パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン3D★★★★

2015年07月05日 | アクション映画ーア行
ロバート・ダウニー・Jr演じるアイアンマンをはじめキャプテン・アメリカやハルクなど、マーベルコミックスのヒーローが一堂に会するアクション巨編の第2弾。アイアンマンことトニー・スタークが完成させた人工知能“ウルトロン”の暴走に端を発する、ヒーローたちによる愛する者たちを救うための戦いをダイナミックに描く。監督は、前作でもメガホンを取ったジョス・ウェドン。共演にはスカーレット・ヨハンソンら続投組のほか、ジェームズ・スペイダーらが新キャストとして参加。ヒーローたちのバトルやドラマに引き込まれる。

<感想>2012年に公開された「アベンジャーズ」、アメコミ・ヒーローたち夢の共演は、もはやこの続篇によって“夢”ではなくなる。そうは言っても、それぞれのヒーローの単独主演作品が毎年のようにあるから、久しぶりなんて気はしないのだが。今回も冒頭から、激しいアクションが炸裂しているのが嬉しいですよね。いきなり問答無用のバトルが度肝を抜く。3D観賞なので臨場感があり効果抜群でした。
よりダークでエモーショナルになった今作は、予告編では怪物ハルクとアイアンマンが戦っているのだ。前作での立役者ハルクに何が起こったのか。

他にも、ブラック・ウィドウの過去を暗示させるバレリーナや、ホークアイが彷徨う姿など、ですが、予想もしていなかったが、みんなの中心になって、確実にホークアイが家族愛の強いことをみんなに知らしめる場面がある。それに、意外にも泣けるハルクとブラック・ウィドウのラブストーリーもあったり、ブラック・ウィドウの驚きの秘密が明かされたりと、様々な映像が入り乱れているのだ。

実は、今回の映像の中には、「愛」というテーマも隠されている。それは、スタークがウルトロンの開発に向かって暴走したのも、「愛する仲間を戦いで失ってしまうこと」への恐怖心ゆえのこと。人は正しいことをしようとして過ちを犯すことがあるけれど、それを正すことができるのも、人の努力や団結なのだから。
しかも、手際よくそれぞれのキャラクターと武器や能力を紹介していくので、初めて観る人にも飽きさせない。ですが、正義の味方ばかりがこんなにいっぱいいて、パワーバランスは大丈夫なのかしら?・・・って心配はご無用。

まずは最大の布石となるのが、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(14)の最後に出てきた、ヒドラの研究施設の檻の中で、超能力を使う双子の子供、人の心を自在に操るスカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)と、超高速で動く肉体を持つクイックシルバー(アーロン・テイラー=ジョンソン)の超人姉弟が立ちはだかる。最初はアベンジャーズの敵として登場するが、切ない過去と反逆も描かれたり、そして後に味方となる。映画「GODZILAゴジラ」では初々しい夫婦を演じたアーロンとエリザベスが双子役というキャスティングも楽しみですね。

た、前作ではアイアンマンに年寄扱いされイジられまくっていた、解凍から間もないキャプテンも、新キャストの「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(14)を経てかなり現代社会に馴染んでいるはず。一方のアイアンマンは、人工心臓アーク・リアクターを外して、「僕は生まれ変わった」と普通の人間として再出発したトニー・スターク。「テクノロジーを借りたヒーロー」というアメコミでは珍しい設定を持つアイアンマンが人工心臓を外したのは、ウルトロンと何か関係があるのだろうか?
スカーレット・ウィッチの精神攻撃により、アベンジャーズが宇宙からの強敵に全滅させられる幻覚を見るトニーは、仲間と人類を救いたい一心で人工知能搭載の戦闘ロボット集団をつくろうとするが、その過程でウルトロンが生まれてしまう。

今回彼らが結集した理由は、トニー・スタークによるウルトロン計画。ウルトロンは人工知能を持つ凶悪ロボット。人工知能だけに強靭な本体を破壊しても、世界中の電子網の中で生き続けられるという恐ろしさがある。
AIが制御するロボットに人類を守らせる計画に着手したトニーだったが、「ロキの杖」の力で自我を得たAI=ウルトロンが誕生してしまう。人類滅亡と地球の支配を目論み、アベンジャーズを襲う。

