パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

アリスのままで ★★★★

2015年07月03日 | アクション映画ーア行
若年性アルツハイマー病と診断された50歳の言語学者の苦悩と葛藤、そして彼女を支える家族との絆を描く人間ドラマ。ベストセラー小説「静かなアリス」を基に、自身もALS(筋委縮性側索硬化症)を患ったリチャード・グラツァーと、ワッシュ・ウェストモアランドのコンビが監督を務めた。日に日に記憶を失っていくヒロインをジュリアン・ムーアが熱演し、数多くの映画賞を席巻。彼女を見守る家族をアレック・ボールドウィン、クリステン・スチュワート、ケイト・ボスワースが演じる。

<感想>主人公のアリスを演じたジュリアン・ムーアに念願のアカデミー賞主演女優賞をもたらしたヒューマンドラマである。撮影時は、自らも難病と闘っていた故リチャード・グラッツァーとワッシュ・ウェストモアランドのコンビが、過酷な運命と向き合う若年性アルツハイマー病の女性とその家族の心情を細やかに描き出している。

ジュリアン・ムーア演じるアリスは50歳、コロンビア大学で教鞭をとる優秀な言語学者である。医学博士の夫、アレック・ボールドウィンとの間に3人の子供がいる。長女のアナにケイト・ボスワースが、長男の医師トムにはハンター・パリッシュ、そして次女のリディアには、クリステン・スチュワートが。

アリスにとっては、大学に進学せず演劇の世界で身を立てようとする次女のリディアだけが心配だけれど、それを除いては家庭も仕事もうまくいっている。
そんな恵まれた日常に、異変が生じる。ある日のこと、大学の講演中に口に出そうとした言葉が解らなくなる。最初は、単なる度忘れかと思っていた。
でも、そうではない。知っているはずの言葉が出なくなるだけでなく、ジョギング中に突然、道がわからなくなったりする。そして、生活に支障をきたすようになる。ただの物忘れというレベルではない。

神経科の医師の診断結果は、若年性アルツハイマー病。家族性の場合は、高い確率で子供に遺伝すると告げられる。アリスは、大学からも授業を続けていくのは難しいと言われ、仕事を辞めてしまう。言語学者が言葉を忘れていくとは、なんという皮肉な事態だろうか。
長年、情熱を注いで打ち込んできた仕事から離れる悲しみ、悔しさ、寂しさと不安。足元から崩れ落ちていくような感覚、それがアリスの視点から撮られ映し出されていく。

病気の事実を受け止め、夫と3人の子供たちは、できるだけアリスの気持ちに寄り添おうとする。それでも、時々は衝突する。病気なんだから、物事を覚えられないのだと分かっていても、日々の暮らしの中で生じる様々な行き違いが、相手を苛ただせてしまうのだ。だから喧嘩になってしまうことも。だが、次の瞬間はっと気づいて謝るのだ。
家族はそれぞれに思いやりを見せて尽くすのだが、それで良くなる病ではないところが辛い。むしろ症状は悪化の一途をたどり、引き返すことができない。アリスも賢明に対処しようとするも、黒板やスマホに忘れたらすぐに見るようにと。

もし、自分だったならどうするだろう。映画を観ながら幾度となく頭をよぎるのは、昨年まで自分の母親が認知症を患い、20年近く介護をしてきた自分のことを思い出します。アルツハイマー病と認知症の違いは殆ど同じ症状で、つまり老人性のボケですよね。物忘れから始まり、日常の家事ができなくなり、食事の支度も洗濯や掃除だって他人まかせで。
だんだんと年月が経つにつれて、その度合いが酷くなり、子供に返ると言うのでしょうか、最後には殆ど寝たきりの赤ん坊と同じ症状になっていく。
この映画の中のアリスは、父親からの遺伝性のアルツハイマー病と診断される。つまり、遺伝ということは、その子供も、孫もと代々と続くわけで考えると恐ろしくなります。
夫のアレック・ボールドウィンも50代の医師で、まだまだ若くて妻の病気に対しても理解はあるが、生活を続けていくための経済的なことを考えるといつも傍に付いているわけにはいかない。だから、アリスが声をかけてもいつも仕事のことに夢中で、あまり世話をするわけでもない。アリスがトイレの場所を忘れてそそうをしてしまう。部屋は散らかしほうだいで洗濯もすることはない。夫はお手伝いを雇って、妻の介護も頼むのだ。

