ぶんちゃん日記

最北の、何もない静かな山奥「ぶんちゃんの里」のオーナーの交流日記です!

遅れている紅葉

2012-09-30 20:10:34 | Weblog
 今日で9月も終わりだ。
各地で猛威をふるって北上続けている台風の進路からも外れている最北。今日も曇り空で例年に比べるとかなり暖かい
ようだ。

 今朝の新聞を見ていると、この暖かさは海水温が高いままに推移しているために、秋の魚にも異変が生じているという。
つまり、北海道沖の各地で、暖水を好む魚が次々に網かかるという。
その反面、今が旬の秋サケが不漁だと・・・。

 この残暑続きは、我が家周辺の紅葉にも表れている。
もう20日もすると初雪の話も出る頃だが、山の樹木の色合いは夏とそう変わりはない。道ばたの雑草の「イタドリ」の葉が
黄色になってきたのと、若干「ヤナギ」が黄色づき始めている程度だ。

 いつも通る我が家へ通じる道ばただ。

        

        

 道ばたを含め山々の色合いが変わってきて季節感を感じるが、今年はどうも夏の延長戦のような気配も・・・。
これから一気に気温は下がると思うが・・・。

 いつもの我が家の裏から見る山々も紅葉の美しさはまだ何もない。

        

 春先から夏に掛けて気温がたかかったが「ヤマブドウ、コクワ」は全く実をつけていない。
気候の変化がこんな所にもあらわれているんだろう。
「いっそうのこと、このまま冬を迎えないで・・・・」とは子供じみているだろうか~~。

 我が家付近の紅葉・・・赤黄茶褐色と山々の様々な美しい色合いは、わずかな期間ではあるが何もない静かな山奥を
繁華街に一変させてくれる紅葉でもある。
   
コメント

オホーツク海を眺めて

2012-09-29 20:19:51 | Weblog
 9月末とは思えないくらい暖かかった我が家周辺。
台風も北海道に近づいているとか・・・何事もなく通り過ぎる事を願いたい。

 市街地からオホーツク沿岸を通って帰路の途中、あまりの陽気につられ、オホーツク海の砂浜まで車を入れてのぞいて見た。
少し波も高く雄々しい感じがした。
いま、オホーツク海は旬のサケ釣りで賑わっている。ちょうどシャッターを向けた反対の方向には、びっしりと竿が並んでいる。
普段なら人影などない我が家近くのオホーツク海だが、太公望を狙っての釣り人の姿ももう少しの間つづくのだろう。

         

 砂浜には「ハマナス」もたくさん植生していて、ハマナスの実がなっている時期でもある。
子供の頃に良くこの実を採って食べたことを思い起こした。

         

         

 家の近くまで来たところで車から降りて、山にシャッターを向けたつもりが、道路地面に向けてシャッターを切ってしまった。
なかなか面白い地面だ~~。(オホーツク海とはなにも関係ない)

         

 さわやかな風も吹き、陽気に包まれているこんな日には、砂浜に腰を下ろして「ゆっくり、のんびり」することも良いのかも
しれない。でも、私には似合わないか~~。

 オホーツク海を眺めての一コマでした。

 
コメント (4)

今日も慌ただしく動きまわって

2012-09-28 20:02:53 | Weblog
 従業員ちゃんの休日の日の朝は忙しい。
妻とともに午前5時がまわったところで牛ちゃんのお世話に出かける。

 朝食を済ませ、それぞれの所要で出かけたりする。妻は午前からお出かけ。
私も午前の仕事を午後のお出かけ寸前まで行い、パンをかじりながら1時までに間に合わせる。

 私も妻も別々な会場ではあったが、同じ目的で・・・。
それは、北海道開発局が推進する、「わが村は美しくー北海道」運動のコンクールに応募した団体への現地調査のために来訪
る審査員に説明するための集まりだった。

 私は「担い手対策の組織活動」の責任者として、また、集落内で取り組んでいる「とよかんべつ交流大学」の事務局として。妻は
「町のグリーンツーリズム活動」の責任者として、それぞれ審査員に説明した。

        

        

 「わが村は美しくー北海道」運動は農村の中で地域づくりに取り組む人たちにとっては、すっかりと定着した運動でもある。
この運動は、北海道の農村地域や地域を支える農林水産業をもっと豊かにするために始められたようで、第1回コンクールは
2002年に開かれ、今年は第6回目のコンクールになっていて、農村地域等で地域活動に取り組んでいる団体が応募できる仕
組みだ。

                                         
                         
 2002年の第1回コンクールで、私どもの集落で取り組んていた「山村留学」が人の交流部門で金賞をいただいた経験を
もっている、馴染みのあるコンクールでもある。

 賞を意識したものではないが、自分たちの取り組みを広く紹介してご指導ご指摘をいただくことは組織活動にとって意義ある
ことではないだろうか。
それぞれの組織活動の内容や成果や課題等について率直に説明した。

