さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

村杉岳 (2008.5.3.~5.)

2008年05月12日 | 登山
村杉岳は、田子倉ダムに半島のように突き出た「村杉半島」と呼ばれる山塊の最高峰です。奥只見ダムから大鳥ダムへ通じる電源開発道路が、西山麓を通じていますが、雪の季節には、雪崩と急斜面のトラバースの危険性があるため、容易に人を寄せ付けません。

地形図より読み取った安全なルートとして、只見丸山スキー場から上大鳥橋へ下降するオリジナルコースの可能性を話し合っていたのですが、この五月連休にようやくチャレンジすることになりました。

三日目には、日向倉山経由で銀山平に抜ける予定で、石抱橋の駐車場に車をデポして只見丸山スキー場に向かいました。

只見丸山スキー場に到着して驚かされたことは、スキーヤーで満員で、駐車はダム下の駐車場になってしまいました。幸い、無料のシャトルバスが運行されていましたので、助かりました。



ゲレンデ登りの途中、村杉岳方面の谷間をうかがうと、雪融けがすっかり進んでいました。電源開発道路もそう問題なく歩けそうにも見え、また、山裾の雪はなくなっており、ヤブコギもかなり大変そうに思えました。計画を見直すことにして、一日目は1125mピークまでとしてテントを張り、二日目は軽装で村杉岳を往復することにしました。



ゲレンデから分かれて、ひと登りで1125mピークに到着です。



幅広尾根にテントを設営。ゲレンデからも遠くない距離ですが、この方面に足を踏み入れる者はいません。



落ち着いたところで、周囲を偵察。西の谷向かいには、未丈ヶ岳を眺めることができました。



残雪の世界ですが、タムシバの花が咲いておりました。



雪融けで現れた薮の中には、イワウチワの花。



翌朝は、4時半発。1070.9mピークより、村杉岳の偵察。ここから車道までは、標高差500m程の下りになります。



雪原を一気に駆け下りましたが、最後の標高差100m程は、完全なヤブコギになりました。また、最後は切り通しで、木の枝を掴んでなんとか降りました。ここまでは、1時間で到着。

ここを重荷を背負って登り返すのは、無理そうで、軽装でのアタックは正解のように思えました。



青く塗られた鉄橋の上大鳥橋のたもとで、釣りグループと出会いました。車道の様子を聞くと、切り落ちているところはあるものの、ステップが切られており、そう難しくはなかったとのことです。



小さな沢で水を汲み、朝食をとりました。白滝沢の右岸尾根に取り付きましたが、段丘から尾根に取り付くと、本格的なヤブコギになりました。なんとか雪原に出ると、ブナの原生林が広がっていました。



1395mピークから南に落ちる枝尾根に出ると、その先は気持ちの良い幅広尾根が通続していました。



振り返ると、奥只見ダムの向こうに、燧ヶ岳や平ヶ岳といった尾瀬の山の眺めが広がっていました。



1395mピークへの登り。ここまでくれば、村杉岳の登頂もほぼ確実なものになりました。



振り返ると、只見丸山スキー場越しに平ヶ岳。その左に、至仏山が山頂をのぞかせていました。



日向倉山越しに見る荒沢岳。



越後駒ヶ岳と中の岳。



懐かしき秘峰会津丸山岳。



青く水を湛えた奥只見ダム。



毛猛岳もすぐ近くに。昨年の苦闘が思い出されました。



1395mピークの下り口に立つと、村杉岳の山頂がようやく目には入ってきました。最後は、それなりの急斜面のようですが、雪もほどほどに柔らかく、キックステップで問題なく登れそうです。



村杉岳の山頂は台地状で、現れた薮の中に三角点を見つけることができ、群大ワンゲルのものと思われる金属プレートも置かれていました。



周囲は、360度の展望が広がっていました。1395mピークとは少し違ってきていますので、ひと通りを出すことにします。

未丈ヶ岳越しに見る越後駒ヶ岳(右)と中ノ岳(左)。



日向倉山越しに見る荒沢岳。



1395mピークを振り返る。



谷間にはブナの原生林が広がっていました。



会津丸山岳(左)と梵天岳(右)



北には、大倉猿倉山。その左には、鬼ヶ面山と浅草岳。



雪が落ちて黒々とした岩壁を見せる大倉猿倉山。



鬼ヶ面山と浅草岳。



会津朝日岳。



燧ヶ岳



平ヶ岳



会津駒ヶ岳(右)から坪入山(左)にかけての稜線。

帰りの時間も気にかかるため、去りがたい山頂を後にしました。

一期一会の山で、このような展望が得られたのは、幸運以外のなにものでもありません。



途中のブナ林は、新緑に輝いていました。



下りの足を止めて、しばし散策。



上大鳥橋からの登り返しは、体力の限界まで追い込まれました。結局、村杉岳往復には、12時間かかりました。

翌朝、東の稜線は、真っ赤な朝焼けに染まり、天気の崩れが予感されました。日向倉山に向かって歩き出したところ、スキー場のパトロールと出会い、昼過ぎから雨という天気予報を聞き、縦走は諦めて一旦山を下ることにしました。

