神社に立ち寄りました。

金属の貼られた立派な鳥居から奥に店の立ち並ぶ参道を歩き、神社に参拝。











10.7km・行動時間6時間の縦走となりました。




 今回の3Dトラックです。 


久しぶりのアップダウンの縦走に多くのメンバーが堪えたようですが、

スケールの大きい迫力のある岩塊の上り下り、そして縦走路のどこから見ても素晴らしい眺望に

充実した一日となり、疲れた体も心地よい疲れとなりました。皆さんお疲れ様でした!

WOC.登山部 2019.12.11 和気アルプス

2019年12月12日 | 四国外の山


11月末に予定していた和気アルプスは、松茸が採れる期間は入山禁止になる山です。

例年だと11月15日以降が入山解禁となるのですが、今年はどうやらその期間が延びているらしいというので、

無難なところで12月に入っての今日、出かけてきました。

今日は久しぶりに10名の参加となり、車2台に分かれて和気町へと向かいます。

途中の吉備SAで合流。先に着いた坂出組のやっさんとゆかりんと私は少し時間待ち。

外にあったマスカットのイルミネーションのオブジェでゆかりんが写真撮影をしています。




中で待っていた私を呼び出して『KAZSHIさんも写真を撮りましょうよ!』と誘います。

何食わぬ顔で『やっさんと二人で座って!』と言うのでベンチに腰掛けてポーズをとり写真を撮った後、立ち上がると

朝露で濡れたベンチでお尻が濡れてしまいました。やかりんが笑い転げています。『ゆかりん、騙したな~!』




丸亀組が到着して2台で和気町に向かいます。岡山市内を抜け山間部に入ると周りは濃い霧に包まれています。

少し不安な気持ちで車を走らせ和気町に到着しました。

JR和気駅に併設された駐車場は一日停めても100円という格安の駐車料金です。





駅前から吉井川の支流の金剛川を渡り、まずは和気富士を目指しますが、

周りはやはり霧の中。直ぐ近くに見えるはずの和気富士も裾野しか見えません。 (~_~;)







商店街の中を歩き道標に従って和気富士健康づくりの道へと入って行きます。











落ち葉の積もる山道からは直ぐに最上稲荷の小さな社殿に着きます。その横から登山道が始まります。







和気富士は標高172mほどの低い山ですが、なかなかの急登が続いて行きます。

途中で上から下りて来る女性とすれ違いました。『丸亀から来ました!』と言うと、

『いい山ですから楽しんできてください。』と声を掛けてくれました。




羊歯の中の階段を登って行くと、次第に視界が広がってきました。途中の大岩からは

眼下に和気町の街並みが霧の中に薄っすらと見えています。













和気富士山頂には四等三角点と小さな祠がありました。まずはセニョさんが恒例のバンザイ!

三角点マニアのセニョさん、先ずは一つ目の『ポケモン、ゲットだぜ!』








平らな大岩の上で記念撮影をした後、縦走路へと向かいます。まだまだ皆さん余裕です。




山頂から直ぐに急な下り坂。鞍部になると落ち葉の積もる道となり、またすぐに急登が始まります。

小刻みにアップダウンを繰り返しますが、登りも下りも距離が短いのでそれほど苦にはなりません。







尾根筋に岩肌が現れると眺望が開けてきますが、まだまだ霧が晴れてはくれません。

麓の街並みにも霧がかかり、その奥に墨絵のように薄く山並みが見えるだけです。







その霧をバックに『天空のやっさん!』




また一旦下り登って行くと観音山です。先ほどまでの岩肌の尾根から花崗土の道へと変わり

何やら麓から荷揚げ用のレールが続いています?







地肌の現れた斜面には等間隔に煉瓦で積まれた四角いエントツを短くしたようなものが並んでいます。

皆さん『なんやろね~?』と言うので、『多分ここで文字焼きをする会場みたいですよ!』と。











調べてみると毎年8月16日、京都の大文字焼きに合わせてこの観音寺山に『和』の文字の山文字が点火され、

河川敷では屋台も出て、町内の一大イベントになっているとの事でした。





観音山から次に目指すは岩山。背の低い羊歯の道から164mのピークを過ぎると、

次第に道は名前の通り岩肌が現れ始めます。










岩尾根からは今度は尾根から東の眺望が広がり始めました。今日の周回する山々が見渡せます。

まだまだ先は長いぞ!














