足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

ソフトバンクがビジネス分野を拡大

2018-10-10 11:12:34 | 投資戦略
ソフトバンク(7974)の事業拡大欲が止まらない。
一時は孫社長が外国人から経営者をスカウト、経営の指揮を委ねたが、孫社長は経営の指揮と統治の全権を手放したことが失敗であったことをすぐに気付き、以前と同じポストに戻った。
その行動に世間がどのように評価するかは全く気にせず、ここ2~3年の会社の成長の勢いは以前よりも活発になった。株主にはプラスであった。

本日も海外のニュースウエブの「MarketWatch」が、ソフトバンクが200億ドル(2240億円)を投じて、米国でWeWork Cosを傘下に収めるニュースが流れた。
孫社長の飽くなき拡大意欲の現われである。オフイスのスペースを分割して貸し付ける大家の不動産業である。
國際的な営業基盤を次から次へと手中に収めていくが、このような企業は世界でも多くの例はない。
孫社長には幅の広い視野で経営をみる日本人の経営者には見られない力がある。
今回の投資金額は150億ドル~200億ドルとみられているが、その資金はソフトバンクが先に組成した920億ドルのビジョン・ファンドが出資する。米国での不動産業への進出である。トランプ大統領がグループの資産を拡大した同じビジネスの道に入った感じを受ける。
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ウォール街で強気人気が継続 | トップ | ヘルスケア関連が強い・・・... »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事