味園博之のブログ-文武両道「空手道と南洲翁遺訓」他古典から学ぼう

平成の今蘇る、現代版薩摩の郷中教育 
文武両道 「空手道」と『南洲翁遺訓』を紹介するブログ

国家将に興らんとするや、必ず禎祥あり。

2017-01-31 11:17:25 | ブログ
第2954号 29.01.31(火)
.
国家将に興らんとするや、必ず禎祥あり。国家将に亡びんとするや、必ず妖糵あり。『中庸』
.
 国家が興隆しようとするときには、必ずめでたい前兆がある。たとえば、青年の意気が揚るとか、人情が敦篤になるとか。これに反して国家が滅亡しようとするときには、必ず悪い怪しい不吉の前兆がある。たとえば官吏が堕落するとか、邪教が流行するとか、その他さまざま。161
.
 【コメント】『中庸』の訓戒は素晴らしいと思います。ただ、官吏の堕落とか、邪教の流行は世界中、いろいろあるような気は致します。
.
 それよりか、新大統領様が、発表する大統領令は関係する閣僚と意識あわせをしてからがいいのではないかと思うのですが。どんな事でも人それぞれ考えが異なるでしょうから、それでも、発表する時は、意識統一することは大切だと思います。

-------------
先にブログで岡崎久彦著『教養のすすめ』に掲載されている西郷隆盛のことを紹介しました。それをご紹介致します。その著書を探してお読み戴きたいと思います。岡崎様の人格の素晴らしさを見る思いです。
.
  「無我のなかで達する境地」-------至誠の人 西郷隆盛--------

.
  達人の素顔
.
 今までは、私は、西郷隆盛について語ろうなどという大それたことは考えたこともありませんでした。
 西郷南洲は、日本史上、あるいは世界史上最高クラスの達人です。その南洲を語れる人といえば、南洲と同格か、あるいは禅機という点においては南洲を越える達人でなければなりません。それができる人物は、勝海舟ぐらいかなと思っていました。

----------------
『臥牛菅実秀』(第487回)
.
 「----華をのみ弄んで、その根を問わぬのは、世俗の情である。南洲翁の功業は、このたびの贈位の栄転と、銅像(東京上野の銅像)の建立によって、再び世に明かになったことは、われらとしても喜びにたえないところである。しかし、世上、あるいは南洲翁の功業だけに眼を奪われて、その因ってむ来たる根本を見ないことを憂うるものである。これを草木に譬えれば、地中深く根が繁殖して、はじめて英華が外に発するように、人の根本である徳が盛んにして、英華である功業が、これに従って外に発するものである。しかるに、その本根を棄てて、いたずらに華をのみ賞しては、南洲翁の深奥を尽すことができないことを懼れる。---」
といって、西郷の偉大な功業の底にひそむ、その深い根を遺訓一巻によって世に明かにしたいというのが刊行の主旨であると述べている。 

--------------
コメント

安息を恒とすること無れ。

2017-01-30 10:18:20 | ブログ
第2953号 29.01.30(月)
.
安息を恒とすること無れ。『詩経』
.
 諸子よ、自分一身の安逸をむさぼっていてはいけない。この「君子」は、位についている人々を指す。179
.
 【コメント】安息と勤労とをバランスよくとり、それに学問も加え、楽しく意義ある人生にしたいものです。
.
 1月28日、読売新聞に次の世論が掲載されました。「保護主義の利点 日本も必要」というタイトルでした。曰く、

 <新たに就任したトランプ米大統領による自国産業優先の動きが、世界中で注視されている。------日本の企業もグローバル化の流れの中で海外へ生産拠点を展開してきたが---->とあります。

 これはグローバル化だけではなく、労働組合が賃上げを要求するのに耐えきれず、賃金の安い国へ移籍するのだ、という論調を何回も読んだ記憶があります。
 
 そういった要求をする場合は、会社・企業の体質も考えて要求しないと総てが駄目になってしまう危険があるようです。

 一番考えなければならないのが、学校の教職員10万人位が、精神科におせわになっていることだといいます。

 先の不幸な大戦を経験し、二度と戦争をしてはならないとの決意で、歴史的に日本人が有してきたものをかなぐりすて、平和・人権運動を優先・展開してきました。
 その過程の中で、知的な面のみを優先し、忠恕・おもいやり等々の精神文化を喪失してきたとは識者の指摘です。
 
