KAZASHI TREKKING CLUB

四国の山を中心に毎週楽しく歩いています。

再び引越し!

2016年03月27日 | 雑記
一カ月前に娘の引越しで持ち帰った家財を、再び積み込んで、

昨日、息子のアパートに運び込みました。

振り返って35年ほど前の自分の時は、ふとんひとつしかなかった様な気がします。



片付けが終わると、ほとんどのものが揃った状態で、後は冷蔵庫と洗濯機の

配達を待つだけです。





掃除まで済ませると、陽も暮れかかっていました。





昨晩は四人でホテルに泊まって、今日は天王寺界隈を彷徨いていました。

通天閣も新世界も、阿倍野辺りもどこも人で溢れていました。











子供達も大学生と社会人。明日は会社にも子供と同じ歳の新入社員が入ってきます。

春ですね~!
コメント (2)

鶏足山

2016年03月17日 | 四国の山
今週も明日から東京へ出張。その前に休みをとって山に出かけようと思って

奥様に「明日、休むから!」と話をすると、息子の大学の準備にパソコンを

買うから付き合ってと言われ、昼過ぎには帰宅命令が下されてしましました。

そうなると出かけられる場所が限られてきて、あまり歩行時間の長い山は無理なので

どこにしようかと思案した結果、先週に続いて福寿草を見に出かけることにしました。

そこで目に付いたのがエントツ山さんの掲示板に書き込みされていた「鶏足山」。

ここなら移動時間はかかるものの2時間もあれば周回できて、福寿草も見ることができる・・・・。


ということで先週も走った国道32号線を猪ノ鼻峠を越え、

池田を通り大歩危から県道45号線へと左折。直ぐにタイヤショップの手前の道から

「鶏足山キャンプ場」の標識を辿って山道を走って行きました。

途中、一箇所だけ道に土砂が流れていた箇所があったものの、1度だけ車の底を擦っただけで

鳥の鳴く声が賑やかなキャンプ場に到着しました。






キャンプ場の駐車場の南側に「鶏足山行場」の道標があり、そこら山の中へ入っていきます。





直ぐに苔蒸した雰囲気のある場所を歩きます。見上げると岩肌が見え始め

丁度、岩壁と岩壁との鞍部のようなになった場所を目指して、ザレた足元に滑らないように登って行きました。








検索して探した他の人のレポート通り、斜めに倒れた木が目印。

その木の下を先にザックだけを向こう側に渡して潜っていきました。

その後、左斜めのロープに沿って岩を登ります。

この辺りはまだまだ余裕です。







斜めに上がった次は右に横ばいとなります。

頭の上の岩がオーバーハングしてせり出しているので、鎖を握りながら進みます。

高度感も差ほどでもなく、短い距離なので直ぐに横ばいは終わりました。





その次は5・6m程のロープと鎖がかかった岩壁です。

ここの岩にはけっこう苔が付いていて、使い古して底が磨り減り硬化した登山靴では

所々でグリップが効かず、何回か足を滑らせヒヤッとする場面がありました。





その岩壁を越えるとさらに3m程の岩壁。ここではロープの位置が悪いので

左側の岩を掴みながら登って行きました。





そして最終38mの岩壁の下に着きました。

見上げると赤さびた鎖がずっと上まで続いています。








先ほどの手前の岩で足を滑らせたのが嫌なイメージとして残っていて

右側の巻き道をすんなり選択。

それでも何箇所かロープのかかった岩を登り、回り込んで岩壁の上に出ることが出来ました。

岩壁の上はテラスになっていて西祖谷山村吾橋の集落が目の前に広がって見えます。

靴さえ良ければ・・・・と強がっても、岩の上から覗き込むことも出来ません。









南には梶が森の電波塔が見えます。雲ひとつ無い快晴です!





テラスを降り鞍部から登り返すと「鶏足山」の山頂です。

雑木に囲まれた山頂ですが、この時期は葉が落ちて木々の隙間から景色を見ることが出来ます。









時間も早いので一服をしてそのまま南に進み、広くなった尾根を左に下って行きます。

目印は「植生保護にご協力をおねがいします」と書かれた白い掲示板です。





尾根から黄色い花が目に入ります。少し下ると福寿草の群生地です。

暖かい日差しを浴びて思いっきり花を広げています。

長い冬を過ごした後、短い花期を精一杯生きている姿が本当に健気です。











立ち入り禁止の張られたロープの中にもあちらこちらに花が見えます。





群生地からは所々に付けられた赤テープを目印に下って行くき

杉林を抜けると車を停めたキャンプ場に着きました。

奥様と約束した時間に遅れないように荷物を車に積み込み一路、自宅を目指す親父でした。








コメント (2)

