ufo君の不健康日記

病気がちのおっさんの怠惰な日々、ほんの少しの努力。

閑話休題・・・失われた一月

2013-01-31 05:11:55 | Weblog
 まあ、病気話は少し休んで・・・

 今朝も4時前に起きましたね。病院暮らしの影響が残っていますね。ちょうどこの頃に看護師さんが見回りに来てね、目を覚ましていましたっけ。ペンライトの光が懐かしいです。退院の二日ぐらい前でしたか、明け方に地震もありましたね。9時に寝て4時に起きるなんて禅宗の坊さんみたいですね。つまはお仕事で起きて行きました。ねこさんとわたくしはベッドでのんびりしています。ベッドの上で結跏趺坐をしたりしてね。にわか坊主ですね。

 自宅に帰って食事は少しカロリーが増えていますね。気をつけなくてはいけませんね。相変わらずワインにも手を出してはいませんけどね。今年の正月は何だったんですかね。元旦に釜山駅前の東横インの部屋で飲んだのが最後でしたね。あれから腹一杯食べることも無く、勿論アルコールっ気も無く、一月がたってしまいました。小遣いを使うこともあまりなく、入院してからは毎朝サンケイスポーツを買ってヨーグルトを買うぐらいでしたね。昼間はボルヴィックかエヴィアンを2本買ってちびちびと飲むぐらいでしたね。一日千円以下でしたね。しかしまあ、わたくしの今年の正月は何処へ行ったのでしょうか。
 退院の時に払ったのは17万円弱でしたね。ずいぶん高いホテル代でしたね。いろいろ痛い目に遭わされたのにね。まあ、美人の若い女医先生と、綺麗で優しい看護師のお嬢さんたちにいろいろしてもらったんだから仕方が無いとあきらめて・・・

 8万いくら以上は返ってくるんですよね。それに保険が下りますか。一日一万4,5千円でしたかね、下りてきますよね。60歳を過ぎて共済がみんな契約が終わり、前みたいに一日3万円とはいきませんが、十分助けにはなりますね。おりたらBMWの幌を張り替えましょうかね(笑)まあ、あと二日ぐらいは寝たままで行きましょうね。妻が休みになったら魚でも買いに出かけましょうか。
コメント

結構辛かった治療・・・

2013-01-30 19:36:44 | Weblog
 まあ、一番辛かったのは導尿でしたね。前に入院したときの膀胱ガンでもそうでしたが、膀胱まで管を入れっぱなしにして尿を入れ物にとって居ますね、最初のうちは。それが会陰部の辺りが痛くてね、食事の時などベッドから起き上がって座るんですが、その時も辛くてね、参りました。まあ、丸三日ぐらいで抜いて貰い、やっと楽になりましたね。その後も点滴は続きましてね、これも厭きるほどでした。でもおしっこの管が抜けてからは点滴も一時外してお風呂に入ることも出来て大分楽になりましたね。
 点滴は500ccが6袋、と言って良いのでしょうかね、6本と言いますか、これが三日間、4本が二日間、2本が二日間でした。針を刺し替えたりすると、むくみのせいか、血管がなかなか出ずに困りましたね。最後に刺したときなどは最初看護師さんが二人交代して駄目、最後の男の先生が夜中にやってきてやっと刺さり、それから三時間かけて終わってやっと眠れました。長い一週間でしたね。それからもただただ安静にしているだけで背中が痛かったけど大分楽になって行きました。

 今、病院内は結構大変なんですよね。インフルエンザや、ノロウィルスがはやっていますからね。わたくしも最初は腸の不調はノロウィルスかなあと思っていたんですが、ノロはそんなに長くは症状は続かないそうで、違いますよと言われました。整腸薬を毎食後飲んでいるうちにお腹の調子も治ってしまいました。胃はカメラを飲まされまして苦しかったですね。逆流性食道炎で食道が少しあれていましたね。胃にも荒れているところがありましたが、組織検査では悪性の物では無いと言うことで、薬を飲むだけでこれも治りました。良かったですね。

