野へ山へ

2004年~

△白山ー△別山 ①

2020年09月28日 | 山行記

△白山ー△別山を縦走しました。

GPS軌跡(2度クリックで拡大されます。)
:20日


2020.9.20(日)-9.21(月)
 △白山ー△別山縦走
行程:19日 JR大阪駅=(JR高速夜行バス)=
   20日 JR金沢駅=(北陸本線)=JR松任駅=(バス)=市ノ瀬=(バス)=別当出合
       -砂防新道ー南竜道ー南竜ヶ馬場野営場ー(トンビ岩コース)-白山室堂ー御前峰ー大汝峰ー室堂ー(展望歩道)-野営場(泊)
   21日 野営場ー別山ー御舎利山ー(チブリ尾根)-猿壁登山口ー市ノ瀬 =(バス)=JR松任駅=(北陸本線)JR金沢駅=(サンダーバード)=JR大阪駅
地図:昭文社 山と高原地図『白山 2020』
メンバー:単独


百万石ドリーム大阪1号
前夜(19日)に大阪を発ち、早朝にJR金沢駅に到着
寝心地が良かったのか、ぐっすり熟睡出来ました。


金沢駅から北陸本線でJR松任駅へ。


松任駅から(白山登山急行バス)に乗り、市ノ瀬へ。
(例年は金沢駅から出発する便ですが、今シーズンは松任駅発でした。)


市ノ瀬から別当出合までのシャトルバス
(市ノ瀬ー別当出合間がマイカー規制日)


別当出合登山口
身支度を整え、出発!


中飯場


青空が広がり始め、白山の稜線を望む。


甚之助避難小屋
大勢の人々が休憩していました。小屋の中も混んでいる様子・・
少し先の水場で休憩し、更に先を進みます。


振り返ると、眼下に甚之助避難小屋、そして別山の雄姿が。


南竜道分岐を経て南竜道へ進みます。ここからは初めてのルート。


気持ちの良いトラバース道をずんずん進むと、南竜山荘とテント場が見えて
来ました。なだらかな山腹に平和な趣を感じます。


エコーライン分岐を通過


白山国立公園 南竜ヶ馬場野営場 到着。
連休とあって、既に多くのテントが張られていました。


白山を望む良い場所を見つけ、さっそく設営。
張ったら間髪入れず、サブザックにて白山へ出発。


登りはトンビ岩コース(美濃禅定道)を選びました。
少し上がり、振り返った地点。


更に登り、岩の上から眼下や別山を望む。


トンビ岩


西の方角に観光新道のシャープな尾根の全貌。


白山 奥宮祈祷殿 山籠殿


室堂平から御前峰を目指します。振り返ると室堂の各建物、後方に別山。


白山奥宮


△白山 御前峰 登頂


△一等三角点
点名:「白山」(はくさん)
標高:2702.14m


南側の展望


東側の展望


北側の展望
ゆっくりと眺望を堪能し、大汝峰目指して一旦、御前峰から下ります。


翠ヶ池は残雪時に訪れた時とは印象が違いましたが、やはり美しい色合いでした。
御前峰からは見えないので、やはりここまで降りて見る価値はあると思いました。


血の池
グリーンの色合いですが、何故「血の池」なのでしょう・・・
分岐を経て大汝峰へ。


大汝峰への登りはガレ場に見えますが、結構登り易いです。


△大汝峰 2648m 登頂。


大汝神社
☆石組で囲ってあるのは、積雪からお社を守るためでしょうか・・


今度は大汝峰から御前峰を対峙
山頂を辞し、下山すると室堂方面へ進みます。


千蛇ヶ池 
まだ雪渓が乗っていたことに驚きました。夏も融けるほどの気温まで
上がらなかったのでしょうか・・さすが白山。


室堂 ビジターセンターに戻りました。


南竜への復路は展望歩道を選びました。


池塘
展望歩道から南竜までは長いコースのせいか、人けが無くなりました。
熊に遭遇しうるエリアでもあり、テント場に近付くまで笛を吹きながら歩きました。


本来なら北アルプスの展望が利くコースですが、夕方のガスが湧き、遠望叶わず。
かろうじて下方に白水湖が見えました。


展望地には俯瞰図の石盤


やっと野営場が見えた時はほっとしました。


木道に出合い、南竜山荘やテント場も目前。


南竜山荘
人気が高い山小屋とのことです。冷えたBeerを購入する為、寄りました。


マイテント帰着!
何とお隣に色違いのテントが張られていました。
さて、間髪入れず夕食の支度をしてBeer!


