棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

9-東日本大震災を描く-原発爆発

2020-03-15 14:36:11 | 東日本大震災を描く-
東日本大震災を描くの大作は2011-3-11日の発生より、本絵の制作には数か月後であったことは記してきました。
それは「描いてよいテーマなのか」というジレンマがあったが、イメージはどんどんと膨らんでいった。

そんな中で「この怒り」をどのように表現したらいいのか定まらなかったのが、3-12日から起きた福島原発の爆発であった。



当日TY画面は遠望より撮影されたぼけた発電所の映像であった。
現実にどんなことがなされていたのか全く分からない。
そして12日午後3時半ごろ福島第一原発からもやもやと煙が上がる映像が・・。

それからである。次々と爆発し、日本中ばかりか世界が震撼するメルトダウン起き、9年たった今も帰還不能な地域ができてしまった。
天災である地震・津波は「備える」ことでしか対応ができないが、人災である原発事故は防げたはずだ。
放射能汚染被害は天災被害よりもはるかに大きいことを九年たった今も響いている。

最近のネットニュースで知ったことですが、私の大好きな台湾では「核食」なる言葉が広まっているようです。
放射能に汚染された福島産の食品に対して言っているようです。
説明はできないのですが、長い漢字を二語にしたもののようで、本来の意味合いと異なっているようですが、
いったん植え込まれてしまった悪いイメージを払拭することは難しい。
台湾の人たちを責める気わなく、われわれ日本人も風評にどっぷりつかってしまう。
 当時 いち早く義援金を送ってくれたのが台湾でした。
知性の問題ではなく、恐怖からくることである。

3年ほど前のことですが 東京に住む知人は放射能の心配のあまり計測器を購入した。
それを知った私は大笑いをしてしまったが「リュウさんは認識が甘すぎる」とたしなめられてしまった。
9年たった今も・・いやいやこれからも続く怖さが放射能です。

そうそう、作画について話しますと「観えない恐怖」をどのように表すか思考した。

30歳代から描いているシュール的な画面構成の作品に登場する「少女」がいます。
私の「純粋な心の目・子供の目・心の反映」なのて゜す。

見慣れぬ白い防護服の異様さと合わせることにより、シュールレアリスム的な世界が現実としてある現実。
意味不明な屁理屈ぼっいですが、放射能の脅威をこのように表したのです。
作画では一番練りに練ったものです。
世界からの善意に満ちた人間愛と相反した、人災の悪夢を描いたものです。

マッタクの蛇足ですが、ただ今のコロナウイルス騒動で、この異様な姿が見慣れてきた。


コメント

8-東日本大震災を描く--慈母観音

2020-03-13 18:12:29 | 東日本大震災を描く-
平成天皇・現 皇后ご夫妻が被災地を訪れ、疲弊しきった人々を見舞われました。
テレビからの映像ですが人々は勇気づけられ希望が湧いてきたと、心から感謝をささげていました。

私は「天皇陛下万歳」と身も心も捧げるものではありませんが、間違いなく日本人の心に宿っている敬愛・尊崇の念は否定ません。
正直 私も年を得て「日本人の心の柱」を感じるようになりました。 
亡くなられた人々の供養と心の柱を慈母観音として表しました。

この絵こそ私だけが描ける「東日本大震災を描く」テーマと言えます。

 

コメント

7-東日本大震災を描く-救助

2020-03-12 16:29:43 | 東日本大震災を描く-
 
制作にあたっては新聞や写真などを参考にして描いた。
現地を訪れ、直接見たものではなく全て想像だ。
しかし、被害者の悲痛ともいえる言葉や文章が作図の根底となっている。

テレビ映像は全体像を掴むのに役に立ったが、新聞報道は感情を読み取ることができた。
いまも大切に保管をしている。

制作中、描き入れたい一人一人の声が聞こえてきたり、まるで知り合いかのような奇妙な錯覚に陥ったりした。
永い創作生活でこのようなことは初めてで、精神的に不安定になってしまった。

