パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅★★

2019年06月14日 | アクション映画ーカ行

ロマン・プエルトラスの世界的ベストセラー『IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅』を「大いなる休暇」「人生、ブラボー!」のケン・スコット監督で映画化。ひょんなことから思いがけない形で世界各地を旅することになるインド人青年の冒険と成長の物語をユーモラスかつ奇想天外に綴る。主演は「ラーンジャナー」のダヌーシュ。共演にエリン・モリアーティ、ベレニス・ベジョ、バーカッド・アブディ。

あらすじ:インドのムンバイで大道芸人をして暮らす青年アジャは、母の死をきっかけにまだ見ぬ父に会うためパリへ向かう。そしてパリに着くや、憧れの家具店にやってきた彼は、アメリカ人女性のマリーと出会い、たちまち恋に落ちる。翌日のデートを約束した彼は、お金がないので店のクローゼットの中で夜を明かすことに。ところが、そのクローゼットは彼が寝ている間にロンドンまで運ばれてしまう。その後も次々とトラブルに巻き込まれ、結果として世界各地を旅するハメになるアジャだったが…。

<感想>ありえない世界旅行へ!ふとしたきっかけからクローゼットの中に身を潜めることになったインド人青年が、パリから英ロンドンへと“出荷”される場面がコミカルに描かれていた。ファンタジックな旅への夢が膨らみ心が和む、ロードムービーになっていました。その夢のある冒険の旅を、少年院に入ることになった3人の少年達の元にやって来た男が、自身のやんちゃな過去や数奇な旅について話をする物語です。インド映画に外れ無しと思っていたら、これはガッカリの駄作でしたね。

冒頭では、父親が誰かは知らされず母親と二人で暮らす少年が、ある日自分が貧乏であることと貧乏から抜け出したいということに気付き、金を貯めてパリへ行くことを夢見るところから展開していく。働き過ぎで過労死をしてしまう母親が、気の毒に思えてならない。それに、偽札と知っても、それを手に旅をする気が知れない。

アジャが列車の長旅で、疲れて家具店のクローゼットの中で寝てしまい、そのクローゼットが車でロンドンへと運ばれていく。トラックの中にはたくさんの荷物と、数人の男たちが潜んでいる、薄暗い荷台の中。つまり密入国の難民たちである。全く状況を理解できないアジャがロンドンという地名を告げられ、混乱する様子が映し出されている。

アジャを演じるのは、インド映画界のスーパースター・ラジニカーントの娘婿であるダヌーシュ。アジャが旅で出会う人々に、ベレニス・ベジョ(「アーティスト」)、エリン・モリアーティ(「キングス・オブ・サマー」)、バーカッド・アブディ(「ブレードランナー 2049」)、ジェラール・ジュニョたち。

あり得ないほど、ハプニングに満ちた世界旅行の始まりを描いている。お金がなくても何とかなるって、それは無いですからね。 インドからパリへ、そしてロンドン、スペイン、ローマ、リビアへと、旅の移動手段は、飛行機やローマの街で追われて公園で気球を発見し思わずに乗る、それに船と思いがけない旅を続けるうちに、自分にとって一番大切な人、一番大切な場所が見えてきたアジャ。 

ヒューマンドラマとはいえ、コメディ全開のおとぎ話的ストーリーで、何でもあり過ぎるが故に、楽しい空気感ではあります。ですが、笑いも少なく、何だか白けて来て、感動もあまりなかったですね。

旅の途中で一緒に乗り合わせた、難民問題など、世界情勢もさりげなく盛り込まれているのに、あまり突っ込んで描かれていないので、まったく薄い印象のまま終わってしまった。

それに、運命の出会いをした恋人のスタンスも不可解です。パリについて、家具やへ入り、そこで美しい女性と出会い意気投合します。デートの約束を取り付けるも、主人公のアジャと再会の約束をすっぽかされてしまい、ここでは、アジャがクローゼットの中に入り込み眠り込んでしまったから、ロンドンへ行ってしまうんですね。

その後は、ロンドンから大きな衣裳ケースの中に入って寝てしまう。そして目が覚めると、ホテルのスィートルーム。目の前には美女(大女優)が拳銃をアジャに向けているし。大慌てで部屋を出るアジャ。

恋人は他の完璧な男性と偶然の出会いをして、幸せな生活のはずなのに、何故だか、全て放り出してインドまで主人公のアジャを追ってきたのか、もうどこまでが本当の話なのか解りませんし、主人公が語るお伽噺なので、ほとんどが妄想や作り話的な可能性もありますよね。

それでも、インド映画らしく奇想天外な冒険と運命的な恋、そして主人公の成長を描いた物語。中でも歌や踊りのシーンが華やかで楽しいですから。

2019年劇場鑑賞作品・・・87  アクション・アドベンチャーランキング

 

 映画に夢中

 

  トラックバック専用ブログとして、エキサイトブログ版へ

トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/30645608

 


この記事についてブログを書く
« スノー・ロワイヤル★★★★ | トップ | パリ、嘘つきな恋★★★ »

アクション映画ーカ行」カテゴリの最新記事