絶版漫画と藤子不二雄ランド

 「絶版漫画」とは、なにか。
 そのまま素直に解釈すると、絶版になっていてすでに新刊書店では手に入らない漫画単行本のことだ。レーベル全体が絶版となっているものもあれば、レーベルとしては現役でも、作品単位で見ると絶版になっているものもあると思われる。いずれにせよ、現在では古書店でしか手に入らない漫画本と言うことで、いいと思う。

 なんで唐突にこんな事を書いたかというと、あらためて自宅の本棚を見渡すと「絶版漫画」は案外少ないと言うことに気がついたからだ。
 私の所有している漫画単行本を著者別に見ると、一番冊数が多いのは藤子不二雄作品で、それに次いで手塚治虫作品ということになるが、藤子作品にせよ手塚作品にせよ、絶版本はあまり持っていない。
 たとえば、てんとう虫コミックス版『ドラえもん』は言うまでもなく現役の本であるし、「手塚治虫漫画全集」全400巻だって、文庫全集の刊行によって少なくなったとは言え、まだ新刊で置いている書店はある。「藤子・F・不二雄大全集」全115巻+別巻4巻も、一時的に品切れの巻はあるにしても、今のところ絶版にはなっていないはずだ。

 虫プロ商事の虫コミックスや朝日ソノラマのサンコミックスは、そもそも出していた会社が今は存在せず、間違いなく絶版漫画ではあるが、私はどちらもあまり持っていない。
 虫コミックスは手塚治虫『キャプテンKen』全2巻しか持っていないし、サンコミックスも藤子・F・不二雄作品(『モジャ公』『宇宙人』『創世日記』)と『鉄腕アトム』全21巻+別巻だけだ。手塚作品や藤子作品が色々と出ているので、いずれは入手したいとは思っているが、古書価が高いこともあって、なかなか手が出ない。

 その他、本棚から絶版らしき漫画を探してみると、ゴールデンコミックスの手塚治虫全集(5冊)やスターコミックス(『オヤジ坊太郎』『マボロシ変太夫』『仮面太郎』)、パワアコミックス(『新オヤジ坊太郎』)くらいしか見つからない。いずれも、これらの本でしか読めないエピソードがあるから入手したもので、殊更に絶版を意識して買ったわけではない。
 後は、サンワイドコミックスが水木しげる作品を中心に20冊程度あるくらいか。朝日ソノラマと言えばサンコミックスだが、サンワイドだって絶版には違いあるまい。こっちの方が手に入りやすいし。

 そんな感じで、私は漫画ファンではあるが、絶版漫画コレクターではない。なにしろ、100冊も持っていないのだから…と締めようとして、気がついた。「藤子不二雄ランド」も、よく考えたら絶版漫画ではないかと。
 「藤子不二雄Aランド」として復刊された藤子不二雄A作品はまだ現役であるにしても、復刊されたことのない藤子・F・不二雄作品および合作の合計152冊は、現在新刊書店で入手できず、絶版漫画と称して間違いではないはずだ。刊行された年代が新しすぎて、すっかり失念していた。

 藤子不二雄ランドが刊行されたのは、1984年から1991年までの7年間。当時の私は小学生~高校生だった。
 最後の一年を除いて、毎週毎週刊行された本を子供が全部買えるわけもなかった。最初に買った『少年SF短篇1 宇宙人』は古書店で購入したものだし、その後もしばらくは新刊では買わなかった。
 最初に新刊で買った藤子不二雄ランドが何だったかはすでに記憶にないが、時期的には『ドラえもん』の36巻以降が刊行され始めた頃だ。『新オバケのQ太郎』の第1巻あたりかもしれない。A作品は、『きえる快速車』『怪人二十面相』『シスコン王子』などの初期作品を最初に新刊で購入したと思う。当時は、これら初期作品の単行本化は特にありがたく思ったものだった。
 いずれにしても、当時は毎週刊行される中からこれはと思った作品を買うのが精いっぱいで、とても全部を新刊では買えなかった。主に、てんコミなど他レーベルで出ていない作品を中心にして買っていたと思う。
 そう言えば、名古屋の池下にあった三洋堂書店の漫画コーナーでは、当時刊行済みの藤子不二雄ランドがほぼ全巻揃っており、たまに訪れては眺めて「いつか、全巻揃えたいなあ」と思っていたものだ。まさか、本当に揃えるまでに25年以上かかるとは思わなかった。