                       

 そんな今日の事もあって、昨夜は飲みたかったビールも飲まないで準備をしていた。
そして今日は午後から慌ただしく動き回った。

 終わって時計を見ると午後3時半をまわっている。慌てて仕事に戻り、牛ちゃんのお世話を・・・。
全ての仕事も終わるとお腹のすいていることに気がついた。缶ビール1本で満足に。

 なんだか~~いそが~~しかったなあぁ~~~。

                        
コメント

まだビール飲んでいません

2012-09-27 21:34:38 | Weblog
 いつも通りに仕事を終わらせ、少し慌てて夕食を食べ、直ぐにパソコンに向かった。
2時間少しでようやく終えて、今、日記に向かっている。

 フト見ると、家庭菜園の片隅に2番セロリーが伸びていた。
青々としていたので、もぎ取ってかじってみたら、とても美味しかったので、「今夜のビールのつまみだ」との
思いで採ってきた。

 しかし、ビールをジッと我慢していた。

          

 それは、明日午後から開発局が行う「わが村美しく運動」北海道~の現地審査の準備が終わるまでとの思いで懸命に
頑張っていると、次いでに日記を送信するまでのおあずけに・・・と決意して。

 セロリーは量こそ少ないが一株から2回も食べれるんだから、満足だあ~。

         

 仕事の疲れも出てきたのか、眠気がさしてきたあ~~。
今夜のビールはなしにしよう~~。

 明日も後半から雨になりそうだ。
なんだか天気が続かない。やっぱり秋の空だからだろう~~。  
コメント

1,783日目に・・・・

2012-09-26 19:38:31 | Weblog
 ぐずついた天気が続いている我が家周辺。今日は、何日かぶりで太陽が顔を出しました。
会う人の中に「今朝は初めてストーブをつけました」と言う人が何人かいました。

 3日坊主の私が「ぶんちゃん日記」を書き綴って今日は1783日になりました。
「別に自分のことを公開しなくとも・・・」と言われたこともありましたが、HPの中にページを作った事をきっかけに
書いてきました。

          

 以前にも記したことがあったかもしれないが、朝起きて直ぐにパソコンのアップから初めて、ヤッフーのニュースを見て
メールやHPの確認して日記へと進んでいく。訪問者数や閲覧数を見る事がとても楽しい。
滅多にないが、書き込みがあると嬉しくなり直ぐにコメントを入れる。

          

 「見られていることを意識して書かない」と言ったらウソになるが、書き方には注意をすることも多くある。
それでも、次の日に読み返してみて「反省すること」も多く・・・。
一応、読み返して投稿欄をクリックするが、それでも誤字脱字の多さやつじつまのあわない表現に、顔を赤くしている。

 HPの中の一つのページだが、トップページの更新は妻の担当である。最近ナカナカ更新がされないでヤキモキする。
私は全く更新出来ないため、優しく遠回りにナゾッては見るものの、調子にのってこない。

         

 この日記はフェイスブックにも連結している。
ですからフェイスブックの友達も見てくれて「いいね」をつけてくれるときもある。

 ネタに困るときもあるが出来るだけ多く更新して「自分史」のつもりで書き残しておきたいと思っている。
こうして「書く」という事が、老体を守っているリキ(力)になっていければとも・・・・。





   
コメント

秋の寒さが~

2012-09-25 12:52:40 | Weblog
 昨日から秋の寒さが続いています。
今日も午後からは冷たい雨が降り出しました。

 市街地に出かけるときに今秋、初めて車のヒーターを入れました。
車ばかりではなく、春以来初めて今日、ストーブに火が入りました。別に珍しいことではないですが・・・。
むしろ、いつもの時期からすると遅いでしよう。

          

 ストーブのそばにまだ片づけられないでいる扇風機もあります。
写真を見て気がつきました。
朝から半袖でいましたが、いよいよ半袖ともおわかれでしょう。

 我が家周辺の寒そうな光景です~~。

           

 秋の寒さに負けず、頑張ろう!!
コメント

もうすぐ閉店

2012-09-24 20:41:00 | Weblog
 早朝から夕方まで降り続いた雨。その雨にも冷たさを・・・。
急に涼しさを増し、ようやく我が家周辺でも秋の到来を肌で感じるようになりました。

 来月初旬の連休(6~8日)を最後に今年の営業を終了する、山奥の茶屋「べこっこ」。
5月からのわずか5ケ月間の短い期間でしたが沢山の方との出会いがありました。ありがとうございました。

            

 1個のソフトクリームや1杯の牛乳を飲むために、わざわざ山奥で足を運んでいただきました。

            

