ぶんちゃん日記

最北の、何もない静かな山奥「ぶんちゃんの里」のオーナーの交流日記です!

お世話になりました

2013-12-30 12:30:38 | Weblog
 2013年も残すところ30時間たらずになりました。
沢山の方々にお世話になりました。本当にありがとうございました。

 今年が開けて猛吹雪、干ばつや低温、長雨などなど、酪農家に取っては厳しい自然条件の中での、経営推進でありましたが
今年の営農を終えるにあたって、「ニコッと笑って、何とか乗り切ることが出来ました」と安堵したところでした。
また、消費者交流活動でも沢山の方々との新しい出会いや楽しい思い出を作ることも出来ました。ささやかな体験や語りの中で
感動していただいたことなどなど、私たちにとっては「沢山の元気という財テク」を得ることが出来ました。
本当にありがとうございました。(写真は12月30日 午前9時40分撮影)

         

 少雪と高温で始まった今年の初冬も、みるみる内に大雪になり1㍍にも達しただろうか~。
反省すべき事は反省し、良き事は次につなげ更なる前進に向かっていきたいと思っています。

 30時間後の来年も老いた腰にムチ打って、限られた時間かもしれないが、酪農経営で生活を楽しみ、消費者交流活動での
更なる新たな出会いや交流を楽しんで、今日よりも明日の生活が楽しくなるように来年も頑張って生きたいと思っています。

                            

 今年も沢山の方々に私の日記に触れていただき心から感謝いたします。
来年も最北での生活の様子や人々の暮らし光景を発信していきたいと思っております。引き続きの閲覧、訪問を心からお願い
いたします。

 迎える2014年が皆さんに取りまして最良の年でありますことを心から祈念いたします。
ありがとうございました。
コメント

お、も、て、な、し

2013-12-29 13:43:27 | Weblog
 ある時から「お、も、て、な、、し」という言葉がはやっていたように思う。
私も、ず~~と以前に、ぶんちゃんの里のピーアール表現として「何もない山奥のファームインで大自然がもてなします」と
言っていたことがあった。

 この日記でも記したことがあったが、新農業人フェアの際に新規就農を目指す人や農業で働きたいと言う多くの人達と対話す
る機会に恵まれた。私たちは初めてのブースでの参加であったが、来場者に「おはようございます」と気さくに声を掛け、町の
酪農の様子を語る事が出来た。(写真は新農業人フェアの様子)

         

 その中の一人に、真剣に新規就農を考えて農業関係の仕事に従事している人と話す機会があった。
帰宅後もその方と連絡を密にして、積極的にこちらからアピールして、わずか1ケ月の間に家族と一緒を含め2度の訪問をいた
だいた。

 「来て欲しい」という願いが実現するためには、優遇されていることも厳しいことも率直に伝え、積極的になることが大切
であることは十分に理解していた。「積極的になるひと・・・」この人が一人いることによって、願いは大きく実現に向かうよ
うに思う。
まさしくこの人こそ「お、も、て、な、し」の精神を備えた人のように思ってしまった。今後に大いに期待できる人材のように
おもっている。

 私自身も、私の言う「お、も、て、な、し」の精神に欠け、他人に迷惑を欠けたりイヤな思いをさせ失敗した事は、はかり
しれない。いまでも続いている。
しかし、逆の事も多くある。「あいつバカでないの・・・」なんて陰口を言うことも・・・。ああぁぁ~気をつけよう~。

 「お、も、て、な、し」精神で新規就農の実現を目指して頑張っていただこう~~~。
コメント

雑紙の中で・・・

2013-12-28 13:45:02 | Weblog
 今年もあとわずか~。
雑紙や週刊新聞などの新年号が届き時期になった。各誌の新年号の特徴は「新春座談会」的なものが多い。
私が愛読している農業の月刊誌「農家の友」の1月号も先日届いた。

 その雑紙も1月号にふさわしく、3人での新春対談が掲載されていた。
有名な黒澤不二男先生を中心に2人農家のお母さん・・・興味深く読んでいった。

 拾い読みしながら目を走らせていくと「おっと~!!」と思う発言部分があった。

          

 黒澤先生の言葉の中に私の名前が出てきているのです。
対談の中で活動を評価していただき、大変に光栄に思いました。

          

 「黒澤先生、話題にしていただいてありがとうございました」
驚いたのか、ここまで読んで目が止まってしまい、さいごまでは後日に読みました。

 まさしく農業は、家畜にエサをやったり、作物に水や肥料をやったり育てていきますが、育っていくのは牛や野菜だけ
ではなく、育てていく人間も一緒に育っていくものだと実感しました。
対談の見出しにあるように「農業は生き方を物語るもの・・・」まったくです・・・・。