岩山で水分補給の小休止。







尾根の東にも西にも山裾にはまだ紅葉が残っています。







道は岩山を過ぎると里山らしい羊歯の道になります。





この縦走路には三角点以外のピークに地元の方がそれぞれ名前を付けています。

和気拭富士・観音山・岩山に続いて前ノ峰でバンザイするセニョさんと

それを写す麺法師さんも数が多いので、そろそろ飽きてきています。








今まで北に続いていた尾根道が東に振って明瞭な道が続いています。

次に目指すは>、穂高岳ではなく遠慮気味に名前を付けた穂高山

道の途中からは二つ目の三角点の竜王山の荒々しい岩肌が望めます。

その岩肌は稜線を支えるように切り立った急峻な岩壁のバットレスと名付けられています。













穂高山も名前の通りの岩山です。この辺りからアルペンルートの雰囲気が漂ってきました?。










穂高山を過ぎ竜王山の分岐からは皆さんザックを置いてアタック開始です。

分岐から見た竜王山の稜線も急登が続いているのが見えます。

麺法師さんと『厳しいアタックになりそうやな~』と言いながら下って行きます。

ただこの急登も息を切らせながらも、距離が短く思ったより早く山頂に到着しました。










写真を撮った後はタッチandゴーで折り返し分岐へと戻って行きます。







分岐からはまだまだ稜線が続いています。一番奥に山頂近くが紅葉している神ノ上山が待っています。

『まだ随分と先やな~!』




分岐からは『え~まだ下るん?』と愚痴がでながらどんどん下って行きます。

途中の岩場で下りな苦手なコアラさんあっちゃんが『大丈夫?』と声を掛けると

『足が長いから大丈夫!』と返事が返ってきましたが、どう見ても・・・・・・?








鞍部にはキレット底の名札。通常キレットは鞍部がさらに深くV字に切れ落ちた

場所をさし、岩稜の危険な難所をいいますが、たしかに岩稜ではないものの、それ位一気に下って行きました。




名札に書いている通り登り返しが始まります。先頭を歩く麺法師さんのペースも次第に落ちてきました。













岩肌から落ち葉道と変化のある道を登って行きます。

274mのピークを過ぎると道の傾斜も緩やかになり始めます。











神ノ上山山頂直下は地形図の等高線の間隔も広くなり、今までになくゆっくりと歩けます。

道標に従って左に回り込むようにして登ると山頂に着きました。








先行して到着したメンバーがベンチに腰を降ろしていると、何やら下の方から声が聞こえてきます。

どうやらこの時数カ月ぶりに参加したIRIBITOさんの太ももが攣って難儀をしていたようです。

神ノ上山山頂は平らな広場になっていて、北と南の眺望が開けています。

コアラさんが前回からガスコンロでお湯を沸かそうとしてくれていますが、

その時に格安で買った自慢のコンロに火をつけた途端に周辺がガス臭くなり、

ルリちゃんが『前回ガス臭かったので信用できん!』と言っています。










お昼ご飯を食べた後は下るだけ。復調した麺法師さんを先頭に下って行きます。

乾いた花崗土の下り坂は滑りやすく、注意しながら歩きます。










途中にある鷲ノ巣展望台と書かれた岩場は別名白神様とも呼ばれ、

麓から見ると白い岩肌を望むことができます。ここからは神ノ上山から南東に続く奇岩の岩肌が見えます。

『まるで寒霞渓やね!』と麺法師さんと。










チンネ(尖峰群)へは一枚岩で急勾配のスラブが続いています。

手前の巨大な岩壁の鷲ノ巣と共にクライミングの人たちのルートになっているそうです。




展望台からも麓や今日歩いてきた稜線を見渡せる、眺望のいい尾根道が続いています。













途中の分岐から山の学校方面へと下ります。七曲と書かれた札の通り

右に左に折れながら急坂を下って行きます。







山の学校からは傾斜もほとんどない楽な森の中の道になります。

早速、ゆかりんの賑やかなおしゃべり声が聞こえてきます。













森の中を抜けると高い猪避けの柵。香川の里山や田畑に見られる同じような柵です。

里に猪が下りて来たり、農作物を荒らさないようにと、どこにでも見られるようになった柵。

メス猪達?が柵から出られないと騒いでいます。







先ほどから先を急いでいたやまじいは、どうやらトイレを探していたようです。

『そんなん、さっきの山の中でどこでもできたのに!』

中学校の横を過ぎ県道に出ると、さっそくホームセンターを見つけて、コアラさんと『ちょっと行ってきます!』




後ろから来た女性陣に『二人はトイレに行きました!』『たぶん切れが悪いから時間がかかると思います!』

と言って先に橋を渡ります。追いついてきたコアラさんが『やまじいさんとは絶対パートナーは組まん!』と言ってます。

どうやら橋の横で手を振っているメンバーが目につかず、『みんながおらんようになった!』と騒いでいたとの事。

でもねコアラさん。いつもはそれはコアラさんの役ですよ!