娘2人も、長女は待望の双子の妊娠で、自分のことで精いっぱいだ。次女も劇団の演劇のことで手いっぱい。次女の日記を読んで、そのことを目の前にいる次女に何気なく言ってしまう。当然、次女はプライバシーの侵害とばかりに猛然と怒る。しかし、そのことも次女は、母親の病気のことを理解して、話を聞きながら許してしまう。
何か、その対処策はあるのか?・・・この映画の中ではアリスの病が進行していくばかりで、アリスがPCの中にまだ健全な時にファイルに保存しておいた、自分がこれからどうすべきかを動画でとってあります。それは、誰にも迷惑をかけたくたくないと、睡眠薬を大量に飲んで死ぬことだったのですね。
しかし、それも、PCを見て2階へ上がり、2階の寝室へ行くとそこに来た目的を忘れてしまい、何度も階段を上っては降りてを繰り返し、やっとPCを手に2階の寝室へ行き、引き出しの中の睡眠薬を手に取ったところで、お手伝いの女性が帰って来てアリスを呼び、手に持っている薬のことも忘れてしまいます。
作中に蝶の例えが出てくる。蝶の命は短いけれど美しい。恐怖に向き合う瞬間が、それでも輝き、蝶の夢のように。アリスが首に蝶のネックレスをしている。事故で亡くなった母親の形見で、アリスは自分自身に宛てたメッセージの画像ファイル名もバタフライ。儚く見えてもその瞬間を精一杯に生きる命。

それでも、まだ症状が悪化していないアリスが、認知症の介護会議でスピーチをするシーンがあります。エリザベス・ビショップの詩から「忘れる技」という言葉を引用して、人々の前で自分の気持ちを「私は闘っています、自分であろうとして。だから瞬間を生きています」。しかし、この瞬間のこともきっと忘れてしまうのだろう。
先のことはどうなるか分からない。現在を生きているその瞬間を、精一杯に。一瞬、一瞬を大事にというと、当たり前のように聞こえるけれど、自分が自分でなくなるような恐怖の前に。自分の過去のことも全部忘れてしまうのだから。

最後に次女が、母親に寄り添って暮らしているのに、やっぱり誰か家族が傍で世話をしないと、これは認知症であっても、世話をしているのが娘であることを忘れてしまっても、悲しい結果になってしまうと思うから。
2015年劇場鑑賞作品・・・135映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
« 天の茶助 ★★★ | トップ | アベンジャーズ/エイジ・オ... »

