KAZASHI TREKKING CLUB

四国の山を中心に毎週楽しく歩いています。

同窓会

2012年04月29日 | 雑記
昨日の夜は中学校の同窓会でした。

夕方の5時半から、最終四次会まで夜中の・・・・・何時か覚えていません。

3年生の時の担任の先生も参加頂いて、楽しい会になりました。

地元でいるので、普段から顔を合わすメンバーも多いのですが、

連休と云う事で県外から帰って来てくれた、本当に卒業以来の再開と云う子もいて

とても懐かしかったです。









担任の先生もお二人は80歳代、生徒の顔を全員覚えているはずもなく、

でも生徒の方はその当時、叩かれたことなどをよく覚えています。

そんな話をしても『そうだったっけ・・・・?』でした。

同級生とは何故か細かいことを顔を見た途端、突然思い出したりして

何の違和感もなく、その当時にもどって女の子は○○ちゃん、男の子はあだ名で呼んで

その当時にタイムスリップします。

会の間中話は盛り上がり、話は尽きませんでした!









今度の会を約束してふらふらの頭で帰宅しました。






コメント (3)

ゆめタウン徳島

2012年04月26日 | 雑記
今日の休みも天気がイマイチ。

仕方がないので?奥さんと『ゆめタウン徳島』に出かけてきました。

二週連続で買い物なんて、ここ最近では珍しい?

高松自動車道を使えば、自宅からだと高松のイオンに行くのとそう変わりません。

中に入っているテナントも、高松を意識してなのか

けっこう見慣れない店が多く、期待していた以上に楽しめました。

ゴールデンウィークはけっこう仕事が入っているので

連休明けに休みをとって、山に行けたら・・・・と思っています。








コメント

うどん遍路

2012年04月22日 | グルメ
国内で550店舗と、はなまるうどんの2倍近くの店舗数となった

丸亀製麺所に、先日行ってきました。










社長の実父が坂出市の出身で、その隣の丸亀市の名前をとって『丸亀製麺所』としたそうです。

ほかの店舗と違うのは、お店の真ん中に厨房がある変ったレイアウトになっていました。

味はというと意外としっかりしていて、これなら県外だと評判になるな・・・・と

ただいつもどこでも食べる『かけうどん大』が380円は?といった感じです。

やはり地元だと『かけうどん大』は280円です!



昨日食べて、あらためて美味しいと思った、『マルタニ製麺(円座町)』かけ大280円也

麺も生姜の効いた出汁も最高です。










コメント (2)

公渕公園

2012年04月21日 | 雑記
先日久しぶりに公渕公園を歩いてきました。

公園のソメイヨシノはほとんど葉桜でした。













でも、こもれびの桜の木の下を歩くのもいいもんです。

チューリップもそろそろ終わりかな?













子供たちとはアスレチックに何度も来たことはあるのですが、

奥さんと歩くのは、まだ息子が生まれていなかった頃なので、

15ぶり?・・・・・・。

子供たちが親元離れたら、一緒に歩く時間が増えるんでしょうか?ね~









コメント

山に出かけない休日

2012年04月19日 | 雑記
今日は天気予報を前日に見て、なんだか山にも出かける気にならず

随分ゆっくりとした朝でした。

遅めの朝食をすませた後、久しぶりに奥さんと二人で出かけてきました。

そろそろ見ごろかな?と思って出かけたのが『ジャルダン』。

駐車場には車で一杯で、入場料を払ってお目当ての芝桜を見てきました。






満開にはもう少し・・・・といったところですが

白い花の中に明るい紫色がとっても鮮やかで、

奥さんを誘って見に来た甲斐がありあました。













そのあとは、今日オープンした『丸亀町グリーン』へ。

大きなガラスの屋根の下、明るい日差しが差し込み

大勢の人たちで賑わっていました。







平日のせいか、併設された駐車場は空車で、

主に市内の人たちが足を運んでいたようです。

いつまでもこの賑わいが続くといいのですが・・・・!







コメント

薫風

2012年04月18日 | 雑記
薫風は『初夏、草木の緑をとおして吹いてくる快い風』という意味。

初夏と云うにはまだ早いのですが、

桜が終わって、早くも山々には新緑が目立ち始めました。

本当に気持ちの良い季節になってきました。

営業で外を走っているとあちらこちらに、鯉が泳ぎ始めました!

山を歩くのも良い季節です。







コメント

うまうま!