今回の敵ウルトロンは、世界最高の頭脳の持ち主で、トニー・スタークとブルース・バナーによって共同開発された人工知能のロボット。限りなく自分を進化させていくことの出来るそいつが敵に回り、どんどん増殖していくのだから、さすがのアベンジャーズでも簡単には倒せない。しかも、スカーレット・ウィッチによるテレパシーによる精神攻撃というおまけもあるのだから。

このスカーレットの精神攻撃で、怒りに我を忘れたハルクが暴走して、街を破壊しまくるシーンは凄い迫力でした。万が一の時にハルクを制圧するプログラムを開発していたトニー。それがヴェロニカ・システムであり、今回彼は、対ハルク戦用に開発したパワードスーツを着けて、暴れ回るハルクと戦うシーンがある。彼を制圧しようとアイアンマンが、超巨大な、対ハルク用バトルスーツを使用するところも、ワクワクする見せ場ですから。

この精神攻撃によって、アベンジャーズは絶対絶命のピンチに陥るのだが、それによって、それぞれの過去やトラウマが明らかにされていくというシーンもある。
そして、終盤の鍵を握る重要なキャラクター、ヴィジョン(ポール・ベタニー)の誕生には、ウルトロンの企みが深く関係している。ヴィジョンの額に光るものは“MCU”全体にも影響するはずです。

それに、「アイアンマン」シリーズでヒーロー活動に於いての相棒、パワードスーツを装着したローディ(ドン・チードル)が、ここでも見事なサポートぶりを発揮する。
戦いのシーンは「1」を上回るほど見応え十分だし、もちろんシールドの巨大空母、ヘリキャリアが戦場に出現する。感情も、物語も、アクションも、100%出し切りつつ次作への期待も残しているようだ。
2015年劇場鑑賞作品・・・136映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

コメント   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
« アリスのままで ★★★★ | トップ | ゼロの未来 ★★★ »
最近の画像もっと見る