和気駅の駐車場に着くまで、怪しかった空も雨も降らずに何とか持ってくれました。

何度も何度もアップダウンを繰り返した今回のコース。9.5kmを5時間30分。

至るところで麓の街並みや稜線を見渡せる、とても楽しいコースでした。

今日の霧の掛った幻想的な風景も良かったのですが、晴れた秋の日にまた訪れてみたい和気アルプスでした。





距離は参考になりませんが今日のルートの3Dトラックです。


地形図のトラックです。




WOC・登山部 2019.02.27 毛無山

2019年02月28日 | 四国外の山
今年に入ってWOC・登山部でさあ雪山で遊ぶぞ~!と意気込んでいたのに

地球温暖化の影響か?暖冬・暖冬の声ばかり、Web上でも今年はどこの山も雪が

少ないというレポートが目に付きます。

先週の丸笹山も雪解けが思った以上に早く、今期はもう雪山は厳しいかな?と

諦めかけていたのですが、四国の山がダメなら四国を飛び出して!

まだまだ望みは捨てません。何とか雪のありそうな、日帰り登山のできる山

という事で、岡山県と鳥取県の県境に近い毛無山なら・・・・。

で!出かけてきました。       とは言え企画はしたものの・・・・・、

瀬戸大橋を渡って岡山まで出かけて万が一『雪がない!』なんて事になったらと、

プレッシャーがかかったのか、明け方変な夢を見て朝の4時に飛び起きてしまいました。

その夢はというと、集合時間に遅刻しそうになって慌てて高速で丸亀市に向かうため町内の

高速のICに入って直ぐに、何故か次の瞬間、蒜山SAに到着して『しまった~!』と慌てて

目が覚めたのです。宇宙戦艦ヤマトなみのワープでICの料金所を通った瞬間の出来事でした。

そこからは寝つけず、布団の中で濛々としながら5時に起床。支度を整えて

まだ暗い中を集合場所の丸亀に向けて出発しました。


丸亀で集合した後、今日は総勢6名で坂出ICから一路北へと向かいます。

湯原ICで降りて県道55号線を新庄村へと向かいますが、まだどこを見ても雪のかけらも見えません。

次第に焦りが出てきましたが。登山口の『毛無山山の家』の駐車場には雪が残っていてほっと一息。

ここから山頂までは標高差600m。『これなら山の上にはまだ雪が残っているでしょう!』




駐車場で身支度をして道の脇に雪の残る登山口へのアスファルト道を歩いて行きます。







道の脇には雪解けのいかにも冷たそうな水が流れる沢が並行して続いています。

杉林は幹回りも太く背の高い杉が並んでいます。







アスファルト道が終わり道が雪道になると、いよいよ登山道です。

杉林の中の沢の小さな水の音だけが聞こえる静かな道です。










雪は次第に深くなっていきますが、踏み跡を辿りながら進んでいきます。

せっかくの雪道ですが、雪の上に杉の落ち葉が散乱していてあまりきれいではありません。







ここのところ積雪のない登山道は、日中雪が溶けては夜中に氷ってを繰り返し

程よく締まっていてアイゼンの爪がよく利いてくれます。

道の脇には判りやすく『合目』の標識が・・・・続いています。










道の傾斜も次第に急になってきました。杉林の中を縫うようにしてゆっくりと登って行きます。

林の中で風もなく汗を掻き、暑くなってきたのでこの辺りで上着を一枚脱ぎます。











杉林が終わり踏み跡を辿りながら進むと、どうやら登山道から少し道を外したようで

ほとんど直登の急な斜面を登って行きます。踏み跡から外れると膝の上くらいまで壺足になります。











薄暗い杉林からすっかり葉の落ちたブナの林になると周りも急に明るくなり、振り返ると遠景や

薄曇りの空にも小さく青空が見えたりします。











『これなら山頂からの大山も期待できるかもしれませんね!』とやっさんと話しながら・・・・、

やっとのことで尾根に出ました。








15年近くも前に『山楽会』で登った時の記憶は薄く、

ただ紅葉の素晴らしさだけが蘇ってきます。(その時の写真です)

今年の秋にもう一度是非訪れてみたいな~!