 藤子不二雄ランドで一番巻数が多いのは『ドラえもん』だが、これに関しては幸運なことに、『少年SF短篇1 宇宙人』を買ったのと同じ古書店に30冊セット(1~35巻のうち5冊欠け)と言う微妙なセットが安く売っており、これを買うことが出来たので一挙に揃った。もっとも、このセットを買ってからしばらくは、欠けている5冊を求めて古書店を探しまくったものだが。
 この古書店では、他にも『まんが道』の20冊セット(全23巻のうち3冊欠け)と言うのも売っており、こちらも購入した。藤子不二雄ランドのうち特に巻数の多い作品が労せずして手に入ったのだから、今考えるとかなり運がよかった。もちろん、絶版になってプレミアが付く前の話だ。

 現在は、大人になったから欲しい本を遠慮せずに買えるというわけでは全くなく、未だに予算と相談して、特に欲しい本を新刊で買っているが、それでも子供の頃と比べると使える金額は格段に増えた。だから、藤子・F・不二雄大全集は無事に全巻新刊で購入できたが、きっと子供の頃の私のように「買いたくても買えない」若い人はいただろう。なにしろ、藤子不二雄ランドを毎週買うよりも、一月あたりの金額は大きかったのだから。そう言う人のためにも、出来るだけ長く藤子・F・不二雄大全集が新刊で買える状態が続くことを願いたい。


 と、言うわけで、「藤子不二雄ランド」152冊をカウントしていいのなら、私も絶版漫画を200冊以上は持っていることになる。自分としては、藤子不二雄ランドが「絶版漫画」だという感覚は、あまりないのだが。やはり、新刊で買った経験のある本は、そういう風に思いにくい。
 藤子不二雄作品の単行本は、容易に入手できるものはほぼ入手してしまったので、今後収集を続けるとすれば、絶版漫画が中心になっていくのだろう。私としても、欲しい本はまだまだたくさんある。セリフが変えられてしまった作品については、できれば改変前のセリフで読みたいという気持ちはあるし、絶版漫画独特の古さが持つ「味」にも憧れはある。
 まあ、今さら焦ることはないのだから、ぼちぼちと集めていけたら、と思う。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

『三つ目がとおる』4種類のグリーブ編

 先日、『三つ目がとおる』《オリジナル版》大全集の第2巻が刊行された。






 『三つ目がとおる』を、「週刊少年マガジン」掲載時のスタイルで収録するシリーズだが、今回は第1巻から続く「三つ目族の謎編」および、「グリーブの秘密編」の全編が収録された(サブタイトルは、いずれも単行本版による。初出時にはサブタイトルなし)。
 現在流通している単行本版ではカットされた、初収録となるページを多数読めるのは非常に嬉しいのだが、個人的に思うのは「これで、グリーブ編がさらにややこしくなってしまった」と言うことだ。

 なぜかというと、「グリーブの秘密編」は単行本だけで、すでに3種類のバージョン違いが存在するからだ。これに、今回刊行のオリジナル版を加えると、4種類存在することになる。
 今回は、この4種類の「グリーブの秘密編」について、簡単に紹介しておこう。その4種類とは、


(1)講談社コミックス(KC)版

(2)手塚治虫漫画全集版

(3)手塚治虫文庫全集版

(4)《オリジナル版》大全集


と、なる。

 このうち、(4)は雑誌初出にほぼ同じと言うことで、実際に《オリジナル版》大全集を読んでいただくのが一番わかりやすいだろう。

 (1)~(3)は何が違うかというと、冒頭部分および結末部分である。
 (1)では、おそらく200ページほどに収めなければならないというページ数制限があったためと思われるが、CIA本部に写楽たちが連れて行かれて、そこで謎の装置(実は、水を出すだけ)を作るという展開がばっさりカットされて、グリーブの暴走後すぐに潜水艇で日本に逃げるようになっている。CIA部長ポーク・ストロガノフは登場しない。
 (2)は全集と言うことでページ数制限が緩くなったのか、(1)ではカットされた展開が復活しており、30ページほど全体のページ数が増えている。

