A Challenge To Fate

私の好きな一風変わった音楽を中心に徒然に綴ったページです。地下文化好きな方は見てやって下さいm(_ _)m  

【私のB級サイケ蒐集癖】第32夜:60年代ヒッピー映画サントラ盤『サンセット通りの暴動』『白昼の幻想』『嵐の青春』『ヒッピー革命』

2021年05月10日 22時54分40秒 | 映画やDVDのこと


90年代半ばまでは、海外の60年代のロックバンドの動く映像を観れるのは映画だけだった。有名なバンドであれば『モンタレーポップ』や『ウッドストック』のようなドキュメンタリー映画で観れたが、B級サイケやガレージパンクバンドは、ヒッピーやバイカーといったカウンターカルチャーをテーマにした映画にちょい役で出演した映像でしか観れなかった。名作とされる『イージー・ライダー』は時々名画座で上映されたが、それ以外のヒッピー映画は日本で上映されることはなく、ごくたまに昼か深夜のテレビの映画枠で無様に編集されて放送されることがあるくらいだった。しかも全く関係のない邦題になっていて、タイトルだけ見てもどんな映画か分からなかった。YouTubeはもちろんDVDもなくVHSビデオが主流だった80年代末~90年代に新宿にエアーズという海賊ビデオ店があって、明らかに違法コピーのヒッピー映画やガレージパンクの編集ビデオが販売されていた。粗悪な画像と音だったが、レコードでしか知らないB級サイケバンドが動く姿に興奮した覚えがある。それから30年余り経った今、自分の中では伝説となっているヒッピー映画の数々がYouTubeで簡単に観れる時代になった。当時の自分が知ったら歓びのあまり失禁してしまうだろう。そんなヒッピー映画のサントラLPを久々に聴いて30歳若返った気分に浸るのも悪くなかろう。

●サンセット通りの暴動 / Riot on Sunset Strip (Tower ‎– DT 5065 / 1967)


1966年後半に実際に起こったサンセット通りの夜間外出禁止令に対する暴動が発生してから6週間後に撮影され、1967年に公開された。サンセット通りの暴動が起きた当時の様子を再現するとともに、主人公の少女と離婚した両親との関係が描かれている。ハイライトは彼女がLSDを投与されアシッド・トリップを体験する場面、後に警察の調べによって集団レイプの被害者であることを知らされる場面など。TV放映時の邦題は『青春の罠・性と反抗』。スタンデルズ The Standellsとチョコレート・ウォッチ・バンド The Chocolate watch Bandというロサンゼルス2大ガレージパンクバンドが出演している他、60年代B級映画の首領The Sidewalk Sound(Davie Allan &The Arrows)をはじめ無名のアーティストが参加。サイケ前夜のガレージ/サーフ・ロックを堪能できる。

Riot on Sunset Strip Arthur Dreifuss, 1967



●白昼の幻想 / The Trip (Sidewalk ‎– ST-5908 / 1968)


ジャック・ニコルソンの脚本を「マシンガン・シティ」のロジャー・コーマンが製作・監督した作品でLSDを服用した1人の青年が体験する“幻想の旅”をスクリーンに再現したもの。撮影はアーチ・R・ダルゼルで特殊モンタージュや特殊レンズ、オプティカル処理などを駆使し、妖しく美しい幻想の数々を映像化している。衣裳はリチャード・ブルーノ、特殊セットをディック・バーンとカール・ブレイナードが担当。出演はピーター・フォンダ、スーザン・ストラスバーグ、ブルース・ダーン、デニス・ホッパー、サリ・サッチスほか。音楽はマイク・ブルームフィールド(g)、バディ・マイルズ(ds)、バリー・ゴールドバーグ(key)等からなるバンド、エレクトリック・フラッグ The Electric Flagが担当。ホーンセクションを交えたブルース&ソウル・ロックに、モーグ・シンセとエレクトリック・ヴァイオリンを加えたサイケなサウンドを聴かせる。

The Trip / 1967



●嵐の青春 / Psych-Out (Sidewalk – ST-5913 / 1968)


主演はジャック・ニコルソン、スーザン・ストラスバーグ、ブルース・ダーン。文字通りの青春映画であり、LSD文化発祥の地・サンフランシスコのヘイトアシュベリーを舞台に、ドラッグ・カルチャーにのめり込む若者達の生態を描いた映画。旧ビデオ邦題『ジャック・ニコルソンの嵐の青春』、TV放映時の邦題『都会の中の俺達の城』。ロサンゼルスのサイケバンド、ストロベリー・アラーム・クロック The Strawberry Alarm Clockとザ・シーズ The Seedsが出演、他にコーラスグループThe StorybookやスタジオセッションバンドBoenzee Cyyque(ジミヘンの「紫の煙」のパクリ)が参加。『サンセット通りの暴動』に比べてアシッド度数は桁違いに高い。

Psych-Out 1968 (Director's Cut 2015 Blu-Ray Edition) [HD] 1080p



●ヒッピー革命 / Revolution (United Artists Records ‎– UAS 5185 / 1968)


ジャック・オコネルが製作・監督し、1967年にサンフランシスコで撮影されたドキュメンタリー映画。当時のヒッピーたちのインタビューに加え、カントリー・ジョー&ザ・フィッシュ Country Joe & The Fish、クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィス Quicksilver Messenger Service 、スティーヴ・ミラー・バンド Steve Miller Band、ダン・ヒックス Dan Hicks(シャーラタンズ The Charlatans)、オールガールズバンドのエース・オブ・カップス Ace Of Cupsなどの演奏が収録されている。1996年に再編集され『The Hippie Revolution』というタイトルで劇場公開された。サントラ盤にはQuicksilver Messenger Service, Steve Miller Band マザー・アース Mother Earthの3バンドが収録されているが、映画で使われたライヴ音源とは異なるスタジオ録音となっている。

Revolution (1968) - Documentary 1968 (Gonzo) Summer of Love


ヒッピーに
憧れていた
パンク少年

コメント

【私のポストパンク禁断症状#12】『パイナップル / YAWA YAWA』/『NISHIN / DAI DAI』~札幌80年代ニューウェイヴの秘宝

2021年05月07日 01時10分01秒 | 素晴らしき変態音楽


小学校に入る前北海道の函館に住んでいた。幼少期の記憶だが冬の根雪や路面電車が走る街並み、五稜郭公園の大砲、函館山のロープウェー、青函連絡船、保育園のテレビで観たアポロ11号の月面着陸などが記憶に残っている。1970年に仙台へ引っ越して以来、現在まで函館に行ったことはない。札幌へは就職してから出張で何度か行ったことはあるが、ほとんど日帰りや1泊程度。2019年2月に遠征で爆裂女子の札幌公演でカウンターアクションというライヴハウスへ行ったのが唯一の音楽体験。そんなわけだから、80年代の札幌のライヴハウス・シーンのことはまったく知らないのだが、最近入手したレコードがとても面白くて、札幌インディーズに興味が湧いてきた。

