味園博之のブログ-文武両道「空手道と南洲翁遺訓」他古典から学ぼう

平成の今蘇る、現代版薩摩の郷中教育 
文武両道 「空手道」と『南洲翁遺訓』を紹介するブログ

目の覚めるような個性。

2012-11-28 10:47:10 | ブログ

タイトル----目の覚めるような個性。第1435号 24.11.28(水)

 .

 私はほんとうに政治の話が嫌いでテレビを見ない。政治家が言葉を発する場合、時には危機感さえ伴うような強烈な個性が込められていることはほとんどなく、雇用促進、景気回復、健全財政、災害地復興、エネルギー対策なと、誰が聞いても、総理や閣僚なら、それをするのが当たり前、しなかったら困るというようなことしか言わないからだ。

 考えてみると、眼の覚めるような個性というものはすべて、その人の知性が勇気に支えられた場合に輝く。----

 ----勇気は、自分がいささかも傷つきたくないという人には、全く持つことのできない徳である。人間は放っておいても十分に利己的だ。その上に日教組が戦後「人権とは要求することだ」と教えたので、ますます自分の利益はいささかも譲らないことを当然とする大人が増えた。---

 ---人は確かに悩む時もある。その時は考えが明確になるまで、一人で勉強をするのが重責を負う人のやり方だろう。そういう場合には、「自分は死刑には反対ですから、今、勉強中です。答えが出るまでは法務大臣だけは断ります」という選択が誰にも残されているのに、大臣の椅子欲しさに引き受けるのは浅ましさの表れで、勇気とは対極の悲しさを感じる。(曽野綾子著『国家の徳』).P197

.

 読めば読むほど教えられるし、溜飲が下がります。死刑反対の法務大臣が誕生しましたが、まさしく国家を冒涜する人々であったと誰もが認識したことでしょう。一見、正論そうなことを言うから、そうかな、と思っていたところに曽野氏が指摘する人物であった訳だから、天下に自分で自分の顔に泥を塗ったということでしょう。理念なき政治家と酷評されても返す言葉はあるまい。

 紹介した十数人の人が当該著書を購入し、私同様、溜飲が下がった、同感だという意志表示をしてくれています。

.

大臣の椅子の欲しさに引き受ける 

           理念なき人浅ましきかな 2382

.

 明日の学問館は、史記、運命を拓く、努力論、丁丑公論、の予定です。

 

コメント (4)

思想は政治のテクニックだけではない。

2012-11-27 18:32:12 | ブログ

タイトル---思想は政治のテクニックだけではない。第1434号 24.11.27(火)

.

 思想は政治のテクニックだけではない。政治家になろうがなるまいが、その人の全人的な個人の歴史の上での深い歓びと怨念、その対処法の記録と結果、それらを人に語れるだけの強力な個性、読書によって培われてくる深い教養、のどれもが要るのである。(曽野綾子著『国家の徳』)

.

  今日の学問館で230回になりました。学べば学ぶほど学識の無さを思い知らされます。ただ学びたいという気概はありますので、ぶっ倒れるまでやり続けたいと思います。

 さて、皆さん、上に紹介されている『国家の徳』をご購入の上、お読み戴きたいと存じます。私は女史の作品は30年前から読んでいます。

 国家も個人も、健全性、生甲斐性については、永遠性が求められると思うのですが、如何でしょう。曽野女史は深い哲理の中から透徹した人生観を見出し、グローバルな視点に立って物事を推進してきた方だと認識しています。その重みは、その辺の政治家とは雲泥の差があると思います。ただバラマク政治家を金をくれる良い人として認知したら、国家は崩壊するし、子どもたちは強く正しく成長しないのです。

.

新聞が安倍が右傾と報道す 

         右傾ではなく大和の精神 2284

左傾から見たら中道右傾見ゆ 

         聞屋の若造革マルの出か 2285

.

