ぶんちゃん日記

最北の、何もない静かな山奥「ぶんちゃんの里」のオーナーの交流日記です!

再び、「あぐり王国」が・・・

2011-07-31 20:47:09 | Weblog
 8月3日、我が家に再び「あぐり王国」が取材にやってくる。
HBCで番組が始まった頃、番組がある事も知らなく見た事もなかったが、私の所が取材を受けた。以来、大ファンの
番組になった。ちようど3年前の同じ時期の頃だった。

 今度も4人のあぐりっこ隊に森崎さん、オクラホマの河野さん、HBCアナの佐々木さん(当時と変わった)達を出迎える。
3年ぶりの再会だが、森崎さんとは昨年の3月頃だったか、シンポジュームで同席してお会いした事があった。

                              

 稚内での撮影の帰り道に少しだけ撮影のようだ。
張り切って対応しようと、いまから楽しみである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ママチャリ

2011-07-30 20:53:17 | Weblog
 7月20日、最近あまり使っていない私のmixiの受信箱に投稿があった。
「北海道で検索しました。ママチャリで日本一周をしています。いま道央にいます。近くに行ったら
交流しませんか・・・」と。
プロフィールなどを確認して、私は直ぐに返信した。「近くに来たら連絡下さい」と。

 それから6日後の夜、「いまクッチャロ湖にいます」と受信箱に・・。
私は直ぐに返信した。「私は明日から3日間出張で早朝に出かけてしまいお会い出来ません」と。
それから私は少し考えた。

 神奈川県の25歳くん。面白そうな事をやっていそう・・。
せっかく検索でヒットしての出会い。私はすかさずメールした。
「なにかのご縁、せっかくの機会ですから私はお会いできませんが、妻がクッチャロ湖に会いにいきます」と・・。

     

 妻は差し入れを持って会いに行った。
出張先への移動中に妻から、私の携帯に電話が入った。「いま会いました、とても面白そうな人です」と私に電話を変わ
った。牧場も見てもらう事を進めた。途中にママチャリを置き車で牧場まで。
御礼にと自らの歌のCDをもらったという。
「1時間に10㌔、紋別の知人が待っています」と紋別到着を目指して午後1時、豊牛を出発したという。

 検索メールがもたらした、ささいな事での交流の始まり。こんな交流が時には大きな交流の輪になって発展して
行くこともあるかも知れない。大きな人の集まりだけが交流の場では決してない。
むしろ、小さな輪を数多く開く事によって大きな交流、味の濃い交流へとつながっていくのでは…。

 それにしてもママチャリもすごいものだ。

25歳くんは今頃どのあたりだろうか。  私も彼のブログを開いてみた。

いただいた名刺に「出会いに感謝、ありがとう、日本一周」 
   創作表現者 あついゆう
とあった。
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見学の旅 二日目

2011-07-28 18:38:55 | Weblog

二日目の日程を終えた牛ちゃんだ~いすき見学の旅。元気に朝食をすませ9時にはよつ葉十勝工場へ。丁重な説明をうける。普段見ることができない生乳の受け入れや厳しい検査体制なども見学。牛乳が不足している現実を聞き子供達の表情は真剣に。優秀な牧場もみた。プールつきのホテルに泊まり交流も深めあう。明日は円山動物園をみて帰路。一人でも多くのかたが酪農を職業のひとつとして考えて頂けたら幸いだ。引率の責任者として到着まで気をゆるめず頑張ろう。口うるさい私は大分、子供達に気らわれてきた。顔は厳しく心は優しくで最後まで・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1日目を終えて

2011-07-27 17:37:07 | Weblog


1日の見学の旅を無事終えた。飼料工場、牧場でのアイス作り体験など興味をもって参加いただいた。車中で感想ものべあい、1日の成果をまとめた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元気に出発

2011-07-27 10:07:33 | Weblog
牛ちゃんだ~いすき見学の旅が今朝、団結式を終えスタートした。団結式には役場の課長やJAの部長さんも激励。参加者を代表して決意したYちゃんは「バスで騒がないようにして一生懸命勉強してきます」と述べた。すでに士別市もすぎ車中では酪農クイズも行われて、酪農への感心をたかめている。ときより車中から「おなかすいた」と言う声も聞こえる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牛ちゃんだ~いすき見学の旅

2011-07-26 21:01:22 | Weblog
 次代をになう酪農家の子弟に、酪農に対する魅力と関心を高めてもらう事を最大の狙いとした、「酪農家子弟研修会」
「牛ちゃんだ~いすき見学の旅」があすから2泊3日の予定で開催される。
過去にも2回実施していて、今回は3回目となる。
初回に開催したときに高校生であった方が、いまでは担い手として頑張っている方もいる。

