おやじ特別便

ひまじんおやじの日常

あたらしい憲法のはなし 文部省

2017-05-03 07:47:58 | 本と雑誌

【今日の 憲法記念日】

政治と宗教の話は遠慮した方が何かと都合がよいことは承知している。特にこれはブログだからなあ。

だから本日は『本』の話である。

この本は日本国憲法が公布されて10か月後、昭和22年8月に当時の文部省(今は文部科学省)が発行した、全国の中学1年生向けの教科書副読本である。

全53ページの薄い本である。

「みなさん、新しい憲法ができました、そうして昭和22年5月3日から、私たち日本國民は、この憲法を守ってゆくことになりました。」で始まるこの副読本は、

憲法公布からわずか10カ月後に配布されたにもかかわらず、一部の国民から憲法への批判・攻撃が始まっていた時期なのである。

そして、昭和25年(1950年)朝鮮戦争の勃発とともに、この憲法への批判はエスカレートしていくのであった。

 

この「あたらしい憲法のはなし」は、この間わずか2,3年使われただけで

文部省の手で葬り去られたという、悲しい過去を持ったものである。

こほど日本國憲法は今に至るまで、いや今だからこそ「押しつけられた憲法」を変えたいとの議論が続いているのである。

               2円50銭なり

◆ウラ話

実は、こんな古い本をワシが保存している訳ではなくて(ワシが生まれる前の本だぞ)

1972年(昭和47年)に共産党系?の日本平和委員会が復刻したものである。(なあんだ、そうか)

それにしたって1972年といえば45年も前の話である、

だけんどもワシにすれば『ついこの前』という感覚である。年は取りたくないものだ。

憲法記念日にあやかって書庫から引っ張り出してきました。

 

コメント

三省堂の国語辞典

2017-03-05 14:57:03 | 本と雑誌

【今日の 買い物】

ついにワシも買いました。今、巷で大評判の国語辞典

それは嘘です(巷で大評判、という箇所が)

巷をワシに読み替えて下せえ。

三省堂の国語辞典第7版、略して三国(さんこく)

なんだ、国語辞典なんてどれも同じだろ?

というなかれ、調べてみると全然違う。

国語辞典は言葉の意味をしらべるものだ。この言葉の意味を「語釈」と言う。

この語釈が辞書によってさまざまである。

基本的には全く違っていることはないが、それはあたりまえだが、

表現の仕方が違うのである。

それと採録語数の違い。これは多いほど良いというものでもないけれども。

三省堂の三省を調べてみた。日に何度も反省することだと。

「国語辞典」も調べた。

「ら抜き言葉」は載っているか。

「俗な言い方」としてデビューしていたわい。

ワシは辞書に載る言葉はそれが皆(日本語として)正しい言葉である。と思っていたが、どうやらそれは間違っていた。

世の中で広く使われるような言葉を、辞書編纂者が調べてその言葉を登載するのである。

したがって使われなくなった言葉を、辞書から落としていく、こういった作業を常にして、版を重ねていくのである。

辞書の世界はうんと奥深いものである。

ワシの死んだ父親が、死ぬ間際まで国語辞典を離さなかった。

つまらねえオヤジだったが、こと言葉については一生興味を持って調べていた。

ワシも真似してみようと思う。

2900円のこの辞書を、徹底的に使い倒す、新たな気持であるぞ。

 

コメント

死ぬまでに見たい!絶景の橋

2015-11-04 16:09:27 | 本と雑誌

【今日の 橋】

図書館に面白そうな本があった。

「死ぬまでに見たい!絶景の橋」

世界中の、これはと思う橋の写真集である。

 ちょっと気取ってアメリカハナミズキの紅葉をバックに撮影した。どうかな?