 長い歴史の中では、いろんな事象が出てきますが、日本人の聡明な対応をして行きたいものだと考えます。
 
 思うに、『南洲翁遺訓』と出会った私は、この精神に違背してはならないと自覚し、門下生にも人々との協調性は促しながらも、質素倹約を旨としながら、力強く生き抜いてくださいとお話しています。

------------------
『臥牛菅実秀』(第486回)
.
 実秀は、赤沢経言を主筆として、西郷に親しく学んだ荘内の人たちの感銘の一語、一語を集録編纂させ、それを幾たびも校閲した上で『南洲翁遺訓』一巻は完成し、ここに西郷の偉大なる精神は結晶した。
 この遺訓の刊行の主旨を述べた主筆者の序文は、かつて実秀が、
「人はみな西郷先生の功業の盛んなことを讃美しているが、自分はそれとちがって----」
といったことを基調としたものであった。

----------------
コメント

其の人没すと雖も、千載余情あり。

2017-01-29 10:11:36 | ブログ
第2952号 29.01.29(日)
.
其の人没すと雖も、千載余情あり。『古詩源』
.
 その人間は今日すでに存在しないけれども、千年ののちまでも、その人の風概はわれわれにその余情を与えている。(陶潜「荊軻を詠ず)501
.
 【コメント】今年最初の本部道場での御稽古が始まりました。大変賑わいました。鹿児島史談会主催講演会時、空手道及び『南洲翁遺訓』等の発表に参加してくれた子供たちへ参加賞を差し上げました。あと6個追加注文をしなければなりません。
.
 年頭でもありますし、子供たちに健康で長生きをしてくださいとお話しました。そのためには、人と喧嘩をしないことです。人を罵倒しないこと、悪口を言わない事、悪口を言われても気にせず冷静を保つこと、が要諦だと教えました。実害さえなければいいのですから。それを確認するためには、天風氏の本をやがて読んでくださいと。
.
 新聞の投書覧に女の子が、「まじめにしていてもいいことはない」というようなことを投書していました。それは間違いだと私は教えてあげました。正直・真摯ほどすばらしいものはないのです。
.
 私の年齢になると、性質の悪い、人をいじめる人間は、悉く早々と旅たちます。それらをヨシとするわけではありませんが、只管まじめに日々に精進することが肝要だと思います。
.
 2月19日に荘内南洲会の先生方が来訪される予定ですが、『南洲翁遺訓』を改竄しようとするような人間に挨拶をさせる、いい加減な団体とは二度と同席しないことにしているのです。
.
 『南洲翁遺訓』は西郷隆盛と直接面謁した菅先生方が国家日本の将来のためにと慮って刊行したものなのです。『南洲翁遺訓』を改竄しようとする人間は、そういう純粋な人々の気持ちを踏みにじっているのです。その事件を善処しなければならないとして、小野寺先生は早逝したのです。
.
 
 黎明館での発表は大成功でした。総合司会・山田先生のお蔭でありました。有難く存じています。1月1日にそれぞれ昇給したとして、帯を贈呈したのですが、再度、帯が上りたい人は、手を挙げてくださいといいましたら、多くが挙手しました。
.
 本来ならば来年の1月1日に昇給すべきなのですが、子供の心境を尋ねてみました。ただ、山口智哉君はものすごくハッスルし元気のよい型をしてくれました。
.
 道場に入門した以上は、いろいろな手法を駆使して上達させなければなりません。発達障害の子供も同様です。T君は、言葉は出るのですが、拳を握らないし、突きをしないのです。でも、静坐はするようになりました。
.
 普通、親は先に旅立つわけですから、残された本人が、一人で生きていけるよう、指導しなければなりません。

 昨昨日、小倉氏が出演するテレビで、20歳位の女の子の後から来る男性が、オチンチンを出して来た事実を確認するため、一週間位張り込み取材をしたと報じました。それも長々と報じました。
.
 そんなくだらないことを長々と報じるより、青少年にも参考になる美談でも報じたらと思う次第です。そういうのを見た子供たちで真似をするのが出てくるからです。
.
 そして「小倉が斬る」というあの文言もよくないと思う。それを是認するなら、反町氏の番組です。反町さんはトコトンまで切り込みます。いい加減は許さないのです。そういうのを斬るというのです。
.
 数年前、北海道のある企業の経営者から、私のブログを楽しみに見ているという電話がありました。その社長さんも、反町さん以外のものは見ませんと申していました。うちの娘たちも同様だと申しました。
.
 昨日も子供たちに筆写のすすめをしました。人間の一生をまじめに生きた人々の生き様を参考にして欲しいものです。老い先短い私も、連日筆写に挑んでいます。