●パイナップル / YAWA YAWA


1st 10inch『パイナップル4.9』(83)のジャケットは昔レコード店で見た覚えがあるが、コミックバンドみたいで聴く気になれなかった。こちらは2nd LPだが、やはりジャケットだけでは音楽性が想像できない。しかし裏ジャケのコラージュを見るとシュールなアート感があって、ただのコミックバンドじゃない凄みがある気がする。札幌のライヴハウスでは大人気だったという。本作は1986年10月~87年2月録音、1987年リリース。メンバーは新江一志(vo,b,ds)、阿部幸弘(key,b,tp)、今野俊則(ds,key,pianica)、鳴海徹(g)。メンバーそれぞれいろんな楽器を持ち替えて演奏している。変拍子のプログレポップ、レゲエ/ダブ、とぼけたフォーク調、タイトなファンクビートといった雑食性の高いサウンドは、何でもありの80年代ニューウェイヴの到達点を示している。バンドで言えばヒカシュー、Qujia、Mute Beat、Melonといった名前が頭に浮かぶが、もっと自然に近い発想で作れられたような解放感と自由度が感じられ、個人的に好感度が高い。
1~2年前に1st,2ndにオムニバスLP『Case of Telegraph』(83)収録のライヴトラックを追加したCD『パイナップル / YAWA YAWA ~パイナップルcomplete collection~』がリリースされた。詳細な解説書が付いているので、それを読めば札幌ニューウェイヴ・シーンのことがもっとわかるだろう。

PINEAPPLE - YAWA YAWA (1987) [alternative rock japan]



●NISHIN / DAI DAI


中古レコード屋で見つけてアートっぽいジャケットが気になり、値段も手ごろだったので購入。NISHINとDAI DAIのどちらがバンド名かも分からなかった。1986年3月~11月録音、1987年リリース。メンバーは、吉田こうじ(vo, g, key)、ORA(g, calimbaguiter)、クメヤスシ(b)、津わき貢(ds, perc)。Special Thanksにパイナップルの阿部幸弘の名前があるので交流があったはずだが、遊びの要素があるパイナップルと違って、NISHINは独特の美意識に貫かれた真面目な音楽性を持つ。80年代King CrimsonのエスノプログレとBauhausのゴシックパンクの影響を受けた退廃的なサウンドと、P-Modelを思わせる和風のメロディが近未来ポップを奏でる。イケメン風のメンバー写真から察するに、カリスマ的な雰囲気がアピールしたのではないだろうか。ネットで調べたところでは「テンプラ」という曲の人気が高いようだ。残念ながらヴォーカルの吉田は急性骨髄性白血病のため91年に30歳の若さで早逝したという。

dai dai - nishin


万象館 1988-8-21 吉田コウジ


パイナップル(果物)とニシン(魚)。北国バンドのネーミングセンスも興味深い。

北の国
おもろい音楽
埋もれてる

【その他の札幌インディーズ音源】
札幌自主制作80s -SAPPORO INDIES 80s-
80年代の札幌を中心とした自主制作音源。Karma(1986-990),CASE BY CASE(1984-1986),パラフレーズ(1979-1989),ライナスの毛布(1984-2008),OUT(2012-活動中 )


コメント

【Ungra Jazz Disc Review】Chris Pitsiokos / Carny Cant~The Album Revealed Body & Soul of True Self

2021年05月05日 00時00分38秒 | 素晴らしき変態音楽


text by Takeshi Goda for JazzTokyo

Chris Pitsiokos / Carny Cant
DL/LP : Eleatic Records ELEA005

Chris Pitsiokos: alto saxophone, baritone saxophone, harmonica, electric bass, electronic drums, voice, all electronic/midi instruments, and electric guitar on track 6.
Rick Eye: electric guitar on tracks 2-5
Jason Nazary: drums on tracks 2, 3, 5

1. Invocation
2. Journal: The Burden of Solidity
3. Go Ahead Rick
4. Lapsarian
5. Journal: The Burden of Memory
6. Question Mark

All music composed, produced and mixed by Chris Pitsiokos.
All words by Chris Pitsiokos
Album Art by Katharina Huber

Bandcamp

Embodying true self revealed in pandemic.

Since the pandemic last Spring, Chris Pitsiokos and I have been in touch via email several times. In March 2020, when the state of emergency was declared in New York, he evacuated to Virginia where his mother lives and stayed in the countryside for a month. In April, he returned to Brooklyn and was forced to refrain from performing. The time he had to endure, not being able to perform or even meet with friends and other musicians, turned out to be a meaningful time for him.

"I have decided to go the other way and take this time to re-evaluate my life, values, and the reasons why I started making music in the first place. I have been practicing more than I have in a long time, my focus has increased and I have also been teaching myself how to repair saxophones, which is an immense rabbit hole to go down. I have decided to shift my focus to being more self-sufficient--economically, emotionally, and creatively, by focusing on myself, my own label, and the series I co-produce... " (newsletter, May 22, 2020).

The material he recorded during the self-restraint period was released digitally on Bandcamp as two mini-albums, "Aswoon" (November 2020) and "Milquetoast" (January 2021). Both were basically improvisational pieces by alto sax with some overdubs. On the other hand, he was also working on more produced project.

"I have been spending a lot of time with books and with visual art during the pandemic, and the creative processes of those kinds of artists has been influencing me more than music lately. In particular, I have been thinking about sitting with a work for longer, and slowly crafting it through recording, reshaping, mixing, producing, mastering. Really creating a world and slowly getting inside of it. Something deeply personal, and unique to me. " (personal mail, September 5, 2020).

Written, recorded, and produced between January and October 2020, Carny Cant features Jason Nagy (member of CP-Unit) on drums and a multi-instrumentalist Rick Eye from Denton, Texas (Gay Cum Daddies, Flesh Narc, Bukkake Moms, etc.) on guitar and all other instruments, harmonica, electric bass, alto sax, baritone sax, and many electronic instruments were played by Pitsiokos himself. The title of the album means "Carnival specific language = secret language among friends that outsiders don't understand". I guess it means that if you listen to it normally, you don't know what it means, but if you are one of us, you can understand the meaning of the secret music. You may be surprised with the different feel of this album from his previous music. Furthermore, considering the meaning of the axe on the album cover, I can feel his determination to break away from the past and move on to a new phase.

"The album is a departure from my past music, to say the least.
For me it was a meditation on everything happening in the world at the time, and my own personal journey through it all. " (newsletter, February 6, 2021).

M1 "Invocation" is a multi-recorded baritone and alto saxes which purify the air and summon Pistiokos' new music. M2 "Journal: The Burden of Solidity". The industrial beat surprises me. It is said to be a rhythm generated using irrational numbers (real numbers that cannot be expressed in fractions, e.g. √2, pi). Pitsiokos raps, or rather, speaks words (poetry reading), while improvised saxophones cut through the air. M3 "Go Ahead Rick" is a heavy rock number featuring Rick Eye's guitar as the main instrument. The harmonica played by Pitsiokos creates a strangely bright pastoral atmosphere. The mismatch of heaviness and emptiness leads to the emptiness of an unrealistic self-restrained life. M4 "Lapsarian (The World After the Fall of Adam and Eve)" is an abstract song with break beats, to be called a saxophone version of rap. M5 "Journal: The Burden of Memory" is a spoken word number that is a counterpart to M2. The harmonica again creates a sentimental mood. As Jason Nagy's drumming continues its unhurried improvisation in the background, Pitsiokos' spoken word becomes a downer murmur that morphs into Eye's distorted guitar. The album's final track, M6, "Question Mark," is a folk song sung by Pitsiokos on guitar. To be honest, he is not a very good guitarist nor a very good singer, but I felt that he had reached a state of enlightenment, saying "this is me" in a vague floating feeling.

