味園博之のブログ-文武両道「空手道と南洲翁遺訓」他古典から学ぼう

平成の今蘇る、現代版薩摩の郷中教育 
文武両道 「空手道」と『南洲翁遺訓』を紹介するブログ

『南洲翁遺訓』 「い」 命もいらず、名もいらず、

2009-12-30 12:11:18 | 南洲翁遺訓

タイトル----『南洲翁遺訓』 「い」 命もいらず、名もいらず、--。第333号 21.12.30(水)

 〈命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕抹に困るもの也。〉

 この言葉は、南洲翁遺訓第三十章の冒頭に出て参ります。意訳は、「命もいらぬ、名声もいらぬ、官位も金もいらぬという人は仕抹に困る人である。しかし、この仕抹に困るような人でなければ艱難辛苦を共にして国家の大きな仕事を成し得るものではない。」(小野寺時雄著『南洲翁遺訓』)。

 三度の流罪に遭い、心魂を練りに練った南洲翁の誠心から迸(ほとばし)る、世紀に誇る精神の吐露であります。

 歴史に名を遺している人でも、財は欲しい、勲章は欲しい、名誉も欲しいと思ったでしょう。一方、世のため人のため精一杯尽くそうと思った人もいたでしょう。ところが思いがあっても、行動が伴わないのが人の常であります。それを南洲翁は実践したのです。

 自らが清貧に甘んじ、世のため人のためと国家社会のために奔走したのです。薩摩藩の軽輩であった南洲翁がその境地に達するまでには、藩主・島津斉彬公の引き立てがあったとは申せ、当人の天賦の才があったからです。

 南洲翁の人物像を洞察した菅臥牛翁を中心とした庄内の英邁な先達が、命に代えて南洲翁遺訓を編纂し、その人徳を世に知らしめるために刊行したのです。

 人物を見抜くという精神的行為は、同次元でないと読めないものなのです。そのことは、庄内というところが風土的に徂徠学を基盤として、風雪に耐えて学びの域を深めてきたからと言えましょう。この南洲翁遺訓の教えこそが、日本国の、日本人の幸福論に繋がると思います。

 先般出版された季刊誌『日本主義』に、「徳義をもって興す――、戊辰の敗戦に生き抜いた智と力」と題して詳細に描かれているが、その意義は、現代の為政者に、蒙を啓けと言う意味が籠められているということを、言外に訓えていると思います。

 鳩山総理は、国際会議に出掛ける際、夫人の手をとりハネム-ンに行くような感じに見えるが、一国の総理らしく風格ある態度をもって臨んで欲しいものです。そして野党時代、与党を追及していた言葉を忘れたかのように、平気で前言を翻しているのを見て、多くの国民も失望の念を禁じえないと思料しているのは、私一人ではないと思います。総理の座にしがみつき、醜態をさらした御仁がいたが、そうであってはならないのです。

コメント

南洲翁遺訓の用語解説について

2009-12-30 11:30:28 | 南洲翁遺訓

タイトル----南洲翁遺訓の用語解説について。 第332号 21.12.30(水)

 

 南洲翁遺訓の用語解説について

 南洲翁遺訓というのは、西郷南洲翁が生前語られた言葉や教訓を蒐録したものです。本文四十一則、追加、補遺まで合わせて五十三則という短いものです。その内容は、人の道を説き、あるいは学問の進むべき道を示し、また政治のあるべき姿を明快率直に教えています。

 一世紀以上経った今なお脈々と生きていて、我々の処世の道に大きな示唆を与えてくれています。この遺訓は、実に東北旧荘内藩の菅臥牛翁(すげがぎゅうおう)を中心とした藩士たちが、翁について手記した教訓を集め、これを刊行したものです。

 庄内では明治22年憲法発布の盛典に翁の賊名が除かれ、贈位の御沙汰があると、それまで伏せていた遺訓を世に出し、晴れて翁の遺徳と、精神を顕揚せんとしたものであります。これを刊行・普及するについては荘内藩の人々が、漢籍を日常的に深く広く学んでいたために成し得た偉業なのです。一人南洲翁が幾ら教訓的言辞を示しても、それを汲み取る英邁さなくしては出来なかったのです。

 平成の今日、青少年を対象にした諸々の問題が山積していますが、この南洲翁遺訓には、これらを一気に解決出来るであろう珠玉の文言が綴られています。一世紀以上という年輪を重ねているが、一見難解と思われる文言も、「読書百篇意自ずから通ず」という言葉があるように、少しずつ咀嚼(そしゃく)していけば、青少年を始め人々の人生に大きな成果を齎(もたら)してくれること間違いないものと確信します。

 西郷南洲翁についてはあまりにも有名であるため、翁の足跡を調べ今日の世相の参考にすべく全国各地で学んでいるのですが、南洲翁遺訓を青少年に教えているのは日本空手道少林流円心会だけなのでございます。

