味園博之のブログ-文武両道「空手道と南洲翁遺訓」他古典から学ぼう

平成の今蘇る、現代版薩摩の郷中教育 
文武両道 「空手道」と『南洲翁遺訓』を紹介するブログ

『南洲翁遺訓』「お」己れ其の人になるの心掛け肝要なり。

2010-01-31 19:57:21 | 南洲翁遺訓

タイトル----『南洲翁遺訓』「お」己れ其の人になるの心掛け肝要なり。第364号 22.1.31(日)

「己れ其の人になるの心掛け肝要なり。」

 この言葉は、南洲翁遺訓第二十章の後半に出て参ります。意訳は、「己自身がそういう人物になる心掛けが肝要なことである。」(小野寺時雄著『南洲翁遺訓』)。

 何をするにもすべて人物が第一である。人物こそが、制度方法を生かす宝である。すべては人間次第で立派に生きるか、無益の邪魔ものに終わるかがきまるのである。

 中庸の中で教えられておる如く、「文武の政(まつりごと)は布(し)きて方策にあり。その人存ずれば即ちその政(まつりご)と挙がり、其の人亡ずれば即ちその政(まつりご)と息(や)む」と全く同じ意味のことである。

 清朝の名宰相といわれた曽国藩が永い総理大臣の在任中に於いて最大の課題は人を得ることであり、その他のことは覚え止める程のことはなかったと反省して申された。(前掲書「人は第一の宝である。」)。

 ここで中庸をお読みになっておられない方もいると思われるので、意味を紹介します。通解「文王武王(ぶんのうぶおう)の行われた政治の方法は、今もなお明らかに方策典籍(書物)の中に敷き列なって存している。そこで文王武王のような政治が行われるか否かは、人材があるかないかによる。よく文王武王の遺法を運用すべき賢臣があれば、その政治はよく行われるけれども、その人がなければその政治は滅びて行われなくなる。」

 これはひとり政治だけでなく、世の事象は、それを預かり運営する人材の能力等々によって、よくもなれば悪くもなるということです。

 先般来、横綱・朝青龍の暴行事件のことで世論は喧しいが、これは当然でしょう。相撲協会が国の保護を受け、国技として興行をしているのであれば、世論を無視出来る筈がないし、してはならないであろう。

 横綱には「品格」という言葉を遣うことがしばしばあるが、横綱に限らず親方衆にも「品格、名誉」あるべしと謳われている由である。ところが、あの親方衆で品格ある御仁は誰であろうか。

 以前、日本総研・寺島実郎会長はテレビ出演の際、協会を預かる彼らの体質を、食い扶持温存のためではないか、と厳しく非難したことがあった。朝青龍問題を協会理事長は「示談が成立」したとして幕引きにする気らしいが、そういうことがあってはなるまい。国民は怒らなければならないし、怒っていい筈である。

 今日のサンデ-モ-ニングで張本勲氏も大変な憤慨ぶりであったが、これは当然であると思うのである。これは朝青龍自身が横綱としての自覚がなく、「己れ其の人になるの心掛け」もないし、的確性もないと言わざるを得ないと思います。相撲はただ強ければいいというだけのことではないのです。そこに武士道に比肩する相撲道文化が内在しているのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新渡戸稲造著『武士道』の紹介。----12

2010-01-30 12:36:44 | ブログ

タイトル----新渡戸稲造著『武士道』の紹介。 第363号 22.01.30(土)

 第十章 武士の教育および訓練

 武士の教育において守るべき第一の点は品性を建つるにあり、思慮、知識、弁論等知的才能は重んぜられなかった。美的のたしなみが武士の教育上重要なる役割を占めたことは、前に述べた。それは教養ある人に不可欠ではあったが、武士の訓練上本質的というよりもむしろ付属物であった。知的優秀はもちろん貴ばれた。

 しかしながら知性を表現するために用いられたる「知」という語は、主として叡智を意味したのであって、知識には極めて付随的地位が与えられたに過ぎない。武士道の骨組みを支えたる鼎足は知仁勇であると称せられた。武士は本質的に行動の人であった。学問は彼の活動の範囲外にあった。