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事

28 トラックバック

劇場鑑賞「アリスのままで」 (日々“是”精進! ver.F)
自分であるために、闘っている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506280000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック アリスのままで [ アイラ...価格:2,160円(税込、送料込) 【...
アリスのままで/ジュリアン・ムーア (カノンな日々)
ジュリアン・ムーアが若年性アルツハイマーを患う主人公の大学教授を見事に演じアカデミー主演女優賞に輝いたヒューマン・ドラマです。 出演はその他に、アレック・ボールドウィ ...
アリスのままで (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 重くなりがちなテーマに関わらず観易い作品になっている。
『アリスのままで』 (こねたみっくす)
受け入れるしかない。でもそれが最も難しい。 家族の誰かが治療法のない病にかかった時、家族は、そして当の本人はその事実をどう受け入れるべきだろうか。答えはただ受け入れる ...
アリスのままで (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【STILL ALICE】 2015/06/27公開 アメリカ 101分監督:リチャード・グラツァー出演:ジュリアン・ムーア、アレック・ボールドウィン、クリステン・スチュワート、ケイト・ボスワース、ハンター・パリッシュ もうすぐ私はすべてを忘れる。けれども愛した日々は、消えはし....
「アリスのままで」☆ジュリアン・ムーアは素晴らしい! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
今日もお義母さん(86)から電話があった。 銀行の通帳と印鑑を失くしてしまって(2回目)お金をおろすことが出来ないため、金庫に閉まっていたお金を出そうとしたのだけれど、ダイアルをメモした紙を失くしてしまって開けられないのだそう。 つい先日はトイレにパン...
アリスのままで / Still Alice (勝手に映画評)
若干ネタバレあり。 高名な言語学者が若年性アルツハイマー病を発症し、徐々に記憶を失っていくさまを描いた作品。第87回アカデミー賞主演女優賞と第72回ゴールデングローブ賞主演女優賞をジュリアン・ムーアが受賞しています。 ジュリアン・ムーアのアカデミー賞とゴー...
アリスのままで (試写会) (風に吹かれて)
瞬間を生きる 公式サイト http://alice-movie.com6月27日公開 原作: アリスのままで (リサ・ジェノヴァ著/キノブックス) 言語学者で、ニューヨークのコロンビア大学の教授アリス
アリスのままで (心のままに映画の風景)
医師の夫ジョン(アレック・ボールドウィン)と3人の子供に恵まれ、充実した日々を送る言語学者のアリス(ジュリアン・ムーア)は、50歳を迎えた頃から大学の講義中に言葉が出なくなったり、いつものジョギングルートがわからなくなるなど、物忘れが頻繁に起こるように...
『アリスのままで』 2015年6月28日 MOVIX亀有  (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アリスのままで』 を鑑賞しました。 ジュリアン・ムーアがアカデミー賞を受賞した作品でしたので 楽しみにしていました。 それにしても、ジュリアン・ムーアは老けたな... 50歳の役を演じていたが、60歳に見えたもんな(笑) ちなみに、現在54歳でした。(撮影時は52...
アリスのままで (心のままに映画の風景)
医師の夫ジョン(アレック・ボールドウィン)と3人の子供に恵まれ、充実した日々を送る言語学者のアリス(ジュリアン・ムーア)は、50歳を迎えた頃から大学の講義中に言葉が出なくなったり、いつものジョギングルートがわからなくなるなど、物忘れが頻繁に起こるように...
リアルで淡々としていてこわくなりました。・・・~「アリスのままで」~ (ペパーミントの魔術師)
ジュリアン・ムーアがアカデミー賞主演女優賞をとっただけのことはあるわな~という。 あんなにも変わっちゃうんですね。それも急速に。 ものすごく無責任な発言で申し訳ないのですが いやなこと辛いこと悲しいことすぐ忘れちゃう・・・ことができるならええやんって 何...
『アリスのままで』 (ラムの大通り)
(原題:STILL ALICE) ----あれっ。 珍しい時間に映画のお話。 「ちょっと、いつもより早く出かけるので、 その間にと…。 さて、今日は『アリスのままで』。 若年性アルツハイマーを患った女性の物語で、 主演のジュリアン・ムーアが アカデミー主演女優賞に輝いたこと...
ままならない人生~『アリスのままで』 (真紅のthinkingdays)
 STILL ALICE  コロンビア大学で言語学の教授として教鞭を取るアリス(ジュリアン・ムーア) は、夫ジョン(アレック・ボールドウィン)とは仲睦まじく、三人の子どもにも恵ま れ、充実した日々を送っていた。50歳の誕生日を迎えた後、彼女は物忘れが ...