 このブログをご覧になられた方は是非、南洲翁遺訓の原文にも挑んで戴きたいものです。南洲翁遺訓を学んでから今日まで、荘内南洲会・小野寺時雄理事長はじめ多くの先生方のお導きを戴いていますが、これほど善い教えはないと思います。

 お子様をお持ちの保護者の皆様、南洲翁遺訓を学び、そして荘内南洲会会館にお運び戴きたいと念じています。貴方のためにも、そして可愛いお子様のためにも南洲翁遺訓を学び、人生を生きて行く糧にして戴きたいと思います。

 そういうことで、多くの方が理解出来るようにと配慮し、遺訓の用語解説をした参りたいと存じています。

コメント

新渡戸稲造著『武士道』の紹介。----11

2009-12-28 17:13:17 | 学問

タイトル----新渡戸稲造著『武士道』の紹介。---11 第335号 21.12.28(月)

 第八章  名誉

 廉恥心は少年の教育において養成せらるべき最初の徳の一つであった。「笑われるぞ」「体面を汚すぞ」「恥ずかしくないか」等は、非を犯せる少年に対して正しき行動を促すための最後の訴えであった。少年の名誉心に訴うることは、あたかも彼が母胎の中から名誉をもって養われていたかのごとく、彼の心情(ハ-ト)の最も敏感なる点に触れたのである。けだし名誉は強き家族的自覚と密接に結ばれているが故に、真に出生以前の感化である。

 じつに、羞恥の感覚は人類の道徳的自覚の最も早き徴候であると。私は思う。「禁断の樹の果(み)」を味わいし結果人類に下りし最初かつ最悪の罰は、私の考えでは、子を生む苦しみでもなく、いばらと薊(あざみ)とでもなく、羞恥の感覚の目覚めであった。

 在る武士〔新井白石〕がその少年時代において軽微なる屈辱による品性の妥協を拒絶し、「不名誉は樹の切り傷のごとく、時はこれを消さず、かえってそれを大ならしむるのみ」と言ったのは正当である。

 カ-ライルが「恥じはすべての徳、善き風儀ならびに善き道徳の土壌である」と言ったことをば、彼に先立つ数百年にして、ほとんど同一の文句〔「羞悪(しゅうお)の心は義の端(はじめ)也」〕をもって孟子が教えた。P73

 ここで言う『孟子』の言葉は、「自分の不善を恥じ、人の悪を憎む心は義のはじまり、義の端緒である。」ということである。

 こういう事を言うと、今日鼻先で笑う人種は多いように思う。とにかく羞じも外聞もなく、金さえ儲ければ、手に入ればそれで万事が全てだという大人も多くなってきた。誠に嘆かわしい限りではある。その最たる原因が映像文化である。ただ、笑わせ、企業の宣伝をし、儲けるということだけでいのだろうか。

 そういう大人たちも晩年は、いい人生だった、いい送られ方をしたいと思う筈なのである。

 人間が人間である以上、恥の文化はなくならないであろう。なくならない筈である。なくしてはならないのである。なぜならば、人は他人からそれなりの格式を持って見られたいという願望があるからである。

 だから、「廉恥心は少年の教育において養成せらるべき最初の徳の一つ」であり、「少年の名誉心に訴うること」が、森林植樹の作業手順と同じく、最良の効果が期待されると思い、青少年に南洲翁遺訓他古典を紹介しているのである。

 ここで再度、「四端の説」を紹介しよう。

〈惻隠の心は、仁の端なり。羞悪の心は、義の端なり。辭譲の心は、禮の端なり。是非の心は、智の端なり。〉

 通訳「人の不幸を切にあわれみ深く痛む心は、やがて立派な人になる芽生えであり、自己の不義・不正を羞じにくむ心は、正義感あふるる義の芽生えであり、辞退して人に譲る心は、謙虚さを踏まえた礼の芽生えであり、是を是とし、非を非とする心は、智の芽生えである。

 齢70歳を迎え、真に大事なことは、「羞恥の感覚の目覚め」と「学びの継続性」であると声高に申し上げたいのであります。

コメント

新渡戸稲造著『武士道』の紹介。----10

2009-12-26 15:44:20 | ブログ

タイトル----新渡戸稲造著『武士道』の紹介。----10 第331号 21.12.26(土)

 第七章 誠          P66から

〈私は今武士道の信実観を語りつつあるものなることを承知している。しかしながら我が国民の商業道徳について数言を費やすことは不当ではあるまい。これについては外国の書籍、新聞に多くの不平を聞いている。締まりのない商業道徳はじつにわが国民の名声上最悪の汚点であった。しかしながらこれを悪口し、もしくはこれがために全国民を早急に非難する前に、それを冷静に研究しようではないか。しからば吾人は将来に対する慰藉(いしゃ)をもって報いられるであろう。

 人生におけるすべての大なる職業中、商業ほど武士と遠く離れたるはなかった。商人は職業の階級中、士農工商と称して、最下位に置かれた。武士は土地より所得を得、かつ自分でやる気さえあれば素人農業に従事することさえできた。しかしながら帳場と算盤は嫌悪せられた。吾人はこの社会的取極めの智慧を知っている。モンテスキュ-は、貴族を商業より遠ざくることは権力者の手への富の集積を予防するものとして、賞讃すべき社会政策たることを明らかにした。権力と富との分離は、富の分配を均等に近からしめる。