尾根に出ると先ほどまでの急登から随分と緩い道になり、少し間の開いた後続を待ちます。








毛細血管のように細く四方八方に枝を伸ばしたブナの木




後ろを見ると尾根の手前の最後の急登を麺法師さんを先頭に後続が登ってきています。

積雪の後で踏み跡がなければ、かなり苦戦しそうな場所です。











この尾根道でも時々ズボッ!と膝くらいまで壺足になります。

踏み跡の横には長方形のスノーシューの跡も続いています。WOC登山部の次の目標は、

新雪の中のスノートレッキングです。でももう今年は降雪は期待できないので、来年かな・・・・?

気持ちのいい尾根道をしばらく歩くと、九合目の避難小屋に着きました。







小屋の外に掛けられている温度計はマイナスを示していますが、思ったより寒さは感じません。








避難小屋から最後の急登を登ると樹林帯が終わり、展望が開けてきました。







山頂は木々もなく360度の眺望です。一説には遠くから見るとこの山頂がハゲ山に見えることから

『毛無山』と呼ばれるようになったといいます。北側には楽しみにしていた『伯耆大山』

予想以上に綺麗に見えます。『蒜山三座』もきれいに並んでいます。










後続チームもゆっくりと登ってきています。下から『どう?(景色は)』と声が聞こえたので

『最高ですよ!』 と応えます。














メンバー全員が山頂に到着。皆さんも期待以上の眺望に声が上がっています。

1218mのけっして高くはない標高ですが、四国の山とはまた一味違った景色です。














風もなく寒さもさほど感じないので、ゆっくりのんびりと眺望を楽しんだ後は

避難小屋まで降りてお昼ご飯にします。











閉ざされた小屋の扉と窓を開け放ち、小屋の中を明るくしてお弁当を頂きます。




いつものようにIRIBITOさんがお湯を沸かせてくれるのですが、

気温が低いせいかなかなか湧き上がりません。気化熱で冷たくなったボンベを交代で温めます。

(決して暖を取っているわけではなく、交代しないと手が冷たくて・・・・・)






次はこうちゃん、交代!








お昼ご飯を終えた後は待ちに待ったソリ大会! です。

程よく締まった雪の尾根は緩斜面ですがそこそこスピードが出ます。

雪山禁止を今日解禁したルリちゃんも楽しんでいます。

















登りの時に難儀した尾根直下の急登は、とんでもない事に! になりました。

急斜面過ぎてソリを使うとスピードが出過ぎて止まりません!

あっという間に二人を追い越していくやっさん。スピード違反です!




登山道から外れてスノーボードで降りたような跡を辿りますが、急斜面は怖すぎて麺法師さんは

ヒップソリを使うのをやめて尻シェードで降りてきます。(@_@)










歩くとズボズボの壺足、滑るとジェットコースターのこの斜面は楽しすぎます!

IRIBITOさんもまともに歩いて降りることすらできていません!














登山道から沢を挟んで降りてきたので、修正して沢を渡ります。

ここでも足を踏み外すと腰まで雪に埋もれてしまします。








登山道まで戻るとほっと一息。はしゃぎ過ぎて恐らく明日は筋肉痛になりそうです。

存分に楽しんだ雪山をなごり惜しみながら駐車場へと戻ります。

メンバーはそれぞれ『最高!楽しかった!』 と口にしています。











そういえば以前に来た時にはちゃんと登山届を出したのを思い出しました。

その登山届のポストに駐車場に帰ってきたから気づくなんて・・・・・。








今年に入って三回目の雪山山行の中でも、思った以上に雪が残っていて一番楽しめた毛無山。

高速を使っても3時間近くはかかりますが、それでも出かける価値のあった今回の登山部でした。

安全第一でもっともっと雪山を楽しみたいですね!

