blog 福祉農園通信・龍神伝心

アジアモンスーンに吹かれて
共生の農業
見沼田んぼ福祉農園 

公立高校への入学を実現する埼玉連絡会

2017-03-31 | 共生社会のデザイン

今年度のまとめについては添付した資料をご覧ください。

現在の措置願では、知的障害などにより得点がむずかしい人は入れない、

そのことを差別解消法などもできている今、どうやって入れるようにするか、

ということが課題になりますが、北海道で青野ひろむさんが定員内不合格にされているように、
障害の状況によって能力・適性を判断する逆行の動きが強まっていて、
埼玉などでは、それ以前に分けられて障害の重い人の受験もなくなっています。
浅海さんが、個にあった指導をし社会で個性を生かす、といったことを話しましたが、
これは県教育局自体の考えだろうと思います。
それは逆であることをしっかり伝えていかなければならないと感じました。そのほかに、
措置願の提出者が増えているということや、高校での通級についても話しました。
新担当者とも措置願や定員内不合格の数など出してもらいながら、そのあたりの話ができたらと思います。                      

 2017年3月30日

埼玉県教育委員会教育長様

埼玉県教育委員会教育委員長様

                       どの子も地域の公立高校へ・埼玉連絡会

                                  代表 斉藤尚子

                         埼玉障害者市民ネットワーク

                                  代表 野島久美子

 日頃より障害のあるなしにかかわらず子どもたちが共に学べるためにご尽力いただき感謝申し上げます。 
障害のある子どもたちが分けられることなく、地域の学校でさまざまな子どもたちと一緒に学校、中学校、
そして高校でも学べるよう、およそ30年間も貴局との話し合いを続けてきました。
昨年4月1日には障害者差別解消法が施行され、
それを機にどのような障害があっても高校への受け入れを進めていくべく、
見直しをしていく必要があるとして他の者との平等を基礎として、
高校教育を希望する人を受けとめていくという課題を掲げ、話し合ってきました。
〔話し合いの経過〕
①   「なぜ一緒に学ぶことが大切なのか」について 
・県としては障害のある子とない子が共に学ぶことをめざすのを前提としながらも、
特別支援教育課からはインクルーシブ教育システムの「多様な学びの場」や「支援籍学習」を進めていきたい、
また、高校教育指導課からは選抜制度が現にある、
義務教育指導課からは限られた中でのきめ細かな指導は厳しい、といった分ける内容の答えが中心になり、
「なぜ一緒に学ぶことが大切なのか」については深められなかった。

②  高校教育を希望する人を受けとめていける募集定員の策定について 
・2016年度入試では、全日制で7500人の不合格者があり、
高校のある市町別に不合格者数を出してみたところ、
特にさいたま市内にある高校は全体で1709人の不合格者が出ている。
国道16号より南の方の人口増があり、倍率が高くなっている。 
・公私比率65:35は変わらず、
教育課程の都合や用地獲得の困難などの理由で学級数もふやせず、
17年度一般入試の全日制では7328人の不合格者が出されている。
*戸田翔陽高校敷地内に特別支援学校などの増設は何故かできる?
③  措置願について
  ・平成29年度入学者選抜実施要項に
“「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」を踏まえ”という文言を付け加えた。
また、措置については公正さが保たれ、
“実施可能な範囲において行う”を“その実施に伴う負担が過重でない範囲で行う”に改めた。
1 ・現在の措置願は、
障害によって点数が取れないことの不利益を解消するために「その他の項目」での加点をすることになったものである。
知的な障害については不利益が残っているが、より適切な合理的配慮を研究していかなければならない、という答えに止まった。
・校長段階で判断した措置願の内容は校長が適切に活用しているものとして県では把握していない。
合否結果については個人情報に当たることから公表できないとしている。
・高校教育指導課と協議して特別な配慮を行ったものの内容については公表しているが、
個々の合否結果については個人情報に当たることから公表できないとしている。(報告は受けているか?)
④  中学校向けの説明会や入学者選抜実施要項説明会においての説明について
・障害者差別解消法が施行されたこと、「不当な差別的取扱いの禁止」「合理的配慮の提供」に言及して説明した。
・中学校においては、学力検査以前の高校選択の段階でも障害があることにより不利益な取り扱いがないように指導した。
・高校に対して、「学校説明会への参加を歓迎しないような言動等がないこと」など指示した。
・「中学校として平常の学校生活において配慮している措置」についてもていねいに説明した。
・過重な負担については個々の対応となる。
・県の姿勢については、ノーマライゼーションの理念に基づく教育の推進、措置願のできた経緯や趣旨、
障害のある志願者に対する配慮事項・・・(実施要項)、障害者差別解消法の施行や障害者権利条約の批准などで説明した。
(受け入れについてはっきりと触れたか?)
・「埼玉県立高等学校における障害のある生徒への指導について<参考資料>」を再配布して指導した。
⑤   定員内不合格について・通知の「可能な限り」は削除されず。
・2016年度入試では一般受験で全日制・定時制それぞれ1名ずつ。
定員割れする高校も少なく、定員内不合格も数としては少ないが、0にはなっていない。
・定員内不合格の理由について、解消策を検討するために公開を求めたが、
個人情報なので公表できないという答えであった。
⑥   中学校での指導や評価について 
1・過去には高校入試に合わせて中学校での配慮が行われなくなったという例があったが、
義務教育段階で必要な合理的配慮や工夫をし、
高校入試や高校生活につなげていくのは大事なことである。

