味園博之のブログ-文武両道「空手道と南洲翁遺訓」他古典から学ぼう

平成の今蘇る、現代版薩摩の郷中教育 
文武両道 「空手道」と『南洲翁遺訓』を紹介するブログ

新渡戸稲造著『武士道』の紹介---8

2009-11-30 19:51:48 | ブログ

タイトル----新渡戸稲造著『武士道』の紹介----8 第274号 21.11.30(月)

〈我が国礼法によって定められている習慣の中「おそろしくおかしい」例を、も一つ挙げよう。日本についての多くの皮相なる著者は、これをば日本国民に一般的なる何でも倒(さか)さまの習性に帰して、簡単に片付けている。この慣習に接したる外国人は誰でも、その場合適当なる返答をなすに当惑を感ずることを告白するであろう。他でもない。アメリカで贈物をする時には、受取る人に向ってその品物を賞(ほ)めそやすが、日本ではこれを軽んじ賎しめる。アメリカ人の底意はこうである、「これは善い贈物です。善いものでなければ、私はあえてこれを君に贈りません。善き物以外の物を君に贈るのは侮辱ですから」。

 これに反し日本人の論理はこうである、「君は善い方です、いかなる善き物も君には適(ふさ)わしくありません。君の足下にいかなる物を置いても、私の好意の記として以外にはそれを受取りたまわないでしょう。この品物をば物自身の価値の故にでなく、記として受取ってください。最善の贈物でも、それをば君に適わしきほどに善いと呼ぶことは、君の価値に対する侮辱であります」。

 この二つの思想を対照すれば、窮極の思想は同一である。どちらも「おそろしくおかしい」ものではない。アメリカ人は贈物の物質について言い、日本人は贈物を差しだす精神について言うのである。

 我が国民の礼儀の感覚が挙止のあらゆる枝葉末節にまで現わるるが故に、その中最も軽微なるものを取りて典型なりとし、これに基づきて原理そのものに批判を下すは、顚倒せる推理の法である。食事と食事の礼法を守ることと、いずれが重きか。中国の賢人〔孟子〕答えて曰く、「食の重き者と礼の軽き者とを取りてこれを比せば、なんぞ翅(ただ)に食の重きのみならんや」と。(礼は食色より重いと言われるが、時によっては食色が礼より重いこともあるのである。)

 人或いは言う、「真実を語ることと礼儀を守ることと、いずれがより重要であるか」との問いに対し、日本人はアメリカ人と正反対の答えをなすであろうと。P64

 私見----「日本ではこれを軽んじ賤しめる」、「いかなる善き物も君には適しくありません」とは訳者の解釈論であり、「軽んじ賤しめ」て言っているのではなく、「君に適しくありません」と言うのも、社交上の礼儀として言うのであって、相手に礼を失するため態々言及しているのではないと思うのである。この後半にある「精神について言う」のであるが、あくまでも、謙虚なる姿勢と解釈した方がいいと思う次第である。

 それは大上段に言うのではなく、「三歩下がって師の影踏まず」という言葉と意味するところは同じ部分があり、あくまでも控え目という気持ちの現れではないかと思うのであるが、如何であろうか。そういう謙虚なる姿勢こそが、日々の営みを円滑ならしめていると思ってならないのである。

コメント

驕り高ぶらず、欲望に溺れず。『礼記』

2009-11-29 17:16:20 | 学問

タイトル----驕り高ぶらず、欲望に溺(おぼ)れず。『礼記』 第273号 21.11.29(日)

 曲礼とは、こまかい礼儀作法(『漢語林』大修館書店)という意味であり、『礼記』には、礼儀作法の数々がこまごまと記述されている。

〈敬せざること毋(な)かれ。儼(げん)として思うが若(ごと)くし、辭(ことば)を安定にす。民を安んずるかな。----

 通訳「人は常に、厳粛な気持ちで、敬の態度を保たねばならない。独りで居る時は厳かに端然として、常に思考をめぐらすような態度であり、人に対応しているときは、穏やかな口調で話し、かつ至誠の信条であるよう心がけてこそ、人々からも信頼され、円満に調和よく処理できるのである。」(前掲書)参照。