Although there are guitarists and drummers on this album, what is depicted on this album is definitely the soul and body of one man, Chris Pitsiokos. A year of extraordinary living is never a waste of time for this artist, but become the most useful period of transformation in his lifetime.
(April 27, 2021)

Journal: The Burden of Memory

★日本語レビューはこちら⇒https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-64854/

Move to
The Next Level
With Pandemic

Strictly Missionary (Chris Pitsiokos, Wendy Eisenberg, Richard Lenz, Kevin Murray, Nick Neuberg)


Chris Pitsiokos - alto saxophone
Wendy Eisenberg - guitar
Richard Lenz - bass
Kevin Murray - drums
Nick Neuberg - percussion
at Valentino Pier - Red Hook Brooklyn - Mar 27 2021
コメント

【異端音楽イベント情報】盤魔殿スピリチュアルラウンジ、5月28日(金) 四谷三丁目CON TON TON VIVOにて開催 

2021年05月04日 00時00分55秒 | 素晴らしき変態音楽


まったりと瞑想しながら意識を変革しチャクラを開くディープリスニング覚醒イベント

盤魔殿スピリチュアルラウンジ 
DISQUE DAEMONIUM SPIRITUAL LOUNGE


2021.5.28 fri
18:00 open / 19:00 start
Charge 1000 Yen

アンビエント、ニューエイジ、スピリチュアルジャズ、トラッド、フォーク、民族音楽、劇伴音楽、サントラなど、ラウンジ的な音楽でリラックスしながらお店のラム酒など楽しんで頂けたら!
Ambient, New Age, Spiritual Jazz, Trad, Folk, Ethnic, Easy Listening, Theatrical, Soundtracks, Lounge etc...

CON TON TON VIVO
tel 03-6274‐8383
〒160-0006 東京都新宿区舟町7番 舟町ビル 地下1階
予約https://www.contontonvivo.com/reservations



【盤魔殿スピリチュアルラウンジ出演DJ】

●DJ Aura Noir(黒い瞳)

写真・美術モデル、舞台役者、雑音楽家、デザイナー、アートディレクター。
現在はノイズ・アンビエントユニットINIBURAにミュージックソー、打楽器、おもちゃ楽器、朗読などで参加。ソロでアンビエント・環境音楽を制作。

■当日の聞かせどころ
民族音楽、プログレ、エレクトロニカなどから、土着的な要素のある儀式的音楽を。


●DJ Necronomicon

剛田武 ’77年パンクに衝撃を受けバンド活動開始。80年代前半地下音楽と交わる。サイケバンドでTV番組『イカ天』に出演するも94年に解散。サラリーマン生活の傍ら2005年にブログ「A Challenge To Fate」をスタートし、音楽サイトJazzTokyo等で執筆活動。著書『地下音楽への招待』(ロフトブックス2016年)。DJ NecronomiconとしてDJイベント『盤魔殿』および自主レーベル「Les Disques Du Daemonium」を主宰。

■当日の聞かせどころ
<精神の微睡み>をテーマに、古き良き純邦楽・現代音楽・民俗音楽・電子音楽中心のセットリストを考案中。聴いている人を眠らせることができれば大成功。


●DJ Qliphoth

フリンジカルチャー研究を標語として抑圧された文化の顕彰・発掘・再評価に従事。反天皇制オカルティズムの潮流と日本の地下音楽との結節点である「巫女舞いろ」を全面的に支持。アングラ演劇からも抹殺された芝居集団「曲馬館」および後継としての「風の旅団」と「野戦之月」ならびに天井桟敷・万有引力の音楽家J.A.シーザーの音源復刻などを実現。盤魔殿所属。

■当日の聞かせどころ
日本暗黒演劇史と題して、天井桟敷、万有引力、月蝕歌劇団、曲馬舘、風の旅団、野戦之月、水族館劇場、状況劇場などの劇中歌・挿入歌・主題曲を中心に70年代から80年代へのオマージュを込めて選曲します。


●DJ SubRosa

由良瓏砂 女優。ライター。オカルティズム。YScompany所属 yscompany.biz アートサロンカフェ《哲学者の薔薇園》 、創作人形工房アトリエ・アスフォデル 、アンティーク・レトロ雑貨店ロサアンティカ、演劇ユニットMONT★SUCHT主催

■当日の聞かせどころ
今回は幅広いジャンルから、精神性の高い曲をセレクト致します。 盤魔殿のお客様にも楽しんで頂けるよう頑張りますので、宜しくお願い致します。

盤魔殿
瞑想音楽
覚醒罪

☺例えばこんな感じかな・・・・?
【浄土宗のお経】念仏一会 木魚に合わせて、南無阿弥陀仏を1時間唱え続ける


☺☺またはこんなのかも・・・・?
[Gayatri Mamtra 108 times][ガヤトリーマントラ 108回]


☺☺☺もしかして、こんなのじゃないよね・・・・?
The Gerogerigegege - None Friendly (Full)


☺☺☺☺どんなのかは観てのお楽しみ!
コメント

【JazzTokyo#277更新】パンデミックを超克する表現者~Disc『クリス・ピッツィオコス / カーニー・カント』/Live『マンスリーヒカシュー2021 エターナルエコー 脱皮する』

2021年05月03日 00時09分18秒 | 素晴らしき変態音楽


音楽情報サイト『JazzTokyo - Jazz and Far Beyond』最新号が更新された。メイン特集は「メールス・ファスティバルと日本」「CTIオールスターズ 1973」。剛田武は下記の記事を寄稿した。

●Chris Pitsiokos / Carny Cant

#2081 『Chris Pitsiokos / Carny Cant』『クリス・ピッツィオコス / カーニー・カント』

パンデミックで明らかになった本当の自分の具現化
このアルバムに描かれているのは間違いなくクリス・ピッツィオコスというひとりの人間の魂と肉体である。現在のピッツィオコスのありのままの音楽を時間をかけて濃縮することにより、彼自身の未来の音楽と人生の在り方を刷新した。

Lapsarian



●マンスリーヒカシュー2021 エターナルエコー 脱皮する

#1163 マンスリーヒカシュー2021 エターナルエコー 脱皮する

“鳴り止まない”ことをやり続け、観せ続けるバンドの表情の豊かさ。
これほど表情豊かなバンドは他にいるだろうか?男は黙って背中で語る、というのは過去の美徳。顔満面の表情でサウンドを奏でるのが異形のロックバンドの心意気なのだ。

マンスリーヒカシュー2020 MONTHLY HIKASHU 2020


パンデミック
音楽表現
鳴り止まぬ

Chris Pitsiokos: Racquetball Court, Video by Katharina Huber
コメント

GWは盤魔殿レーベル"Les Disques Du Daemonium"で決まり!~雑誌TH No.86「不死者たちの憂鬱」/配信イベント「BURST​​​公開会議​​​ 」/Disc Review

2021年05月01日 02時13分26秒 | 素晴らしき変態音楽


●トーキングヘッズ叢書(TH Seires)No.86「不死者たちの憂鬱」にて紹介記事掲載!