[今年度改定されたこと]
1、     入学者選抜実施要項に“「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」を踏まえ”という文言を付け加えた。
また、措置については公正さが保たれ
、“実施可能な範囲において行う”を“その実施に伴う負担が過重でない範囲で行う”に改めた。

[今年度確認されたこと]
  1、     現在の措置願は、
障害によって点数が取れないことの不利益を解消するために「その他の項目」での加点をすることになったものであるが、
知的な障害についてはより適切な合理的配慮を研究していかなければならない。

[来年度の課題]
障害の状況などによって分けることなく、高校教育を希望する人を受けとめていく“障害のあることにより、
不利益な取り扱いをすることのないよう”という通知(現在の入学者選 抜実施要項の
「障害のある志願者に対する配慮事項及び配慮が必要な場合の手続き」)で、
“身体に  障害のある”から“障害のある”に変えたり、
措置願が提出された場合は「その他の項目」の得点  として選抜の資料としたりなどは行われるようになってきました。
 しかしながら、全体的には筆記試験で得点の多い順に合格とする現在の入試制度は、
障害により  得点がむずかしい受験者も障害のない者と一緒に学べる制度にはなっていません。
昨年4月1日から差別解消法も施行されていますが、具体策は出されていません。
障害のある人を受けとめていくために制度の見直しと具体策を出すことが緊急の課題と思われます。
次の点について取り組んでいただき、学校現場に指導が届きますよう、お願いいたします。

1、なぜ一緒に学ぶことが大切なのか、
障害のある人も含めた公正公平の捉え方について、「障害者権利条約」の趣旨も含めて検討する。

2、高校を希望する人を受けとめていく姿勢であることを中学校・高校に明確に示す。

3、高校教育を希望する人を受けとめていくための募集定員を策定する。
とりわけ全日制の定員増をする。

4、受験時の配慮について「社会的障壁を除去する」という考え方で、
本人・保護者の希望に沿っておこなう。

5、「その他の項目」だけで加点し選抜の資料とする現在の措置願を見直し、
知的障害など得点のむずかしい人も受けとめる制度にする。

6、義務教育段階で授業や評価における工夫や配慮をし、
高校入試や学校生活にも生かしていくよう、中学校、高校それぞれの入試要項説明会で指導する。

7、定員内不合格をなくすために、
その理由を明らかにし、「社会モデル」の考え方に沿って条件整備をする。
また、「定員内不合格を出さない」と「定員確保する」の違いを認識すると共に、通知の「可能な限り」を削除する。

[継続する課題]
1、    「1987年秋に障害のある生徒たちが高校の門をたたき始めて以来、
これまでの経過の中で県教育局と埼玉連絡会の間で確認されてきたこと」を再度確認する。

2、    障害のあるなしにかかわらず、
公立高校への入学を希望する生徒を受けとめていくために県全体、局全体として取り組む。

3、    本人・保護者から要望があれば、本人にとって必要な受検上の配慮を行う。 

4、    「埼玉県立高等学校における障害のある生徒への指導について
<参考資料>(平成28年1月28日改定) を受け入れのための資料として活用できるように高校現場に説明する。
*毎年担当者が変わり継続した取り組みができないので、複数年で担当できる立場の人が担当するよう検討する。

コメント

3月28日  わらじの会 手作り班

2017-03-30 | 農作業


ポカポカと暖かくなった今日、手作り班は農園に行ってきました
昨日の雨のおかげで雑草はとても抜きやすく、

道路脇はあっという間にきれいになりました
(beforeは撮ったけどafterは忘れてしまった💦)

キャベツは少しずつ巻き始めてきました...玉ねぎも大きくなってきています。

Fちゃんが蒔いたサラダミックス(?)


チョロギが出てきてる!

