KAZASHI TREKKING CLUB

山登りというよりはトレッキングいやハイキング。最近はそんな
感じで、楽して景色の楽しめる山ばかり登っている軟弱者です。

石堂山

2013年05月24日 | 四国の山
今日は夕方から所要で早めに帰らないといけない・・・・・ということで

歩行時間の短い山を考えて、しばらく話題にも上らない、マイナーな石堂山の

ミルフィーユを見に出かけることにしました。

石堂神社までは初めて走る半田からの道。距離は短いのですが道幅が狭いので

走りにくい道でした。





まずは石堂神社の手前に車を置いてスタート。

道標では3キロ強となっているので、のんびり歩いても2時間くらいかな?






神社の上を尾根まで少し急な坂を登って行きます。

尾根に出ると右は杉林、左は雑木林の道になります。





雲ひとつない青空の下、新緑の気持ちの良い道を歩いて行きます。

この尾根道、秋に来たらけっこう良い雰囲気かもしれません。

ブナやツガの原生林は見ごたえがあります。





白滝山への分岐の手前で、また急な登りになります。

分岐の辺りから笹が現れます。場所によっては胸まで茂った笹を掻き分け進んで行きます。

分岐から白滝山までは100m。猫の額ほどの小さなピークです。





白滝山から左手に矢筈山が見え始めます。

何度かアップダウンすると、今日のお目当ての御塔石が目の前に不意に現れます。








こんな山頂近くにどうやって出来たのか不思議でなりませんが、自然は時として

こんな芸術作品を生み出します。



石堂山山頂はやはり独り占めでした。

南に矢筈から黒笠への稜線、遠くに天狗塚?まで見渡せます。












最近のお気に入りは、セブンイレブンの一人用の加工食品。

今日は五目チャーハンにミートボールの組み合わせ。

山で食べるご飯に楽しみが増えました。





ランチを済ませて後はまたあの気持ちの良い自然林の尾根を下って行きました。

秋にもう一度、今度は社内の登山部で女の子達を連れてきたいと思います。







コメント

西赤石の花

2013年05月22日 | 四国の山
先週歩いた西赤石山。メインのアケボノツツジに気をとられて

足元の花にはほとんど気づきませんでした。

いつも思うのですが、全く同じ時期同じルートを歩いても

花好きの人が見つける花の数の多いこと!

いつもでたっても花の名前を覚えられず、花の咲いているのさえ気づかない

進歩のない山歩きをしています。


今回見かけた花です。

















コメント

アケボノ三昧

2013年05月17日 | 四国の山
今日は念願のアケボノツツジを見に、西赤石に出かけてきました。

いつものように東平の駐車場に車を停めて7時50分スタート!

平日だというのにすでに駐車場には10台以上の車が停まっていました。





前を歩くのは山口ナンバーの車から降りてきた4人組みの男性。

途中何組かの人と抜きつ抜かれつしながら一本松へと歩いて行きます。








一本松までひと汗かいた後は、上部鉄道跡の快適な水平道。

何度歩いてもこの道は風情があります。





上部鉄道から分岐して兜岩まで二汗も三汗も掻きながらの登りです。

息を切らせてやっと着いた兜岩。しんどい目をした甲斐があって

目の前には、夢に見た?アケボノツツジが待ってくれていました。








兜岩には思ったよりも人が少なく、しばらくピンク色に染まる西赤石を眺めました。





いつもある兜岩の展望台の道標は今日は見当たりませんでした。

少し北側のテラスでドリップコーヒーと菓子パンで、のんびりした時間を過ごします。





西を見ると平家平から冠山、ちち山、笹ヶ峰に瓶ケ森、そして石鎚山と大パノラマです。





30分程兜岩で休んだ後、西赤石への急坂を登って行きます。

途中もアケボノのオンパレード!





山頂では10人ほどのが昼食をとっていました。

普段静かな山ばかりなので、少し離れて銅山越えの方へ歩いて弁当を頂くことに。

岩の上に腰掛けて、日浦の方から上がってくる心地よい風に吹かれながら

満腹・満腹!