2021年4月28日発売!
TH No.86 "The Melancholy of immortals"

A5判・並製・224頁・税別1389円
ISBN 978-4-88375-439-7
発行=アトリエサード/発売=書苑新社(しょえんしんしゃ)
http://athird.cart.fc2.com/ca1/318/p-r-s/
=================
古来から人は、不老不死を夢見てきた。
その薬を求めた中国の始皇帝の逸話は、とりわけよく知られるところであり、
吸血鬼など不死者はさまざまな物語を生んできた。

現代でもその研究は続き、
ケン・リュウの「円弧」が映画化されるなど、不死への関心は薄れない。

不死は幸福か? 不死はときに苦しみを、永遠はときに退屈をもたらすものだ。

いまだからこそ、吸血鬼、火の鳥からAI、輪廻転生などまで、
不死をめぐるさまざまな想像力にふれてみたい。

■TH FLEA MARKET
◎『地下音楽への招待』の著者、剛田武主宰の「盤魔殿レーベル」から、故・近藤等則スタジオにて録音した、ケロッピー前田の最新音源リリース●ケロッピー前田


●バースト​​​・ジェネレーション presents 「BURST​​​公開会議​​​ #04」にて紹介+生演奏
90年代からゼロ年代にかけて、最も過激なストリートカルチャー誌として時代を疾走した『BURST』のオリジナルメンバーがお送りするネット配信&観覧のトークイベント。今回は、過激な表現ゆえにSNSでBAN(削除や凍結)されたアーティストたちによる企画展『私たちは消された展』主宰、女体を専門とする扇情カメラマン・酒井よし彦をスペシャルゲストに迎えする。 元ホスト、金融屋という異色な経歴を持ち、女体のエロティシズムの表現者となったいまも反骨精神を貫いている彼と、最もエッジな表現について、踏み込んだトークを展開する。

ケロッピー前田×剛田武による盤魔殿レーベル紹介は1:26:30くらいから。ピスケン&釣崎清隆​​とのコラボレーションあり。


●最新Disc Review
ケロッピー前田 x 剛田武『Electric Tjurunga(エレクトリック・チューリンガ)』
Live Recording @ Kondo Sound Body Laboratory



ケロッピー前田と剛田武が、電子即興音楽の共演を今は亡き近藤等則のスタジオを利用して3月のある日、一日だけで作り上げた音源が本アルバム『Electric Tjurunga』だ。
Tjurunga(チューリンガ)はオーストラリア原住民アボリジニーのアルンタ族の言葉に由来する聖なる対象物で扁平な石焼で作られている。子供が誕生した時に作成され、その種族のトーテムであり、個人の霊魂と深く結びついている。ブーメランなどの武器の形をとることもある。電子的なトーテミズム、最もプリミティヴなものと尖端のテクノロジーの融合、未来と過去のシンクロニシティ、アルバムを聴く者にとって、その意味は多様かつ豊穣だ。ケロッピー前田の電子的に加工されたディジュリドゥとシンセサイザーの演奏、剛田武の電子加工されたサックス(正確にはフルートにサックスのマウスピースを付けたリード・フルートなる楽器)、フルート、トイドールの発信音などが即興的にコラージュされていく。一聴して私はAriel KalmaとRichrad Tintiが1978年にボルネオのジャングルの中でのフィールドレコーディングと電子音やサックス、ディジュリドゥ、ヴォイスインプロビゼーションなどを巧みにコラージュして作り上げた名盤『Osmose』を連想した。特にアルバムの表題曲である「Electric TjurungaⅠ」と「Electric TjurungaⅡ」にはその思いが強い。拍子木のような石器を打ち鳴らす打撃音で始まるイントロを聞いて、ケロッピー前田が土取利行の指導を受けた正統的なフリーミュージックのプレイヤーであることを思い出し、剛田の奏でるノイズの異音やサックスのプレイに、阿部薫の影響らしきものと同時に、80年代のVanityレコードの音楽家Salaried Man ClubやToleranceといったDIY的電子音楽家のエッセンスも感じた。何度も聴けば聴くほど二人のプレイヤーの音楽に対する愛が感じられてならない。
 現代の音楽作品は、電子的なデータとして作成されることが多く、CDやカセット、あるいはVinylといったフィジカルな物体へと加工されることは少なくなった。しかし作者の思いを込めた作品を、フィジカルな形で残すことは、Tjurungaと同じようになにがしかの呪術的な対象物を作成することになり、込められた音声データ以上の意味を持つことになると私は考える。彼らの作り出したこの呪術的な物体を保持して、あなたもなにがしかの呪力を感じてほしい。
宇田川岳夫


不要不急
黄金週間
盤魔殿

●ショップ情報
■tobira records

https://tobirarecords.com/collections/lddd

■Los Apson?

http://losapson.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=459864&csid=0&sort=n

■pianola records

https://pianola-records.com/collections/new-products?sort_by=created-descending

■Mangalitza Records

https://mangalitzarec.ocnk.net/product/116


●全作品試聴&DL/CD-R購入はこちら⇒盤魔殿レーベル"Les Disques Du Daemonium"Bandcamp
https://lesdisquesdudaemonium.bandcamp.com/music



コメント

【私の地下ジャズ愛好癖】12弦ギターの二面性~『ロブ・ノイス / 弧分』『ドナルド・ミラー / 破戒』

2021年04月30日 01時23分43秒 | 素晴らしき変態音楽


ブルースやフォークに根ざしたアコースティック・ギターのインストゥルメンタル・ソロの音楽を紹介することを目的として2009年に設立されたレーベル、VDSQ(Vin Du Select Qualitite=厳選された品質のワイン)の近作2作を聴いた。最新作の『Chuck Johnson / The Cinder Grove』は先日レビューした通り、アコースティック・ギターのソロではなく、スチールギターと他の楽器のアンサンブルによる新機軸を打ち出したアルバムだったが、今回紹介する2作はVDSQの伝統に従ったアコースティック・ギター、奇しくもどちらも12弦ギターのインスト作品である。しかし同じ楽器を使ってもサウンドの感触は大きく異なる。ギター音楽の幅の広さを証明する意欲的なリリースである。


『Rob Noyes / Arc Minutes』『ロブ・ノイス / 弧分』
SKU: VDSQ-029

Side A: Cheap Gold - Pishamares - How and Wither - Magic On Television - Vout - Animal Grief
Side B: The Sniper's Dream - Invisible Ridicule - Dwelling - Old Devils - Tackbeater - And How - Absolutely Still

Rob Noyes - 12 String Guitar
Recorded and mixed by Kevin Micka at the Berwick, Roxbury, MA and Odd Fellows Recording, Weymouth, MA

ニューイングランド出身で、現在は東京をベースに活動するギタリスト、ロブ・ロイスのVDSQでの2枚目のアルバム。Robbie BashoやJohn Faheyを想起させる流れるようなアコギサウンドを聴かせる。中世リュート音楽に通じる美しいアルペジオと透明感のあるリバーブに包まれたリリカルな音色は、これぞ12弦ギターという趣。アメリカ西部の古き良き時代に思いをはせる哀愁のギターが、聴き手の意識をリフレッシュさせる。独特の響きを最大限に活かしたふくよかな録音も素晴らしい。ブルースよりもカントリー&ウェスタンに親和性を持つアメリカーナの注目作である。

Rob Noyes - Arc Minutes - Magic on Television / Vout / The Sniper's Dream




『Donald Miller / Transgression!!!』『ドナルド・ミラー / 破戒』
SKU: VDSQ 028

SIDE A: The Man In The Well - A Little Anatomy of the Physical Unconsciousnesses (for Davey Williams) - Leonora in the Morning
SIDE B: There's A Dance In The Old Dame Yet (for our beloved Squeaky Frome) - A Pseudoragasque Pavanne (for Jack Rose) - For I Am A Cat Of The Devil I Am (or Variations upon "A Spoonful Blues" by Charlie Patton)

Recorded and mixed at Christopher Robert's home studio over three sessions, amongst our other musical endeavors, betwixt Spring and Summer of 2017, a dozen blocks from my house in New Orleans.