 最初4人部屋でわたくし以外はみんな70代以上でしたね。一人はご近所の知り合いでした。似た人だなあと思いましたが何も言わないので別人かと思っていましたが、後で聞いたら、肺がんで手術した後で声が出ないので話しかけなかったとおっしゃってましたね。こちらも結構重病人で寝たきりでしたしね。二人は80代の結構苦しげな患者で、その内の一人がインフルエンザにかかりましてね、あっという間にどこかへ隔離されました。残った三人もタミフルを飲まされて大変でしたね。見舞いもそれぞれ奥さんだけ、後は面会もなしでしたね。皆さん知り合いにも知らせてないみたいでした。わたくしも誰にも言いませんでしたね。病院へ送ってくれた人にも来ないように言っておきました。幸い、インフルエンザにかかることはありませんでした。また明日へ続く・・・
コメント

病棟方丈記続き・・・

2013-01-30 06:40:39 | Weblog
 入院で付いた良い習慣:規則正しい生活ですかね。寝てばかりいる割には決めた時間にちゃんと目を覚ましますね。今朝も4時前に目を覚ましました。昨日は午後ずっと眠ってしまい、また変にずれてしまうのかとも思いましたが、ちゃんと朝起きましたね。ちょうどつまが起きていくときで、寒いせいかねこさんが布団の足下に潜り込もうとしていましたね。少しのんびりと過ごしてから5時過ぎに起き上がりました。病院ではこの時間にはお腹が空いてきゅるきゅると鳴るお腹をもてあましていましたがね。体力が落ちていて歩き回るわけにも行かず、雑誌などを見ているだけでしたがね。ああ、本は駄目ね、漢字をみているとすぐに眠くなってしまいましたからね。読書にも体力が要ることが分かりました。麻生さん状態でございましたね。
 病院では8時に朝食なんですが、7時にお茶が配られます。極度に熱いほうじ茶ですね。いくら熱くとも一時間も経てば冷めちゃいますね。なんでこうなのかと思いましたが、別に文句を言うこともありませんでした。怒るにも体力が要るんですね。まあ、御飯の時にはロビーへ行ってまたお茶を機械で出して飲めば良いことでね。機械のは美味しくないんですけどね。

 食事に関してはカロリーが一日1600でしたが、まあ、これは仕方が無いですね。わたくしより体重で20kg、身長で15㎝も少ない人がもっと食べているのを見るのはかなりとほほなことでしたね(笑)塩分は極度に少なく、朝は食パン6枚切り一枚でしたが、これも無塩パンでした。おかずの甘みも人工甘味料を使っているようでした。正式に腎臓病ではないことになっても変わらず、『無塩』の暮らしでした。その割にはマーガリンなんて毎回ついて来ましたね。これも美味しくなかったなあ。ジャムもね。まあ、パンはトーストにすればなんとか食べられますからね。ジャムは口直しにつまに家から青森のリンゴを煮てシナモンを振った物を一度持ってきて貰い溜飲を下げました。
 腎臓を診るついでに糖尿のほうもしっかり検査をして貰えました。我が家での暮らしに比べるとお酒を飲まないだけあって体重は増えることはありませんでしたね。血糖値も三食ともに食前の測定をして貰えます。多くて85、少ないと71なんてのがに三回ありましたね。59が一回、68が一回と低血糖の時さえありました。低血糖なんて糖尿と言われて以来初めてでしたね。糖尿病の内服薬は飲まず、もし200以上に上がった時だけはインシュリンを使うと言うことで、最初の頃2度打っただけでその後は何もなしでした。低血糖に備えては、別にわたくしはなんの不具合も感じませんでしたが、ふらついたり意識障害でも出ると良くないからとブドウ糖を二種類看護師さんから戴きましたが、まあ、お守り代わりに持っていましょう。
 退院前に糖尿病のT先生からお話があり、当分は成績が良いので糖尿病の内服薬も止めて血圧の薬だけで生きましょうと言われました。食事だけで何とかしろという謎かけでしょうね。責任重大、まあ、自分の身体ですから頑張りましょう。お酒、まだ飲んでいません。今週末辺りワインで退院祝いでもしようかと思っています。