WOC登山部第二班2018.08.08 一の森~剣山

2018年08月09日 | 四国外の山
今週のWOC登山部本隊は、二泊三日で青森の八甲田山に遠征しています。

なので居残り隊は取りあえずお休みにしようとしたのですが、

サザエさんとお嬢様2号が、上手くお休みが取れたのにと

残念がっていたので、急遽居残り隊で出かけることにしました。


さてさてどこを歩こうか?と考えていたのですが、前日には宴会を予定していたので

二日酔いでも歩ける(笑)『剣山』を計画しました。

一応テーマとしてはシーズン真っ盛りの『キレンゲショウマと一ノ森・剣山』

テーマがあればこれで何とか体裁がつきます。


今朝は予想通りの朝帰りで二日酔いよりも睡眠不足でした。

最悪の体調で家を出て、集合場所の貞光に向かう途中でスマホを忘れたのに気づき

どうしようかと考えながら、しばらく走った後、結局取りに引き返しました。

そのせいで集合時間に10分ほど遅れてしまいましたが、これがそのあと結果オーライとなりました。


貞光からはサザエさんの車に乗り込み、一路『見ノ越』

予想通りキレンゲショウマ目当ての人で、平日でも駐車場は満車状態でした。


スタート前に駐車場の写真をデジカメで撮っていると、『バッテリー切』のサインが!

今日一日はスマホでの撮影となりました。(遅刻しても取りに帰って正解でした)



『劔神社』の石段をまずは登って行きます。石段の途中でお嬢様2号が

『あ~もうしんどい!』と言っていますが、それ以上に私は胃からこみ上げてくるものが・・・・。




サザエさんは4年ぶりの登山部復帰から今日で3回目。久しぶりの1回目の時は

けっこうバテていましたが、2回目からは現役復帰で今日もいいペースで登って行きます。

今日の私の体調では少し早いのですが、後ろから付いて行くお嬢様2号のペースが

丁度いい感じです。先頭を行くサザエさんは間があくたびに立ち止まってくれています。




樹林帯の中は木々が日差しを遮ってくれ、湿度も気温も低くてとても歩きやすい・・・・はずですが、

嫌な汗が出てくるだけで相変わらず空嘔吐をしながら歩いて行きます。

この辺りが一番しんどかった時間帯です。




リフト下のトンネルを抜けしばらくすると

お嬢様2号  :  『もう半分は来たかな?』

私      :  『いえいえ未だでございます!』

お嬢様2号  :  『え~~!』

本来はサザエさんがお嬢様2号の執事のはず!、今日は私のお嬢様がいないので

羽が伸ばせると思ったのに、これでは・・・・・!(笑)


途中で三人の大きなザックを背負った一組とすれ違いました。その内の若い女の子は今風のいで立ち。

それを見て、

私     :  『あれが本当の山ガールやね!』

お嬢様2号  :  『ほんとやね!』

(お嬢様2号もどうやら山ガールではないと自覚があるようです 笑 )



