Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ドラマ 「5→9 私に恋したお坊さん」   第5話   *感想*

2015-11-10 | 秋ドラマ(2015)感想
番組HP

潤子(石原さとみ)が清宮(田中圭)の家を飛び出す前までは楽しんで観られたよ。

潤子とのデートの下準備に余念のない高嶺(山下智久)だとか、
3秒おきにニヤニヤする潤子だとか、、
ビジネスクラスでの、潤子をめぐる高嶺と三嶋(古川雄輝)の言い争いだとか、、
「星川さんに伝えなければならない大切な話」に気を良くして、ステップ踏んじゃう高嶺だとか、、
面白かったよ。
高嶺が見せた一瞬の口元のニヤけ具合が可愛い。
いつも、気持ちが悪いくらいに無表情だからねぇ、、
こういう表情の遊びは面白く感じられていいわねぇ。

百絵(高梨臨)&アーサー(速水もこみち)のエピも良かったなぁ。
腐女子っぷりを見せるようになってからの百絵は、ホント可愛い。
「本日限定、キュン死に確定、萌え萌えイベント」に喜び悶える百絵がツボ。
イベントでもノリノリのアーサーも良かったし、
この二人の関係がどのように進展していくのか、楽しみになってきたよ。

などなど、、潤子が清宮の家を飛び出す前までは楽しんで観られたのよ。
でも、それ以降の展開は、乱暴というか、雑というか、、
ラストのシチュエーションへと強引に引っ張っていった感じがして好きじゃない。

傷心の潤子が、高嶺に癒されたくなってしまい、待ち合わせ場所に足が向かってしまったというコトなのだろうし、
自暴自棄になった潤子が、高嶺に甘えたくなってしまったとというコトなのかもしれないが、
あれしきのコトで、あそこまで深く傷心しちゃう潤子だとか、
10時間以上も経っているのに、ワザワザ待ち合わせ場所に行ってみる潤子だとか、
どうもよく分かんないだよなぁ。
もしかしたら、高嶺なら、待っているかもしれない、、と思わせる一直線さが高嶺には確かにあるけどねぇ。
高嶺に無茶な行動をさせて終わるというパターンを、今までに何度か見せているので、
今回は潤子のターンというコトかしらねぇ。
次の話で、潤子に漂う違和感を上手いこと解消してくれているといいのだけれど、
さて、どうなるか。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

5→9 私に恋したお坊さん   第1話   *感想*
5→9 私に恋したお坊さん   第2話   *感想*
5→9 私に恋したお坊さん   第3話   *感想*
5→9 私に恋したお坊さん   第4話   *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ 「サムライせんせい... | トップ | ドラマ 「破裂」  第5話... »

コメントを投稿

秋ドラマ(2015)感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL