おやじ特別便

ひまじんおやじの日常

サプリメントはぼろ儲け

2014-08-11 20:11:57 | 健康・病気
【今日の 当てはまる】

洋酒のサントリーに限らず本業の他に色んな商売をしている会社はたくさんある。
でも今日はサントリーのサプリメントの広告が気になった。
サプリメントはDHAだのEPAだのグルコサミンだの紅茶きのこだのサルノコシカケだの
雨後のタケノコ状態でまったく信用していないワシでも、ちょっとこの文を書くために思い出そうとしても簡単に名前が
出てくるぞ。


P8081608

年齢のせいとあきらめる前に
おすすめしたい知的栄養素
サントリーの「オメガ脂肪酸」
だとさ。

ではあなたの心配事はどれですか?
①知っている「漢字」を書けない・・・・そんなの普通、日常ちゃめしごとだ
②昨日の「晩ごはん」を思い出せない・・・・・当たり前だ。下手すると食べていないと思ってしまう
③鍋の「火」をつけたままにした。・・・・・・・・つけたはずが点けていない
④「鍵」をかけたか「不安」になる・・・・・・・・しょっちゅうである。
⑤人との「約束」を間違える・・・・・・・・・・連れ合いがいったことは、
そもそも最初から頭に入っていない。

これ飲まっかしん。

でも「年齢のせい」とは思えない
若いころからだから。




コメント

続 世界が回る

2012-04-01 17:14:17 | 健康・病気
【今日の 精密検査の結果】

超混雑の耳鼻科の先生の結果発表    ジャーン!
 
特に三半規管に悪いところは無いそうだ。
強いて言うなら、高音域の聞き取り能力が、以前検査した時よりもだいぶ減少しているとのこと。
「先生、それは加齢によるものでしょうか」「それもあるが個人差が大きい。騒音の中で仕事をしないことです。」
(・・・・・ワシの働いているところはワシが出す声が大きいぐらいで、皆シーンとして仕事をしているけんね・・・・)
「ハイ、分りました」

といったぐらいで、特に治療を要するところは無い。まずまずの結果であった。

しかし「血流を良くする薬を出しておきますから飲んでください」だと
なに、悪くなけりゃあ薬なんか。と思ったが、まあ気休めのつもりの薬であろう。
世間には薬飲みたい『元気な患者』がいるようなので、先生も ”飲んだからと言って悪いものではない薬” を処方してくれるのだろう。
それにしても朝昼晩と5錠も飲まなければならないことになった。それも3週間。忘れそーだ。

【今日の 津波高さの変更】

「南海トラフの巨大地震モデルの検討会」が31日発表した巨大地震の新たな想定

P4010876

検討会では11のケースについて想定している。
上図は駿河湾ー紀伊半島沖に大滑りを設定したケース6。
ワシの住む漁村市の津波高さは、2003年中央防災会議の想定では4.5mであったものがこれでは10.1mとなっている。

ワシの家は標高3mだから7m以上も深い海底である。どーする?

P4010881
漁村市は上から2番目の段

心配なアノ原発は、今突貫工事で防波壁をつくっているがその天端高さが標高18mである。今回の発表では21m
えーっそれじゃダメじゃん。

大丈夫、、大丈夫!このニュースのときに電力会社の人がコメントしてたよ「この壁を越えたとしても水密性は十分だし、非常用発電装置も稼働するような設計であるから心配いりません」
内心は「困ったなあ」と思っていても決して、「あせって設計をしたので18mの壁をつくってしまいました。これでは高さが足りません。はやまって作り始めてしまいどうもすいません」とは言わないがな。

やっぱり福島の事故を教訓にしていないのである。
市民のほうを向いているのか会社の方を向いているのか。会社だな、イヤ、お金だな。

しかしワシら庶民は心配なことであるぜよ。







コメント (1)