『西島神社』の手前では、先ほどかかっていた雲も流れて

眩しいくらいの青空が見えてきました。




神社の大岩の横を抜けると、いつものように山頂と『雲海荘』が手招きしています。

西島ではサザエさんがまた是非行きたいと言っていた『三嶺』も手招きしています。







西島駅からまずは『刀掛けの松』を目指します。

この辺りから足元に小さな花が目に着き始めます。




トゲアザミ



タカネオトギリ




途中で北に『丸笹山』から『赤帽子山』に続く稜線がくっきり見えます。




刀掛けの松で一息入れていると、行場の方から一人のおじいさんが

大きなカメラを抱えて上がってきました。

『花は咲いていますか?』と聞くと、『一方通行の分岐の下が一番沢山咲いていた』との事。

でも今日は一ノ森まで歩くので、一番の群生地には立ち寄れません。







行場への道は道幅も狭くなり登山道らしさが漂ってきますが、

道の両側には鹿よけのネットが続いています。




ツルギシシウド



カニコウモリ



『岩屋神社』『おくさり』を過ぎると、

上の道のキレンゲショウマの群生地ですが、前を行く二人は気づかずに通り過ぎようとしています。










少しピークを過ぎているような気がしますが、それでもまだ蕾も多くこの週末ぐらいが

最後かもしれません。

群生地を過ぎると『穴吹川源流の谷』。暑い日が続いていますが

まだまだ水量も豊富です。水に手を付けるととても冷たく一瞬で体までもクールダウンしたような

気になります。










源流の谷を過ぎるとカニコウモリのお花畑が続きます。とても小さな花弁のカニコウモリですが、

これがもっと大きな花弁の花の群生地なら見応えがあると思います。






刀掛けの松から行場を一気に下った道を、一ノ森までは少しずつ登り返していきます。

行場を過ぎるとすれ違う人もなく、鳥の鳴く声だけが聞こえる静かなトラバース道が続きます。

その内に右上に木々の間から青空がちらちらと見え始めると、一ノ森と二ノ森との鞍部に着きました。

先ほどまでの樹林帯の中から青空の下の笹原に飛び出しました。

行く手には一ノ森の山頂が見えます。するとサザエさんとお嬢様2号が

『え~あれを登るん?』と。




ペースもゆっくりしていたので、剣山で昼食の予定を変更して一ノ森でお昼にしようと

話をして最後の登りを歩いて行きます。すると途中で二人の子供とお母さんが降りてきました。

お嬢様2号が話しかけると、お姉ちゃんは7歳で、弟は4歳。朝の5時から歩いて次郎笈から剣山そして

一ノ森を歩いたとの事。『凄いね~!』と三人でひとしきり感心。




山頂直下の笹は背丈以上に伸びていて、笹の海の中を歩いているような気がします。

お腹も減って何とか踏ん張って登って行きました。







一ノ森山頂は周りの笹も低く、木々もなく360度見渡す限りの山・山・山です!

吹く風も涼しく文句なしの山頂に、二人からも感嘆の声が上がっています。

まさに『超気持ちいい!』











せっかくなので『一ノ森ヒュッテ』まで降りて、ヒュッテの前のベンチでお昼にします。

広場では休憩を終えた団体さんが出発しようとしていました。

お嬢様2号は買い物の時からお昼はラーメンを食べると意気込んでいたようで、

嬉しそうにザックからカップラーメンを取り出しました。

今日はサザエさんがお湯を沸かしてくれています。




ヒュッテとベンチの間にはシコクフウロのお花畑が広がっていて、そのせいで腰かけている周りを

次々と蜂が飛んできます。




お嬢様2号が食べ終わると、今度はサザエさんがコーヒーを淹れてくれました。

青空と緑の笹原、そして白骨林を目の前にして贅沢なお昼です。







いつになくのんびりとお昼を過ごした後、剣山を目指します。鞍部まで下り

針葉樹の樹林帯の中を今度は登って行きます。この道も変化があってお気に入りの道です。










樹林帯を抜けると次は笹原の中の道が続きます。

剣山と次郎笈がどんどん近づいてきます。














笹原歩きで暑くなるかと思っていたら、予想以上に風が心地よく

昨日のお酒も完ぺきに抜けて気分爽快!











そんな爽快感に気分を良くしたのか山頂手前の最後の登りでは、お嬢様2号のペースが上がって

先頭を歩いて行きます。逆にサザエさんが少しバテてきたようです。




山頂の東端のテラスでは風が強くて、汗冷えがしてきました。







テラスからトイレまで歩き振り返ってみると先ほどのテラスがまさに『天空のステージ』

トイレから山頂までの木道では、サザエさんが近所の知り合いとバッタリ会う場面がありました。




山頂には最初は一組がベンチに座っていただけだったのが、次々に登ってきた人で

直ぐに満員状態になりました。




今日は雲のある割には遠くまで見渡せ、三嶺の奥には石鎚山の姿もありました。







この山頂から次郎笈に続く稜線は本当に四国屈指の景色だと思います。










山頂から次郎笈を眺めながらお嬢様2号が

来る途中でも言っていた『飛びます、飛びます!』と連発しています。

おばさんですが親父がギャグです。(若い人には分らない坂上二郎)

『さぁ次郎笈までどうする?』と言う事になったのですが、あっさりと諦め

(4歳の子供に負けたことになります)、次回に楽しみを置いておくと強がりを・・・・・。

山頂から次郎笈への鞍部までの意外と急で滑りやすい下りに、二人は少し難儀をしていますが

下りの大好きな私はルンルン気分で下って行きます。

振り返っての剣山も絵になります!













鞍部手前の西島への分岐の道標を見て、ここまでの距離と次郎笈までが倍以上あるのを知り

お嬢様2号が『やっぱり無理!』と言っています。




西島へのトラバース道から次郎笈へ最後のお別れです。

『待ってろよ次郎笈!』




この道も途中で通行止めになっていたヶ所は復旧されていました。

大剣神社へ登らずにそのまま西島へと降りて行けます。










西島からも軟弱三人組はさっさりとリフトで降りることを選択。

このリフトに沿ってニッコウキスゲの花畑が続いています。

途中ではキレンゲショウマモ!




歩行距離8.3㎞を行動時間約6時間かけてのんびりと歩け、予想以上の好天に恵まれた一日でした。

『困った時の寒風山』と『二日酔いなら剣山』は私の定番となりまそうです。

(山に登る前日に、大酒食らうなんて不謹慎や!の声が聞こえてきそうですが)