�さて、来週は午前中が定例会。
午後は農園で…花見ですかね?もちろん作業もやりますよ
べしみに残って作業をしてくださったみなさんもお疲れさまでした。

コメント

3月25日 卒業を祝う会

2017-03-26 | 季節の便り


今年もスタタッフの卒業を祝う会を開催した。と言うより開催できた。
卒業を祝う会で祝われるのは
3名が大学や法科大学院を卒したが出席たのは、


5年以内にアメリカの中西部で父の農園で牛飼いになるジョージ君。


 

コメント

3月14日わらじの会 手作り班

2017-03-15 | 農作業



3月も半ばだと言うのに寒かった今日、手作り班は農園にいきました
本日の目的は『ジャガイモの植え付け』
...本当は晴れた日に植え付けるものなのです.。
「来週は農園にいけないし再来週だと天気がどうなるか分からなくて植え時を逃すかも]
と不安になったので小雨が降るなか植えちゃいました(*≧∀≦*)


今回は二種類。
『ベニアカリ』と『ノーザンルビー』ベニアカリは
去年作ってみて美味しかったので今年もチャレンジ
ノーザンルビーはちょっと珍しいかなぁと思って植えてみました。

実は来週届くのですがもうひとつ気になるジャガイモを
発見したのでこっそり植える予定なんです
サニーレタス、カラフル大根、水菜、カリフラワーの跡地に耕運機をかけ土作をしました。

ここには何をどう植えようかなぁ?
種はたくさん用意してあるので考えながら蒔かないと
そして、農園には行かずべしみで作業をしていたメンバーも
昔話をしながらの作業だったそうです。

来週の手作り班はべしみでの作業となります。
着物市後の片付けですね。
再来週は農園です。
共同作業日となっております。
櫻、咲いてるかな?









 

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、植物、屋外、自然




コメント

3月11日 あれから6年、それでも何時ものように農作業

2017-03-12 | 農作業

 
3月11日は特別な日。その日にジャガイモの植え付けをおこなう。

先週切り出したクヌギは井戸水に漬けた後、黒いシートをかけた。

コメント

永六輔さんを偲び 「永縁」を紡ぐお話と音楽の集い

2017-03-10 | 龍神伝心

今年もやります!
ゆめ風で会いましょう」にいらっしゃいませんか。
永六輔さんを偲び 「永縁」を紡ぐお話と音楽の集い
 
大阪の認定NPO法人「ゆめ風基金」とカタログハウスの学校共催で行うトークライブ。
今年は昨年7月に亡くなったゆめ風基金の初代代表・永六輔さんを偲んで、
ゆかりの方々が集合します。  
 ゆめ風基金は、阪神・淡路大震災を機に
「被災した障害者がすぐに使えるお金をプールしよう」と立ち上がった団体で
永さんが呼びかけ人代表になってスタートしました。
活動を広げるためにイベント「ゆめ風で会いましょう」に
永さんは亡くなる前年まで欠かさず参加されました。
永さんが遺した言葉を紡ぎながら、
楽しいひとときをみなさんとごいっしょできたらと願っています


出演=小室等さん、中山千夏さん坂田明さん、オオタスセリさん、
李政美さん、こむろゆいさん(
その他サプライズゲストも)

日時=2017年3月26日(日)13:30~
会場=ふれあいキューブ・ホール(埼玉)
東武鉄道「春日部駅」西口より5分
参加費:2000円(介護者1人無料、ペア割引2人で3000円)


コメント

まずお花見に行きましょ!

2017-03-09 | 農作業

いっしょに歩くことからはじめよう!! 
「うんとこしょー共に活きる街の介護人養成講座(全11回)」まずお花見に行きましょ!
 第1回 4月2日(日) 集合 10:00 
生活クラブ越谷生活館  解散:14:00予定 
お花見会場:東越谷第2公園
 持ち物: お弁当、水筒、シート
 参加費: 無料
 雨天の場合:越谷生活館 申し込み締め切り:3/24(金)
 連絡先:048-965-6725(越谷生活館)
主催団体:NPO法人障害者の職場参加をすすめる会、

仕事お越し懇談会in越谷、ケアシステムわら細工、生活クラブ地域協議会


「うんとこしょ」ってなあに?
 障害を持った人と一緒に出かけたいけど、「ちょっと不安だわ」という方が、
介護人になるために、共に時と場所を過ごし、仲良くなるための企画や座学を開催する会です。
NPO法人職場参加をすすめる会と生活クラブ地域協議会がすすめます

