さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 桂林の旅 上海高層ビル街

2011年05月23日 | 海外旅行
上海から新潟への便は、朝早い出発のため、前夜は上海泊まりにする必要があります。

上海到着は午後の遅い時間になっていましたが、軽く上海見物を行うことになりました。

上海は、中国最大の人口を擁し、中国経済の中心となっています。政治の中心である北京と、激しいライバル関係にあります。

都心部に高速道路で向かうと、高層ビルが目に飛び込んできます。



高速脇にひときわ目につく古めかしい建物がありましたが、これは上海展覧中心と呼ばれる1955年の早い時期に、ソ連の援助でできたコンベンションセンターです。塔の上に赤い星が飾られています。



浦東新区には高層ビルが立ち並びますが、その中心地の世紀大道でバスを下りました。



上にそそり立つのは、上海環球金融中心と呼ばれる492mの高さを持つ高層ビルです。日本の森ビルが資金を一部負担しており、上海ヒルズとも呼ばれるようです。展望台も設けられていますが、今回は残念ながら上がることはできませんでした。



他にも高層ビルが林立しています。



高層ビルの中でもひときわ印象的なのは、東方明球塔と呼ばれるテレビ塔です。




東方明球塔は、現在はアジア一番である、高さ468mの高さを持っています。

上海の近代化を示す高層ビル群を眺めた後は、歴史的景観を代表する豫園商城に向かいました。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« さすらいの風景 桂林の旅 尭山 | トップ | さすらいの風景 桂林の旅 ... »
最新の画像もっと見る

海外旅行」カテゴリの最新記事