 彼は武士の職分に関係する限りにおいて、これを利用した。宗教と神学は僧侶に任され、武士は勇気を養うに役立つ限りにおいてこれに携わったに過ぎない。イギリスの一詩人の歌えると同じく、武士は「人を救うは信仰箇条でなく、信仰箇条を正当化するは人である」ことを信じた。

 哲学と文学とは彼の知育の主要部分を形成した。しかしながらこれらの学修においてさえ、彼の求めたるものは客観的真理ではなかった----文学は主として消閑の娯楽としてこれを修め、哲学は軍事的もしくは政治的問題の解明のためか、しからざれば品性を作る上の実際的助けとして学ばれたのである。P86

新渡戸稲造は札幌の農学校時代、能力よりも品性を高めよ、といい続けました。この章では「武士の教育において守るべき第一の点は品性」とあるが、時代が代わっている今日、人の上に立つ人、いわゆる政治家、官僚、スポ-ツ選手等々に該当するとして書いてみることにします。

 特にここでは大相撲を取り上げてみることにします。平成22年初場所で二場所ぶり、朝青龍が優勝した。あろうことか、1月16日早朝、朝青龍が泥酔し、東京・西麻布の路地で知人を殴り負傷させたのだという。その件で師匠の高砂親方は協会の理事長のところに行き、被害者は関係者のマネジャ-であったと証言したという。

 ところが、これらのことは真っ赤なウソで、朝青龍が事件を矮小化しようとしたとのことである。このことについて高砂親方も知らんぷりである。前回の処置にしても、その辺の暴走族と似たような処置であり、こういう暴挙が許されていいことではあるまい。

 たしかに朝青龍は相撲は上手い。足腰は強く技術も最高ではある。だが、彼の土俵での振舞いを見て多くの国民は、顔をしかめているだろう。横綱である以上強いのは当然として、あの所作はどう贔屓目に見ても、国技としての横綱の振る舞いではないと思うのは私ひとりではないでしょう。

 前回も問題を起こし、二度とそういうことはしない、との念書を入れたやに報道されている。ここで彼に言いたいのである。このままぐずぐずしていると大変な事態に立ち至るであろうから、即刻自分から引退をすべきが筋であると。横綱の品格、品格と言うが彼の場合、品格と言う言葉はあてはまらないであろう。

 そして貴乃花問題も含め、あの親方衆は品格があると思っているのだろうか。国技であるということを自覚して貰いたいものである。国技である相撲界にはNHKからも毎年30億円の放映権料が支払われているというが、これは一種の税金から流れているのと同じであろう。

 相撲協会が心・技・体を標榜するならば、国民から心底愛される協会にしてほしいものである。ただ協会を温存し食い扶持のためだ、そして商業化していると言われない品位・品格ある相撲協会になって欲しいものであります。解体的出直しに近い位の善処策を講じて欲しいと念じているのは、私ひとりではないと思います。

 実は私が、ブログで『武士道』を綴っているのを見た女性からメ-ルを戴きました。この方は10年くらい前に私の道場で空手道に勤しんでいたのですが、相撲取りみたいな女の子にいじめられ、早々と道場をやめた厚地さんという方でした。

 いじめる人といじめられる人と、どちらが強くなるでしょう。いじめた人はすぐ忘れても、被害を受けた人はいついつまでも忘れないのです。そういったことが起爆剤となり、自分を奮起させるのです。スチュワ-デス志望でぁつたが適えられず、現在成田空港で働いているのだと聞き、喜び一入になった次第です。

 人間の一生で人が構築すべきは、「豊かな品性と至誠の情と謙虚さ」だと思います。これらを南洲翁遺訓が説いているのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『南洲翁遺訓』「お」己を尽くし人を咎めず。

2010-01-28 15:02:16 | 南洲翁遺訓

タイトル----『南洲翁遺訓』「お」己を尽くし人を咎めず。 第362号 22..1.28(水)