2012年04月16日 | グルメ
先日の出張の夜。懇親会の会場で

『ここではあんまり食べんといてください、次行きますから!』と言われ、

食べ物にはあまり手を付けずに、ひたすら注がれるビールを飲んでいました。



その次なる店は『いかにも・・・・そうな』焼肉店でした。







家では滅多に食べれないお肉が次から次と・・・・・。







ただ残念なことは、その前の懇親会で、ビール腹になっていて

思ったほど食べれなかったことです。









でも貧乏性だと思ったのはその高そうなお肉より、おそらくこれが最後となるだろう

『生レバ』を食べれたのに感動したことでした・・・・・?


コメント

歩き疲れた・・・出張の帰り

2012年04月13日 | 雑記
昨日・今日と大阪・神戸に出張していました。

昨日は半日セミナーの後、二次会・三次会と飲み続けて午前様。

朝、少しは昨日のカロリーを消費しようと朝の散歩に出かけました。

新神戸のホテルから、異人館でも見て来ようと歩き始めたのはよかったのですが、、

北野の街は坂の街だというのを忘れていました。








そんなに大した距離ではないのに、足に応えた散歩でした。

その後、芦屋にある分譲地を見学。

なんとバース(船を係留できる)併設の分譲地と大邸宅や

地下埋設の電柱のない分譲地など、ここでも結構歩きました。








阪神淡路大震災記念の人と防災未来センターを4階から1階まで見学。








そして最後はポートアイランドのあるIKEAへ。

広い広いフロアーをぐるっと回って、

駐車場に戻る頃には、ふくらはぎがパンパンでした。

普段の山歩きに匹敵するくらい歩いたんじゃないでしょうか・・・あ~疲れた!









コメント

桜散る

2012年04月11日 | 雑記
やはり今日の雨で、桜の花が散り始めました。

アスファルトにできた水たまりに、散った花弁が桜色の絨毯を

造っていました。








娘が県外に出てしまったあと、3人での生活が始まりました。

最初はだんだんと無愛想になって行く息子と、どうなるんだろう~なんて思っていましたが、

姉がいなくなった途端に、息子は急に親父にべったりとし始めました。

いままでは、親父と姉が割とべったりとしていたので、その横で甘え損ねたのかもしれません。

もう中学3年生なのに、まだまだ中学3年生です。








コメント (1)

亀鶴公園

2012年04月10日 | 雑記
日曜日、山から帰ってきたら、ちょうど息子も部活から帰ったところでした。

前の日に時間があったら花見にでも行くか?と約束していたので、

『亀鶴公園にでも行ってみる!』というと

『お父さん、さっき亀鶴公園のテニス場から帰って来たんやけど、

公園の駐車場や止めるところがなくて、路上駐車でいっぱいやったで!』と

教えてくれました。

そりゃそうです。日曜日のしかもジャスト満開の日。みんな出かけて行くわ!

仕方がないのでその日は出かけずに、今日仕事で出かけたついでに少し覗いて来ました。









やはり東讃の桜の名所だけはあって、宮池の亀島に続く長堤には

道の両側に300本のソメイヨシノが植えられていて

淡い桜の色の並木が続いています。









明日には天気が崩れ荒れ模様になりそうで、今年の桜もこれが最後になるかもしれません。













コメント

山頂への道

2012年04月09日 | 四国の山
龍王の滝からの道は、昨日も書いたように

沢沿いを歩くとても良い道でした。

ほとんどの登山道はいきなり高度を上げていくのが常で、

せっかくの沢や渓谷とも直ぐにお別れとなりますが、

昨日の道はしばらくその水の流れを眺めながら、ゆっくり歩くことができます。









苔生した岩の間を、透きとおった水が、さらさらと流れていきます。

雪解けの水は手を付けると本当に冷たく、

コップに一杯汲んでおいしくいただきました。













新緑の頃ならもっと自然の息吹を感じる事ができそうな気がします。


また帰りに歩いた御影堂からごろごろ八丁は、足元が悪く一部分凍っている所もあって

かなりドキドキで、慎重に降りて行きました。

足元もそうですが頭の上に、覆いかぶさってくる岩壁が迫力があって、

久しぶりに緊張した時間でした。








山頂付近は解放感溢れる梶ケ森ですが、その途中の登山道はまた違った雰囲気のある道でした。

本当にまた良い時期に訪れたい『道』です。














コメント

梶ケ森

2012年04月08日 | 四国の山
何年ぶりでしょう日曜日に山に登るなんて。

当初は三嶺に登ろうと考えて、車を走らせました。

脇町へ入った時に、遥か南にまっ白な山並みが目に入りました。

服装は軽装・車は夏タイヤ、直ぐに三嶺は諦め、予定変更。

少し標高の低い山『梶ケ森』へ・・・・・と高速に乗り替えました。

前回は終着点となった、『龍王の滝』から山頂を目指しました。







さすが『日本の滝100選』に選ばれただけあって、けっこうな水量です。







滝の上部は登山道に沿って、苔蒸した岩と大小の滝が流れる渓谷が続きます。

今日の行程の中で、一番自然を感じられた場所でした。









前日に降った雪が残り、岩肌の道を歩きにくくしています。

 