昨年と同様・・・。

2016年03月12日 | 四国の山
先月から今月にかけて家庭内の行事で山に出かけられず、

仕事もバタバタしてストレスが溜まる一方でした。

昨日、一昨日も東京、埼玉、千葉とレンターカーを借りて走り回り、

帰宅したのが10時30分でした。

出張の疲れもあったのか、今朝は二度寝をしてしまい慌てて身支度をして出かけたのですが

寒峰の登山口に着いたのが10時を過ぎてしまいました。

途中の車窓から見える周りの山々の稜線には、白く積もった雪が見え

ひょっとしたらアイゼンがなければ登れないかもと考えながら、前回も停めた上の林道の

登山口の下に車を停めました。神社から林道の脇にかけてすでに10台以上の車が停まっていて

さすが土曜日。いつもの平日とは違って人が多そうです。

昨年と同様に今年の県外の山を、この寒峰からスタートします。





林道から登山口に入り少し急坂を登ると、去年もみた苔生した日本庭園が・・・・。

そこから杉林の中を第一群生地まで登ります。








杉林が終わると谷間に広がる低地に小さな黄色い花が目に付きます。

一眼レフを構えた男性が熱心に接写をしています。





日の光を受けて花弁を広げた福寿草がキラキラと輝いています。

負けじと色々とアングルを考えながら谷あいをうろつきカメラに収めていきます。















まだ寒い季節に精一杯花弁を広げて虫を集める姿は健気です。





第一群生地を過ぎて登って行くと少しザレたトラバース道。

その後また杉林の急坂が始まります。

後ろから来た男性が、あっという間に抜いていきました。

一ケ月振りと出張疲れが重なってか、ここ最近に無く身体が重く、

なかなか前に進みません。








急坂を登りきると尾根道に出ます。ここからしばらく歩くと1415m地点。

一息入れようと雨蓋をあけてみると、ライターを忘れてきたのに気づき

少しテンションが下がりました。

しばらくすると上から降りてこられたご夫婦のご主人から「kazashiさん?」と声をかけられました。

声をかけられたもののしばらく判らず、話をしているうちに

グランパとグランマだと判りました。グランパがザックからタバコを取り出し一服しようとしていたのを

見逃さず、火を借りようとしたら、予備のライターがあるというので手元のライターを頂ける事に!

木の根の時はバンガローの外で二人でタバコを吸っていたのを思い出します。

それ以来の出会いもうれしかったのですが、ライターを頂けたのが何よりうれしく、

しばらく話し込んだ後、お礼を言って別れました。

1415mからは痩せ尾根が続き、急坂では全然進めなかった足取りが少し軽くなったような気がしました。

そんな気がしながら歩いていると上から男性が降りてきて

初めて寒峰へ来たがこの先のピークまで登ったのだけれど、どうも寒峰の山頂とは違うようで・・・・と

話しかけてきました。昨年自分も間違った偽ピークに登ったようで、途中もう一人同じように迷った

女性と三人で山頂まで歩くことにしました。

たしかに第二群生地に続くトラバース道と直進の偽ピークへの道にもテープが付けられていて

偽ピークの道のテープのほうが目に付きやすい位置にあるので、

今回が初めてなら自分もそのまま登ってしまったように思います。


トラバース道からは積もった雪が現れ始め、最近無くしたストックもアイゼンもなく

滑りやすい足元に注意しながら登っていきました。





山頂には先ほど急坂で追い越していった男性が一人だけ。登山口の駐車台数から考えると

他の人は周回コースを下りていったのでしょうか。

薄っすらと雪を頂いた峰々が青空の下輝いています。

久し振りの山の景色も溜まっていたものも一気に解消されました。















一緒に登って来たお二人も偽ピークで引き返さずに良かったと喜んでいます。









おにぎりと味噌汁で簡単にお昼を済ませて今日はスタートが遅く時間が無いので、

そのままもと来た道を下って行きました。

途中の偽ピークの鞍部までが道がぬかるみ、油断をするとステ~ンと転んでしまいそうなので

登り以上に気を使いながら降りて行きました。











第二群生地では少し雪の残った横に綺麗に咲く福寿草を見つけました。

この花が咲くと四国の山にももう直ぐ春がやってきます。













コメント (2)

師ではないけれど走る!

2016年03月12日 | 雑記
今月はなにかと慌ただしくバタバタしています。

一昨日から今日まで東京、埼玉、千葉と400㎞ほど彷徨いていました。








朝早くからレンタカーで新しく出来た造成地を見に行ったり、

地元の業者と打ち合わせしたり、他社のモデルハウスを見学したり、

移動時間が長過ぎて、時間が経つにつれ腰と背中が痛み始めました。

昨日は東京も冷え込み、歩いていると手先が冷たいほどでしたので尚更です。




来週も東京へ出張。再来週は大阪です。



しばらく行けていない山には明日は出かける予定です。

黄色い飴細工が咲いてればいいんだど‥‥‥!
コメント

今日もお預け!

2016年03月03日 | 雑記
先週は大学を卒業して帰って来る娘の引越しでした。

今日は天気もいいし山に出かけようと思い、奥様にメールをいれると、

「明日休みなら、卒業式やから出てね!」と返信。

さすがに山に行きたいとは言えずに、二人で出かけてきました。

息子の高校に行くのは初めてのことで、こういった行事は奥様に任せきりだったので、

最初で最後になりました。








高校の卒業証書は全体の場では授与しなかったんですね!

娘の卒業式にもでていないので、自分の時の事は昔過ぎて思い出せませんでした。








娘は春から社会人。息子は大学生活で一人暮らしと新しい生活がはじまります。

親父はもうしばらく見守りたいと思います。


コメント (2)