 
コメント (2)

混乱の病棟方丈記・・・

2013-01-29 21:09:51 | Weblog
 最後まで混乱していましたね。つまは勘違いしていたらしく、病院を引き払う10時になっても来ませんでね、電話すると家にいました。待機していたそうな。昨日一緒に事務の方の話を聞いたのにね、相変わらず大物ですな。

 支払いは17万円ばかり有りましたね。二週間の入院ですが、大部屋で、しかしいろいろな数の検査をして貰いましたからね。胃カメラまでやりました。個室には入りませんでした。ここの個室はそう高くないのですが、もうリタイアして無収入ですからね、大部屋で小さくなっていましたね。でもまあ、世の中には騒ぎながら眠る人が多いんですね。ひとの迷惑をなんだと思っているのかしらね。思わず殺意さえ浮かんできましたわW支払いはクレジットカードが使えました。進歩した物ですねえ、最近の病院は。現金を沢山持ち歩きたくないですものね。

 血液検査の数値から見つかったのは腎臓の異変であり、それで腎臓内科に入院することになりましたね。いろいろ詳しい血液検査とともに一日に6本の点滴が3日間、4本が二日間、2本が二日間という感じでベッドに殆ど張り付いていましたね。起き上がって御飯を食べるのとトイレに一日に二三度行っただけで殆ど眠っていました。尿は管を入れて導尿です。最初の日は4cc位しか出ませんでしたね。生命の危険を感じましたが。御飯は糖尿病食、一日1600kcalと言う厳しいものでしたね。御飯はお粥で、あの匂いが鼻につき、殆ど毎食半分以上残していましたね。看護師さんにお粥は駄目だと訴えると堅い御飯にしてくれました。おかずはたいしたことないけど御飯だけは美味しくて助かりました。家から持ってきて貰った梅干しが美味しかったですね。

 食べてもいないのに水分が身体にたまってしまい、入院の二三日前に80kgぐらいまで落ちていた体重が水分が出て行かないために90kgを超えてしまいました。秤が壊れたのかと思いましたね。お風呂に入ってむくみにむくんだ自分の下半身をみてああ、これかと理解しましたがね。

 他に不具合としては胃の具合が珍しく変でしたね。そしたらすぐに胃カメラをセットされ、あっという間の難行苦行、初めてでしたが辛かったですね。腸の具合も悪かったんですが、大腸の内視鏡はMクリニックに予約してあると言って勘弁して貰いました。胃は逆流製食道炎、それ用の薬を服用しはじめ、三日ぐらいで良くなりました。腸も整腸剤が効いて一週間で完調となりましたね。腸を壊したことに関しては粉瘤の治療で飲んだ化膿止めの抗生剤のせいだったんでしょうね。ほんと薬は毒でもあるのですね。

 むくみを抜くことに関しては利尿剤を使わずに点滴だけで様子を見るようで、結局時間が解決してくれたようですね。点滴の他に、水分はミネラルウォーターを毎日二本飲んでいましたが、それに食事の水分を入れても1500ccぐらいでしょうが、尿は毎日出だしてからは2500cc位出ていましたね。それが毎日むくみの解消になって来たようでした。今朝まだ少しはむくんでいましたが、これは想定内と言うことなんでしょうね。体重も82kg以下にまで下がってきました。