-----------------
「南洲詩より」
.
  春日偶成

.
 春風暖を送って 吟思に入り、
 李白桃紅 巧に奇を吐く。
 誰か識らむ花前 却て感を生ずるを、
 昨年の桃戦 是れ斯の時。

-------------
『臥牛菅実秀』(第485回)
.
 それが明治二十二年二月十一日の憲法発布の日に、明治天皇の特旨によって、西郷の賊名は解かれ、贈位の勅命があった。
 西南戦争以来、十二年間の雌守忍従をつづけてきた荘内の人たちは、この栄典の報を言い現わしようのない歓喜をもって聞いたことであろう。
 実秀は多年、その胸中に抱きつづけてきた念願を果すべき時がきたと思った。政治的策動によって、すっかりおおいかくされてしまった西郷隆盛の真精神を、今こそ世に明かにすべき時であるとした。

-----------
コメント

民の好む所は之れを好み、民の悪む所は之れを悪む。

2017-01-28 09:51:54 | ブログ
第2951号 29.01.28(土)
.
民の好む所は之れを好み、民の悪(にく)む所は之れを悪む。此れを之れ民の父母と謂う。『大学』 
.
 民の好きなものは自分も好み、民のきらいなものは自分もきらう。これこそ人民の父母といえよう。人民の心を心とする思いやりをもつ。それが真の政治家である。150
.
 【コメント】人間の好き嫌いの感情は、特別の人を除き大体同じであるといってよろしいかと思います。ですから、人様にも自分を労わるつもりで接したいものです。
.
 解説には<それが真の政治家である>としていますが、一人政治家に限らず、常識ある人間として、大人としてあるべき姿だと思います。そういった意味ではいい加減な政治家が横行しています。
.
 会社へは週に2日くらいしか出勤せず、自宅で小説を書くような人間には、天の制裁があるべきだと思います。度々このブログで書いていますが、菅原兵治先生みたいに真面目でありたいものです。
 岡崎久彦著にも菅原先生の生き様を書いてほしかったのですが、存じていないのでしょう。
.
 今先、川内の松田先生から電話がありました。荘内の皆様をお迎えするに際して、久木野先生が、交流会参加要請の連絡がないとのことであったので、今連絡致しました。
.
 とにかく超多忙です。22日の関係のしめが終っていないものですから、その後始末に大わらわです。
.
 昨日は、22日参加してくださった人へ参加賞を贈呈するため、枕崎まで買い物に行ってきました。交通違反をしないよう、「老人交通事故を起こすな」と一人で大声をあげながら、運転しています。
.
 とにかくしなければならない仕事・勉強等々が山ほどありますので、当分は死ねないと思っています。

---------------
『臥牛菅実秀』(第484回)
.
 明治十年、政府の陰険な策動によって、暴発してしまった私学校徒に、西郷がその一身を投じてしまったとき、実秀は満身の激情を抑えて、
「荘内の人たちは、一人でも生きのこって、西郷先生が明かにされたこの道を後世に伝えてこそ、地下で先生に見(まみ)えたときに、よくぞわが志を知ってくれたと喜ばれることであろう。」
といった。
 しかし政府の人々は、征韓論、西南戦争における政府の正統性を世上におしつけるために、すでに死せる西郷を誹謗しつづけてきた。 

--------------
コメント

己れの長を以て人の短を形わすこと毋れ。

2017-01-27 09:43:42 | ブログ
第2950号 29.01.27(金)
.
己れの長を以て人の短を形(あら)わすこと毋れ。己れの拙に因りて人の能を忌むこと毋れ。『菜根譚』
.
 自分の長所を誇示し、それによって他人の短所をあらわすようなことをするな。
 また、自分が拙劣菲才だからといって、他人の能力を忌み、ねたむ心をもつな。568