 「己を尽くし人を咎めず、我が誠のたらざるを尋ぬべし」

 この言葉は、南洲翁遺訓第二十五章の後半に出て参ります。意訳は、「自分の最善を尽くし、たとえ世に認められなくとも、人を咎めてはならない。すべて自分の誠意が足りなかった事を反省すべきである。」(小野寺時雄著『南洲翁遺訓』)。

 南洲翁遺訓の教えは大きく二つに分けて考えることが出来ると思われる。一つは修己の教えであり、もう一つは治人の教えである。しかし分けることの出来ないものも当然あります。此の章は明確に、どういう立場の人に訓えようとされたのか分かりませんが、治人の教えとして考えれば、納得される感じがする。

 即ち政治を行う人に対する教えということになれば、多くの民衆を治めるということで良く其の意に応える必要がある。それには百人百論は必ずある。その方途の判断をすることに苦しむ事も多い、その場に臨んで迷わずに進むには、人間の声にこだわらず、天の立場で自信をもって対処する必要がある。 

 その為に精一杯誠をもって判断して進むことになる。その結果が他からは理解出来なくとも、決して他人のせいにはしないで、あくまでも己れ自身の誠意が足りなかったと省みる必要がある、と解すればこの章は政治を行う人のための根本理念を示されたものであると言えるのである。(前掲書「修己の教えか、治人の教えか」)。

 もの事は誠心誠意やっても失敗に終わることもある。そんな時には、他人のせいにしたいもので、又天意に不信を持ちたくなるものだ。それは天意を体して精一杯にやったと言う自信がなく、心が不安定な為であります。その時にあたり大事なことは、自らを省みる余力をもつことであり、それが新しい出発となるからである。(前掲書「人を咎めず、我が誠の足らざるを知る」)。

 大事な問題が発生したとき、それに対処・解決するとき、生命をかけて死をも辞さないという覚悟感をもってことに臨むというやり方は、古来大人物と言われた人々が用いてきたところであります。死をも辞さない、というような人物は、人生の生き方に原則を持ち、哲学を持っているからだと思うのです。

 命もいらず名もいらずという生命の覚悟感を持っていた西郷南洲翁だからこそ、「最善を尽くし、たとえ世に認められなくても」と言い切れる峻厳な態度で事に対処し、人の道を説いたのであろうと思われる。

 これは「治人」の前段である「修己」の有り方が、より信頼感が増幅し、「治人」へという広がりを見せていくということでしょう。死をも辞さないということは、無私・無欲の境地に達した人で始めて言えることではないだろうか。天下万民の声を聞き、自己犠牲を厭わず、世に処して行く、そこに天を語る資格があると思うのです。

 平成の今日、条理と不条理の区別がないように思われる為政者が多く存在する中で、この章で訓えている「誠を尽くす」ということが処世の要諦であると信じたいのである。

 政党助成金を不当に運用しているやに見られる政治家もいるようだが、仕事がなくその日その日の天露を凌いでいる人々からは、天文学的数字としての億の金を手にし、国民は理解してくれる筈だ、と豪語しているが、どういう神経をしているのだろう。

 そういう御仁に敢えていいたい。南洲翁遺訓を熟読せよ、と。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政治の要諦。敬んで五事を用う。

2010-01-22 17:04:53 | 学問

タイトル----政治の要諦。敬んで五事を用う。第359号 22.1.22(金)

 「貌(ぼう)に恭(きょう)と曰い、言に従と曰い、視に明と曰い、聴(てい)に聡と曰い、思(し)に睿(えい)と曰う。」(諸橋轍次著『書経』中国古典名言辞典)参照。

 通訳「政治を行う五つの要件とは、すなわち一つに容貌、態度を恭しく嘘偽りのないようにし、二つに言行において至誠・真摯さをもって対応し、不信ある時は罪に服する覚悟で臨みかつ争わず、三つに全てにおいて観察を行き渡らせ、四つに情報は正確に聴取し、かつ間違うことのないように適切に判断し、五つに深く道理を弁えた上で綿密に思い処理することである。」(前掲書)参照。

