さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 リキール僧院 その1

2019年02月14日 | 海外旅行
ニダプク石窟建学の後、インダス川沿いにレーに向かい、途中から北に方向を変えました。高原を進んでいくと、幾層にも建物が重なったリキール僧院が見えてきました。チベット仏教独特の造りです。



展望の良い所で写真ストップしました。絵になる風景です。

リキール僧院は、ラダック、ザンスカール一帯のゲルク派の総本山で、ラダックではヘミス僧院に次ぐ権威を有しているといいます。ダライ・ラマ14世の実弟が座主を務めていたといいます。



創建は11世紀と言われていますが、現在の建物は火災による消失後の18世紀に再建されたものです。また建物の左手には巨大な弥勒菩薩像を眺めることができます。



砂礫地の中に花が咲いていました。



リキール僧院が近づくと、建物が頭上にそそり立つように見えてきました。



車を降りると高さ20mの巨大な弥勒菩薩像が目に飛び込んできました。、



黄金に輝く弥勒菩薩像は、日本人の趣味には合わないと思いますが、1997年に完成したもので、地元の人々の厚い信仰心によって造られたものです。



階段を上がっていきますが、富士山の山頂よりも高い3800標高のため、息が切れます。



階段を上がって小広場に出ると、バカン(経堂)の建物が現れました。



先に脇のドゥカン(勤行堂)から見学することになりました。



ドゥカン(勤行堂)の入口には、お決まりの四天王と六道輪廻図が描かれていました。



左は、剣を持つ増長天。右は琵琶を持つ持国天。



左は蛇を持つ広目天。右はマングースを持つ多聞天(毘沙門天)。



六道輪廻図。



ドゥカン(勤行堂)に入りました。



正面には、ダライ・ラマ14世の写真が飾られていました。電飾で飾るのは、日本人の感覚では似合わないと感じてしまいますが。



壁には経典が納められていました。



黄金の仏塔と仏像が並んでいました。







弥勒菩薩のようです。



高僧の像。



壁も絵で埋めつくされていました。ヤブユム(男女合体尊)も描かれていました。



護法神でしょう。





天井近くまで絵が描かれていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 ニダプク石窟 | トップ | さすらいの風景 リキール僧... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事