 そんな感じで退院してきましたが、いろいろな事が複雑に絡み合って結果として腎臓に異変として出て来たような感じがいたしますね。功罪といたしましては、γGTPが一月飲まない間に正常になってしまいました。良かったですね。今日はお昼久しぶりに家御飯の後6時半過ぎまで寝て仕舞いました。お酒は今日も飲みません。夕食は久しぶりにすき焼きを戴きました。お腹いっぱいです。さあ、ゆっくり寝ましょうね。おやすみなさい。
コメント

半月ぶりの自宅・・・

2013-01-29 12:38:10 | Weblog
 今朝、10時過ぎにつまに病院へ来て貰い、入院費を払って帰宅いたしました。16日に家を出てたまたま外で会った前の居酒屋の社長に送って貰い、T先生のクリニックへ行き、そこからM総合病院へ電話して貰い、救急車よりタクシーのが速いと呼んで貰った車で緊急で入院してからちょうど二週間が経っていましたね。結構大変な経験でした。

 言ってみれば重篤な急性腎炎であり、二日間ばかりは尿も殆ど出ず、下半身は目一杯むくんで大変な思いをしました。最悪の場合はそのまま人工透析になるかも知れないと脅かされましたが、なんとか薬を使うことはなく、腎臓も働きを取り戻してくれ帰宅することが出来ました。しかしまあ、辛い日々でございましたね。

 まあ、いろいろな検査をしましたが、いっぺんに説明も出来ませんので徐々にお話をしていきたいと思っています。言うならば「内科病棟方丈記」まあ、4人部屋の一人のスペースが殆ど、3メートル四方、方丈の空間の中で苦しんできた二週間でしたね。まあ、いろんな事がありました。疲れたので少し休みます。実は、昨日となりのベッドに入院してきた87歳のじいさまがもの凄い往復の鼾に時々怒鳴るような寝言を言いましてね、最初四時間ばかり我慢していたんですが、10分も眠れず、看護師さんに言って近所の空いているベッドに掛け布団と枕を抱えて移りなんとか一時間半ばかり眠っただけで本当に辛かったので少し休みます。ではまた。
コメント (2)

ため息

2013-01-15 19:15:57 | Weblog
 明け方の雪が結構積もりましたね。危ないのとふらふらするのとでつまが付き添いに付いてくれ、クリニックに行ってきました。レントゲンを撮って貰い採血をしてもらい、結論としては腸閉塞は無し、と言う事でした。まあまた薬を変えて貰い、薬局で薬を貰って帰りました。ああ、どっと疲れましたね。すぐに寝付いてぐうすか眠りました。いくら寝ても眠れます。今夕方起きてこれを書いています。また眠りましょうね。
コメント (1)

昨日よりは今日・・・

2013-01-12 20:00:44 | Weblog
 薬が効いてきたのか、それなりに良くはなってきました。今日は午後からはトイレに行ってませんね。相変わらず眠ってばかりいますけどね。でも昼過ぎてからこんな夜まで行かずに済むのは有り難いですね。

 体力が落ちていますね。まあ、10日間で5kgも体重が減ればおかしくもなりますよね。二階の寝室へ行くだけで息が切れます。早く直して元気にならなければいけませんね。今は全く外に出ることも出来ません。まあ、しかし仕事を辞めていて良かったですね。こうしてゆっくりと養生出来ますからね。

 今まで随分と無理を重ねて働いてきました。もう誰がなんと言ってもゆっくり暮らします。せっかく今までヒイヒイと40年間も働いてきたんですからね。少しはご褒美を戴きたい物です。

 一月二日よりこちらほとんどまともな食事がとれていません。今日もすいとんを戴きました。まあ、半人前ほどですけどね、やっと食べ物が美味しいなあと思えるようになって来ました。これからは少ない食事を有り難く戴いて過ごしたいですね。元気になれば元の木阿弥か?ははは。
コメント (2)

薄紙をはぐように・・・

2013-01-11 12:11:48 | Weblog
 昨日も寝ていて1時間半ごとぐらいにトイレに行ってましたが、最後は5時半でしたか。それからねこさんと一緒に9時過ぎまで眠っていました。うん、やっと眠れましたね。