定福寺奥の院から真名井の滝の横を通り階段を登って行きます。

スチール製の階段の手すりが、素手で握るととても冷たく、

空気も凛として、平野部の春の風景から冬に舞い戻った、そんな景色の中を歩いていきます。。








天狗の鼻の手前からは、先ほどとは雰囲気の違う、雑木林の中を歩いていきます。

笹が登山道に現れると、もうすぐ尾根です。

日差しが冷えた身体を温めてくれます。













山頂は360度の景色。天気が良すぎて霞んでいますが、南国市の向こうに土佐湾が見えます。

雪を被った剣山も・・・・・。









ベンチに腰掛けのんびりと一服。

鳥のさえずる声しか聞こえてきません。














1週間分のストレス解消を済ませた後は、『山荘梶ケ森』へ。

FBで友達の山中さんが支配人の山荘です。









食堂で名物の『立川そば』とコーヒーを頂き、しばらく談笑。









天文コディネーターの西川さんの案内で、天文台の内部も見学させてもらいました。

ここでは定期観望会が行われているというので、是非一度息子と一緒に土星の環を見てみたい!


 






まだ雪の残る山中でしたが、今度はまた違う季節に訪れてみようと思います。

予定変更の代替案にしては、とっても良いのんびりとした山歩きのできた一日でした。

















コメント

お~お!

2012年04月06日 | 雑記
『いやぁ~本当に何年ぶり、いや何十年ぶりかな?』

『結婚式以来?』



今日、大学の友人とサンポートシンボルタワーでの企業説明会でばったり会いました。

お互いに年をとったもんだと思いましたが、

相変わらずの元気いっぱい満タンでした。


4年間ずっと一緒で、よく合コンとかにも出かけて遊んでいました。

それまで一人旅が多かったのですが、さすがに北海道になると一人では不安で、

彼を誘って、自転車まで買わせて、一緒に北海道一周旅行もしました。



大学を卒業して彼は実家の家業を継ぎました。

最初はなかなか厳しい時期もあったようですが、インターネットの広がりとともに

彼の商売も見る見る広がって行きました。

今では数々の賞をとるほどインターネットビジネスの世界で成功しています。



彼の会社『竹虎』のホームページです。




今日は久しぶりの再会で嬉しい気持ちと元気をもらいました!














コメント

リベンジ!

2012年04月05日 | 雑記
今日は本社との野球の試合で、牟礼町にあるグランドでナイターでした。

前回試合をしたときは10対0で完封負けを記し、悔しい思いをしました。が

今回は大型補強?をして試合に臨みました。

その甲斐あってか、ある程度メンバーが揃ってきたので、今回私はベンチ入りでした。





















前回と比べると白熱した試合というより、本来の野球の試合らしくなりましたが

おしくも10対8の僅差で負けてしまいました。

次回は練習をして、なんとかリベンジを果たしたいと思っています。
コメント

若い力

2012年04月04日 | 雑記
4月に入ってこの春入社した、新入社員の研修が続いています。

今日は『建築基準法』の座学と、お昼から会社の庭の

花を植える作業をしてもらいました。







昨日の天気とは打って変わっての青空でしたが、風がまだ強く

少し肌寒い中での作業となりました。

今年の新入社員は3名、もう自分の子供の世代です。









その作業が終わって今度は、明日の花見のバーベキュー用の材料を調理する作業。

花を植えさせられたかと思うと、キャベツやタマネギを刻まさせられたりと

ちょと変わった新入社員研修です。





その合間のお昼休みには、駐車場でキャッチボールを息抜きにやっていました。

手前は今年入社した英明高校の甲子園組、奥は昨年入社した四国学院大学の

神宮組という豪華?メンバーです。

明日は花見が終わると、本社との練習試合を予定しています。

(一昨年は10対0という悔しい結果に終わっているので、今回はそのリベンジです)

この若い二人が肩書通りに活躍してくれることを期待しています。







コメント