千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

SFで日露戦争その後なり 佐々木譲かく「抵抗都市」よ

2020年09月01日 | 詠む

「抵抗都市」 佐々木譲 集英社

題名に魅かれて読んだら、びっくりん。

日露戦争に敗けた、11年後の1916年の東京という設定。野枝ちらりと出てくる。

通りにロシアの名前がつけられ、街にキリル文字があふれ、外交権、軍事権が封じられ、ロシア統監府が睨みをきかせている。なんとまあ「御大変」によりロシア統治下の日本。なにやら「二帝同盟」が結ばれている。

そして欧州で起こった第一次世界大戦に、ロシアの先兵として日本軍が派兵し、さらなる派兵への反対運動が...。

それでも天皇スーパーパワーなのか。226事件みたいなの起こる。

著者お得意の警察小説、北海道ローカルを超えて帝都を活写の巻。

寓意きわまれりのなかに、現実とクロスする妙味。続編もありと。

Comment