今回もlight&fast&美味しい・・の山ご飯です。


お腹いっぱいで外へ出ると夕焼け・・


皆、テントの外へ出て夕焼けを写していました。
周囲の人々と夕陽を共有する良い時間・・


火事みたいな夕焼けでした。
そして夜は満天の星空。とても寒かったですがダウンにくるまれて熟睡しました・・・

(20日に写した植物)

ミヤマアキノキリンソウ(キク科)


サラシナショウマ(キンポウゲ科)


アキギリ(シソ科)

 
キオン(キク科)


カメバヒキオコシ(シソ科)


ノコンギク(キク科)?


センジュガンピ(ナデシコ科)


オオカメノキ/ムシカリ(スイカズラ科)の実


ツルリンドウ(リンドウ科)


ヤマハハコ(キク科)


ハクサントリカブト(キンポウゲ科)


カニコウモリ(キク科)


オヤマリンドウ(リンドウ科)


ウラジロナナカマド(バラ科)


ミヤマリンドウ(リンドウ科)


シラタマノキ(ツツジ科)


アオノツガザクラ(ツツジ科)


コケモモ(ツツジ科)実


ガンコウラン(ツツジ科) 実


イワギキョウ(キキョウ科)


チングルマ(バラ科)実


シラタマノキ(ツツジ科) ピンク色の実

コメント

横尾忠則の緊急事態宣言

2020年09月28日 | 日々

2020.9.18(金)
横尾忠則の緊急事態宣言
記者説明会・内覧会 に出席しました。
諸事情により、ここしばらく横尾氏から肉声でのお話を
伺えないのは寂しい限りでしたが、
作品の多くから最近の心情を存分に感じ取ることが
出来ました。


横尾忠則現代美術館

「横尾忠則の緊急事態宣言」
開催:2020年9月19日(土)-12月20日(日)






個人的に好きな作品にも多く出逢えました。
原画に向き合ってこその臨場感。

コメント

散歩

2020年09月28日 | 日々

老母を伴い母子大池(もうしおおいけ:三田市)へ散歩に
出かけました。


水量が少ない池


今夏、96歳を迎えた老母、年々衰える脚力が心配です。
どうか転ばない様に・・・いつまでも歩ける様に・・・と願っています。


毎年、真っ先に色付くイロハモミジがもう既に。
ここが一番日当たりが良いのかもしれません。

2020.9.13(日)
 母子大池まで散歩

コメント

名鉄と近鉄

2020年09月22日 | 日々

今月上旬、遠縁の葬儀で愛知県知多へ参りました。
往きは家族と車で行きましたが、帰りは私だけ
先に帰宅する都合上、名鉄&近鉄で帰りました。


知多半田駅から乗った名鉄(名古屋まで)
JRで帰る予定でしたが、葬儀に来られていた地元の方々に
名鉄と近鉄のアクセスを推奨され、初めて乗車の機会を得ました。


近鉄特急アーバンライナー(名古屋から大阪難波まで)
近鉄に乗ったのは、子供の頃、家族旅行で伊勢志摩へ行った時以来、
人生で2度目です。


レギュラー車両。平日だったせいか空いていました。


一回しか乗ったことが無いのに、蒸しおしぼりを手渡された
ことが印象に残っています。今はこの様な“おしぼりサービス”
が設置されており、その名残りに驚きでした。


☆電車に揺られて帰る帰途・・今日の様な日は鉄道がしみじみ気持ちに
合っている気がしました。

コメント (2)

タマムシ

2020年09月19日 | 日々

先日、住居の共同廊下にタマムシがいました。
山の中でも目立つのに、こういう場所では尚更、
ぱっと目に付きました。
三田市ではよく見かける気がします。多いのでしょうか・・

コメント (2)