 (3)はと言うと、これがちょっとややこしい。手塚治虫文庫全集版は全話収録となっているため、それまでの単行本には入っていなかった「文福登場」というエピソードも収録されている。それにより、「文福登場」の前半と「グリーブの秘密編」の冒頭部分が内容的に重複してしまうため、文庫全集版「グリーブの秘密編」は、その重複分がばっさりカットされたのだ。
 これは手塚先生の死後の改変であり、好ましくないと個人的には思う。これにより、写楽がオーラでテストの答案用紙に記入するエピソードは消滅してしまうなど、弊害も生じている。しかし、『三つ目がとおる』の単行本が全話を収録するようになってからは、この形が基本になってしまい、続くGAMANGA BOOKS版も、同様の編集となっている。

 (1)~(3)を比べると、個人的には上底先生が助かる(1)の結末が好みだ。(2)(3)では上底先生は作者にすら存在を無視されてしまい、グリーブ跡地に置き去りになったのか、はたまた死んでいるのかすら示されてはいない。
 ちなみに、(4)の雑誌初出版では和登サンが「ここに上底先生が死んでる!!」と、死体を発見するコマが存在する。初出では死亡していた上底先生がKC版で復活した理由は定かではないが、話としてはまとまりがよいような気がする。


 と、言った感じで、4種類の展開が存在する「グリーブの秘密編」。現在、KC版は少々入手が難しいかもしれないが、全バージョンを集めて読んでみるのも一興だろう。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

『三つ目がとおる』《オリジナル版》大全集と単行本史

 先月、復刊ドットコムより『三つ目がとおる』《オリジナル版》大全集の刊行が開始された。





 これは、今まで単行本として刊行されてきたものとは違い、『週刊少年マガジン』掲載時の状態を、一部セリフ(自主規制しているもの)を除いて再現したものであり、個人的にも以前から待ち望んできた本だ。
 今回、刊行された第1巻は週刊連載になる前の読み切りシリーズ6話と、週刊連載になったあとの第7回~第16回が収録されている。
 読み切りシリーズに関しては単行本版との差異はあまりないが、週刊連載分については、はやくもかなり構成が異なっており、今後の刊行分にも期待が出来る出だしとなっている。どう違うのかは、ここでは触れないでおく。気になる方は、このオリジナル版を読んでみましょう。

 この『三つ目がとおる』《オリジナル版》大全集は、これまで復刊ドットコムで出されてきた『火の鳥』や『ブッダ』などの《オリジナル版》大全集とは違い、原稿が現存している部分は原稿を使い、残念ながら原稿が失われている部分のみ雑誌から復刻するというコラージュ方式を採用している。これは、別に珍しい方式ではなく、たとえば講談社文庫の『ゲゲゲの鬼太郎』などの雑誌掲載オリジナル版(と銘打っているが、実際にはちょっと違う部分もある)でも採用されているが、サイズの大きい復刊ドットコムのシリーズなので、より効果的にきれいな線が出ている。
 実際に読んでみると、過去に単行本収録されている部分だけでなく、単行本化でカットされた部分も原稿から復元したとおぼしききれいな線になっているコマが多く、なかなかいい感じだ。


 さて、『三つ目がとおる』は、人気作であるので、これまで幾度となく単行本化されている。
 『週刊少年マガジン』連載作品なので、最初の単行本は講談社コミックス(KC)だ。このKCですべてが刊行されれば話は簡単だったのだが、そうはいかなかった。