 ネットで調べてスポーツドリンクを飲もうと仕事から帰ったつまに頼みました。チビチビと飲んでいましたが、二時間ぐらいで一本飲んでしまいましたね。やはり水分が不足していたんですね。たいして飲まないのに水分を出す一方でしたからね。でもまあ、薬が終わったせいか少しは良くなた感じがいたしますね。

 今朝の食事はサンドイッチの三角のやつからパンを一枚外して戴きました。それにバームクーヘンを一さじ、それで終わりでした。食後にフロに入り、体重を量りますと83kgになってましたね。随分減りましたね。これをいかに継続させるかが大事ですよね。元気に体重を維持する事に気を遣っていきましょうね。

 結構ふらついています。早く元気になりたい物ですね。
コメント

最後の薬・・・

2013-01-10 07:37:33 | Weblog
 今朝も6時まで寝ていました。まあ一時間半ごとぐらいにトイレに起きていましたからね、そう休まってはいませんね。一日のうち半分以上眠ってはいますけどね、それでもまだ眠いです。下痢は相変わらず止まりません。体重を量ると今年になってから4kg近く減ってしまいました。まあ、殆ど食べられないですからね。食べても吸収も出来ていないんでしょうな。

 今朝はつまが新しくお粥を煮て置いてくれましたので、大阪の塩昆布で戴きました。暖まって良いですね。食後、形成外科から出された薬を全部のみ終わりました。これで少しはお腹が良くなるのではないかと期待しています。最初に出されたメイアクトという薬は一発でお腹に来ちゃいましたね。今回はフロモックスという薬で前にも飲んだことはあるのですが、今回は駄目でしたね。ロキソニンという薬も飲んでますが、これも副作用に下痢と書いてありましたね。相乗効果ですかね、参りました。レバミピドという胃の薬も飲んでいますが、腸には効かないみたいですね。まあ、今朝が最後ですからこれから良くなってくれることでしょう。駄目なら明日クリニックに行ってきましょう。

 お酒ですが、一月一日の夜飲んで以来、ずっと飲んでないですね。えらいことです。八日間飲んでませんね。たまには病気も身体のためかも知れませんね、ははは。

 水分がどんどん出て行ってしまうので柿の葉茶を飲んだり、暖かい番茶を飲んでいます。もう少ししたらまたベッドに戻りましょうか。ああ、そうそう、昨日の夜、どうも口が不味くてつまにハーゲンダッツのバニラのアイスを買ってきて貰いました。昨日半分食べたのですが、今朝も残りの半分を戴きました。なんか甘党になったのかな?まあカロリーを身体が求めているんでしょうね。

 さあて、もう二時間も寝てそれから元気があったらシャワーでも浴びましょうかね。
コメント

ああ、具合が悪い

2013-01-09 19:17:50 | Weblog
 今日は久しぶりにシャワーに入りました。冬のシャワーというのも寒い物ですね。かえって具合が悪くなりました、とほほ。

 夕方強烈に眠くなり、三時間ほど寝て仕舞いました。相変わらず下痢がひどいですね。まああと二回の薬で抗生物質を飲むのも終わりですから、明日まだ具合が悪かったら、ああ、明日は木曜日でクリニックが休みか。それでは明後日にでも行ってきましょう。相変わらず、熱はないし、ただ下痢をするだけなんですよねノロウィルスならつまも具合が悪くなるはずですからね。薬の副作用だと思いますね。

 つまが食べていたホットサンドを一口もらい、子供の頃に病気をしたときに母親が作ってくれたリンゴのすり下ろしたのをつまに作って貰って戴きました。少し元気が出ましたね。これで少し良くなってくれれば、と思いますね。さあ、また寝ましょうか。元気に起きられると良いですね。
コメント