映画:アリスのままで Still Alice アカデミー主演女優賞獲得おめでとう!ベテラン女優 ジュリアン・ムーア (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今年のアカデミー賞で、ジュリアン・ムーア(写真) が主演女優賞を受賞の今作。 ロンビア大学教授の女性言語学者で活躍中のはずが、若年性アルツハイマーになってしまったことに気づく主人公。 その彼女の闘いの日々を描く。 そういえば、日本でもこのテーマの作品があ...
映画:「アリスのままで」vs 「アリのままでいたい」 たまたまとはいえ、似過ぎでね?(笑)  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
6/27公開 アカデミー主演女優賞 ジュリアン・ムーア 主演 働き盛りのある日、若年性アルツハイマーと診断された女性の話。 タイトル = 「アリスのままで」 7/11公開 監督:鴨下潔 世界唯一の特殊カメラ「アリの目カメラ」昆虫の世界の真の姿に迫るネイチャー・....
映画「アリスのままで」 (FREE TIME)
映画「アリスのままで」を鑑賞しました。
アリスのままで (映画的・絵画的・音楽的)
 『アリスのままで』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)ジュリアン・ムーアが本年のアカデミー賞主演女優賞を本作で受賞したというので見に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、主人公のアリス(ジュリアン・ムーア)の50歳の誕生日の食事会。  そこには、...
『アリスのままで』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アリスのままで」□監督・脚本 リチャード・グラツァー、ウォッシュ・ウエストモアランド□キャスト ジュリアン・ムーア、アレック・ボールドウィン、クリステン・スチュワート、ケイト・ボスワース■鑑賞日 6月28日(日)■劇場 ...
アリスのままで (とりあえず、コメントです)
ジュリアン・ムーアがアカデミー賞主演女優賞を受賞したヒューマンドラマです。 予告編を観て、突然に襲った若年性アルツハイマーという病気に対して 本人や家族はどのように時を過ごしたのだろうと気になっていました。 主人公の感じる病に対する怖さと共に、家族の絆や...
アリスのままで  STILL ALICE (映画の話でコーヒーブレイク)
本作にて、ジュリアン・ムーアがアカデミー主演女優賞を獲得 若年性アルツハイマー病がテーマで気になっていました。 やっと公開されたので早速鑑賞。 最近、人の名前が出てこないことがあって焦ります。以前はこんなことなかったのに。 「ほら、あの人」っと他の情報は....
アリスのままで 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
主演のジュリアン・ムーアが第87回アカデミー賞主演 女優賞をが受賞した若年性アルツハイマー病をテーマ にしたヒューマンドラマ『アリスのままで』 が公開されましたので観に行ってきました。 アリスのままで 原題:STILL ALICE 製作:2014アメリカ 作品紹介 若年性...
アリスのままで (映画好きパパの鑑賞日記)
 若年性アルツハイマーの女性を演じたジュリアン・ムーアが念願のオスカーをはじめ、賞を総なめにした作品。彼女の演技は見事で、抑制された筆致もさすがでしたが、貧乏人が病気になったらどうなったのかと、ふとおもいました。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:...
アリスの変化 (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画「アリスのままで」を鑑賞しました。 50歳の言語学者アリスは大学の講義中に言葉が思い出せなくなったり、ジョギング中 ルートがわからなくなるなどの異変が起こる やがて若年性アルツハイマー病と診断され 家族からサポートを受けるも徐々に記憶が...
アリスのままで (C'est joli~ここちいい毎日を♪~)
アリスのままで '14:米 ◆原題:STILL ALICE ◆監督:リチャード・グラッツァー 、 ウォッシュ・ウェストモアランド ◆出演:ジュリアン・ムーア、アレック・ボールドウィン、クリステン・スチュワート、ケイト・ボスワース、ハンター・パリッシュ、シェーン・マク...
「アリスのままで」 (Con Gas, Sin Hielo)
それでも、家族は家族。 スポーツ選手には引退の時が来る。体力の衰えが来れば、厳しい競技になると20代でも世代交代の波にさらされる。 その点、知能・知識で勝負する学者や弁護士といった商売は、うまくいけば70歳だろうが80歳だろうが生涯現役でいられる。 しかし....
アリスのままで (Still Alice) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 リチャード・グラツァー/ワッシュ・ウェストモアランド 主演 ジュリアン・ムーア 2014年 アメリカ/フランス映画 101分 ドラマ 採点★★★★ 経験や知識がその人となりを形成してると思ってるんですが、てことは“忘れる”ってのはその人の一部を失うという...
映画評「アリスのままで」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督リチャード・グラッツァー、ウォッシュ・ウェストモアランド ネタバレあり