世界が回る

2012-03-31 10:03:47 | 健康・病気
【昨日の めまい】

昨日は年度末で、ワシの仕事も最終回であった。暦で言うと大みそか。
朝からあれもやらなきゃあ、これもきっちりしとかなきゃあ、と目の回るような忙しい片づけ仕事であった。

8千万円程の大口の商談もまとまり(良かった)も一つの商談も契約をして(良かった)やれやれと思っていたら
3時ごろに新規のお客様も突然いらして、その対応と本社へ最後のご挨拶に行くことになっていたので、あーもう時間が・・・・
てな調子で、自分では気付かなかったが相当なストレスの蓄積があったのである。(後で考えると)

4時ごろ、突然世界がグルグル回るような大めまいに襲われ、新規のお客様との話が続いていたのであったが「あーもうどうでもいいから早く帰ってくれないかなあ」と大変失礼なことを考えるようになって、やっと商談が終わってそのお客様が帰った後で、椅子を並べて寝ていたがめまいが収まらない、そのうち強烈な吐き気に襲われ、同僚の「大丈夫ですか、医者へ行きますか」の優しい声に「大丈夫でない、医者へ…」と言うのが精いっぱいになってしまった。

「ワシはこのままどうかなっちゃうんではないか」と心の中で思った。
幸いユリコさんが病院への手続きをしてくれて、ラテーダクンのシトロエンで病院へ
ほとんど朦朧となった状態で救急窓口に着いたがそこでも「オエーッ」
ラテーダクンの高級車の中で「オエーッ」でなくてよかった。

ドクターが脳の異常を診るための簡単なテストをしてくれたが「大丈夫でしょう」とのこと。
質問です「夏目漱石の本名は?」 「夏目金之助」 「ですが奥さんの旧姓はなんでしょう」とか「あなたの市の高齢化率は何パーセントですか小数点3ケタまで答えなさい。とか「サクラとウメとモモの違いを答えなさい」とか「円周率の小数点以下30桁目はいくつでしょうか」など「高校生ウルトラクイズ」みたいな質問でなくてよかった。
医者が「大丈夫とは思いますが一応念のためCTをとりましょう」
詳細なCTを受けるのに一も二もない「お願いします」被ばくします。

CTの結果も異状は見つからないというので、ほっと胸をなでおろす。3年ほど人間ドックも受診をサボっていたので健康保険を使って脳の精密検査ができてラッキー。

この時点で、それまで心配して残ってくれていたフクちゃんとマアチャンとユリコさんとラテーダクンには帰宅をしてもらう。

強い嘔吐感が残っているのでその後2時間ほどかけて吐き気を抑える点滴をする。終わったのは23時ごろ。

さすが医者、それまでの「アー俺はだめだ心」がウソのように平常心になった。

ドクターの見立てでは、極度のストレスが三半規管に影響を及ぼしめまいを引き起こした、そのめまいで強い嘔吐症状が出たのだろうとのこと。

ストレスはもうないので大丈夫と安心する。
明日専門医の診断を受けた方がよいでしょうとのこと。心の中では(なーに受診しなくてもいいであろうメンドクセエ)と思っていた矢先、ナースが「男の人は良くなると専門医の診断を受けることを嫌うことが多いので気を付けてくださいね」「はーい分りました」

ということが昨夜あった。
本日さっそく、市内で有名な超混雑の耳鼻科に受付に行って来た。受診番号57番、土曜日なので超混雑。

今は10時再び受診に行くことにする。

Photo
写真は、ベッドでやっと撮った点滴の様子 (こんなときでもブログネタを探すバカなワシであった)

あーあ、最後の最後、特にフクちゃんには長い勤務を終え人生最初の退職の日だってのに迷惑をかけてしまって。すみませんでした。今朝電話で話した時は思い出になって良かったと言ってくれましたが・・・・ワシには痛恨の記憶として残る。

皆さまどうもすいませんでした。今私は元気です。




コメント (2)