 キッと今までの暑さを取り戻すがために急速に秋がふかまっていくでしよう。
そして、遅れている紅葉に進み、少し気がはやいかもしれないが、冬を迎える諸準備に・・・・。

 ファームイン(農家民宿)や酪農体験はもう少しの間、予約で承って行きたいと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。

 
               
コメント

照らす初秋の陽

2012-09-22 19:06:51 | Weblog
 9月も末、陽が随分と短くなってきました。
我が家周辺では、午前5時前ではまで薄暗く、5時20分も過ぎるとようやく高い山に陽が照らされます。
今朝は秋晴れでした。

         

 数分の間に照らす山々も明るくなってきます。照らされる山はまるで紅葉のようですが、今年のあたたかさで紅葉も遅れる
でしよう。あたたかさを感じる初秋の陽です。

         

 いつもの時期でしたら、10月初旬になるとこの山々も色とりどりの賑やかさをまし紅葉に変わっていきます。やがてそんな時期
も到来します。

         

         

 今朝はのんきに、陽の登る姿を眺めていました。
午後6時には暗くなり、30分後には明かりがないと歩けなくなります。12月に向かってどんどんと・・・。

           
コメント

「日本の牛乳が飲みたいです」と・・・。

2012-09-21 19:57:07 | Weblog
 日差しが強く、相変わらず暖かい日が続いている我が家周辺。
風は少しだけさわやかさを感じるが・・・。

 そんな中、「日本の牛乳がのみたいです」とヒョッコリと日本人を妻に持つオーストラリア人の訪問を受けた。
もう北海道に渡って2週間ほどが過ぎたらしく1ケ月の予定でゆっくりと旅をしているという。
稚内のホテルで私どもの「最北端農村クロスロード交流会」が行っているスタンプラリーの用紙を手に入れ、チーズを食べて
から、牛乳を飲みに来たという。

             

 幸いに奥さんが日本人だったために、牛乳の説明を色々と行うことが出来た。
低温殺菌と高温殺菌の違いやノンホモ牛乳や低脂肪牛乳などなど、得意になって話しをした。
とても興味深く聞いてもらうことが出来た。私も牧草畑から帰ったばかりだったために1時間位ゆっくりとお話することが
できた。

 公務員で建設関係の仕事をしているらしく、車中から見る道路工事などに大変興味を持っている様子だった。
「ホタテの貝殻の再利用は何に使っているのですか」などの質問もいただいた。

 帰りには記念撮影。198センチの身長はさすがに高い。

       

 オーストラリアのご主人もしっかりと私たちと4人で写真に納めてくれた。
タワーサイロの前で写真を撮りたいとの希望で妻がカメラマンに・・・

             

 「アイアム、ア、ボーイ」しか知らない英語ではやっぱりダメだね~~。
でも、帰り際、スタンプの横においてある、メーセージのノートに「イングリッシュー、ペーパー、かいて~」と言ったら
「オーケー、オーケー」と言って、何かを書いてくれました。もちろん読めませんけど・・・。

             

 「ハワイに行きたい」と、ず~~っと前から言っていた妻は今日、「オーストラリアに行きたい」と言い出した。
新しい出会いは自身の思いを変えてくれるんですね~~。奥さんとはとても気があっていたようだ。

 今年も、小さな小さな国際交流が出来たような感じがした。

コメント

得意になって説明

2012-09-20 21:04:04 | Weblog
 暖かい太陽の顔を久しぶりに見たようだ。
照らす陽は暑いが、さわやかな風が吹いていてとても気持ちの良い1日だった。少し遅いが秋の到来を感じさせる。

 今日は、短時間だったが振興局の副局長さんや課長さんなどの視察訪問を受け、長靴はいて得意になって説明した。
               (長靴だと知らずにはいていた)
酪農体験の事、牛乳加工のこと、ファームインのことなどなど・・・
私どもの取り組みを見ていただくことは、素晴らしい事だ。なんだかとても応援してくれそうで期待も膨らんだ。

           

 歩きながらも時間を惜しんで話しをした。とても良く聞いていただいたことに感謝だ。

           

 酪農体験に来てくれるお客さんにも「何を伝えるか、どうやって感動を伝えるか」と良く考える。
来訪者していただくかたにも、滞在時間とニラメッコしながら、「何を見ていただき何を語ることが大切か」を考えて
おくがナカナカうまくいかない。熱意だけが伝わっても実践がないと・・・と思ったりして・・・でも「まあ~まあ~」と
自己満足。

 時間があると酪農体験でも・・・と思ったが・・説明だけで・・。

                        

 牛乳加工施設を作ったときの経過等も聞いていただいた。
そして、昨夕に搾った生乳を早朝に加工した牛乳を試飲していただいた。

                        

 最後はぶんちゃんの里、恒例の祈念撮影。
ご来訪いただいた皆さん、ありがとうございました。

                          

         
コメント