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

41 トラックバック

『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』 2015年7月4日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』 を鑑賞しました。 急遽、観ることにしたがしたが、4DX、MX4D、IMAX以外は余裕で見れる。 ということで、2D字幕版を鑑賞しました。 【ストーリー】  人類の危機的状況を何度も打破してきたアイアンマンことトニー・ス...
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) もうひとつ吸引力が足りなかったと思うのはワタシだけか。
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 (こねたみっくす)
1歩でも外に出たら、君もアベンジャーズだ。 ストーリーは平々凡々、笑いもさほどない、ヒーローたち各々の魅力もさほど描かれていない、そしてアクションも既視感ばかり。 なの ...
劇場鑑賞「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」 (日々“是”精進! ver.F)
全員の力を、ひとつに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201507040000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン -オリジナル・...価格:2,646円(税込、送料込) 【楽天ブ...
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジョス・ウェドン 出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、ドン・チードル、アーロン・テイラー=ジョンソン、エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー、コビ...
災いのもとはロキの杖?~「アベンジャーズ エイジオブウルトロン」~ (ペパーミントの魔術師)
母さん、ロキの杖はどこいったんでしょうね~。 ほら冒頭のバトルでやっとこさアイアンマンが持って帰ったあのロキの杖ですよ・・・。 とまあ、なんかの映画のバッタみたいなセリフでスタートいたしましたが。 最後に全部もってくのは人体模型にマントつけて仏みたいな...
Marvelヒーロー祭り再び!『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 (水曜日のシネマ日記)
2012年に公開された映画『アベンジャーズ』の第二弾です。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (Akira's VOICE)
犠牲の規模がデカすぎてちょっとだけ興醒め。  
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015) (【徒然なるままに・・・】)
この作品に関しては”『アベンジャーズ』の続編”というだけでは不足だろう。『アイアンマン』、『インクレディブル・ハルク』、『アイアンマン2』、『マイティ・ソー』、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』、『アベンジャーズ』、『アイアンマン3...
『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』 (時間の無駄と言わないで)
だいぶ前作でハードル上げちゃったからね。 前作は「アメコミ映画の主役集めたって面白くなるワケないじゃん」って感じでハードル下げまくってからの「超面白い!」だったからね ...
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (心のままに映画の風景)
人類の危機的状況を何度も打破してきたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、自分たちの手に負えない敵の襲来に備え、平和維持システムである人工知能“ウルトロン”の開発を始める。 しかし、ウルトロンが平和を維持するために導き出した答...
映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2D・日本語字幕版)』 (公式)を本日、劇場鑑賞。採点はちょっとオマケして ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー アイアンマンとして人類...
『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
ヒーローも無敵ではなく、悩みもするし、間違いも犯す。そんな姿も魅力的だが、やはりワクワクするのは、めちゃかっこいいバトルシーン! 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」同様、もうそれだけで「面白かった~!」と言えるエンターテインメント作品。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン IMAX-3D/ロバート・ダウニー・Jr (カノンな日々)
マーベル・コミックが誇るスーパー・ヒーローたちが結集したチーム“アベンジャーズ”が地球を守るために戦う姿を描く超大作SFアクション・ムービーの第2弾です。 出演はその他に ...
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (風に吹かれて)
ハンマーを持ち上げるのは誰 公式サイト http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers 監督: ジョス・ウェドン  「アベンジャーズ」 アイアンマンこと“戦う実業家
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (miaのmovie★DIARY)
【Avengers: Age of Ultron】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 人類の危機的状況を何度も打破してきたアイアンマン ことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、平和 維持システムとしての人工知能“ウルトロン”を誕生さ せる。人類を脅威から守るた...
アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン 3D (そーれりぽーと)
三年間のおあずけ解禁! 『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ 前作との間に公開されたマーベル・シネマティック・ユニバースシリーズの映画やテレビドラマシリーズで起きた事をもとに、いろいろと想像していた事から全て斜...
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【AVENGERS: AGE OF ULTRON】 2015/07/04公開 アメリカ 142分監督:ジョス・ウェドン出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、ドン・チードル、アーロン・テイラー....
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (だらだら無気力ブログ!)
派手なアクション、今回も楽しめた。
映画 アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     アベンジャーズの世代交代劇と言ったところでしょうか。   トニー・スターク、ブルース・バナーとクリント・バートンが   アベンジャーズから実質抜けてしまう前の出来事...
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2D字幕版) 監督/ジョス・ウェドン (西京極 紫の館)
【出演】  ロバート・ダウニー・Jr  クリス・ヘムズワース  マーク・ラファロ  クリス・エヴァンス  スカーレット・ヨハンソン  ジェレミー・レナー 【ストーリー】 人類の危機的状況を何度も打破してきたアイアンマンことトニー・スタークは、平和維持システムと....