コメント

国際シンポジウム 朝鮮戦争をいかに克服するか

2017-03-09 | 龍神伝心

3月11日 明治学院大学国際平和研究所の国際シンポジウム。

****************************
【PRIME主催国際シンポジウム】
朝鮮戦争をいかに克服するか:「朝鮮国連軍」を問い直す
開催概要...講 師 :李時雨、高一、高林敏之、梅林宏道、徐載晶
言 語 :*日本語・朝鮮語(通訳あり)
参加申込 : 参加申込み:不要 
参加費:無料

開場:13:010
日: 2017.03.11[土] 13:30~17:30
所 :明治学院大学 白金校舎本館2階1255教室

朝鮮戦争の開戦から67年が経った今日においても、
いまだこの戦争を終結させるための協定は結ばれておらず、
「終わらない戦争」として東アジアの平和の重大な障害となっています。
しかしながら、
この「終わらない戦争」の一方の当事者である朝鮮国連軍司令部の存在が
日本の平和・安保論議において注目されることは少なく、
普天間をはじめとする米軍基地が同時に
朝鮮国連軍基地であることもほとんど知られていません。
当研究所では今回、朝鮮戦争の克服という課題について、
国連軍が存続してきたことに焦点をあて、
国際シンポジウム
「朝鮮戦争をいかに克服するか:「朝鮮国連軍」を問い直す」を開催いたします。

コメント

3月7日わらじの会 手作り班 雨にも負けず

2017-03-07 | 農作業


第一火曜日は手作り班定例会。
オエヴィスに集合して先月にやったこと、今月の予定、
何か話したいことなどをゆるゆると話し合います。
先月にやったことは…『着物市』1ヶ月間…
いやもっと前から着物市に向けて値段をつけたり仕分けたりと準備を続け、
2月は農園には1回しか行かず(⁉)頑張りました。
天気にも恵まれ、お客様もたくさん来ていただけました。
そんな報告のあとは今月の予定。春ですからね
これはもう農園に行かなくては!……
…と張り切りたいところですが着物の片付けもまだまだあります。
農園と片付けとバランスよくやっていかないといけませんね。

そして、午後からはべしみに残る人と農園に行く人に分かれての作業。
農園に行く途中で雨が降ってきて(しかも結構な降り

着いたら直ぐに帰らないといけないかなぁ?と思いつつも着いたら
「とりあえず収穫を」と
雨に濡れながらサニーレタス、カリフラワー(ロマネスコ)、大根、
白菜を収穫しました。

カリフラワーはもっともっと大きくなるかと思ったんですけどね〜。
リベンジしたいなぁ。

べしみではそれぞれ作業をしつつ片付けもしてくれました。
みなさん、お疲れさまでした来週も農園に行きたいですね。
土作をしてジャガイモを植え付けたいところです。

コメント

3月5日農園にて

2017-03-06 | 農作業

Uさんとお父さんが、来週植える分のジャガイモの種芋準備をしていると、
藤本さんが奥さんと娘さんとお孫さんと一家でやってきたて



初めてのミミズに驚いたり、テントウムシを見つけたりと
 

コメント

3月5日今日、農園にて

2017-03-06 | 農作業


今日農園にて、

プロのグリーンコーディネーターに
 芝生広場に付いて相談に乗ってもらった。

農園の河津櫻は葉桜に

ロータリー倶楽部がガールスカウトとジャガイモの植え付けにやってきた。



コメント

3月4日 農学生に会いに農園へ

2017-03-06 | 農作業

今日農園に行く。2人の農学生が来るので農園に行く。
  「寒冷紗やマルチがめくれるなどしていて、意味が無いように思えました。
横の辺を土などでしっかり留める必要があると思います。
長い間使って無さそうなもの、もう使えないものなどが多く有るように思えました。
整理や処分が必要かもしれません。.
第2農園ハウス横に仮組立したものは、
一方を作業場、一方を堆肥場にする予定だそうです。

ビオトープの泥揚げもそろそろ必要かと思います。」


枯れ木を撤去いて新しい木を植える。

乱雑に置かれたチェーソーなどを整理整頓する。


幼児期から農園に通う農学生から「とうりょう」等と呼ばれ身が引き締まる。

コメント

2月26日第4土日作業 2日目

2017-03-01 | 農作業

土日作業二日目は、まずはチェーソーなどの点検を入念に行い、

そして、現場に向かい昨日伐採した木を池の護岸にする為、切り出していく。

途中若いスタッフがチェーソーを木にかまれ、
それをリーダーが救助する場面など有りながら作業はすすんだ。

竹の始末をする新人スタッフ

懸案だった桑の木の伐採を行う。




休憩を取りながら作業は夕暮れまで続いた。

 

 

コメント