ドナルド・ミラーは79年にニューヨークで結成されたサックス2本とギターからなるインプロトリオ、ボルビトマグース Borbetomagusのギタリスト。巨大なサックス2本が爆音を吹きまくり、その間を捻じれたギターが炸裂し、ノイズとフリージャズの斜め上を突進するボルビトマグースのサウンドを考えると、アコースティック・ギターを爪弾くよりも叩き割るほうがお似合いかもしれないが、ミラーはギターの弦を愛撫するように繊細な指使いで音を導き出す。しかしながら生まれ出ずるサウンドは、12弦ギターらしいスチール絃の共鳴に収まらない。ブルースの哀感、ハープのような透明な響き、スライドバーの摩擦音、魔術的な弓弾き、蜃気楼のようなハーモニクス。耳元で鳴るような接写ならぬ接録された臨場感のあるサウンドが、聴き手の聴覚に引っ掛かりを生じさせる。ジャケット写真に写る邪教の神や異形の面や動物の骸骨に魅入られた者にとっては、ただの音楽ではなく、邪悪な大氣を払う呪文に違いない。ご丁寧にもレコード袋には悪魔や魔獣があしらわれた無邪気な幼児の写真が印刷されている。ドナルド・ミラーの12弦ギターは、爆音に塗れたボルビトマグースの魂の真ん中にあるエッセンスを凝縮した、闇の音楽美学を暴き出すようだ。

DONALD MILLER - John Fahey Tribute


VDSQ Bandcamp⇒https://vdsq.bandcamp.com/artists

12弦
十二分に
自由たれ

コメント

【1週間に聴いた盤のリスト】松本清治/平野剛/リンダ・コーエン/松宮庄一郎/チャールズ・アイヴス/寺内タケシ/ヒカシュー/菊地雅章/SKIN/Kluster etc.

2021年04月27日 01時11分33秒 | こんな音楽も聴くんです

下北沢 Pianola Records外観(本文とは密かに深い関係があります)

4月19日(月)

松本清治 / 作品集 第21集


平野剛 / Refelction of Dreams


Linda Cohen / Leda


松宮庄一郎 / 魅せられしギター 第3集


いそしぎ / ファンジック・サウンドへの誘い


インタギャラティック・・ツアリング・バンド / 銀河の使者


4月20日(火)

チャールズ・アイヴス / ヴァイオリン&ピアノ・ソナタ集


東京佼成ウィンドオーケストラ / 法華経からの三つの啓示


Zoltan Jeney / Twelve Songs


松本清治 / 作品集 第21集


華麗なる幻想の世界 Vol.2


4月21日(水)

寺内タケシ & ザ・バニーズ / Let's Go Terry!


寺内タケシ & ザ・バニーズ / Golden Album


ヒカシュー / なりやまず


菊地雅章 / ススト


Larry Wendt / Recordings 1975-1979


スキン / スキンレス


シーナ&ザ・ロケッツ / メイン・ソングス


ザ・スペイスメン / 桜音頭 A GO! GO!


Musique Experipentale


4月22日(木)

松本清治 / 作品集 第8集


松本清治 / 作品集 第11集


ザ・スペイスメン / 桜音頭 A GO! GO!


ジャックス / LIVE, 15JUN.1969


Alan Silva The Celestial Communications Orchestra / The Shout Portrait for a Small Woman


松本清治 / 作品集 第12集


松本清治 / 作品集 第18集


松本清治 / 作品集 第21集


4月23日(金)

ベイ・シティ・ローラーズ / 青春に捧げるメロディー


ザ・テンプターズ / ファースト・アルバム


ザ・スペイスメン / 桜音頭 A GO! GO!


ザ・カーナビーツ meets ザ・ジャガーズ / カーナビ―・ビート・サウンドのすべて


米川文子 / 五段砧、千代の鶯 


松本清治 / 作品集 第8集


マリユス・コンスタン / Chants de Maldoror


ピエール・アンリ / Pierre reflechies, Envol, Coexistence


ミュージック・ノン・ストップ~ア・トリビュート・トゥ・クラフトワーク


ゲイリー・ウォーカー&ザ・レイン / アルバムNo.1、ゲイリー・ウォーカー&ザ・カーナビーツ / 恋の朝焼け


ゲイリー・ウォーカー / 夜明けに恋はない、トゥインキー・リー


4月24日(土)


G-Schmitt / Sillage


ななきさとえ / 赤色人形館


リゲティ / Zehn Stücke Für Bläserquintett


松本清治 / 作品集 第11集


ザ・ベンチャーズ&サンディ・ネルソン / ゴールデン・ビーツ


松本清治 / 作品集 第14集 秋の歌

4月25日(日)

The Cure / Japanese Whispers


富樫雅彦カルテット / スケッチ

4月26日(月)

マーティン・デニー / PRIMITIVA


マーティン・デニー / A Taste of Honey


中沢厚子 / あなたが母を愛したように あなたが父を愛したように


Daphne Oram / The Oram Tapes Volume One


Kluster / Klusterstrasse 69-72


ヴァニラ・ファッジ / キープ・ミー・ハンギング・オン


ジョニーとハリケーンズ / レッド・リヴァー・ロック


ヴァニティ・フェア / 夜明けのヒッチハイク



ザ・マウズ / ハ・ハ・ハ


ザ・ユニオン・ギャップ / ヤング・ガール


フォー・ジャックス・アンド・ア・ジル / マスター・ジャック


青江三奈 / 酔心


Les I / Les I


松本清治 / 作品集 第14集 秋の歌

リスニング
集めて囃子
プレイリスト

YouTubeで聴いてた初期Kraftwerk







コメント

【私のB級サイケ蒐集癖】第31夜:ガレージサイケに感染したロックアイドルが生んだ万華鏡ポップワールド~ゲイリー・ウォーカー&ザ・レイン『アルバム No.1』

2021年04月24日 03時23分05秒 | ロッケンロール万歳!