銅山越えまでの道もまだまだアケボノさんが目を楽しませてくれます。











ツガザクラモかわいく花を咲かせていました。




銅山越えでは新浜高専の学生の一団体が引率の先生と休憩をしていました。




後は東平までの道を下るだけ。学生たちのにぎやかな声に混じって

さわやかな新緑の道をあるいて行きました。山並み岩そして花と歴史の道。

何度歩いても本当にいい山です。



下山途中に消防とパトカーのサイレンの音。そして途中ではヘリコプターの音。

途中ですれ違った男性が、しんどくなった奥さんを兜岩までの道に置いて来て

その奥さんが転んで怪我をしたと、携帯に奥さんから電話がかかりました。

幸いその方はヘリコプターで搬送されたそうですが、もうひとり気分が悪くなった人がいたようで、

下山後の広場にはレスキューの人達が待機をしていました。






人事ではなく、一人歩きの自分も気をつけないと・・・・と思った次第です。



コメント (2)

さぁ~

2013年05月16日 | 四国の山
明日まではなんとか天気も良さそう!

明日こそは『アケボノツツジ』だ‼
コメント

最近は~

2013年05月15日 | 雑記
仕事が忙しいのに比例して、夜出かける回数も増えています。

以前は帰りはタクシーを利用していたのですが、

ここ最近はテクノ代行を利用しています。

いつも午前様で、携帯から電話をすると、

『ありがとうございます。◯◯様、今日はどちらの駐車場ですか?』

と電話にでた女性が応対をしてくれます。

名前を記録していて、まず驚くのですが、『◯◯様、

今日も◯◯までで宜しいですか?』と聞いてくる。

(別宅があるわけでもないので)『はい!』と答えると、

『それでは◯分ほどお時間かかりますので』と電話を切る。

昨日(今朝)乗った運転者さんに色々聞いてみると、

名前と行き先だけでなく、他にもそのお客のデータが入力されて

いるらしい。

『そしたら酒癖悪い人とか、チェックしとん?』と聞くと

『そんなことはありません!』と運転手さん。

いやいや絶対チェックしてるだろう~と思いながら、

ブラックリストに載らないように気を付けようと

酔った頭で思った次第です。



コメント

知らんかった・・・・・

2013年05月12日 | 雑記
今日は日曜日、週初めの天気予報では雨だったのに

今朝はいきなりの青空。みんな山に出かけてるんやろなぁ~!