.
 【コメント】昨日は今年最初の第二道場の稽古日でした。新しい年を迎え子供たちも張りきって稽古に臨んでくれました。22日、黎明館で行われた『南洲翁遺訓』、空手道等の発表がとても楽しかったみたいでした。
.
 子供たちには次のような話をしました。日本の国で『南洲翁遺訓』を真剣に学んでいるのはあなた方だけだと思います。そういうあなた方は立派に成長するでしょう。
.
 そこで大事なのが、1.人を見下さない、2.人にいじわるをしない、3.物を盗まない、4.人をなぐらない、5.悪い言葉をつかわない、6.良いことばをつかう、7.自分から挨拶をする、8.進んで仕事をする、9.周囲をきれいに掃除する、10.物事に挑戦する、11.人から何を言われてもくよくよしない、12.ぜいたくをしない、13.節約をする、14.良い文章だと思ったら書き写す、15.自分から病気をつくらない、などなどをお話しました。そして大人の最近の非違行為がどんなのがあったか、おはなししました。
.
 5歳児・佳那子様もハッスルしました。
 今朝の新聞を見て、子供のいじめが紹介されていました。それによると「死ね」などと悪口をいわれたとのことです。そこでお願いしたいことは、人間社会にはいじわるはつきものです。ですから、何言われても微動だにしない、どっかとした人間をつくることを教えたいものです。
.
 アメリカのトランプ大統領の口から出まかせの言葉も、ある意味では「いじめ」みたいなものです。そういうことにいちいち気にしていたら生きて行くことは出来ません。
.
 強く正しく、聡明に生きて行きたいなら、模範となる人の真似をすることも大事であります。岡崎久彦著『教養のすすめ』を十年前に購入し、拝読しましたが、そのすばらしさを子供たちにもお伝えしました。
.
 岡崎氏は、小説のたぐいは読まないとのことでした。空想で書きなぐるものには興味がないとのことです。長い歴史の中で、貧苦に耐え、権力と戦い、真摯に学問をしてきた人たちこそを学ぶべきだという考え方には、共鳴します。
.
 書写は長年実践してきましたが、最近も書いています。そうすると退屈しないし、勉強がたのしくなるのです。昔、遊び呆けた罰なのかも知れません。
.
 20代の頃、電話局に努めていながら、休憩時間に、近くの知り合いのラーメン店に経理の手伝いに行ったものです。そこでも、手伝いが済んだら、本ばかり読んでいたものです。
.
 ラーメン屋の女の子は本ばかり読んで、私など相手にしてくれないとボヤイテいたものです。とにかく、囲碁・将棋・花札などのギャンブル性のあるものはしない方がよろしいかと思います。私の父がそのキチガイだったから、工場はつぶれたのでした。
.
 昨日の読売新聞世論覧に20代の弟が競輪ギャンブルにはまっているという嘆きが掲載されていました。これらも楽しいのでしょうが、それよりが学問こそが楽しいと思うようになりたいものです。
.
 福岡県警出身の38歳の巡査部長が飲酒運転をして逮捕されたと報じられました。留置場にいるその青年は、今、どういう心境なのでしょう。
. 
 昨日は、田上青年と、『南洲翁遺訓』、そして西郷隆盛の漢詩等々を二人で絶叫しました。

----------
『臥牛菅実秀』(第483回)
.
 戊辰戦争の降服処分以来、荘内は西郷から少なからぬ恩誼を受けてきたことも、たしかにその一つであったろうが、それだけではない、もっと深い根があった。
 実秀は、かつて、
「人はみな西郷先生の功業の盛んなことを讃美しているが、自分はそれとちがって、先生の気韻の高尚にし、ただちに堯舜を目標として、克己の学を堅忍力行されていることを仰慕するものである。そうでなければ特に尊敬するには及ばない。」
といった。
 この一言は、荘内の人々が西郷を仰慕して止まなかった、その根底を明示するものであろう。
 この深い根を基盤として、鹿児島と荘内は結んだのであるが、政府当局は、きわめて低い次元において、それを誤解し、疑惑視したのだ。

-------------
 今からお墓詣りにいってきます。
 今年は、書棚にある漢籍を片っ端から書写したいと意気込んでいます。4月12日で78歳になります。全部書写したとなると100年は優にかかると思います。

-----------
コメント