blog 福祉農園通信・龍神伝心

アジアモンスーンに吹かれて
共生の農業
見沼田んぼ福祉農園 

6月22日は農園が生まれて20周年の日

2019-05-16 | 共生社会のデザイン
お疲れ様です。寺床です。
福祉農園が1999年5月に開園し、共生の農業を掲げて、20年を迎えました。
20周年を記念し、6月22日に協議会全体で合同作業&交流会を行うことになり、
その実行委員長を務めることになりました。
今回のイベントは風の学校ではなく、福祉農園(協議会)として行い、
各団体の垣根を越えて、一緒に作業し、飯を食い、交流し、それぞれがこれからの農園
を考えるきっかけにするものにしたいと考えています。
参加費は飲む人2000円、飲まない人1000円、中学生未満は無料です。
参加者名簿を作成し、作業グループ分けや食材の準備をするため、登録は5月31日まで
にお願いします。
また、登録はフルネームで一人一人お願いします。
中学生未満の場合は備考欄に『中学生未満』と入力して下さい。
なお、交流会後は片付けをして解散となりますが、
残れる人は一緒に焚き火を囲みましょう。(テントで宿泊可)
-----------------------------------------------------------
次のアドレスを開いて、都合のいい日時を○×で記入してください。
(メールや本名などの登録は不要です)
[PC/スマホから] http://chosuke.rumix.jp/main.aspx?g=b47fffa71bb417c55f
[携帯電話から] http://chosuke.rumix.jp/x/main.aspx?g=b47fffa71bb417c55f
また、チラシを朋子さんが作ってくれましたので添付します。
(メッセージは寺床が作成)
以下、チラシのメッセージより
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
福祉農園が1999年5月に開園し、共生の農業を掲げて、20年を迎えました。
この間、農園に関わっている方々も当時からライフステージが変わりながらも、
耕し続け現在まで続いています。
皆さんにとって関わり始めた頃の農園や今の農園はどんなものでしょうか。
そしてこれからの農園はどんなものになるでしょう。
これまで各協議会団体で作業しておりましたが、協議会団体の垣根を越えて、
農園で一感じる1日にしたいと思っています。ぜひご参加ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
コメント   この記事についてブログを書く
« のらんど 農(あぐり) メー... | トップ | かっぽフェスタ終わる。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

共生社会のデザイン」カテゴリの最新記事