花好き・旅好き女性のセカンドライフ  (ブログを始めて16年目)

幾つもの持病を持ちつつ伯母の介護をし、春~秋はガーデニ
ングと家庭菜園、その合間に旅行も楽しむ定年後の生活日記

定期検診に行って来た

2007年10月16日 | 医療・健康問題・食生活
 今日は9時から予約してあった定期検査の日だ。
 7時半にばたばたと家を出てJR駅に向かった。いつもの駅で降りたら雨降りだ。天気予報を確かめる暇もなく傘も持たずに来てしまったので、25分間秋雨に濡れながら病院へ急いだ。
 
 受付したら、マンモグラフィーを撮って来るよう指示された。エックス線科に行って受付票を出すと、若い女性の技師に撮影室に連れて行かれた。上半身裸になって特性のカバーを着たらいよいよ撮影だ。横からのと上からのを片方で二枚、計四枚の写真を写した。一枚撮るのにかかる時間は僅か7~8秒なのだが、乳房が強く圧迫される痛さに息ができない程だった。終わったらどっと疲れが出た。

 5分ほどで現像された写真を貰って乳腺外科に戻り、診察を受けた。乳房と左右の脇のリンパ腺、それに首のリンパ腺の触診、それと写真診断の結果、医者から「異常なし。」と言われた。
 (実は片方の乳房の画像に白い点が一つあったのだが、聞くと、それは石灰化で癌ではないと言われた。)
 最後に医者から「手術後、丁度3年経ったので、定期検査の期間を長くします。」という話しがあった。今までは3ヶ月毎だったが、次は4ヶ月毎にして貰った。
 採血をして今日の検査は終了した。

 帰り際に気が付いたのだが、前には喫茶室だった場所に「癌情報・相談室」ができていた。覗いたら専門の担当者が数人いて、パソコンも何台も設置されていた。国のがん対策基本法を受けて作られたのだろうか。患者にとっては良いことなので嬉しかった。

 雨が止んだので、病院から札幌駅まで地下鉄やバスには乗らず、敢えて50分位かかるが歩いた。
 駅前通りを歩いていたら、「THE BIG ISSUE JAPAN」を売っていた。私が札幌で見かけるのは初めてだったが、ホームレスの人達の支援になればと買った。売っていた人は身綺麗な熟年の男性に見えた。
 札幌はこれから氷点下の寒さになり、雪も多い。厳しい季節を迎えるが、彼らには自立のために頑張って欲しいと思った。

 途中で「異常なし」だった今日のお祝いにセーターを一枚買い、ラーメンセット(味噌ラーメンとチャーハン、サラダのセットメニュー)を食べてJRで帰宅した。セーターを選びながら、゛限られた人生だから、着たい物は着るべきだ゛と自分に言い聞かせた。
 これからの4ヶ月は取り敢えず病気のことは置いておき、やりたいことをしようと思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« リンゴジャム作り | トップ | 友人の家の庭木を剪定する »

コメントを投稿

医療・健康問題・食生活」カテゴリの最新記事