 昨日から今朝に掛けて猛烈に吹雪いた我が家周辺。
でもそれほどでもなく安堵しました。

          

 早朝の5時過ぎ、除雪のために外へ、所によっては50㎝の吹きだまりと20㎝程の積雪。
もう、雪はいらないです。今冬もう1㍍程の積雪になったのでは・・・。

           

 少雪の初冬が吹っ飛んじゃった~~。
コメント

アイスと焼酎

2013-12-26 20:46:54 | Weblog
 数日前にお世話になっている、東京の知人からお酒が送られてきた。
開封しないで外観を見ただけでもとても美味しそうに見えた。心をはずませカッターナイフを使い箱をひらいた。

 高級そうな佐賀県産の酒粕でつくられた25度の焼酎であった。
お酒が有名な酒屋さんらしいですが、なんとなんと焼酎もずばらしい・・・・。今夜、妻と一緒にいただいた。ストレートで
グイグイいけそうだったが、少し緊張したふりをしてほどほどでやめた。「とても美味しい~」の一言につきる。

 Mさん、ありがとうございました。これから毎日少しずついただきます。

           

 昨日、日頃お世話になっている知人から、有名な千歳の花茶のアイスクリームが送られてきました。
毎夜欠かさずアイスのお世話になっている私にとっては、最高でした。カボチャやイチゴ等々・・・数え切れないほどの
種類が入っていました。お風呂上がりが楽しみです。

 Oさん、ありがとうございました。毎日1個ずついただきます。

           

 こうしてお世話になっている方々から、色々なものが送られてくることはとても楽しいものです。
心から感謝していただく事にいたします。本当にありがとうございました。

 あすからは猛烈に天気が悪いという予報の宗谷地方・・。猛吹雪だとか・・・。
少雪でとても過ごしやすかったのに・・・と思っていましたが、とうとうやってくるかという感じです。
あまり荒れないで・・・と願っています。
 
コメント

ケーキ

2013-12-25 19:51:02 | Weblog
 今年も残すところ1週間をきった。来週の今日は、新年の1月1日の夜だ。
珍しい事に、雪の降る日が少ないために除雪の手間が省けてとても良い。10日程前の大雪以来、降雪らしい降雪がない
我が家周辺だ。

 昨日の24日はクリスマスイブ。我が家の本格的なクリスマスは、先日、孫達と終えていたが、小さいケーキにローソクを
ともして妻と二人で就寝前の遅い時間にケーキを楽しんだ。

         

 とは言っても・・・始めてから食べ終えるまで5分程度で終わってしまったが…・・。
それでも幼い頃の思い出話をしながら・・・。貧困時代を過ごした幼少期はケーキやクリスマスプレゼントの記憶等無いことや
下げておいた靴下に、お菓子が入っていることに喜んだことなどなど・・・・・。とても懐かしい話しに満足して・・・。

                             

         

 「時代が違う~」と言ってしまえばそれまでだが、「たかがケーキ、されどケーキ・・」
そんな時代を経て今日の自分達の姿があることに感謝することの大切さを、口には出さずとも、二人でじっくりと心に刻んだ瞬間
でもあった。           
コメント

カニ甲羅入りミソラーメン

2013-12-24 20:01:52 | Weblog
 日頃お世話になっている知人宅に、年末の挨拶に妻と共に近くの町にでかけるために、オホーツク海沿いを東下した。
今日のオホーツク海は波も荒く雄々し姿だった。

        

 東下中、車中で「用事が終わったらラーメンでも食べてこようか~」との楽しみを持った。
ちょうど昼食時間に合わせるように用事を終え、昼食時間になった。

 「カニ甲羅入り味噌ラーメン」のメニューに目がとまった。
「カニミソも入っているんですか」と訪ねながら、迷うことなく注文した。

                            

 少し小さい毛ガニの甲羅であったが、確かに甲羅が入っていた。

          

 あまりにも珍しいラーメンで、まずは甲羅をハシで持ち上げ、カニミソの状態も見てみた。

          

          

 甲羅の中にカニミソもタップリ入っていて、味噌ラーメンにカニミソの味もタップリして、甲羅の中にミソスープを注ぎ
込み、カニミソを堪能してみた。

 カニラーメンと言ってカニの足が入っているものはなんどか食べたことがあったが、カニミソ入りの甲羅が入っている
ラーメンは初めての出会いであった。

 若干スープが温めだったが、まずまずの美味しさである。
完食だった。

                               