朝から支店に写真を送る作業をしていて、ふと写真のファイル名を連番で

整理できないかと思い、いろいろフリーソフトを探して見ました。

ただこれといったのがなく、ひとつ見つけたのが本当に簡単な裏技。

山に出かけた時の写真も山?のように貯まってファイル名だけでは判別できない状態。

今までなんで調べてちゃんと整理しなかったのかと、目から鱗でした。


そんな裏技の記事です。









コメント

雲早山へ

2013年05月09日 | 四国の山
今日は久しぶりに雲早山を歩いて来ました。

しかしながら朝出かけるのにもたついて登山口についたのが10時になってしまいました。

出来るならアケボノツツジが見れたらと、思っていたので

高丸山の途中の1334mのピーク位まで歩けたら・・・・。

車を降りて準備をしていると、軽四が1台。徳島から来られた男性が降りてこられました。

その方も高丸山に行けたらというので、ご一緒することにしました。





まずは沢沿いを歩き、ベンチのある休憩所を過ぎ

いろいろと山の話をしながら、ゆっくりと登って行きました。

パラボラの分岐に45分ほどで到着。





一息入れて高丸山方面へと進みます。

明るい尾根を気持ちよく歩いていくと、カタクリの花がチラホラ。

徳島の男性はカタクリは初めてのようで、熱心に写していました。









本当に快適な雑木の尾根を進んでいくと、目の前に高丸山、右手に西三子山が姿を現します。





尾根の脇にはミツバツツジが鮮やかな色の花を咲かしています。

わき道に逸れては写真を撮り、見晴らしのいい場所でも写真を撮りして

のんびりと下って行きました。

目指す1334mのピークにも花が咲いているのが目に付きます。





しかし、花の色を見てアケボノツツジは咲いてなく、ミツバツツジが咲いているように見え

気が抜けて手前の最後のピークで引き返すことにしました。

徳島の方はそれでも高丸山を目指すとのこと、時間は12時を過ぎていたので

気にはなりましたが、お別れすることにして一人雲早山へと戻って行きました。





山頂に着くとやはり誰もいなく、360度の展望を独り占めしました。

昼食は最近こっているセブンイレブンのレトルト。今日はチーズINハンバーグと

ポテトサラダ、そしてパンの豪華な?ランチです。





しばらくすると男性が一人登ってこられ、『昨日ホームページを見たら、ご夫婦で高丸山方面を歩いて、

アケボノがたくさん咲いていた、と書いていましたよ』と教えてくれました。

ご夫婦で?というのにピンときて、帰ってkyoさんのホームページを覗くと

たしかに1334mのピークでアケボノツツジが咲いていたと書かれていました。

『しまった~!』前の日に確認しとけばよかったと、後悔しても遅かりし!


アケボノはあきらめて、なんとかシャクナゲでもと思い、

急なシャクナゲ尾根を下って言ったのですが、今日の時点ではまったく花の気配なし





ひとつだけつぼみを見かけただけで、さびしい帰り道となりました。

結構急な下りに汗をかき、登山口の冷水が本当に美味しく感じました。





もっとちゃんと下調べして出かけようと反省した、今日の山歩きでした。




コメント

週末・・・・・

2013年05月07日 | 四国の山
GWはずっと仕事をこなしていたので、今週末は思い切って休みをとって

予てから会社の女の子に声をかけていた、西赤石山に出かけよう!・・・と

思っていたのですが、どうやら週末は雨模様。

社外の女の子も誘って、両手に花計画を準備していたのですが、

ネットを見ても西赤石のアケボノ情報も挙がってこないので、西赤石は秋に延期して

いつも通りに平日に休みを取ろうと思っています。


それなら・・・・・と考えているのが昨年出かけた雲早山を計画中。

うまくいけば、ツツジにカタクリ。アケボノツツジにシャクナゲが見れるかな?

と期待しています。








コメント

山上山

2013年05月02日 | 香川の里山
今日は帰省している娘とデート!

その前に朝少しだけでもと、近くの山上山を歩いてきました。



車をいつもの門入ダムの駐車場に停めてスタート!

最初はコンクリートの階段を、一気に登って行きます。

山上山の尾根に出て、鳥居を潜ると山道になります。

鳥の声があちらこちら聞こえてきます。



東屋を過ぎ、神社の奥へ進むと直ぐに山頂です。





山頂の大岩にヒョイと登ると360度の景色が目に飛び込んできます。





周りの山々は新緑の真っ盛り!吹き上げてくる風が心地よく、

今日も悪あがきのヘルシアを飲んで一息いれました。



帰りは鳥居からさらに北に進んで、岩の上の遊歩道を下っていきました。

ついでにダムの上も歩いて、娘の待つ家へとウキウキしながら

車を走らせた親父でした。



帰って服を着替えて、二月に免許をとったばかりの娘の運転で、

初めて助手席に座って、ウキウキから今度はドキドキしながら

出かけて行きました!


コメント (2)

今日の我が家

2013年05月01日 | 雑記
高校に入学した息子は、最近部活を終えて帰宅時間が
20時から21時に……!

帰宅後、夕食を済ませお風呂を出ると、日課のおばぁちゃんの

部屋に入って行きます。

おばぁちゃんは可愛い孫の為に、毎日風呂上りの

オロナミンCを用意して待っています。

小学生の時から続いている、息子の日課です。

高校生の息子がいつ迄続くのか、息子としては母親の楽しみ、

いつ迄でも続いて欲しいと思っています。



明日は休み!連休で帰って来た娘とデートを目論んでる親父です。

コメント