KC版・全6巻


 KCの刊行は、ほぼ連載順に「怪植物ボルボック編」までが刊行されたが、ボルボック編の第6巻で止まってしまった。
 何故かというと、このタイミングで手塚治虫漫画全集が刊行開始となり、『三つ目がとおる』も第1弾のラインナップに入ったためだ。普通に考えれば、KCと同じ内容で第1巻から出したのだろうが、そこは「(手塚)先生独自の考えに基づく一種の読者サービス」(故・森晴路氏)が発揮されて、なんと第1巻にはKCの続きとなる「イースター島航海編」から収録されたのだ。



全集版・全13巻


 その後、第6巻まで「怪鳥モア編」「古代王子ゴダル編」「地下の都編」と、連載後期のエピソードが収録されたあと、第7巻になってようやくKC版第1巻にあたる三つ目登場のエピソードが収録されて、その後は第12巻まで「グリーブの秘密編」「三つ目族の謎編」「怪植物ボルボック編」と収録されて、短編集となる第13巻で完結したのだった。
 この変則的な収録順によって、「新書判を持っている読者がつづきだと思って全集の七巻から十三巻を買ったら、ほとんどがダブっていた」(故・森晴路氏)という事態になった人もいたそうだ。全集を全巻揃えるような手塚マニアには影響はないかもしれないが、世の中、そう言う人ばかりではないのだ。

 このように、全集で妙な収録順になってしまった『三つ目がとおる』だが、その次に出たKCSP版・全8巻では収録内容は全集版と同一だが、ほぼ発表順の収録に改められている。それでも、連載時の最終話である「スマッシュでさよなら」が第7巻に収録され、第8巻が「怪鳥モア編」になっているという問題点はあるが。KCSP版には、全集と同様にあとがきも収録されている。
 その後、ハードカバー版や文庫版も刊行されたが、基本的にこのKCSP版が底本となっている。

 そして、『三つ目がとおる』には、単行本未収録のエピソードも存在した。
 以前にも触れたことがあるが、この未収録話が初めて単行本化されたのは、意外にもコンビニコミックスだった。全14巻が刊行されたKPCのシリーズで、ようやく『三つ目がとおる』は全話収録されたのであった。





 個人的には、未収録分だけが欲しかったので、このKPCは5冊のみ購入した。コンビニコミックスなのでいつも同じ店に入るとは限らず、入手に苦労した記憶がある。もっとも、その後講談社文庫にて未収録話だけを集めた『三つ目がとおる 秘蔵短編集』が刊行されたので、KPCはいらなくなってしまったのだが。

 さらに、手塚治虫文庫全集にも未収録話は入ったほか、小学館より刊行されたGAMANGA BOOKSのシリーズでも、全話が発表順に収録されており、最近は「未収録」はなくなったと言っていいだろう。少々値段は張るが、カラーページも収録されているGAMANGA BOOKSが、単行本版『三つ目がとおる』の決定版と言えるのではないだろうか。私は、持っていないが。


 くどくどと書いてきたが、これまで色々と出た『三つ目がとおる』は、あくまで単行本に収めるために色々と再編集と描き足し・描き換えを施された単行本バージョンであり、連載版である《オリジナル版》大全集は、別物と言える内容となっている。もう一つの『三つ目がとおる』を楽しめると言っていいのだ。『三つ目』ファンとしては、ぜひ読んでおきたい本だ。お値段はかなり高いけど。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

『魔神ガロン』の代筆について

 手塚治虫に『魔神ガロン』と言う作品がある。現在は、手塚治虫文庫全集で全2巻として刊行されている。

 元々は、手塚治虫漫画全集(B6全集)で全5巻として刊行されていたのだが、これが一読者の立場としては色々と謎の多い作品だ。その「謎」の最たるものは、手塚先生ご自身が描いていない部分があるのではないかという、「代筆」についてだ。
 「謎」と書いたが、謎どころではなくはっきりわかる部分がある。それが、B6全集の第3巻136ページ~155ページの合計20ページで、これは誰が見ても手塚先生の絵とは思えないだろう。明らかな代筆だ。