ヤブコギも待ち構えているようで、体力の限界も感じていたため、中止のきっかけを待ち構えていたところもあります。

今回の村杉岳へのコースは、雪の状態によっては、安全のために選択するべき候補の一つですので、村杉岳を目指す人は参考まで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 コペンハー... | トップ | 赤崩山 (2008.5.5.) »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
憧れの山塊 (山の幸)
2008-05-12 19:10:42
  さすらい人さん 初めまして山の幸と言います。

村杉岳の山名は「山と渓谷20001年4月号」で高桑信一氏達が訪れた記事を読んで知っていました。
村杉半島の名前も出て来ますね。さすらい人さん達がどこから入山するのかワクワクして記事UPを待っていました。 やはりこの山塊はありきたりの言葉で申し訳ありませんが スゴイ!!!ですね。 
過去七月に中尾ツルネやこの時期十字峡脇の鉄階段を登って桑の木山に訪れた事もあり新潟の山は良いですね。来年のGWの宿題として六十里越トンネルの新潟県側から前毛猛山経由で毛猛山に行けないか考えています。 素晴らしい記事ありがとうごさいます。 
 長文申し訳ありません。

追伸  地元の山(戸神山)にも来て頂いてありがとうごさいます。
感動しました。 (トチオしょうちゃん)
2008-05-12 19:52:04
「新潟からの山旅」はいつも楽しみに見ています。
いつも凄い山に行きますね。地図を見ながら
机上登山を楽しんでいます。
いつか行ってみたい。
Unknown (近くて遠い山・・・)
2008-05-12 20:21:29
今晩は。
燧・平ガ岳、名前だけを聞けば群馬県境の山。近くの山ですが、村杉岳は私も高桑信一さんの名文を読んで知っただけの、秘境のような遠い山です。
ただただ感心するだけです。
秘峰 (さすらい人)
2008-05-12 23:15:35
山の幸さん:
コメントありがとうございます。
村杉岳というと、高桑信一氏達に代表される専門山岳会の領域というイメージがありますが、今回の山行かで、雪の状態をうまくみれば、私くらいのものでも登れることが判ったというのが収穫でしょうかね。機会がありましたらどうぞ。毛猛山よりは楽な感じです。
戸神山のような里山も大好きです。
Unknown (さすらい人)
2008-05-12 23:21:26
トチオしょうちゃんさん:
ご無沙汰しております。
村杉岳は、展望ピークで、会津と越後の山を結ぶ山として、面白い山ですね。今回のコースでも、最初から二泊三日のコースとしたなら、ずいぶん楽になったと思います。電源開発道を使えらば、もっと楽だっただろうと思います。
秘境の山 (さすらい人)
2008-05-12 23:31:51
近くて遠い山・・・さん:
確かに、村杉岳からは、新潟、群馬、福島県の山が見えています。周囲は山々で、人工物としては、奥只見ダムだけですが、このダムとしても、シルバーラインというトンネルで秘境に強引に結ばれているわけです。村杉岳は、良い山なので、今後登る人も増えてくるのではないですかね。
感動しました (甘納豆)
2008-05-13 20:31:10
さすらい人さんこんばんは!
写真の数々、ただただ感動しながら見せて貰いました。
どんなルートを歩かれるかも興味深深で、地図を見ながら、納得したり感心したりでした。
同じ日に日向倉山と未丈が岳に登っていましたので一層記事や写真が迫ってきました。
感動のレポありがとうございました。
稜線 (さすらい人)
2008-05-13 23:34:15
甘納豆さん:
まさか甘納豆さんが未丈ヶ岳に登っているとは知らずに、未丈ヶ岳への稜線は薮が出ていて大変そうだなと思ってみていました。一応は、翌日歩く予定ではあったので。そう簡単には登れない山なので、快晴のもと展望が開けて良かったです。
Unknown (sanae)
2008-05-15 16:56:20
昭文社の地図ではどこをどう歩かれたのか、大体の見当で眺めていましたが、展望の素晴らしさ、未丈ヶ岳に登った時を思い出しました。あの山域、山頂はいまだに忘れられません。名山の一座、私の中では上位にランクです。
それにしても大変そうな山、昨年に引き続き、見せていただくだけでアップアップです(^^ゞ
いつかまた日向倉山楽しみにしています♪
カレンダーも日向倉山から5,6月の足沢山から見る太郎助山に変わりました。こちらも知らない山です(^^ゞ
奥只見 (さすらい人)
2008-05-15 19:53:36
sanaeさん:
奥只見一帯は、尾瀬あるいは会津と越後の山の中間に位置して、面白い展望が得られますね。
今年は雪消えも早く、昨年の毛猛山を今年やらなかったのは、幸運でした。他の山域と比べれば、村杉岳はまだ雪があったほうのようです。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事