 このブログは遅れて書いています。二月二十日に荘内南洲会の方々が、我が道場を二年ぶりに訪問してくださることになりました。その資料作りにキリキリマイをしている昨今です。我が空手道場の特殊性は、日本語が通じない門下生が数多いることなのです。それは4.5歳の門下生なのです。手取り足取りという言葉があるように、幼児が理解出来る作文を書き、説明をしなければならないのです。これは70歳の老人には、最高のボケ防止だと思っています。

 一月二十四日、『読売新聞』編集手帳に政治家の要件が書いてありました。ここで紹介します。

 〈幹事長の強力なリ-ダ-シップで、300議席という奇跡的な大勝利を得た。その選挙で当選した新人は「雨後のたけのこ議員」などと呼ばれたが、派閥の勉強会で教育されて立派に成長した---〉◆30年前の小沢一郎後援会・陸山会発行の書物にそう記述されている。小沢氏の父で建設相などを務めた佐重喜氏十三回忌の追悼本だ。紹介したくだりは後継ぎの「政治家小沢一郎への期待」と題した章にあった◆文中の幹事長とは田中角栄氏であり、薫陶を受けた昭和44年初当選組のホ-プが小沢氏というわけだ。その若手が今は、やはり幹事長として300超の議席を持つ与党を差配し、チルドレンと呼ばれる新人議員を大勢、配下に置いている◆歴史は繰り返す、ということか。否、弟子が師の背中を極めて忠実に追いかけ、その位置まで見事にたどり着いたとみるべきだろう。問題はここから先だ◆東京地検特捜部が、政治資金に疑義ありとして小沢氏を事情聴取した。疑いが深まるか晴れるか、予測はできぬ。ただ、この弟子は師が刻んだ轍(わだち)をどこまでたどるのだろう、と固唾を呑んで見守るのみである。(1月24日、編集手帳)。

 この記事の内容は、事実ではないが「疑義ありとして」というくだりについて、小沢幹事長はどうして、大金を左右に出来るのだろう、と訝る国民は多いと思います。仮に法的に白であると判決が出ても、国民はあれはおかしい、と疑いの思いでいることでしょう。

 実は昨年、仲間たちと荘内南洲会人間学講座受講のため、庄内に行きました。永年のおつきあいもあり荘内では大変な歓待をしてくださいました。二日目の夜、湯の浜温泉で歓迎会をしてくださいました。

 それが終了してから、荘内南洲会の小野寺理事長のお部屋でいわゆる二次会を行いました。その場は、お酒を飲むというよりか、荘内南洲会の歴史について理事長が詳細にお話をしてくださいました。

 その内容と、今話題になっている小沢幹事長の金銭に対する感覚の問題なのです。東北六県のそれこそ両隣と言ってもいい岩手県出身の小沢氏、山形県の小野寺理事長の金銭に対する話は全く天と地ほどの乖離があるのです。酔った状態で耳を欹てて聞きはしたが、荘内南洲会の清廉さは、何時何時までも忘れることの出来ない、いや、忘れてはならない美談でした。

 あの小沢氏は師匠が師匠だから、手ほどきを受けたのか金集めは上手いらしいが、失礼ながら万分の一の金で見事に運営している荘内南洲会の今日は、歴史的に語り継がれる永遠の美談というものでした。これも小野寺理事長の英邁さから来るところの処し方であると同時に、西郷先生という人格が世に齎してくれた生き方の、美的極限の踏襲だと思うことでした。

 小野寺理事長の「永遠の美談」は活字化されていないと思われるので、出来れば近々私共でつなぎ合わせて文章化したいという思いがあるのです。まさしく死に代えて出版した南洲翁遺訓と同様の感動を人々に与えると思っているのです。

 たまたま拙いブログ書きに連日時間を費やしていますが、つづり方が幾らか慣れてきたら、本来の書き物に専念したいと思っている次第であります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徳懋んなるは官を懋んにし、功懋なるは賞を懋んにする。『書経』

2010-01-21 15:21:35 | 学問

徳懋んなるは官を懋にし、功懋んなるは賞を懋んにする。『書経』 第358号 22.01.21.(木)