〈敖(おごり)は長ず可(べ)からず。欲は從(ほしいまま)にす可からず。志は満たす可からず。楽しみは極む可からざるなり。〉(新釈漢文大系・竹内照夫著『礼記』明治書院)

 通訳「驕り高ぶるような態度であってはいけない。欲望をほしいままにし溺れてはいけない。物事を要求する度合いは、適度でなければならない。喜び楽しむ快楽は、ほどほどでなければならない。」(参照)。

 人の世を処して行くにあたり、極めて大事な教えである。尤も四書五経等にも人の道は説いている。それらを通じて、私自身、いろいろと教えられてきたのであった。

 通常「礼」というと、表面的、外面的なものを考えがちだが、真の「礼」とは精神的(内面的)なものも含めて言うのである。外面的と内面的と相調ったに越したことはないが、寧ろ外面的よりか内面的な方がより重きをなすような気がしてならない。

 『南洲翁遺訓』と出会ってから、訳が分からないまま多くの古典を買い込み読んで来た。平成14年鹿児島商業高校での教育講演の際、生涯かけて必ず読破します、と高校生に約束した。以前もひとまず目を通したのだが、今般、ブログで人々に紹介する場合、真剣さが違ってくる。読むことはとても楽しいのであるが、同時に身の至らなさに鞭打たれる思いである。知らないことばかりだからである。

 人にはそれぞれの目的とか、希望とか、要望等々千差万別あるであろうが、今日私は、とにかく本を読みたいというのが一番である。それほど物事を知らないということと、あまりにも不勉強であった、ということである。

 特に、古典は素晴らしいと断定してもいいと思う。毎日、首っ引きで中国古典を読んでいるが、人々は何故読まないのであろうか。たしかに、漢字も難解である。意味不明でもある。だが、それでも読み続けて行くと、幾らか理解出来るようになってくる。古典は人間の歴史を紹介している。人間の生き方、あるべき姿等々処世の要諦をである。

 今日、電子機器など便利なものもあるが、自分で漢字を追って行くと、壮大な人間のドラマに吸い込まれて行くのでる。それこそ知らないことばかりである。そしてテレビで終日日々の出来事等々紹介しているが、深遠さ、高邁さ、幽玄さ、広さ等々比較の対象にならない位である。金も地位も、名誉も要らない、ただ学びたいという欲求だけなのである。

 このブログをご覧になられた方、是非、漢文の書籍を購入して読んでみてください。一冊5千円として6冊で3万円。パチンコよりか、マ-ジャンよりか遥かにいいと思うのですが。ギャンブルで負けた状態は、身体には良くない筈である。ところが漢籍は喜びが増して来て、頭はすっきりするし、気分はいいし、と善いことずくめだと思うのである。テレビコマ-シャルで紹介するサプリメントの数倍の効果を身体に与えてくれると信じている。

 そういうものを学んで始めて、「驕り高ぶらず、欲望に溺れず。」という言葉も理解出来、人生に生き甲斐と潤いが出てくると思う。物質として得たものはやがてなくなるが、頭に貯蓄したものは永遠に無くならないと信じたい。

コメント

真実を貴び、質朴純粋を世に広めよう。『伝習録』

2009-11-28 13:59:17 | ブログ

タイトル----真実を貴び、質朴純粋を世に広めよう。『伝習録』 第271号 21.11.28(土)

 時代の急激な変転により、世の中めまぐるしく変化している。人力車から車へ、飛行機へと。そしてまた知識を深めるための書籍が、映像を送るテレビへと著しい代わりようである。

 ここで紹介するくだりは、「文」を「映像・テレビ」と置き換えたら、今日の事象がはっきりとわかるような気がする。解説もそういう位置づけとしてみたい。つい先日、識者の方々が、テレビのワイドショ-の下劣さについて、各放送局へ一言申し入れたということを耳にした。