 今回の見学の旅に、中学生から小学校4年生以上を対象に9名が参加予定だ。
十勝にある飼料製造会社、乳業工場、酪農家、アイス販売酪農家などの見学や円山動物園にも足をはこぶ。
企画した組織の責任者として、私も引率者の一員として参加し子ども達のおせわに一役かう事になっている。

        

 マイクロ場スに揺られて走る事になる。道中が長いために、車中の中でも酪農について学習をすることになっている。
酪農に関するクイズ、酪農に関する紙芝居、などなど楽しい企画が一杯だ。
あまり詰め込み過ぎて、子ども達に嫌われないようにすることも大切かも・・・。

 2泊3日の出張。好天続きの為に出かける前に終えたいと、草刈りに猛ダッシュー・・・。
2番草を15㌶を仕上げ、5㌶を雨が降らない事を願って刈り倒して帰宅後仕上げる予定。てんてこ舞いの数日間。

 早朝のお出かけの為、研修生ちゃんにも早めの午前5時過ぎの出勤を要請。
1頭、体調の悪い牛ちゃんがいる事が気がかりだが・・・。

 2泊3日の間、何事もない事を願って・・・。          
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪からの牛肉

2011-07-25 21:05:29 | Weblog
 大阪の知人が牛肉を送ってくれた。早々に今夜の食卓にあがった。

        

 牛を飼っている私どもが、大阪から牛肉を送っていただいて食べるのもとても気分壮快で食することが出来た。
それもそのはず、ホルスタインオス肉しか口にすることがない為、高級感が漂っていた。

 今、何かと話題の多い牛肉。想定外の出来事に肉牛畜産農家は価格の暴落や出荷停止、自粛で存亡の危機に
あると思う。その気持ちを察すると牛を飼う同業者としてやりきれない気持ちになる。
1日も早く安全を確認して沢山の方々に消費してもらう事を願うだけだ。

 とても美味しかった大阪からの牛肉であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「なめられている」感じ

2011-07-24 20:31:53 | Weblog
          

 しばらく悪天候が続いていたが、今度は1週間前から好天続き。時々海風の山背に変わり涼しくなるが
日差しは強く我が家周辺では真夏日が続いている。

 昨日から2番草の刈り取りをはじめた。
広い大地をトラクターのエンジン音をあげて草の刈り取りを行っていても、平気でシカが出てくる。
まるで、シカに「なめられている」感じがする。クラクションをならしてもどこ吹く風だ。
あまりの腹ただしさ、トラクターを止め追いかけようとするとはじめて動き出す。

 いつものごとくキツネも現れる。空にはトンビも・・。

                          

 「ちいさな野生に大国」とでも名付けておこう。少しは腹ただしさも収まるだろうか。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏祭り

2011-07-23 21:30:22 | Weblog
今日は毎年この時期に開催されている、JA東宗谷の夏祭りが開催中で、私はいつものようにミルクジャムを販売している。妻は女性部の出展で焼そばきを販売しているため売り方は私の呼び声にかかっている。天気も良く最高の祭り日よりだ。無料配布のときは行列ができるが、人の往来はいまいちだ。そのためか、ミルクジャムはあまりうれない。沢山の出店が並び祭りをもりあげている。田舎の楽しみなひとつのできごとだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妻と2人で盃

2011-07-22 20:37:31 | Weblog
 今夜の夕食時に珍しく妻と2人で少し長い時間、盃を交わした。
缶ビール1本ずつ飲んだ後、いだただいていた一升瓶のお酒をたてた。

                                 

 今日は、改選後の初の農業委員会総会が開かれた。初とあって各種各員の選考もおこなわれ、私は2期目の会長職の
スタートをきった。

 妻との夕食時にそのことが話題になった。妻から厳しい突っ込みがあった。「貴方は3年間の任期中に農業者の為にな
にをやるのですか」と・・・。
私は酒の力もあったのか、すかさず答えた。「農村青年の配偶者問題を含めた担い手対策だ」と・・。

 農業委員会会長就任の挨拶の最後に私は述べた「多様化する農業問題を解決する足がかりは議論する事から始まる。10人
で大いに議論していこうではありませんか」と・・。

 妻と盃を交わすとき、大いに議論する。頼りになる良い意見をどんどん出してくれる。私はそのことを大いに参考にして
新たな対策対応をネル。

 私たちのモットー・・・それは、「遠い将来を見つめるよりも明日の生活がより楽しくなる事を求めよう」だ(写真)。
とにかく頑張っていこう!!
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加