 そもそも、B6全集の第3巻は、その始まりからしておかしい。
 第1ページはガロンとピックが海岸に打ち上げられている絵なのに、その次がガロンが海を歩くコマ、そして「リクヘツイタ」と言うコマが続き、そのあとがガロンに乗っていたはずのピックがなぜか濡れているコマと続く。
 実は、ここまでのコマは以前に描いたコマを流用したものであり、それ故に流れがおかしくなっているのだ。こんな事になったのは、想像するにちゃんと描いている時間がなかったために、一種のコラージュでごまかすしかなかったのだろう。

 雑誌掲載時はそれで仕方がなかったかもしれないが、単行本化で直すべきだと思われた方もいるかもしれない。だが、それは不可能だった。B6全集の第1~2巻は手塚先生の生前に出た第3期に刊行されたが、第3~5巻収録部分については、手塚先生の死後に出た第4期ではじめて単行本化されたからだ。
 いくら流れがおかしいからと言って、第三者が手を加えるわけにも行かず、初出のままで収録せざるを得なかったのだろう。先ほど触れた明らかな代筆部分についても、同様だ。

 逆に言えば、第3巻以降については代筆を含むが故に、手塚先生の生前は第2巻までで止めたと考えられる。
 『魔神ガロン』の単行本は、B6全集以前に秋田書店のサンデーコミックスで刊行されているが、その内容はほぼB5全集の第2巻までと同一だ。
 唯一違うのは、サンデーコミックスのラストの海に消えたガロンとピックの再登場をにおわせて完となるページはB5全集には収録されておらず、B6全集の第2巻では大渦巻に巻き込まれてピンチとなる場面で終わっており、これは明らかな第3巻への「引き」になっている。
 だから、B6全集第3期では第2巻で終わってしまったが、それはおそらく手塚先生の多忙により第3巻以降の代筆部分を描き直す時間がなかったためで、将来的にB6全集の第4期を刊行する際には、続きを刊行するつもりがあったのだろうと推察できる。
 それを、裏付ける証言として、B6全集第4期完結の際に手塚プロ・森資料室長が書いた「手塚治虫漫画全集の刊行を終えて」と言う文章では、「未完のものや一部代筆の作品は、先生が存命であれば、当然つづきが描き下ろされたり描き直されたりしたものである」とされている。そうならなかったのは、残念だ。

 それにしても、第3巻以降には一体どれだけの代筆があるのか。前述の誰にでもわかる部分は言うまでもないとしても、細かく見ていくと、ここはちょっと手塚タッチとは違うのじゃないかなと言う部分が散見されるので、他にも代筆部分は存在するのだろう。もしかしたら、初出の雑誌や付録では代筆者がクレジットされていたのかもしれない。
 代筆でもレベルの高いものは簡単には見分けが付かないので、絵のタッチだけでここが代筆と指摘するのは難しいが、絵はともかくとして、話は手塚先生が考えたものなのだろう。
 その裏付けとして、第4巻に収録されているブッド博士のエピソードが白黒版のアニメ『鉄腕アトム』にアレンジされて原作として使われているのだ。おそらく、代筆部分についても最低限のあらすじなどは存在したのだと思われる。

 しかし、前述の明らかな代筆に関しては、もっとましな代筆者がいなかったのかと、不思議でならない。
 手塚作品の代筆にも色々あって、たとえば『鉄腕アトムクラブ』に掲載された「チータンの巻」の第2回などは、かなり手塚絵に近い代筆である。そう言ったいい代筆者を『冒険王』編集部が用意できなかったという事なんだろうか。


 とにかく、『魔神ガロン』の第3巻以降は、色々な意味で見どころが満載だ。
 この時代の「代筆」を含めた連載事情の一端をうかがい知る事が出来る。そう言う点は、没後の刊行になったおかげなのだろう。このレベルの代筆が刊行できるのなら、『マグマ大使』のサイクロップス編もなんとかしてほしい。
 そんな事を、考えてしまうのだった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』感想

 東映チャンネルで再放送されていた『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』が、先日最終回を迎えた。

