ぶんちゃん日記

最北の、何もない静かな山奥「ぶんちゃんの里」のオーナーの交流日記です!

少し疲れました

2016-05-31 19:37:24 | Weblog
 今日は少し疲れました。
夕方の仕事も6時頃には終え、残業なしで早々に帰宅へ。疲れ気味の時こそ・・・と思い久しぶりにルールランナーへ~~。
5㌔3分、7㌔6分・・・調子が上がってきたところで、お腹が減りすぎでストップ。それでもいい汗かいた。

 今日の少しの疲れは、午前10時半から午後2時半までの関連した3つの会議。
いずれも責任者としての挨拶や進行などでの気遣いもからかも・・・。皆さんのご協力と活発な発言で有意義な会議に・・。

               

 3つの会議の一つに「町農村花嫁対策協議会」の総会もあった。
農村青年の婚活を支援するための対策が話し合われた。支援の中の一つに結婚相談員の委嘱を3名おこなっている。その委嘱の交付も行った。

                             

                     

 新しい年度に変わってすでに2ヶ月が経過した。
それぞれの組織が新たな対策対応で町の産業の発展に寄与しようとしている。 みんなで知恵と力を出し合うことが大切だ。

 今日も肌寒い日だった。
カラカラ天気がようやく解消された。大地は干ばつ傾向だった。夕方からの雨は恵の雨になりつつあった。

 今朝、ハウスの中で育ててきたトウモロコシの苗150本ほどを定植した。
雨は抜群のタイミングだった。しかし、低気温が心配。

           

                              

 遅霜も少し心配である。狭いポットの中で、あまりにも窮屈すぎる姿に見るのもつらく、定植した。
霜の降りないことを願う。ハウスの中では、枝豆やカボチャ、マリーゴールドの花が出番を待っている。

 明日からはさらなる低気温が続くという。
予報によると明日の浜頓別町の天気は雨、最高気温は8度、最低気温は7度だという。 家庭菜園が可愛そうだ。 
コメント

日本農業新聞

2016-05-30 20:32:50 | Weblog
 何だかここ数日間は風の冷たい日が続いている。
せっかく晴れても風が海風なために、半袖で過ごせれない寒さだ。早朝外へ半袖ででると寒くて飛び上がりそうだ。
今夕の陽が沈んだ後の気温は10度。この先も続きそうだ。

 そんな気温の低い日でも元気いっぱいな私だと勝手に思っている。
今、牧草収穫時期を間近にして機械の整備等を呑気に行っている。その合間に会議もある。今日も・・、明日も1日中、会議の予定だ。

 時々日本農業新聞の原稿も書いている。北海道版の通信員だ。自分で取材したり、情報や写真を提供していただいたり・・・。
日本農業新聞は農業の情報を得るためには無くてはならない新聞であることは間違いない。
自分で送った原稿が記事になったものを切り取りファイルしている。 とても嬉しいからだ。
その掲載記事が大きく出るとすこぶる嬉しい。

            

            

            

 12月から初めて沢山送った。
「ひがし宗谷」の情報をこれからも北海道内に発信していきたい。

                                  

              
コメント

農村の婚活活動

2016-05-29 20:03:56 | Weblog
 私達は、ズッとずっと前から農村青年(青年に限らず)の婚活活動を推進している。
「酪農の事が分からない」「私にはできないかも・・」そんな女性の皆さんのために、「ちょっと酪農体験しませんか」と酪農体験をしながら
独身男性と交流する企画を行っています。

 これまでも沢山の方々に体験に来ていただいています。
成婚間近なカップルも誕生しました。ご感心のある方、ご連絡お待ちしています。

          

          

          

          

          

 私が町の農村婚活の責任者をやっていますが、さっぱり成果があげられず苦慮しています。
明後日はこの活動の1年間のまとめと新たな方針を決める総会があります。
みんなで頭をひねって、婚活が浜頓別町の酪農の推進につながる事を確認しながら対策を決めたいとおもっています。