延期にはなったが、久しぶりにこの作品を観れば芸術的にうんちく言うよりも、獲りつかれて描いたようなナニカがある。
コメント

6-東日本大震災を描く-救助・救援

2020-03-11 18:24:30 | 東日本大震災を描く-
9年前のこの日は今日のように暖かく、夕方の散歩は少し早めにスタートし、一時間ほどのフルコースだった。
確か山際の田んぼ道で「オヤ・地震かな」と感じた。
普段はテレビを視聴する時間帯ではないが気になりスイッチオン。
もーーそれから画面に釘付けになってしまった。

「東日本大震災」テーマに制作をする気持ちはなかったのであるが、
その後の報道に触発されたのか、体内の奥から湧き上がってくるナニカに私自身がほんろうされた。

湧き上がる感情のままにのクロッキーが何枚もたまった。
そして描き上げたことは今までに何度も書きました。

今回の画面は「助け合い・救助する人々」だ。
説明は無用であろう。
 





コメント

4-東日本大震災を描く--逃げろ

2020-03-08 12:52:26 | 山郷の暮し
今朝は雪交じりの雨がしとしとと降る暗い始まり。
お昼を過ぎても寒く、ワンチャンのオシッコを済ませただけの散歩です。

東日本大震災を描く の展示会は予定では8月下旬に繰り越しになってしまいましたが、被災地への思いは変わっていません。
先ほど改めてネット検索をして、死者は一万八千人を超えて居ます。
胸詰まらせる報道が続きましたが、中でも大川小学校のことは忘れられません。

その報道を知った時浮かんだ光景をクロキーをもとに本絵にしたものです。
写真にもない、絵だけにできる記録かと思います。
あらためて 東日本大震災を描く の大作を見て 絵画ゆえにできた想像光景絵です。
顔も名前も知りませんが、なぜか具体的に観えた気がしたのです。

蛇足ですが今見て 子供たちの声が聞こえてくるような情景を よく描けたものだと自分で思います。
コメント

3-東日本大震災を描く

2020-03-05 17:44:24 | 山郷の暮し
テレビの映像はすざましい津波を映し出していました。
巨大な船が陸地へと押し上げられていきます。
家も車もあらゆるものがぐちゃぐちゃになり、一気に海へと引きずり込んでいきました。
 
夜の映像では、コンビナートから流れ出た燃える原油の海でした。
正直 この映像にはびっくりさせられた。

世界最大級の地震と津波で痛めつけられた人々に、さらに余震が襲いました。

翌日(3-12)の朝刊には 人も 町も 消えた の大見出しの新聞でした。

子供を抱え逃げる家族を想定し、その家族の変化を描きこんだのです。
前回のショーウインドを見るお祖母ちゃんとお母さん。
上図にはこのお祖母ちゃんがいません・・。





図の右上に描いた上弦の月は2011-3-11の夜です。
日記にしっかりと記されています。
コメント

自粛の通知

2020-03-03 15:49:18 | 山郷の暮し
20-3-3 コロナウイルスの余波
世界のニュースはコロナウイルスのことから始まっています。
残念ながら日本の対応は今一つだと評価されていますが、正直 中国のように国家権力で抑え込むことは無理でしょう。
中国の今までの封じ込め対応を見ると恐ろしさも感じます。
ある解説で、危機管理能力は戦争追行能力と比例する、とあり一瞬 ?? でしたが読むに従い、合点がいきました。
要領よく説明できませんので面白い論理ですので調べてみることをお勧めいたします。

その中国の人々から日本は何をしているんだ、といわれる昨今ですが、その中国の一部に「元々俺んとこじゃーなかった。よそから来たものだ。」
と訳の分からない話が出ているとか。
いかにも中国的だと感じています。

さて、この騒ぎは他人事でなくなりました。
3月17日から22日まで松本美術館で「東日本大震災を描く」の展示会予定でしたが、今日 美術館は休館するとの電話がありました。
ちょうど案内状の切手を貼り終えた時で、もう30分遅れたら郵便局に行く時で、あぶなくセーフでした。
ラッキーであったと前向きにとらえ、改めて決定(8月以降)できたときに開催することにしました。
あらゆるところで「こんなこと初めてだ」と慌てていることでしょうね。


