ガリバー通信

「自然・いのち・元気」をモットーに「ガリバー」が綴る、出逢い・自然・子ども・音楽・旅・料理・野球・政治・京田辺など。

沙羅、真央、愛子。

2014年02月25日 | イベント
け sochi.ru 2014、ソチ冬季オリンピックが17日間に及ぶ大会を閉幕した。

 開会式では五輪のマークのひとつが開かなかったアクシデントがあったので、閉会式では人の輪で作った五輪のマークの右上のひとつを不完全な状態で作り、その後綺麗に開いてた五輪マークに仕立てるという、皮肉っぽい凝った演出がなされたりしたが、ともかくメダルには手が届かなかったが、絶賛を博したフリー演技で多くの国民や観衆、海外の人々までもを感激させた、女子フィギュアスケートの浅田真央選手をはじめ、日本選手団だけでなく世界のアスリートたちが笑顔で楽しく行進している様は、やはりオリンピックゲームの醍醐味と共に、とても爽やかなスポーツ祭典であったとの印象であった。

 しかし、モスクワオリンピックを米国と共にボイコットした日本にとっての旧ソ連、現在のロシアでの五輪への参加は、新たなロシア内部の政治対立や宗教、バイセクシャルへの考え方の相違などの心情や反政府的テロの危険性と言うきな臭い背景もあって、大変な警戒の下で行なわれたらしく、観客たちもチケットだけでなく、身分証明を確認できるカードの所持も義務付けられるという状況での開催であったらしい。
 
 そんな中、日本選手団の団長・橋本聖子氏は何故かメダルを10個以上、つまり長野オリンピックで日本が獲得したメダル数を上回る数を取ると目標を掲げて出発したが、結局は金1・銀4・銅3の計8個に終ったのたが、海外での冬季五輪では最高のメダル数であると、マスコミは報道し続けていた。

 私も普通にソチ五輪に関心はあったのだが、5時間半の時差と共に海外の放送権やスポンサーの影響などもあって、フィギュアスケートだけでなく、多くの競技のテレビ中継時間が深夜から未明にかけてという時間帯だったせいもあり、ほとんどはリアルタイムで観ることはせず、朝のニュースや午後のカーリングやスキー総合競技などはリアルタイムで観た以外は、ダイジェスト版の五輪特集などで見届けたのである。

 羽生の金メダルや渡部、葛西らの銀メダルは、当然素晴らしい結果であったのだが、多くの競技の印象の中で、やはり強烈に印象に残こったのは、あの天才少女と謳われた17歳の女子ジャンプの「高梨沙羅」選手、23歳のトリプルアクセルの浅田真央選手、そして30歳を超えて5度目のチャレンジだった、スキー・モーグルの上村愛子選手の3人であった。

 そんなオリンピックの印象は、日増しに語り継がれて行くのだが、浅田真央ちゃんのショートプログラムの演技の順位が16位だったことから、翌日のフリー演技で見事に復活し、自己最高得点をしつつも順位的には6位にしかなれなかった悲運の真央ちゃんにもかかわらず、世界中から賞賛のエールが続いていて、何故か中国のツイッターでは、日本は嫌いだが真央ちゃんの演技には感動したなどというコメントがたくさんあったというのである。

 さすが浅田真央と言いたいところだが、何がそうさせたのか、真央ちゃん自身の弁によれば、ジャンプを跳ぶたびにお世話になった方や姉の舞さん、お父さん、佐藤コーチなどのことを念じて跳んだとのことだが、一晩悔しい思いをしていた彼女自身が渾身の力と技術と経験で、重い空気を払拭したという精神力と最後は自分らしく納得の行く演技をしたいという自己暗示とでもいうべき集中力がなせた技であったと言えよう。

 どうしても金、銀、銅メダルをとったアスリート、選手にスポットが当たるのは当然なのだが、他にもカーリングチームの女子チームの5位、男子フィギュアの町田の5位、高橋の6位、女子8位の鈴木、男子スケート500メートルの加藤5位、長島6位なども含め、多くの選手たちの努力と日頃の鍛錬の結果が必ずしもメダルや入賞には結びつかなかったケースの方が圧倒的には多いのだということを改めて考えると、一人ひとりの選手とその家族、またその選手のために努力しサポートされているコーチや裏方のチームブレインなどの気持ちも大切に思うところである。

コメント   この記事についてブログを書く
« 大統領の執事の涙 | トップ | 「頚椎症」だそうだ。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事