 女性の皆さんの「ちょっと酪農体験しませんか」を心から呼びかけます。

               (フェイスブックではシェアしていただけたら嬉しいです)
コメント

若い牛ちゃん達は保育所へ~。

2016-05-28 20:52:36 | Weblog
 今の時期、新緑の芽がドンドン伸びて広大な大地に自然の恵を一杯に受けた青草が大きく伸びてきているる
酪農家で飼われている若い牛ちゃん達は、大規模な放牧地へ預託される時期でもある。つまり、人間で言うと保育所に預けるようなもので、若い牛ちゃん達は
共同の牧場に預けられた。

 我が家でも14頭が保育所へ行った。
8~13ヶ月の子牛達だ。

               

               

                                    

 みんなに追われて行儀良く車に乗せられて…
13~15ヶ月令になると預託中に人工授精され、我が家に戻ってくるときには妊娠牛となってかえってくる。その時期は10月中頃だろう~。
もちろん1日1頭○○○円としてお金がかかる。「元気に戻ってこい」と見送った。

               

                                  

 うるさい若牛ちゃん達がいなくなり家の周辺は少しだけゆったり気分になる。
少しのんびり~~だ。 種類によっては違うが、ぼちぼちと散らばって咲いている芝桜も満開状態だ。

               

                                

 そして私達も、ちよっと一服状態で夕食は外食に・・・。
短時間で終わらせて、たまっている実務的な作業をこなし・・・。就寝に…・・。生ビール一杯に冷酒・・・を。ぺろっと完食。

              

                                
コメント

出張での役目

2016-05-27 20:05:15 | Weblog
 2泊3日の上京出張が終わった。
しっかりと役目を果たしてきた。その様子を写真で・・・。まずは北海道選出の国会議員への要請集会。北海道の農業施策の要望を・・・。

           

 まずは与党議員から・・。

           

                                

 数は少ないが元気いっぱいだった野党議員へ・・・。
迫力もあった。

           

           

                              

            

 分刻みでの日程と移動で汗も出る。
午後カラは全国大会へ・・・。

           

           

 意義ある集会であった。
農村に渦巻く要求をしっかり伝えることは大切な事。生のこえとして・・。

 張り詰めた緊張をほぐすことも大切なこと。
その為のリラックスも…・・・。ビール、ワイン、日本酒、ウイスキー・・・と。味は我が家のものと変わらなかった。

                             

 今日、午前10時45分の羽田発に搭乗。あと2時間遅れていたら帰ってこれなかったことに・・・・。
稚内空港カラの帰りの車の中に「飛行機に乗れたんですか・・・」との心配した東京からのメールが・・・。家についてその意味が理解できた。


            
コメント

一日目

2016-05-25 23:33:44 | Weblog
 8月ヶ月ぶりの東京出張のの第1日目がおわった。
稚内空港を出発して午後7時からの12区選出の国会議員への要請活動。

                       

            

            

 そのごぶんちゃんの里が、お世話になっているお嬢様への挨拶。
到着とともに、いそぎあしでの行動。杯もお腹の中に入っている時間も。


                                
 こうした行動は分刻みで明日も続く。
コメント

放牧酪農

2016-05-24 20:15:43 | Weblog
 広大な緑の大地でのんびりと草を食む牛の群れを見る光景が広がっている季節だ。
しかし、以前に比べると大規模酪農の振興に伴い、放牧酪農をする酪農家が減っていることも事実である。

 我が家も昔から放牧酪農を行ってきた。
だから牛が青草を食べている風景は大好きだ。

 数年前から、ある乳業メーカーが放牧酪農家の生乳を集めて「牛と共に生きる放牧酪農家の牛乳」というネーミングで牛乳を販売している。
私達の街の放牧酪農家の11戸の生乳も加工されここで販売されている。
私の生乳も入っている。

               

               