コメント

2-東日本大震災を描く-展示会

2020-02-28 15:27:53 | 山郷の暮し
コロナウイルスの感染予防で自粛せざるを得なくなり。展示を中止しなければならないかもしれないが、準備万端である。
作品は高さ162センチ・幅820センチと大きなもので、様々な情景をびっしりと描きこんである。
今回は説明をしたて来たことを、漫画のコマワリのような説明パンフを作ったので、ブログでも一部を展開させてみます。

1-2パネル 天災--津波
2011年3月11日 私はいつものように愛犬と散歩をしている時だった。
「オヤ・地震かな・・。」とわずかな揺れを感じた。
いつもはテレビを視聴する時間ではないがチョット気になりスイッチ・オン。
飛び込んできた映像に信じがたい思いだった。
新たな映像とともに繰り返される報道に、体内からこみ上げてくるナニカは日に日に大きくなり、それに左右される一年となった。

三陸沖を震源としたM8.8は観測史上最大。
津波は所によっては高さ10メートルを超え東日本の人々の暮らしを数分のうちに壊滅状態にしてしまった。
日々の報道に悲しみは怒りとなり、そのままの思いを描き文に残した。
本絵の制作にはためらいもあったが、小学校入学まじかの家族を仮想し、絵巻的な構想が熟したのは同年の11月であった。





お母さんとおばあちゃんが入学祝を買おうとウインドウを見ています。
コメント

東日本大震災を描く-展示会

2020-02-27 11:50:27 | 山郷の暮し
東日本大震災が起きてより早くも9年たたんとしております。
日本中の人が強烈な光景に息をのみ、「何とかできないものか」と思ったことでしょう。
思うばかりでなく、実際にボランティアにでかけていったり、何らかの形で支援をされた方も少なくないと思います。

私も画人として何ができるのか迷いに迷った挙句、新聞・映像とうの報道資料を参考に津波被害などを表したが、
災害の光景を描くのではなく人々が苦境から立ち上がる精神力を描いた。
正直、現場に立ったわけでもなく人々の苦悩を芸術家的想像だけの制作に後ろめたさもあった。
制作日記を読むと、制作時の湧き上がる悲しみ、いきどうりに自身当惑しながら、夢中にキャンバスに向かった日々であった。
 パンフ 表紙

翌年の2012年春に「東日本大震災を描く-天災・人災・人曼荼羅」を意図に絵巻風に展開した大作(920cmX162cm)を完成させた。
ある展示会場では、男性が作品を見ているうちに絶句し飛び出してしまった。
避難をされていた方だと、同行の人が話をしてくれた。

機会を得ては展示会をしてきたが、ここ3年ほど開催をしていなかった。
この度 3月17日--22日 松本市美術館 で久しぶりに展示をすることになった。

案内はがき・パンフ等すべてそろった現在、先ほど美術館より電話があった。
なんと、他人事と思っていたコロナウイルスの感染予防の影響で、自粛要請があった。

決して強制的なものではないのだが、まだ未定だというが、もし本館での企画が中止になってしまったらこれはお手上げだ。
正直 入場者数は本館の流れにかかっている。
何とも・・・。

コメント

アイリス

2020-02-04 17:26:55 | 山郷の暮し
暖かですねー。例年でしたら川岸に複雑な氷の造形が折り重なっているのですがマッタクそのけもない。
大変楽な冬ですが、グレタさんの言うような地球環境危機からでしょうかねー。
積雪がないと水不足の要因になりかねませんから心配ですね。

昨年制作をした「極楽を描くとしたら・・・。」の話に戻りましょう。
とは言っても、ヒマラヤの谷でのことでしたが、アイリスを描いているときに思いだした光景でした。
「アイリス」は我が家の雑草花畑に数種類あったのですが、変わった立派な花をつける株は、雑草に負けたのかいつの間にか消えてしまった。

花弁は色合いの関係からか見た目には厚く硬そうですが、虫がちかつくだけで震え、透き通った光が光粒となってきらめく。
そのような様子を素直に描き出したかった。
もちろん、極楽のイメージである。
コメント

ryusun

つぶやき

絵本と無縁になった大人に

子供たちに向けたというより、内なるものを呼び覚ます大人への絵本