原題はMost Beautihul Bridges in the World

大自然の橋、現代の橋、近代の橋、古典の橋、原初の橋の5章に分かれている。

まずは大自然の橋から

 エギーユ・デュ・ミディ橋

フランス アルプス山脈モンブラン山系のエギーユ・デュ・ミディ北峰と南峰をつないでいる。標高3777mにケーブルカーの駅があるそうだ。

 

オランダ ハルステンにあるモーゼス・ブリッジ

何とも不思議な橋だ。モーゼの十戒だ。

 

現代の橋から

フランス アヴェロンにある有名なミョー高架橋

現実にあるか?ウッソー、絵でしょと言われそうな橋。

 

近代の橋から

フォース鉄道橋 イギリス エジンバラ

架設は1890年と言うから125年前だ。和暦で言うと明治23年

やっぱりすごいぞ。今も現役だそうな。

 

最後は原初の橋

メコン川の竹の橋   カンボジア プノンペン

オール竹製のこの橋、竹の本数がすごい。

この本には97の橋が紹介されているがワシはこの橋が一番好き。

 

株式会社エクスナレッジから発行されている。定価(税抜)1600円也

ISBNは978-4-7678-2004-0

無断で紹介したのでゴメン、興味がある良い子は購入を。    PRでした。

 

もしワシが大金持ちなら世界中巡ってこの目で見たいものだ。

 

 

 

コメント

官能小説

2015-06-19 19:44:48 | 本と雑誌

【今日の 図書館】

図書館にはいろいろな本がある。それは当たり前だが

国語辞典だの英和辞典などの辞書の棚に、アッ!と驚きの辞書や、あれーこんなのもあるんだ辞書がある。

今日はその一部をお見せしよう。

一番先に目についたのがこれ。「官能小説用語表現辞典」

内容はものすごいぞ。とてもここでは言えない。

せめて皆さんに目次だけでもと思ったが目次もすごーい。

ぜひと思う人は図書館へどうぞ。借りることが出来たらワシはほめてやる。

「動植物ことわざ辞典」動植物にちなんだことわざってこんなに沢山あるのだと思う。びっくり。

「馬の耳に念仏」「猫に小判」とかだな。

「スラング英和辞典」この言葉もスラングなの?と当方英語はさっぱりだが感心することしきり。

「業界用語辞典」

国内のほぼすべての業界に隠語があるが(と思うが)たぶん全業種を網羅しているんでないかというほどのブ厚い辞典だ。

警察関係や役所関係の業界用語が結構キテルぞ。

もう一冊これと似たような辞書がある。

無人島に一人流されるとしたら何を持っていきますかと聞かれたら(これって定番だな)

ワシはこれまで「地図」と答えようとしていたが、今後考えなければいけなくなった。

辞書もいいかなあ。

で、今のワシにぴったりの辞書がある。

これは無人島行だ。

「ど忘れ早引き辞典」だって、しかも 大きな活字 版だ。絶対に忘れないようにしよう。

ああ、全部自分のものにしたい。

コメント

ビブリア古書堂の事件手帖

2011-12-03 16:38:42 | 本と雑誌
【今日の ライトノベル?】

 ワシが、隣町の比較的「知的な」書店で本を選んでいると
女子高生が、それも今人気のAKB48の誰かに似た美しい子が、つつっとやって来て
「おじさんこの本面白いよ。おじさんはきっと気に入るとワタシ思うからから読んでみれば」?
と言われて買ってみた。

Pc030377

 わけでは(残念ながら)決してなく。
天下の大新聞にこれの書評が載っていたので、しかも先週の土曜日と日曜日に同じ本の書評が載っていたのだ。このようなことは稀であるなあ。編集長がミスをしたのだ。と思う。

 その本とは今日のタイトルにある通り
「ビブリア古書堂の事件手帳」~栞子さんと奇妙な客人たち~
発行所 : アスキー・メディアワークス
文庫サイズ、定価590円

Pc030376

 北鎌倉の駅に近くひっそりと佇む古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主栞子(しおりこ)は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。極度の人見知りである。
しかし、本の知識と洞察力は人一倍。彼女が古本にまつわる謎を解き明かしていく。
 と言うお話。
今年3月発行の第1巻は刊行後すぐに重版。13刷31万部だそうだ。

 暇つぶしにはちょうど良い面白さ。ちょっとおねいさん向けかなあ。
読み終えたので、今日2巻目を買ってきた。

Pc030378

 書店に一杯並んでいる最初の写真のような、少女向けの本(ライトノベル)を卒業した人に向けての本のようだ。

 近頃の文庫本は、若い人向けにブックカバーがこういったマンガチックな装丁になりつつあり(夏目漱石などの日本文学もそうなっとる)ワシは買うのが恥ずかしいぞ。

なんたってワシの年齢は8千9百6拾1歳だからモー。









コメント (3)