〈天下の治(おさ)まらざる所以(ゆえん)は、只だ、文盛んにして實(じつ)衰え、人己の見(けん)出(いだ)して、新奇(しんき)を相高(あいたか)ぶり、---(新釈漢文大系・近藤康信著『伝習録』明治書院)

 通訳「世の中が乱れている原因は、要するにテレビ等の内容がおかしく、人々の範とすべき誠実な内容が衰え、人びとは自分で想像した新しくてめずらしそうなものを誇り、----(前掲書)参照。

〈以て俗を眩(くら)まして譽(ほまれ)を取り、徒(いたづ)らに以て天下の聰明を乱し、天下の耳目を塗り、---

 通訳「大衆の目をくらませ自分の名を売り、徒らに世の中の視聴率のみに走り、衆人の感覚として受け取る耳や目をごまかし、----

〈天下をして蘼然(びぜん)として、争い務めて文詞(ぶんし)を修飾し、以て世に知られんことを求めて、----〉

 通訳「世の人々の関心をそこに向け、競って表面的に偽善的な美しさを演出し、それによって世の人々に知れわたることのみを求めるだけで、----

〈復(ま)た本(もと)を敦(あつ)くし實を尚(たっと)び、朴に返り淳に還るの行(こう)有るを知らざらしむるに因る。是れ皆著述する者の以て之れを啓く有るなり、と。〉(新釈漢文大系・近藤康信著『伝習録』明治書院) 

 通訳「根元の姿に力を注いだり、真実を貴んだりして、天下を誠実で純粋にかえすべき仕事のあることを知らせないようにしたことにある。これらは皆、担当する演出が悪例を開いたのである。」(前掲書)参照。

 少しく手厳しい解説となった感が否めないが、ここ20年間に急速に、その質が低下してきたように私には思えてならないのである。私は、20年間にわたり映像文化を録画し、勉強の材料にしてきたのである。内容が多様に存在するということは、一面においてよいことではある。でも、理解力のない青少年に与える影響は大なるものがあると思う。

 テレビを見て、ただ、おもしろ可笑しく笑っていればいいというものでもあるまい。そこには、万物の霊長としての品格もなければなるまい。食をして、交尾して、遊んで、笑ってだけでは今日まで先人が育んで来た品位というものが喪失していくばかりであるような気がするのである。

 どんな几帳面で、厳格なタイプであっても、リラックスする時は必要であるとは思うが、各企業の経済優先ばかりでは、世の中、おかしくなって行くばかりだと思うのは、老人のいびつな感覚なのであろうか。こういう私も、ユ-モアとジョ-クが大好きではある。が、それは子供たちの心をリラックスさせて、まともな人間へと誘い込む過程でのヒトコマなのである。ユ-モアで心を和ませ、文武両道の指導を実践しているのである。そういうやり方が効果大であるからである。

 先般、テレビのアイドルだったという御仁が、覚醒剤で逮捕された事件があったが、これらも映像文化に翻弄された一例ではないのだろうか。

 少しでもいいと思う。古典を読みましょう。今まで知らなかった素晴らしい世界があることを書籍は紹介しています。

コメント

自己を修養して、青少年に学の尊さを教える。『伝習録』

2009-11-26 15:17:05 | ブログ

タイトル----自己を修養して、青少年に学の尊さを教える。『伝習録』 第268号 21.11.26(木)

〈君子は其の賢を賢として、其の親(しん)を親しみ、小人は其の楽しみを楽しんで、其の利を利とす。〉(新釈漢文大系・近藤康信著『伝習録』明治書院)

 通訳「四書の一つである大学に、次のようにある。〔君子は学びを深める賢人を尊敬し、同様に一族が親しみ敬愛する姿を愛するが、小人は自己の享楽を喜び、かつ安逸を貪(むさぼ)り、自己の利益のみを求めるものだ。〕」(前掲書)参照。

〈赤子を保(やすん)ずるが如し、民の好む所は之を好み、民の悪む所は之を悪む。此れを之れ民の父母と謂う、と云うが如きの類(るい)は、皆是れ親(した)しむの字の意なり。之れを親しむは即ち之れを仁するなり。〉(前掲書)参照。