今朝ベイ・シティ・ローラーズ(以下BCR)のヴォーカリストだったレスリー・マッコーエンの急逝が報道され軽いショックを受けた。70年代半ば、筆者が洋楽に目覚めた中学生の頃、BCRは日本でアイドル的人気を誇っていた。クラスでも熱狂的な女子ファンが騒いでいて、キッスやエアロスミス好きな男子は“BCRはミーハー向け”と馬鹿にしていた。それを決定づけたのがNHKテレビの『ヤングミュージックショー』だった。BCRは全曲あからさまな口パクで演奏し、曲も聴かずに大騒ぎするファンに向かって手を振ってばかりで楽器を弾いていないのにギターの音が出ているのを見て「やっぱりBCRは楽器も弾けない偽物バンド」といった印象が定着してしまった。後で聞くと契約やギャラの関係で生演奏を拒んだそうだが、下手でもいいからライヴパフォーマンスを見せていれば評価は違っていたかもしれない。そんなわけで完全に馬鹿にしていたが、時々ラジオやレコード店でBCRがかかっているとぜんぜん悪くないどころか、ポップロックとしての完成度の高さに驚くこともある。レスリーの冥福を心からお祈りします。

Saturday Night - Bay City Rollers


ベイ・シティ・ローラーズの10年前、1966,7年頃に日本で大人気を誇った洋楽バンドがウォーカー・ブラザーズだった。元々アメリカ出身のスコット、ジョン、ゲイリーからなる3人組で「太陽はもう輝かない」「ダンス天国」「孤独の太陽」などのヒットを放ち、67年に初来日、ビートルズをしのぐほどのセンセーションを巻き起こした。特に学ランを着たスコット・ウォーカーの姿は、当時の日本のGSに熱を上げていた10代女子の目を洋楽に向けさせるきっかけとなったという。

The Walker Brothers - Land Of 1000 Dances (1966)


1967年にいったん解散し、メンバーそれぞれソロ活動をスタート(68年、75年に再結成)。スコット・ウォーカー(本名:スコット・エンゲル Scott Engel)は抒情派シンガーとして活動し、内省的・哲学的な歌世界を展開し、デヴィッド・ボウイやトム・ヨークなどに影響を与える。ジョン・ウォーカー(本名:ジョン・ジョセフ・マウズ John Joseph Maus)も正統派シンガーとして活動し、10数枚のシングルと7枚のアルバムをリリースした。

そして残りの1人、ドラマーのゲイリー・ウォーカー(本名:ゲイリー・リーズ Gary Leeds)が今回の主役である。



1942年3月9日生まれ。1962年末~64年、ロサンゼルスのガレージバンド、スタンデルズ The Standelsにドラマーとして参加。脱退後P.J.Probyのバンド・メンバーとして英国をツアー。ブライアン・ジョーンズと交友を深める。米国に帰国後ウォーカー・ブラザーズのスコットとジョンと出会う。ウォーカーズのサウンドが“スウィンギング・ロンドン”にピッタリだとして、ロンドン行きを説得。65年2月ウォーカーズのメンバーとなり、スコット、ジョンと共にロンドンに拠点を移す。その後ウォーカーズは大ヒットを放ち人気グループとなる。スタンデルズ~ブライアン・ジョーンズの流れから想像できるのはゲイリーは生粋のガレージサイケ好きではないか?ということだ。その証拠に1966年の2枚のソロシングル『夜明けに恋はない You Don't Love Me b/w ゲット・イット・ライト Get It Right』『トゥインキ―・リー Twinkie-Lee b/w すてきなあの娘 She Makes Me Feel Better』はどちらもガレージ感覚たっぷりの粗削りなサイケポップ。シングル曲はUK サイケ発掘ものコンピレーションに収録されている。

You Don’t Love Me


1968年1月ウォーカー・ブラザーズとして2度目の来日の際、日本のGS、ザ・カーナビーツと共にレコーディングしたのが『恋の朝焼け Cutie Morning Moon b/w ハロー・ゲイリー Hello Gary』。スコット・ウォーカーが作詞を担当、プロデューサーとしてレコーディングに立会った。ファズギターとコーラスが印象的なカーナビーツの演奏がメイド・イン・ロンドンに聴こえる本格的サイケポップ。B面はカーナビーツのカラオケに乗せてゲイリーがラリッタように「Hello How Are You?ミナサン コニチワ」と語り掛ける、ダニエル・ジョンストンもビックリのアシッド・ソング。

Cutie Morning Moon


ウォーカー・ブラザーズは実質的に67年5月に解散しており、ゲイリー・ウォーカーは次の活動のためにレインというバンドを結成した。メンバーは ゲイリー・ウォーカー(ds,vo)、ジョーイ・モランド Joey Molland (g, vo)、ポール・クレイン Charles "Paul" Crane (vo, g)、ジョン・ローソン John Lawson (b)。1968年1月にシングル『スプーキー Spooky b/w いつまでも僕のそばに I Can't Stand To Lose You』をUKポリドールからリリース。2ndシングル『孤独な影 The View』、3rdシングル『マガジン・ウーマン Magazine Woman』、さらに1969年1月リリースの唯一のアルバム『アルバム No.1 Album No.1』は日本のみのリリースだった。68年7月にレインは来日し、ザ・カーナビーツを前座に日本ツアーを行い人気を博したというから、日本のレコード会社の要望でアルバムが制作されたのかもしれない。ロンドンの霧に七色の閃光が光るようなドラム&ベースのビートとファズギターで幕を開けるアルバムは、サージェント・ペパーズ症候群の感染拡大を露わにするとともに、ゲイリーがスタンデルズ以来追い求めてきたガレージサイケへの憧れが最大限に開花した夢のサウンドといえるだろう。

Gary Walker & the Rain - The Sun Shines


アルバムの後69年にUK Philipsからシングル『Come In You'll Get Pneumonia』をリリースしレインは解散。ポール・クレインはプロデューサーに、ジョン・ローソンはハニカムズの後継バンドLaceに加入、ジョーイ・モランドはバッドフィンガーのメンバーになる。ゲイリーは英国滞在許可期間が切れたため米国に帰国。75年に英国に戻りウォーカー・ブラザーズ再結成に参加、78年に再び解散。79年にイギリス人女性バーバラと結婚し、公の場から姿を消し、特殊な樹脂混ぜた砂を使って城や船など様々な模型を作る事業を始めた。2005年に27年ぶりにステージに登場しジョン・ウォーカーと共演したという。2007年にジョンと共にラジオ出演した動画を見つけた。しかしジョン・ウォーカーは2011年5月7日に死去、スコット・ウォーカーも2019年3月22日に没したため、現在79歳のゲイリーがウォーカー・ブラザーズの最後の生き残りとなってしまった。願わくば長生きしてほしいものである。

Gary & John Walker with Mike Quinn Part 1


「サイケデリックは精神の在り方である。サウンドエフェクトやファッションやアートワークの見せかけのギミックに騙されるな」と90年代のサイケマニアは悟ったように語ったものだが、サイケはもっと自由で多様性があることが明らかになった2021年現在、ゲイリー・ウォーカー&ザ・レインのような埋もれた宝石に現を忘れて耽溺するのが、21世紀のサイケデリアの正しい在り方のひとつであることを声を大にして宣言したい。

アイドルは
ガレージサイケの
夢を見る

コメント

【FREE ZINE】『盤魔殿アマルガム Vol.34』公開~ケロッピー×剛田/Gaji/絶対零度/レクリプス・ヌー/ACTIVE RECOVERING MUSIC/ゲダリア・タザルテス+イベント情報

2021年04月22日 00時00分01秒 | 素晴らしき変態音楽


盤魔殿 Disque Daemonium AMALGAM Vol.34
“Libération printanière” issue

2021年4月16日発行


盤魔殿DJ 今月の1枚
盤魔殿DJ陣が毎月お気に入りの音源をご紹介。こだわりの選盤からどんな世界が広がるかお楽しみください。

●DJ Athmodeus a.k.a. 持田保
Keroppy Maeda x Takeshi Goda / ELECTRIC TJURUNGA / Live Recordings @ Kondo Sound Body Laboratory(Les Disques Du Daemonium)


