さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

猿毛岳遭難

2010年02月06日 | 登山
5日の新潟日報の夕刊で、4日の夕方に猿毛岳に登った人が、道に迷ったという連絡の後に、下山しないという記事がのりました。

今日の吹雪をついての捜索でも発見できなかったようです。

猿毛岳の山頂から先に進んでスキー場跡に下るコースは、夏道をたどることは難しいので、遭難したのはその付近のように思われます。

猿毛岳にはスノーシュー歩きのためにたびたび登っており、GPSでコースを記録していますので、今後の捜索の助けになるかもしれないので、歩いた軌跡を掲載します。

2008年1月26日と2010年1月16日の二回歩いた軌跡がのっています。

いくつかのポイントが問題になります。

・見晴らしのポイントで、コースはヘアピン状に曲がります。1月16日の状態では標識が頭を出していました。直進する可能性もあるでしょう。

・見晴らしから先は、杉林のトラバースになります。完全な夏道のトレースは難しく、二回とも歩いた軌跡は少しずれています。

・スキー場跡からは、谷間の道を歩くのが早いのですが、1月16日の段階では、どこが道の入り口かわかりませんでした。そのためもあって、旧車道を通って下山しています。

・スキー場跡方面には、少々ルートを外しても、最後には谷間に出ることになります。また、作業小屋やロッジの廃墟もあって、雪や風を避けることもできます。道に迷ったことから山頂に引き返し、その途中で気もあせり、長谷方面に雪庇を踏み外したという可能性はないでしょうか。

ご無事をお祈りいたします。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« セバコ峰 (2010.1.31) | トップ | さすらいの風景 ヘレンキム... »
最新の画像もっと見る

登山」カテゴリの最新記事