 我が家の牛ちゃん達も、自然界の青草を腹一杯食べて、「牛と共に生きる放牧酪農家の牛乳」として消費者の皆さんに飲んでいただいているでしよう~~。
北海道内はもとより関東方面でも販売されているという。牛乳に色がついていないから我が家の牛乳とは分からないが、このパッケージの牛乳を見ましたら
思い出していただけましたら幸いです。

               

 浜頓別町でも5月10日頃から放牧が始まっており、その様子も日本農業新聞で紹介されていた。
沢山の方々に飲んでいただきたいものです。

               

               

 今日の我が家周辺、はれていたものの海風が入り、風に吹かれるととても寒い1日だった。
風の当たらない所では20度前後。

 明日からは2泊3日の東京出張だ。果たしてどんな気温なんだろう~~。
コメント

ジャガイモの播種

2016-05-23 19:48:07 | Weblog
 今日も晴天だった我が家周辺。
気温が高く強い風の日が続いたために大地はカラカラ状態、場所によってはすでに干ばつ気配も見受けられる。

 今日は午前中に会議を終え、午後一番に、家庭菜園路地のジャガイモの種まきを終えた。
ほんの短い列だが、1列づつ7種類の種芋だった。小型のテイラーで深溝のうねを切り、肥料散布・・と続けた。
大所から駆けつけ他のようにエプロン姿も・・・・。

            

                           

            

 十勝こがね、とうや、アンデス赤、インカのメザメ、シャドークィーン、勇知イモに名前はわからないが、前から植えている我が家の種芋など・・・。
味は定かではないが、以前に普及センターの「ジャガイモプロの人」から教えてもらったとおりに・・・。

            

                  
                
  懸命に種まきに集中していると上空にものすごい音が・・・・ヘリコプターだった。
イモ播きの偵察かと思ったら・・・通り過ぎていった。

                           

 「畑を耕し、肥料を播き、水を掛けて作物の成長をさせる・・・・・しかし、育っていくのは作物や野菜だけではない。それを育てている人間も一緒になって
成長していくこともあるんだよ~~」と酪農体験にやって来た子ども達に語ったことを思い出しながらの種まきだった。

 忙しいながらも、家庭菜園を楽しむ余裕も必要だ。
この先3~4ケ月後の収穫を楽しみに・・・・酪農家だからこそ出来る楽しさかも知れない。

                          

 

             
コメント

一変「さ~むい~」に・・・

2016-05-22 20:09:57 | Weblog
 昨日の暖かさはどこへ・・・・
朝から晴天ではあったが、海風に変わり吹く風はヒンヤリ・・。昨日と違ってとても過ごしやすい。
日中の気温も23度。昨日とは7度も低い。家庭菜園の長ネギやタマネギものんびり気分。菜園畑もお耕しました。

               

 午後からは日陰に行くと「さ~むい~」と・・・・。
夕方になると気温も10度。昨夕の24度とはおおきな開き。半袖では寒くて・・・と言った感である。
これが普通の我が家周辺かも・・・。

  今夕の芝桜は元気ガなさそう。
      昨夕のは元気はつらつダ。

                       -->
コメント (2)

扇風機

2016-05-21 19:49:56 | Weblog
 暑いあつい・・・とにかく暑い1日でした。
日陰での我が家の庭先での最高気温は30度。陽射しが当たるととんでもない暑さだった。
午前7時にはすでに24度。

 朝食時には早くも扇風機を・・・・。
扇風機もクーラーも初出動だ。こんなに早い時期からは珍しいかも・・・。

            

 放牧された牛達も、上がる気温に戸惑いながらもお昼頃にはそれぞれが木の下や涼しげ地を選んで一服状態。

            

                  

 暑い我が家周辺では、散らばっている芝桜もあちこちで開花しだした。
私も初めての半袖に・・・。一気に日焼けの逞しさに・・・。ハウスの中はサウナ状態。

            

            

                                   
 
 もう少しの間続きそうなこの暑さ。
体調管理に気を付けてがんばろう~~。。

         

            

 
コメント