 通訳「〔名君は赤ん坊を可愛がるように、人民を大切にして、人民の好むことは共に好み、人民の悪(にく)むことは悪むのである。これを人民の父母という。〕などとあるのは、すべて民を親しむという意味である。これを親しむとは仁愛することを言うのである。」(前掲書)参照。

〈又孔子の、己を修めて以て百姓(ひゃくせい)を安んず、と言うが如きも、己を修むとは、便(すなわ)ち是れ明徳を明らかにするなり。〉(前掲書)参照。

 通訳「また孔子が、〔自己を修養してやがて人民を安楽にする。〕と言った〔自己を修養する。〕とは明徳を明らかにすることであり、〔人民を安楽にする。〕とは民を親しむことである。民を親しむとは、人々を教化することと人々の生活を健康的なことにする、というふうに考えた方が適切であると思う。」(前掲書)参照。

 学力もない私が、恥を承知で書いているが、それでもよしとしょう。それは、学んだ人が、その学びの喜びと意義を、人々に伝える義務があると思うからである。特に青少年には、今こそ伝えなければならないと思えてならないのである。それはIT技術文明の急速な普及により、過去のよしとしたものが、喪失してきていると思えてならないからである。

 定時制高校に進学した私は、高校三年の11月に会社に採用になった。そこで見たものは、仕事と大人の遊びの世界が同居している部分がかなりあった。お世辞にも、世の人々に誇れるような学問的なものはひとかけらもなかった。それらは労働組合のトップにいる人間の、品性の欠如から生じる未成熟とも云える姿であった。

 たまたま空手道を青少年に教えたいという一念で、空手道場を建設したことが、私の人生を大きく展開してくれた。それは『南洲翁遺訓』との出会いであった。その後多くの古典を繙いてきた。それが生きる源泉となったのである。高度な事は分からないが、コツコツ続けて行くとそれなりの成果が出て来るものだというを、未熟ながら理解出来るようになったのである。

 社会で、会社で、若い青年達を、後輩を指導する立場の人にお願いしたいのである。先輩は、仕事にしても、社会的にもそれなりのことを肌で学び修得している筈なのである。修得した知識・技術・社会性ある人間のあり方を、後輩に指導して戴きたいと思うのである。いわゆる生きた学問である。仕事をする社員が専門書を学ぶのは当然である。だが、それらに記されていない社会人としての生き方の、お手本を示して欲しいと念願するのである。

 〔----赤ん坊を可愛がるように、人民を大切にして---〕とあるように、中堅の位置にいる先輩が後輩を指導し、お手本を示してくれれば、後輩も意義ある社会生活を営むことが出来ると思う。そのことも「民を親しむ」ということに繋がると思うし、古典が教える意義がそこにあると思うのである。

 荘内の賢士が、命にかえて『南洲翁遺訓』を刊行し、今日も尚人々に配布しているのも実は、「民を親し」み、世の為人々のため実践していると理解したいのである。

コメント

わが身を統率するのは、自分の心である。『伝習録』

2009-11-22 17:40:48 | 学問

タイトル----わが身を統率するのは、自分の心である。『伝習録』 第263号 21.11.22(日)

 書棚にある伝習録の書は数冊あるが、大抵が平成元年頃購入したものである。読んでも読んでも分からないが、それでも読み続けている。これが楽しくてたまらないのである。一種の病気である。これらを、読み、筆写し、録音し聞いてきたお陰で、種々の言葉が出てくる。世間に出れば、ガソリン代は高いし、交通事故もあるかも知れないので、老人の負け惜しみで、一人終日、パソコンとにらめっこしている次第である。