「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」 Avengers: Age of Ultron (2015 ディズニー) (事務職員へのこの1冊)
さあ今年もやってまいりましたマーベル漫画まつり。あの、全世界で大ヒットしたのに日本ではいまひとつの興行成績(それでも、すごいんだけど)だった第一作に比べ、第二作は、肝心の北米の興行成績が予想を下回った(それでも、すごいんだけど)。 「アベンジャーズお...
映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」 (FREE TIME)
映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を鑑賞しました。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (Avengers: Age of Ultron) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョス・ウェドン 主演 ロバート・ダウニー・Jr 2015年 アメリカ映画 141分 アクション 採点★★★ アイアンマンにハルクにマイティ・ソー、そんでもってキャプテン・アメリカ。それぞれが一枚看板級であるヒーローがただ集まって「どう?豪勢でしょ?」で...
[映画『『アベンジャーズ2 エイジ・オブ・ウルトロン』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・観てきました^^ 派手で面白かったけど、今回は、どうも展開の説明不足があったかな(字幕で見たのだが、もしかして吹き替えのほうがいいかも)。 物語の方向性がわかりにくかった。 今回の敵ウルトロンは人類絶滅に動くのだが、もともとからしてトニー・スター...
「アベンジャーズ エイジオブウルトロン」☆再びハリウッド大味作 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
割と盛り上がって話題作となっているという期待を持って観たからなのか? 前日に観た「進撃の巨人」があまりに面白かったから、霞んでしまったのか? 実際もうアベンジャーズのメンバーが揃ってからは、新鮮味を感じられなくなっているからなのか? 何だろう、この消化...
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (本と映画、ときどき日常)
監督 ジョス・ウェドン 出演 ロバート・ダウニー・jr     クリス・ヘムズワース     マーク・ラファロ 世の平和の為にとアイアンマンが作った人工知能。 この人工知能が暴走。 アベンジャーズみんなでやっつけるぞ! 今回はもう人間ドラマです。 いや....
『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」□監督・脚本 ジョス・ウェドン□キャスト ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、        クリス・エバンス、スカーレット・ヨハンソン■鑑賞日 7月5...
「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」 (或る日の出来事)
あんまりワクワクしなかったっす!
「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」 安定感あるユニバース (はらやんの映画徒然草)
初めて新しくできたTOHOシネマズ新宿で鑑賞しました。 ゴジラ、建物の上に居まし
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (とりあえず、コメントです)
マーベルコミックのヒーローたちが大集合したアベンジャーズの第2作目です。 前回は地球の破滅を企むロキと戦うために集結して仲良くなったアベンジャーズでしたけど 今回はトニーが創り上げた人工知能の暴走から地球が破滅の危機に陥ってしまいました~
【映画館】「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」@109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 毎月10日は「109シネマズの日」で入場料金が1100円となる公開一週目の金曜日。15:20からの2D字幕版を上映するシアター3は平日に関わらずほぼ満席だ。客層は小さなお子さんから年配の方まで幅広い。男女比は男性が多い。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (こんな映画見ました~)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』---AVENGERS: AGE OF ULTRON---2015年(アメリカ )監督: ジョス・ウェドン出演:ロバート・ダウニー・Jr 、クリス・ヘムズワース 、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミ....
アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
アメリカの大手出版社マーベルのコミックが原作で アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ソーなどの 人気キャラクターがチームを組む『アベンジャーズ』 シリーズの第2弾『アベンジャーズ エイジ・オブ・ ウルトロン』が公開されましたので観に行ってきました。 夏は大作...
「アベンジャーズ/エイジオブウルトロン」 (Con Gas, Sin Hielo)
物語は実はかなり複雑。 夢の企画と言われた「アベンジャーズ」も無事第2弾が作られた。 前作は、大きかった期待の割りにあまりノレなかったという印象が強く残念だったのだが、今回は数ある娯楽大作の一つ(実際今年はそんな感じ)と思って観たのがよかったようだ。 ...
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (銀幕大帝α)
AVENGERS: AGE OF ULTRON 2015年 アメリカ 142分 アクション/アドベンチャー/ヒーロー 劇場公開(2015/07/04) 監督: ジョス・ウェドン 『アベンジャーズ』 製作総指揮: スタン・リー 脚本: ジョス・ウェドン 出演: ロバート・ダウニー・Jr:トニー・....
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (いやいやえん)
【概略】 トニー・スタークが開発した人工知能による平和維持システム“ウルトロン”。だが、そのシステムが選んだ究極の平和とは、人類を抹消することだった…。 SFアクション うん、私の目的は勿論ポール・ベタニー扮するヴィジョンですから!! なんか設...
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画  制作年:2015年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:142分  原題:AVENGERS: AGE OF ULTRON  配給:ウォルト・ディズニー  監督:ジョス・ウェドン  主演:ロバート・ダウニー・Jr      クリス...
アベンジャース/エイジ・オブ・ウルトロン (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:アクション映画全般 「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」 原題:Avengers Age of Ultron 監督:ジョス・ウェドン 2015年 アメリカ映画 141分 キャスト:ロバート・ダウニー・Jr.      クリス・ヘムズワース      ...
アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン (のほほん便り)
「アベンジャーズ」の続編 大金持ちで発明家の、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。平和を守るもくろみで、開発したものが、なんと、彼等を「人類の敵」と見なして、攻撃してくるなんて… 共通の敵を前に、マーベル・コミックス・ヒーロ...
映画評「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督ジョス・ウェドン ネタバレあり