 「惟(これ)王(おう)聲色(せいしょく)を邇(ちか)づけず、貨利を殖せず。【徳懋んなるは官を懋にし、功懋なるは賞を懋にする】。人を用うるは惟れ己のごとくにし、、過あやまちを改むるに吝(やぶさか)ならず。(新釈漢文大系・加藤常賢著『書経』「仲虺之誥」・明治書院)参照。

 通訳「王は音楽や女色を近づけず、財貨をふやそうなどとはしませんでした。【徳に励んでいるものは官につけて、誠心誠意励むようにさせ、仕事につとめているものは賞を与えて称賛し、より努めさせています】。他人の優れた意見を取り入れることはあたかも自分の意見のようにし大事にし、自分に過ちがあったら改めることははばかるところがありません。寛大でもあり慈愛深くもあって、数限りない天下中の人々からはっきりして信頼をえておりました。」(前掲書)参照。

 何とも羨ましい天下人です。南洲翁遺訓第一章にこのくだりがあるということは、西郷南洲翁自身、この王の人格を仰望したのだと推測できます。

『南洲翁遺訓』第一章に出て来る文言を紹介します。「官は其の人を撰(えら)びて之れを授け、功有る者には俸禄を以て賞し、之れを愛し置くものぞと申さるるに付き、然らば尚書(しょうしょ)仲虺の誥に」の次に前段で紹介した【文言】が続けられている。

 仮にこういう言葉を知っていても、そこに人間の行動哲学としての精神の美学がなければ、これを荘内藩士に語ることも出来なかっであろう。そこに西郷南洲翁の無私・無欲・至誠の情を実践した高潔さがあったのである。

 それは西郷南洲翁の気韻の高さでもあり、人を惹き付ける徳望にあった。そして道義的自己犠牲の美しさに現れている。それらは西郷南洲翁の品格のみごとさでもあった。だからこそ、西南の役には多数の若人が生死も厭わず、参戦したのである。

 死者に鞭打つ訳ではないが、前途有る青年勇士を戦に引きずり込んだ責任は大きいと藤原弘達が書き、西郷南洲翁を厳しく問い詰める論を書いているが、徳望のない評論家先生に、そのような高邁な人格論が分かろう筈があるまい。人権論から行くと、人と人との値打ちは同等である。だが、そこには、人間が有している頭脳・品格・品性等々の表面的に測りがたい人格美が存在するということであろう。

 南洲翁遺訓には、西郷南洲翁の一環した理念が描かれている。たしかに大久保利通の合理主義も悪くはないが、頂点に達したとき、それから先は闇夜と同じであるように思う。そこに行くと西郷南洲翁の論理は、人類が永遠に調達可能な論理である。それと相呼応しているのが、季刊誌『日本主義』に描かれている「徳義をもって興す荘内精神」だと思う。

 拙著『礼節のすすめ』が南日本新聞で紹介された時、日航OBである川内出身の松田様が「朋有り遠方より来る」のごとく、我が道場を訪問してくれました。その方に『日本主義』を贈呈したのである。平成22年1月22日の今日、葉書が届いた。

「特集 庄内藩の秘密、感動して拝読、やはり南洲翁遺訓を作られた〔地〕はすごいです。貴方が感動された様子がよくわかりました」(松田様の葉書より)

 私にして見れば南洲翁遺訓との出会いのお陰であります。分けが分からないまま、読み、書き写し等々を積み重ねてきました。これほど素晴らしい経典があるでしょうか。西郷南洲翁の精神を受精した荘内藩士の学術の結晶であります。それを二代長谷川理事長に引き続き三代・小野寺理事長が精魂込めて普及に尽力しているのです。

 来月は「第26次 西郷先生の遺徳を訪ねる旅」と称して25名の方々が鹿児島の地を訪問してくださいます。私共・味園道場にもおいでくださる予定になっています。心から歓待すべく準備の作業をしているため、ブログ書きが若干送れがちですが、ご了承賜りたく存じます。

 幼児たちが南洲翁遺訓第一章「廟堂に立ちて---」を発表する楽しみを胸に秘め、鋭意斯道に励んでおります。荘内の先生方とお会いする日を鶴首の思いでお待ちしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加