 2283~2292番が飛んでいたので、その番号を使用しています。 

 明日の学問館は、史記、運命を拓く、『南洲翁遺訓』に学ぶ、経世鎖言の予定です。

コメント

韓国登山、寒かったけど最高でした。

2012-11-25 18:21:44 | ブログ

タイトル---韓国登山、寒かったけど最高でした。第1432号 24.11.25(日)

 韓国登山は、大変寒い中でしたが、五号目あたりから眺める景色は最高でした。快晴でかつ一人であれば、越を下ろし短歌を詠みたい気分でしたが、それは叶いませんでした。五種は詠みましたけど。

 下山して休憩所で楽しい演奏を聞きました。その歌詞が何とも言えない素晴らしいものでした。ご一緒した皆様方は体調は如何でしょうか。ゆっくりと身体をお休みさせてくださいませ。

---あとで

コメント

分度を守る。

2012-11-22 13:39:46 | ブログ

タイトル---分度を守る。第1428号 24.11.22(木)

 寺田一清編『二宮尊徳一日一言』10月20日、「分度を守る」をご紹介します。

 盛衰治乱存亡の本源は分度を守ると守らざるとの二つにあり。我この分度を守りて領中の衰廃を興し百姓を安んじ上下百年の患難を免れしむ。子孫永く我が志を継ぎ、富優の時に居ると雖も本源たる分度を確守して戻らざるときは、永世上下の福余りありて衰微の憂いなし。

【註】 尊徳翁の心願はこの一語にこめられています。志を継ぐ者への明訓です。

.

 「分度」とは、(分限度合の意)二宮尊徳の創始した報徳仕法で、自己の社会的・経済的実力を知り、それに応じて生活の限度を定めること。『広辞苑』

 思うに分度が何もわかっていない人は、民主党の幹事長代行だと思います。比較第一党になるといいましたから。日の当たる汚れた会社で働いてきた人には、世の中のことが分からないのです。

.

嫁いびりいつの時代もあるなれど 

         ナルの一族他に例なし 2349

 

墓参り取換え古き花々を 

         土手に捨てても平気ナルなり 2350

 

じいさんの死去に際して女孫 

         天国書きし喚く僧妻 2351

 

噂聞きナルが早朝怒鳴り込む 

         嫁前にして三時間もだ 2352

 

良信の義母が娘に言いしには 

         気をつけなはれナルの性格 2353

 

体与え金をせびるを常套に 

         渚の親父令子にやられ 2354

 

世の中に性格悪き多けれど 

         あんな女(ナル)は初めてと医者 2355

 

院長は多き患者で初めてと 

         性質悪きナルサリン如しと 2356

.

. 明日の学問館は、史記、運命を拓く、言志録、経世鎖言を行います。昨日と今朝は、拙著『花嫁への逆襲』『すぞぞと連合軍』を木場アナに朗読して貰いました。対照的な短編小説でした。記憶にありますか、悠まま。これを小説風に書き換えて芥川賞を狙います。

コメント (1)

推譲と分度。

2012-11-21 17:31:27 | ブログ

タイトル----推譲と分度。第1427号 24.11.21(水)

 寺田一清編『二宮尊徳一日一言』、10月22日をご紹介します。

.

 推譲と分度

推譲は創業の道なり。

分度は守成の道なり。

推譲に因って興らざる者はあらず。

分度によって保たざる者はあらず。   (金言集)

.

【註】 推譲とは、要するに人のため世のための志と、その実践へ一歩踏み出すことである。

.

 今日の第225回学問館は、史記、学問のすすめでした。明日は、史記、運命を拓く、言志録、経世鎖言、南洲翁遺訓に学ぶです。

 拙著『花嫁への逆襲』を木場アナに朗読してもらいました。お世辞だったのでしょう、お褒めの言葉を賜りました。

 .

 今日の尊徳翁の金言は、40年間に亘り私が実践してきたことでした。私が就職した会社では、今の私みたいに勤勉で真面目な人は一人もいなかったと言っていいでしょう。新興宗教の教祖・労働組合の信者に似たりよったりの人が多いように見受けられました。人様のことはどうでもいいとして、自分は真面目にした方が天は見捨てないだろうと経験上わかります。

 世の人々が顔を背ける要求を獲得したとしても、長い人生では、大きなペナルティーがくるのです。私が知っている人に、それはそれは威張りたくった男がおりました。つい二週間前、市内でその自称偉い人を見たのです。

 車から降りてきた姿は杖をついて、やっとの状態で歩いていました。こ60歳くらいの人が90歳のヨボヨボに見えたのです。こういう状態を何と形容かするのだろうと一瞬唖然としました。思いだしました。天網恢恢疎にして漏らさず、天罰という言葉が頭をよぎりました。

.

捨て小石師匠を描きて童らが 

        送りし顔に一人微笑む 2349

贈られし小石の顔と本物と 

        鏡の前で審判をする 2350

護蔵が禿げだ禿げだと師をいじむ 

        貴方もやがて禿げる警告 2351

パンツ下げチンコロリンを母に見せ 

        ヨカチンチンと一人にんまり 2352

.

コメント (1)