盤魔殿でもおなじみケロッピー前田&剛田武によるアブストラクト音響デュオ作品。チューリンガとはオーストラリア先住民族アボリジニの宇宙観を表す(木や石で作られた)楕円形の魔除けとして知られるが、ここではそのチューリンガ宇宙観をふたりが即興演奏&電子化することで音響結晶化させている。さらにその触媒として先日他界した近藤等則のスタジオである近藤音体研究所が使用されており、地球とのネイチャーな交信を目指した晩年の近藤等則作品との共振性も注目すべき。エレクトリック・ディジリドゥーやリード・フルートを筆頭に様々な電子&アコースティック楽器(非楽器)を駆使して生み出されるインプロヴィゼーション空間は、まるでポポル・ヴが縄文時代にタイムスリップしたかのようなリチュアル・コスモロジーに満ち満ちている。


●DJ Vaby a.k.a. 大場弘規
Gaji /Blowpipe (Remastered)
 (左:オリジナル盤/右:リマスター盤)

さてさて今回の盤魔殿なんだけど、私は「やすこ と ゆうこ」という、まるで昭和のアイドル、または怪しい演歌ユニット(笑)のようなテーマでプレイさせて頂くのですが...
「ゆうこ」こと現Din RemoterのYuko Hasegawa嬢が参加していた伝説のBand「Gaji」の1stアルバムのリイシュー盤をご紹介させて頂きます。オリジナルは痛郎の井出氏が運営していたレーベル「ZK Records」より1994年にリリースされたものですが、今回のリイシュー盤は当時の未発表曲 「Hide」を加えたうえ、更に綿密なリマスターが施されているという超お薦め版(盤)なのです。
「Gaji」は1992年結成し高円寺20000Vを中心に活動。ノイズと変拍子を中心に練られた、トランシー+切れ味のあるループ系ビート+ノイズギターにストイックな構成と中性的な透明感のあるボーカルは聴く者を独特の世界に誘います。シカゴ系のへヴィクール+NY系アヴァンコンテンポラリーな変則性を持ち合わせ、ソリッドなアタック感も鮮烈なこの名盤は、今でもAmazonにて購入可能ですので、1人でも多くの人に体験して頂きたく切に願う今日この頃なのです。


●DJ Necronomicon a.k.a. 剛田武
絶対零度 / LIVE at 回天'80 + Junk Connection EP


1979年に結成され吉祥寺マイナーの地下音楽と新宿ロフト&渋谷屋根裏のパンクロックを繋ぐ存在として82年まで活動したポストパンクバンドの黎明期を明らかにするアルバム。1980年5月に六本木スタジオ・マグネットで開催されたレコーディングライヴ「回天'80」で録音された未発表ライヴ音源と80年に地引雄一の自主レーベルJunk ConnectionからリリースしたEP『絶対零度』のデジタルリマスターを収録。一聴してガーンと来るの波止康雄の強烈なヴォーカル。岩石のようにゴツゴツと粗削りなロックサウンドの圧を突き崩す衝動のパワーは、INUの町田町蔵の河内弁に負けない東京のべらんめえ精神の発露である。ヴォーカルの波止脱退後の音源は2013年に2枚組CD『絶対零度II』と『絶対零度III』の2セットが発売されたが、正直言ってバンドとしての全体像を掴むには膨大かつ多様過ぎて、消化不良のままだった。今回のリリースでポストパンク世代=第三世代を象徴するアヴァンギャルド・ロック・バンドとしての本質が明らかになった。改めて後期のサウンドを聴き直してみて、日本のパンク‣ニューウェイヴ史を再検証する必要があるかもしれない。それほどの衝撃作といえる。


●DJ Ipetam a.k.a. Rie fukuda
レクリプス・ヌー/ネガティブ


彼は、実は私の友人でもある。一度デュオでライブパフォーマンスを行った事もある。
しかし、そんな贔屓目を除いても彼の音には抗い難い魅力がある。
彼は以前、主にハーシュノイズを演奏する事が多かった。その後餓鬼道への参加を経て、少々色合いが変わって行った様に感じる。
レクリプス・ヌー参加時の餓鬼道は音にずっしりと重みがあり、とても好きだ。
ハーシュノイズを鳴らしながら、パワーエレクトロニクス宜しくネイティブな英語で叫ぶスタイルは非常に説得力がある。彼自身は日本が好きなので、パワーエレクトロニクスにありがちなネガティブな問題は無い。
このアルバムではボーカルに何人かのサポートメンバーを加えて録音されている。
ネガティブ、と言う言葉には、良くない意味合いしか無いのかもしれない。しかし、ネガティブであるが故に力強い表現に近付く事は確かにある。ノイズと言うスタイルは、極端に歪ませた音を美しく響かせ、特殊な趣味趣向を持つ者を楽しませる外道であり、ジャンルとしての成り立ちは説明がし辛く、一体音楽なのかそうでないのか、かれこれ三十年かそこら論議され続け未だ決着がついていない。しかしながら、ネガティブでありながら力強く歩んで行けるのは、ノイズを奏でる事でしか実現出来ないのではないだろうか?
そして険しい道のりを、敢えて選んだ者にしか見えない桃源郷とも言えるのではないか。


●DJ BEKATAROU a.k.a. 伊藤元
ACTIVE RECOVERING MUSIC / PHYSONECTS


本作はNo Schools Recordingsを主宰する大藏雅彦氏が”ACTIVE RECOVERING MUSIC”名義で製作した12音列技法とサイン波によるドローン作品。
氏の解説から一部を引用させていただくと”サンゴやクダクラゲなどのコロニーを形成する群体生物の、私たちには観測できないけれどあり得るかもしれない文化、思考、言語、音楽などをイメージしています。”とのこと。
カセットを再生すると、、、サイン波の重い振動が骨に僅かに伝わる...時間をずらし放射される高音や低音のそれぞれが長い持続の先で重なり震える際に浮き上がる光に僕の記憶は晴れ上がり、真っさらに抜かれるようだ…
調性のない動きは生物の一連の様態のみならず氏が述べる"あり得るかもしれない文化”をイメージし易いように意識に映し出してくれる…そして、揺めき、変遷する過程で底へと深まれば深まるほど、生命の呼吸に触れさせてくれるような…そんな不思議な感覚さえも降り立つ…


●DJ Qliphoth a.k.a. 宇田川岳夫
ゲダリア・タザルテスの遺作 Book +CD quoi qu'il ens soit(それが何であれ)
 