 楽しい年末挨拶の今日だった。

 

 
コメント

オオワシ・・ その2

2013-12-23 15:00:44 | Weblog
 やっぱりオオワシやオジロワシは空の大蛇だ。
そんなオオワシの話題を今日も掲載します。上手くないカメラを鈴なりに羽根を休めている木にシャッターを向けていると
1羽のオオワシが飛び立った。

 グングン空高くだったが、私の方に向かうようだった。
しかし、気がついたのか方向を変えて姿をけした。

         

 雄大な姿だった。

         

         

         

         

 あいにく雪空だったのとかめらの腕前がヘタだったのが残念。
2㍍もあるだろう大きな羽根で、飛んでいくもの、飛んでくるも・・・そんなことを繰り返しながら日々を過ごしているん
だなあぁ~~と・・・・。

         

 
コメント

オオワシ・・ その1

2013-12-22 19:53:31 | Weblog
 久しぶりに、昨夜は満点に輝く星空だったと思ったら、今朝の寒さは抜群だった。
全国的にも気温の低い朝だったようだが、我が家の前庭でも今冬最低のマイナス12度だつた。低気温で有名な隣町の
枝幸町歌登ではマイナス21度だったとか・・。これからは日々は最低気温を更新していくだろう~。

 朝は太陽の陽がまぶしかったが直ぐに雪空に・・・。
そんな中だったが、我が家から10㌔ほど離れた隣集落の宇曽丹(うそたん)地区を流れるウソタンナイ川に飛来する
オオワシやオジロワシの群れを見に行ってきた。

 飛来最盛期よりも若干数は減ったと言うことだったが、まだまだ沢山のオオワシ等がいた。
ウソタンナイ川に遡上する鮭をねらっての飛来だという。

        

        

 まるで木に実が鈴なりになっているかのように、オオワシやオジロワシが仲良く羽根を休めている。

        

        

 空を飛ぶ姿は雄大だ~。
カラスと比較してみると、その大きい事におどろく。

        

         

 こうした光景を見ることが出来る、まさしく今の時期の旬だ。
年内位は滞在しているのだろうか~。やがてエサを求めて南下していくのだろう~~。       

        

        
コメント

ケーキ

2013-12-21 18:56:13 | Weblog
 最近の挨拶の中に「雪が降らなくて良いですね~」という話しが出てくる。
気温も例年より高く、1週間ほど前に降っていらい降雪がない。海岸近くに行くと大地が出ているところもある。
今のところは、良い年末を迎えている。

 今日は一足早くクリスマスケーキを孫達といただいた。
孫達の日程にあわせてのケーキだった。ケーキもさることながら、以前から予約をいただいていた、プレゼントに
目が輝いていた。

          

 自分達で人数分の数にあわせて入刀していた。

          

          

 じらすにじらして、プレゼントをあげた。
少し前までは、「動くおもちゃ」に興味を示していたようだったが、なんとなんと今では4歳の子までが、ゲームなのか
何なのかは老人には分からないが、カードのようなソフトだ。まあぁ~~満足しているからよいかあぁ~・・と思いながら
渡してあげた。喜んでもらえることがなによりだ。

          

 その後、焼き肉で一足早いクリスマスを祝った。

コメント

ダゥ~ン

2013-12-19 13:18:03 | Weblog
 いま、私は、風邪でダゥ~ン中で回復傾向にある。
熱が出たのも久しぶりだ。「体内にスキがあっただろうかなあぁ~~」と思う余裕も出てきた。

 いつの場合でもそうだが、生き物相手の仕事だけに多少の病気やケガではいつもの時間通りに仕事をしなければなら
ない。昨朝、風邪だと思う表情を感じ武装して仕事に出る。朝食後にそののまま床に・・・。夕方また武装して牛のお世話・・。
今朝も武装・・お昼過ぎからパソコンに向かう元気が出てきた。

 一昨日の夜、我が家での体験実習生も含めて、行きつけの寿司店で小川牧場のささやかな忘年会。
調子に乗っての飲み過ぎが、スキをつくってしまったのか・・。でも、人こそ少ないが、楽しく年を忘れた会だあった。

         

 我が家周辺、13~14日の降雪以来、雪は降っていない。穏やかな曇り空が続いている。
気温は高いようだが、しばらく太陽の顔を見ていないような気がする。30~40㎝の積雪だろうか~。
道は黒色の舗装が出ていて、道だけ見ると夏のようだ。

 こんな穏やかな日がつづいてほしいものだ。

 

コメント