goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

goro、免許取得の思い出他

2006年11月29日 | 徒然なるままに・・・
僕自身、運転免許証の取得は遅い方だと思う。

まず最初は17歳の時、運転免許試験場に小型自動二輪免許を取りに行った。

もちろんオートバイなんて触ったことすらなかったので、合格するわけがない!(3回程トライした)

試験官に原付にも乗ったことがないのに小型の試験を受けるなんて、中学に行かずに高校受験をするようなものだ、と言われた。(なんとなく納得できた)

まだ高校生だったので、平日に試験場に通うにも時間が取れず(学科の期限は半年だった)、格下げと言う形で原付免許を取得した。

当時16歳で中型免許を取るなんて夢だった。(両親も賛成してくれなかった・・・むしろ反対された)

MR50を中古で購入、蒲田にある専門学校に入学してから改めて今度は中型にチャレンジして、3回で合格!
確か19歳の時だった。

それ以来、オートバイ・オートバイ・オートバイの毎日だ!

ちなみに、四輪の免許証を取得したのは22歳の時だった。(周囲の友人から比べると遅い方だった)

今思うと、オートバイも四輪も免許証の取得が遅くて良かったのではないかと思う。

そもそも高校生(16歳)で免許証が取得できること自体、早すぎるのではないか?

当時両親からも言われたが、保証能力もなく中学を卒業したばかりのガキが公道に乗り出して良いものだろうか?

もちろん早い時期からオートバイに乗ることは、重要だと思う。

最近はあまりにも簡単にアルバイトでお金が得られ、これまた驚くほど簡単にオートバイが購入できる・・・整備不良も多いが・・・

基本的に丁重にお断りしてはいるが、近所の高校生が持ち込むオートバイのひどいこと!

先輩から購入したとか、某オークションで購入したとかで、見事に整備不良・・・と言うか、まったく危険極まりない車両だ。

しかも、彼らはそれに乗って来店くださる!

もちろん見過ごせない状況もあるので、手を下してしまうのだが・・・

あまり安易な気持ちでオートバイに乗ると、凶器に変化するので注意してくれ!

話がずれてしまったが、僕の免許取得年齢を上げてくれた両親には感謝している!

m(_ _)m
コメント (2)