 ディル教授はその著『西帝国最後の世紀におけるロ-マ社会』において、ロ-マ帝国衰亡の一原因は、貴族の商業に従事するを許し、その結果として少数元老の家族による富と権力の独占が生じたことにあると論じて、吾人の記憶を新たにするところがあった。------ある職業に汚名を付すれば、これに従事する者はその道徳をこれに準ぜしめる。ヒュ-・ブラックの言うごとく、「正常の良心はこれに対してなされる要求の高さにまで上り、またこれに対して期待せられる職業も道徳の掟なしには行われえざることは、付言するを要しない。〉P68

 これを、今日の日本にあてはめてみよう。

 「権力と富との分離は、富の分配を均等に近からしめる。」という文言は、我々庶民にとって魅力的な言葉である。が実際問題として庶民には、富の分配どころか、益々格差が大きくなって行くように思えてならない。

 続いてディル教授が言う「ロ-マ帝国衰亡の一原因は-----少数元老の家族による富と権力の独占が生じたことにある」というくだりは、日本という国家を預かった一部特権階級の為政者たちの、さらにはそれに準じる政治家たちの姿と二重写しに見えてならないのである。

 政治は国民のためのものである、と言って声高に叫んだ民主党が政権交代により運営するようになったが、100ケ日過ぎた今、政治家という人種は、国民のためよりか、自分の事を優先するために詭弁を弄しているという事が明らかになった。

 鳩山総理は、秘書が法律違反をした時は政治家が責任をとるべきだ、と過去に発言している。内閣官房機密費についても透明性を確保せよ、と過去に迫ったことがある。ところが政権を担当する当事者になった途端、平気で前言を翻していると同様の状態である。

 前政権と現政権を比較した時、国家の正常な運営ということを基準に論じた場合、現政権はとんでもない方向へ日本を牽引して行く危険性があるように思えてならないのである。

 『武士道』を学ぶということは歴史を学ぶことであり、これらを如何に今日的に応用・活用するかが大事なことであると思うのである。

コメント

心掛けの善い立派な人は、日々に成長する。『易経』

2009-12-25 16:37:56 | ブログ

タイトル----心掛けの善い立派な人は、日々に成長する。『易経』 第330号 21.12.25(金)

〈君子は豹変し、小人は面(おもて)を革(あらた)む。〉(新釈漢文大系・今井宇三郎著『易経』明治書院)参照。

 通訳「有徳の君子と言われる人は、豹の斑紋が季節により美しく変わるように、君子の旧悪を日々に善に変化していく。これに反して小人は顔面だけ革(あらた)め悦んで、上の人の意に従う態度をとる。」(前掲書)参照。

 この「君子豹変」という句は『易経』の「革」の卦にある言葉ですが、この前に「大人虎変」という言葉もあります。何れも同じ意味であると解釈していいと思います。これは、もともとはよい方への変化を言った言葉であるが、今は前言を平気で翻すなど、悪い方を言う場合が多いようです。

 私の詩吟道の師匠であった竹下一雄先生と何時も懇談したものですが、その際、私に対して「大丈夫、逢わざること三日---」と大きな声で叫びました。それを聞いてすかさず私が、「当(まさ)に剋目してみんとす」と続けたことがありました。その時、若造の貴方がどうしてこれを知っているのか、と聞いたことがありました。分けがわからないまま、日々漢籍を読んでいる時のことでした。

 有徳の君子である大丈夫たる者は、三日も会わない内に、日々の精進が著しく飛躍進歩しているということで、「君子豹変」するということだと思います。それは、要は学ぶか学ばないかが原点であり、理解だけでなく自覚し、日々に活かすことだと思う。

 このように自らが書籍で学び研鑽し、人との交わりによっても貪欲に吸収して行くところを修行として位置づけることによって、人間の器も比例し大きく「君子豹変」して行くだろうと思います。人は年齢に関係なく、変化発展して行くということなのです。

 それは今日的な学校教育の範疇では、大きな成果は期待できない。何故かと言うと、ただ勉強が出来る人、知識がある人、偏差値の高い人が、良い大学から良い会社へ就職すると言う一元的なコ-ス線上にあるからです。そこでは、人格の陶冶とか精神を練り、心魂を鍛えるという人間本来の魅力は、戦後教育から外されたままで、今日の学校教育では活かされていないからです。

 ここで敢えて提起したいことは、『南洲翁遺訓』はじめ漢籍を繙いて欲しいということです。生活文化が大方便利になるにつれて、人間が本来具有している知的な面もそういうものに覆われ、芽が出なくなっていると思われてならないのです。

 「心掛けの善い立派な人は、日々に成長する」という確信のもと、より幸せを求めて勇気を振るい自らの人生に挑みたいものです。

コメント