 昨日の空手道の稽古で、大型新人に腹部を力一杯叩かせた。信長は「死のうは一定(じょう)」と言った。それは一つの天命であるということである。70歳を迎え、お迎えがあれば旅立たなければならない時期にさしかかろうとしている。それでも男同士、気を引き締めて稽古している。大型新人は、身長178センチ、体重78キロの国技館タイプである。一方、受ける私は身長155センチ、体重62キロのチビである。力一杯来るツキは、ずしりと堪える。が、瞬間、天から気を貰うと全く感じないのである。

 若い師範クラスは、ほぼ全員、私のパンチを腹部に受け、唸ったものだが、その腹部は今や鉄板見たいに頑丈になっている。鍛えるということは、健康増進に繋がるから有難いと思うのである。これも格物(かくぶつ)であると理解している。

〈身の主宰は便(すなわ)ち是れ心、心の発する所は便ち是れ意(い)、意の本體(ほんたい)は便ち是れ知(ち)、意の在る所は便ち是れ物なり。〉(新釈漢文大系・近藤康信著『伝習録』明治書院)

 通訳「人間の身体を統率するものは心である。その心の働きが外に現れたものが意(自覚)であって、意の本体は知である。そして意の及んでいるところが物なのである。」(前掲書)参照。

〈如(も)し意、親に事(つか)うるに在れば、即ち親に事うるは便(すなわ)ち是れ一物(いちぶつ)なり。〉(前掲書)参照。

 通訳「例えば、わが精神であるところの意が、親に仕(つか)えることを主眼として行為に及んでいるなら、親につかえることが一つの物である。」(前掲書)参照。

 このくだりは、格物の説明であると思う。これは陽明学の学説で言う、心・意・知・物が一体であるとの解釈でいいのではないだろうか。王陽明の格物とは、「日常行う所の万事の善悪を正し、人が生まれながらに保有している天賦の良知を最高に開発する」と説いている。(『漢語林』大修館書店)参照。

〈中庸に言う、誠あらざれば物無し、と。大學の明徳を明らかにするの功は、只だ是れ箇の誠意にして、誠意の功は、只だ是れ箇の格物なり、と。〉(前掲書)

 通訳「中庸に、誠がなければ物はない、とあるのや、大学にいうところの、明徳を明らかにするという修行は、ただこの意(精神)を誠にする修行であって、意を誠にする修行は格物にほかならないのである。いわゆる物に格(いた)って、善処するということであろう。」(前掲書)参照。

〈事上(じじょう)に磨煉(まれん)するは、一日の内、事有ると事無きとに管(かかは)らず、只だ一意に本原を培養するなり。〉(前掲書)

 通訳「『仕事をなしつつ修養する。』ということは、終日において、事の有るなしに拘わらず、如何なる事象にも拘(こだわ)らず、ただ一心に根本のものを養うことである。」(前掲書)参照。

 古典と格闘してから二十数年が経つ。私流の解釈であるが、全く訳の分からない子供たちに、如何に好きになって貰うか、ということが命題ではなかろうか。平成21年11月23日の『読売新聞』社説で「論理的な思考力を鍛えよう」と題して、健筆を揮っている。そこから引いてみよう。

 哲学教育

 「哲学」の語源はギリシャ語の「フィロソフィア」(知恵を愛する)に由来する。明治時代の初期、賢哲の明知を愛し希求するとの意味で「希哲学」と呼ばれるようになって定着した。世界の根本原理を追及する学問だ。---晩秋の夜、インタ-ネットやゲ-ムを離れ、哲学書をひもとくのも有意義な過ごし方だろう。

 確かに素晴らしい提起である。だが、今日、事難しいのを学ぶ人は少ないであろう。よって、先ずは、活字に、言葉に、興味を持たせ、徐々に親しませ、その道に誘い込むのが至当であると思う。現に私は、空手道場で4.5歳の子供たちから『南洲翁遺訓』を教えているのである。子供たちに、名誉を与え、将来の夢を語ると別人のように、その道に入ってくるのである。要は、誘い込む技術・テクニックの問題である。

 そして『仕事をなしつつ修養する』このことが、格物致知をわがものとする最良の方法だと思うのである。何事でも体当たりして行くうちに、勘が冴え、理解出来ると思うからである。

コメント