KAZASHI TREKKING CLUB

四国の山を中心に毎週楽しく歩いています。

夏バテ

2013年07月28日 | 雑記
今日で大阪出張三日目です。今の時期何処にいても暑さは

変わらないようで、大阪もやっぱり暑いです。

初日の夜は約三十年ぶりに大学の友達と再会を果たし、昔話や

仕事の話に花を咲かせました。

昨日は仕事を終えてホテルでばたんきゅう。何だか疲れが取れません。

今日夜には帰り、そして明日は朝一岡山へ!

車での移動ばかりで夏バテ気味です。ε-(´∀`; )



コメント

前写し

2013年07月25日 | 雑記
『お父さん明日休みなら、なっちゃん美容院まで送って行って、

私はお母さん迎えに行くから、13時ね!』と大役を昨日の夜

おおせつかりました。

『え!山に……』と言えず、中途半端な時間にテンションダウン。

まぁその後成人式の前写しをするので、仕方なく引き受けることに。

女性陣にとっては大事なイベントのようですが、親父にとっては?

でも『山の方が…』とは、決して口には出せません。

諦めて長尾の亀鶴公園を歩いて来ました。

公園の中にある亀島は、ほとんどが日陰の中を歩けます。

ため池の水面を渡って来る風で気持ち良く、気分転換!

コメント

イ・タ・タタ~!

2013年07月22日 | 雑記


半年ほど前から歩いていてお尻に違和感が……。

最近は事務所で椅子に座っていても、山で歩いていても

踏ん張るとお尻の横が錐ででも刺された様な激痛が走ります。

酷いともんどり打って転びそうにもなります。

たぶん腰痛が元の座骨神経痛?

先日も山から下っていた時に……。でも場所によっては

本当にひゃっとする場面もありました。気を付けないと!
コメント

寒風山へ!

2013年07月18日 | 四国の山
今日は半月ぶりの休みがとれたので寒風山へ出かけてきました。

徳島の山に比べると、東予の山は国道から県道への道が整備されているので

距離は遠くても随分と運転が楽です。


何時もの寒風茶屋の前に車を停めてスタート!





相変わらず桑瀬峠まではスタート直後からローギアで息を切らせて登って行きます。

桑瀬峠までは道標通り約50分でつきました。

笹原の頭をなぞって登ってくる涼しい風に暫しの休憩です。





ここから寒風への道は何年振りでしょう。木の根森でエントツ山さん、kyoさん、reikoさんや

土佐の仙人さんと宴会をして、二日酔いの重たい頭を抱えながら登った、あの時以来です。

『kazashiさん、大丈夫か!』とエントツ山さんが何度も声をかけてくれるのですが、

あの時は『は・・・・い』と返事をするのがやっとの状態でした。



桑瀬から山頂への道はとても雰囲気の良い道です。

道の脇の笹は刈り取られ、足元の汚れを気にすることなく歩けます。

所々にロープや梯子も架けられ(それもステンレス製)、

ぬかるむ所は石まで並べられています。

訪れた人に出来るだけ危なくないようにと言う気遣いが感じられます。

(しかもロープを取り付けた木には、木肌を痛めないようにとタオルまで巻いてあります。凄い!)







2回ほどピークを過ぎ、笹原に出るとあと少しで山頂です。







よっこいしょと登りきると誰もいない静かな山頂が出迎えてくれました。










時間的には余裕があったのですが、笹ヶ峰の頭には重く圧し掛かったガスが!

たぶん今日一日は取れないだろうと思って、寒風山からピストンすることにしました。





これこそ軟弱登山の所以。ひとりで歩いていると良い意味フレキシブルです!

思った以上に咲いている花をカメラに収めながら下っていると

なんとリップさんが登ってきました。去年の石鎚のときは私のことを覚えてくれていなかったのですが

今日は直ぐに『お久しぶりです』と声をかけてくれました。

平日登山で2回お会いできるなんて、ご縁があるのでしょうか?






時間に余裕があったので、西条市でお湯に浸かって、しかも伸びた髪を切って岐路に着きました。


























コメント

鹿害

2013年07月15日 | グルメ
前回歩いた二の森から剣山頂までの道で見かけました。

鹿害(ろくがい)と読むそうです。

こんなに酷く荒らされているのを初めて見ました。





鹿に山を荒らしているなんて意識はもちろんないだろうけど、

本当に痛々しく、見るに耐えない光景です。





なんとかならないんでしょうかね~!
コメント

軟弱山登り

2013年07月06日 | 四国の山
雨具を着ての山登りは何年ぶり?


一人で山登りを始めて、天気予報を見ながらの軟弱山歩きがずっと続いていました。

今日は一応30%の降水確率で出かけてみたところ、香川の天気と山の天気は違う

というのに久しぶりに気づかされました。


自宅を出た時には晴れていたのに、見の越に着いたときには雨がパラパラ。

この程度の雨なら西島までは濡れないだろうと雨具を着けずにスタートしました。





歩き始めて暫くは何時もながらしんどい時間帯ですが、雨に濡れた木々が生き生きとして

その元気をもらいながら歩いて行きます。





西島駅の横のベンチで一息するものの、吹き上げてくる風に押されて直ぐに歩き始めました。

今日はKYOさんのレポートに載っていたオオヤマレンゲがひょっとしてまだ見れるかな?

と思いながら、刀掛けの松から行場へと歩いて行きました。





この行場への道は剣山でも自然が肌で感じられる、とてもいい道です。











穴吹川源流の谷も今日はいつもより水量が多く

冷たい水が乾いた喉を潤してくれます。





源流を過ぎてしばらく歩くと、ご夫婦が登山道から外れた上から降りてこられたので

オオヤマレンゲですか?と尋ねたら少しだけ咲いていますよと教えてくれました。





お目当ての花は三輪ほど咲いていて、鹿避けのネット越しになんとか写真に収めることが出来ました。

行場から一の森への道は剣山の北面になるので風もさほどでなく

静かな静かな気持ちのいい道でした。

二の森への分岐からは、雨具を着ての歩きとなりました。

この雨具を着ての山歩きは何年ぶりでしょう。いかに何時も晴れた日にしか歩いていないのか・・・・。





二の森から剣山への道は、雨脚がますます強くなってきました。

ガスが吹き上げては流れる、そんな中を一人歩いていきます。





剣山山頂はカメラを出すのも躊躇うほどの雨風。さっと写真をとって、そそくさと

ヒュッテへ降りて行きました。

ヒュッテの温度計は17度。下界との気温差はおそらく15度?

なんて思いながら今日はヒュッテでお昼をよばれる事にしました。





雨を避けてヒュッテの中はいつもより賑やかでした。

そんな中できつねそばを頂いて、風に吹かれて少し冷えた体を暖め

まだ少し雨の残る道を、見の越へと下って行きました。









コメント (2)