2021年のはじめに73歳で亡くなったゲダリア・タザルテスの遺作。
2019年5月9日、パリのサンメリー教会で行われたライブla chute de I'ange (天使の堕落)の音源を付属したもの。
スペイン系ユダヤ人の家系に生まれたタザルテスは、1979年にファーストアルバムDiasporasを発表し、現代音楽シーンの特異点としてフリーミュージックの世界に現れた。彼の死のニュースを聞いて、最初に思い浮かぶのは、彼の声、前代未聞の可塑性を持つ複数の言語で展開する変調とう言うべき声だ。Diasporasではタザルテスのホーミーのような声、酩酊した老人のような異言んだ、様々な声がフリーフォームな演奏とともに展開する。セカンドアルバムTazartès Transportsは透明ジャケと透明レコードでリリースされ、民族音楽とノイズのコラージュのような曲もあれば、リズミックなノイズのような曲もあり、今日聞いても全く古さを感じさせない。そしてサードアルバムUne éclipse totale de soleil(皆既日食)は世界各国の民族音楽のエッセンスをつなぎ合わせた、クール&ドープでアブストラクト作品となり、ノイズパーカッションの人力グルーヴに宗教的儀式の祈りや歌声、子供の声、自然音、オルガンらのサウンドスケープがスピリチュアルにコラージュされている。しかし彼の作品が本当に理解されるのは21世紀になってからで、初期作品は一部の好事家に収集されるにとどまった。この間彼はバレエ音楽などの仕事をして生活していたが、作品リリースは少なく、まさに幻の音楽家だった。21世紀になって彼の音楽が様々な面で先駆的な存在であったことがようやく理解され、数多くの作品がリリースされるようになった。ディスコグラフィーを見てもらえばわかるが、その作品の多くは21世紀に発表されたものだ。独創的で表現力豊かな声を駆使し、様々な楽器を演奏し、磁気テープを操作し、音による彫刻を作り続けた彼は、例外的なミュージシャンであった。その作品はいつまでも残り多くに人々に親しまれるであろう。

Ghedalia Tazartes Discography
* Diasporas, LP, recorded 1977, Cobalt, 1979
* Quelque Part Quelqu’un, mini LP, recorded 1978, released 2011
* Tazartès Transports, LP, recorded 1979, autoproduction, 1980
* Une éclipse totale de soleil, LP, recorded 1979, Celluloïd, 1984
* Tazartès, recorded 1979, LP, AYAA, 1987
* Check Point Charlie, CD, AYAA, 1990
* Voyage à l’ombre, CD, Demosaurus, 1997
* 5 Rimbaud 1 Verlaine, mini-CD, Jardin au Fou, 2006
* Les danseurs de la pluie, mini CD, Alga Marghen, 2006
* Alma Marghen Anthology, 4cd box Alga Marghen 2006
* Jeanne, CD, Vand’Oeuvre, 2007
* Hystérie off Music, CD, Jardin au Fou, 2007
* Repas Froid, CD, Tanz Procesz, 2009
* Les Comores w. Reines d’Angleterre, LP, Bo’ Weavil Recordings, 2009
* Ante Mortem, CD, Hinterzimmer, 2010
* Works 1977-79, 4 LP-Box, Vinyl on Demand, 2011 (read more below)
* Repas Froid, reissue LP, PAN 17, 2011
* Granny Awards, LP, PAN Marghen, 2011
* Globe et Dynastie w. with Reines d’Angleterre, Bo’ Weavil Recordings, 2012
* Coda Lunga, CD+DVD, VDN 816, 2012
* Voyage à l’ombre, reissue CD, Hinterzimmer, 2013
* GOL et Ghédalia Tazartes – Alpes, recorded 2011, LP Gollaberation vol.6, Planam Golta, 2013
* LA., LP, dBUT interambiance 007, 2014
*Ghedalia Tazartes, Bruno Letort, Cube Quartet, Etenesh Wassié, Semelles de Vent, Cubic Series #13, 2014
* Il regalo della Befana 12″ S/Sided, Holiday Records, 2015
* La Bar Mitzvah du chien/Don’t cry for me LP Bisou Records 2016
* Vooruit 17.05.2015 (live with Chris Corsano and Dennis Tyfus), LP Ultra Eczema 199, 2016
* Ghedalia Tazartes, Paul Romanchuk, Andrzej Załęski, Carp’s Head, MonotypeRec, 2016
* Ghedalia Tazartes and Maia Dunietz, Schulevy Maker, recorded live at Café Oto, London in 2013, issued in 2017, Holo7
* Quoi qu’il en soit (a 40-page book with photos by Tazartes) + live CD by Tazartes, Quentin Rollet and Jerome Lorichon. Bisou Records, 2021.


<―――――――――――----------------------EVENT INFORMATION----------------――――――――――――――>
2021年
4月28日(水)阿佐ヶ谷TABASA
BURST 公開会議
17:00 OPEN 17:30 - 19:30 番組配信 20:00 CLOSE
チャージ1000円 ドリンク(キャッシュオン)
出演
ピスケン 元BURST編集長
釣崎清隆 死体写真家
ケロッピー前田 身体改造ジャーナリスト
酒井よし彦 扇情カメラマン


5月4日(火)中野サンプラザ
「あなたの聴かない世界vs唸る語る、盤魔殿」


トークショー
出演:持田保、宇田川兵夫
午前10:15~12:00
料金:1,819円(税込2,000円)
(料金には当日中野サンプラザ開催の”まんだらけありある”入場券と持田&宇田川特別制作Zine料金も含まれています、お得!)

まんだらけ主催の精神世界&オカルト系展示即売イベント「ありある」にて日本の霊的音楽についてのトークショーを持田&宇田川コンビが開催します。
予定としては大本教から日本ヒッピー文化、企業化した精神世界、オウム、オーラの泉以降のスピ系からJアノンまでを、音楽作品を紹介しながらヤバヤバ・トークしたいと思ってます(ヤバヤバなので当日録音や撮影はマジ禁止!)。

コロナの密を考慮して定員30名限定!現在前売り予約受付中!!
https://order.mandarake.co.jp/order/detailPage/item?itemCode=1162207149


5月7日(金) 東京・千駄木Bar Isshee
【Sound of BURST DAYS】


open 19:30 / start 20:00(予定)
投げ銭制(別途チャージ500円+ドリンクオーダー)

ピスケン ポエトリーリーディング
ケロッピー前田 ディジュリドゥ パーカッション 電子音 他
DJ TKD サウンドマニピュレーション
釣崎清隆 ベース
剛田武 リードフルート、ノイズドール 他

ピスケンこと曽根賢(伝説の雑誌『BURST』元編集長)が、盟友・ケロッピー前田(身体改造ジャーナリスト)と釣崎清隆(死体写真家)とともに千駄木登場。渋谷Bar Isshee時代から縁のあるTKD武田を交えてピスケン朗読ライブ、地下音楽家・盤魔殿主宰の剛田武&ケロッピーの即興デュオ、さらに釣崎清隆とのBURSTセッションも!!


5月28日(金) 四谷三丁目ConTonTonVino
盤魔殿 Spiritual Lounge
18時30分開場 19時開始
料金未定

DJ Qliphoth a.k.a.宇田川岳夫 
DJ Necronomicon a.k.a.剛田武 
DJ Subrosa a.k.a.由良瓏砂 
DJ Aura Noir a.k.a.黒い瞳 

盤魔殿
レーベルだって
あるんです

盤魔殿レーベル
Les Disques Du Daemonium
Tokyo, Japan
異端DJイベント『盤魔殿』の音楽レーベル。未だ知られざる新世代地下音楽や実験的アーティストを続々リリース。
The music label by DJ event "Disque Deamonium", specialized for Neo Underground Music in Japan.
詳しくは下記リンクをチェック:
https://lesdisquesdudaemonium.bandcamp.com/music
コメント