 この作品を観たのは、本放送以来。その本放送で非常に気に入って観ていたので、今回の再放送は本当にうれしかった。
 以前にも東映チャンネルでは再放送した事があったようだが、その時は観逃してしまっていたのだ。


 今回、あらためてこの作品を観て驚いたのは、怪人・魔天郎が思ったよりも「何でもあり」の存在だった事だ。
 なにしろ、普通に怪盗として盗みを働くだけではなく、覇悪怒組のメンバーを過去や未来に送り込んだり、空中浮揚させたり、魔天郎自身も飛んでみたりと、底が知れない不気味さがある。
 考えてみれば、本作も東映不思議コメディーシリーズの一作であるわけだから、当然と言えば当然なのだが、ここまで何でも出来る奴だったとは、完全に忘れていた。

 そもそも魔天郎は、覇悪怒組のリーダー・ヒロシがパソコンで作り出した怪人(このあたりも、今回観るまで忘れていた)であり、それが現実のものとなったという不思議な部分があったわけで、そのあたりや落合先生との関係性も含めて、最終的に視聴者にとっては謎のままで終わる。
 作中で、落合先生を慕う純子先生にだけは、落合先生自らが秘密を打ち明けたようだが、その肝心の場面は存在せず、それがどのような秘密であったかは明らかにされない。

 だが、それでいいのだろう。魔天郎と覇悪怒組との一年間にわたる戦いは、単に怪盗と探偵団との戦いと言うだけではなく、覇悪怒組メンバーを精神的に大きく成長させるものであったはずだ。教師として現れた落合先生が、はたして魔天郎だったのか。最終回のラストシーン、落合先生の乗る電車から、魔天郎が現れて、空へと去って行く。それで、十分だと思う。

 なお、最終回は特別版のエンディングとなっており、本編からそのまま話が続いてエンディングテーマ「少年色のメルヘン」が流れる。
 これが、非常に心に残る名シーンとなっている。元々名曲である「少年色のメルヘン」が、最終回という事で特別な意味を持って歌詞が心に伝わってくる感じだった。


 ここで、各エピソードごとの感想も書いておきたい。
 何人かの脚本家が参加している本作だが、やはりというか何というか、個性が際立っていたのは浦沢義雄脚本回だった。東映不思議コメディーシリーズでメインを張った他作品ほどに変な話はないような気もするが、それでも豆板醤婆あのような変な怪人を出してみたり、精神入れ替わりネタを書いてみたり、宇宙人とのファーストコンタクトを描いてみたりと、やはり浦沢回は一発でわかるものが多かった。辛切警部に関する一連のエピソードも、すべて浦沢脚本だ。浦沢回は、主役となる者以外の覇悪怒組メンバーが妙に醒めているのも特徴か。とにかく、ノリが独特だった。

 この作品ではメイン脚本家は、浦沢氏ではなく江連卓氏だった。江連氏の脚本回では、第37話「水飲み男」が印象的だ。
 魔天郎が話に直接は関わらないという異色回だが、いわゆる「ホームレス狩り」の問題を描いており、非常に社会派のエピソードだった。

 とにもかくにも、全50話、今観ても非常に楽しむ事が出来た。浦沢脚本回については、本放送時とは違う楽しみ方をしてしまっている気がするが。


 ちなみに本作は、私の住んでいた名古屋の東海テレビでは、フジテレビとは違って毎週金曜日の朝7時30分から放送されていた(月~木曜日はアニメ再放送枠)。だから、毎週朝、覇悪怒組を観てから登校するというパターンになっていたのだ。
 後番組の『じゃあまん探偵団 魔隣組』になると、このパターンが崩れた。放送途中で、番組が夕方16時に枠移動したためだ。そのせいもあって、『魔隣組』は途中からあまり観なくなってしまった。
 今回の東映チャンネルは、『覇悪怒組』に引き続いて『魔隣組』も再放送するので、せっかくだから一度、ちゃんと観てみようと思っている。『魔隣組』も、楽しみだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ 次ページ »