ぶんちゃん日記

最北の、何もない静かな山奥「ぶんちゃんの里」のオーナーの交流日記です!

国会議員の先生方に・・・

2012-05-31 15:58:19 | Weblog
毎年恒例の全国農業委員会会長大会が開催され参加中だ。
これに合わせて午前中は北海道選出の国会議員に対しての要請集会を行った。
環太平洋連携協定参加反対や農政の基本的確率の課題、担い手対策など8項目に渡って要望。
与野党別々の集会で、与党から10人、野党から7人の北海道の議員が出席し耳を傾けた。
その後、参加議員ひとり一人から実現にむけた決意がかたられた。
いま、農村には課題が山積みされていて担い手が将来に大きな不安をいだいているだけに、国会議員の尽力が期待される。昨夜は私どもの地区からの議員と、今夜もこれからもう一人の議員と膝をまじえての懇談。役割を果たす為にがんばるか~。でもとても疲れた。(携帯より投稿)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が家のネオン・・・?

2012-05-30 10:01:36 | Weblog
 よく見ると我が家の周辺には、案内や施設名の看板が随分とある事に気がつく。
緑の草木で何もない山奥だけに、黄色や赤の文字は際だって目につくようだ。いつも見ている私どもには何も感じないが
夜には見えないけど、「山奥のネオン」かも知れない。

 私がメーン看板、今年からウラにも絵と文字を書き直した。

          

               

 家畜伝染病予防の関係で畜舎周辺への外部からの出入りを制限しなければならなく、新たに立て看板も設置。

          

 酪農教育ファームの酪農体験の事や茶屋の案内の看板も多数だ。
別に立てなくとも分かるのだろうが、性格があるのだろうかに賑やかさを演出しているかも・・・。

        

        

        

        

                        

 こんな看板を立てていよいよ夏本番を迎え今年も酪農体験などでの消費者の皆さんを迎えようとしている。
山奥での少しみえをはった言い方の電気のつかない「ネオン・・・?」としておこう。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道農政部長の来訪をうけて

2012-05-29 19:52:16 | Weblog
 昨日、羽貝北海道農政部長が視察の為に宗谷管内入り。
我が家にも寄っていただき、消費者交流の取り組みを説明し酪農体験や牛乳加工室、ファームイン、茶屋の施設などを
案内した。山奥での厳しい環境の中での取り組みを見ていただいた意義は大きいものがあった。

         

        

 ちょうどこの日の午前中に町のお母さんグループの酪農体験があったのでその状況も説明し、熱心に耳を傾けていただいた。
そして、放牧した牛から朝搾ったばかりの生乳を低温殺菌した牛乳を試飲してもらった。
酪農体験の青空教室で、今年から取り入れた紙芝居の事も説明した。

                       

 夜は浜頓別に宿泊したために、情報交換会に私どもも参加。親しく町の酪農の様子や課題等を語り合った。

         
                           
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は寒かった我が家周辺

2012-05-27 19:51:14 | Weblog
早朝、半袖姿で仕事場に向かうため玄関から1歩足をふみだす。
おもわず「おおぉ~~さ~む~い~!!」と慌てても戻り長袖に着替える。温度計を見ると4度だ。
暑いときは今の時期としては、考えられない暑さ。そして今日のような寒さ。気温の変動の激しさにウンザリ~。

 ハウスの中では小さななポットで窮屈そうに花を咲かせ「早く定植してよ」と叫んでいるようなマリーゴールド。
窮屈ポットで花をつける事ができないでいるサルビア。

 まだまだ霜のおそれがあって定植はできない。
しかし、あまりにも可愛そうで気温が低かったが数カ所の花壇に500株ほど定植して上げた。霜の心配がある夜は
防護しなければならない。

       

 花を植えたりの周囲の環境整備は、酪農体験や茶屋に来てくれる人達にも癒し感を与え必要な事だろう。
加えて、牛ちゃん達への感染予防対策も重要だ。
特に、今年からは家畜伝染予防法の改正で、畜舎への出入り人の記録や立ち入り制限区域の設定などを行わなければな
らない。これらの事を実践して安心して酪農体験等を受け入れていきたい。

                      

 
 それにしても気温の低いのは、もう~ウンザリだ~~。
いま我が家の居間のストーブは赤々と燃えている。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宗谷食育推進協議会の中で・・・。

2012-05-25 19:35:16 | Weblog
 今日は稚内で宗谷食育推進協議会が開かれた。
これは、北海道が進めるどさんこ食育推進プラン」に基づき平成22年に発足したもので、農業や消費者団体、水産や学校
関係者、行政機関で構成し、北海道ならではの地域に根ざした食文化の継承発展を目指して食に関しての必要な知識を学び
実践して行く事を狙いとして、各団体の実践などの情報交換を行ってきた。

 私は、食育ファームとしてこれに参加していて、どういう訳か協議会の責任者になっている。
今日の報告の中で、私は今年の取り組みのひとつとして「いのちをいただく」の紙芝居を紹介してきた。

          

 僅か2~3分の発言だったが、体験活動の中ですでに活用しているだけに、自信を持って紹介することが出来たと勝手に
思っている。

 健康で長生きするためにも、命や食べ物を大切にする観点からも、地域の産業を守り発展させる上からも食育活動は大切
な事であり、大いに活動を発展させる意義は大きいことだろう。

         

 何だか今年の私の中心的な活動の一つになりそうな紙芝居である。
 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「家庭菜園」動き出す

2012-05-24 19:59:16 | Weblog
 仕事で来訪した方が「どんな服装をしていればよいのか・・・」と頭をかしげていた。
と言うのも、私の所のように「海風の当たらないところは暑つくてあつくてと半袖になり、海岸線はガス
~い」と言う。この時期のいつものいつもの気候だが・・・。

 良い天気が続いているため今日から家庭菜園の種播きを行った。
妻はジャガイモ、私はトウモロコシとほうれん草。ジャガイモのまき方は妻が昨年、丁重に普及センターの指導
を受けていたから手慣れたものだった。

         

         

         

 「種を播けば収穫できるもの」とかってに思っていた昨年の教訓を大切にして、慎重に管理しなければ・・と思
っているが、忙しくなるとついつい手を抜いて草ボウボウ状態にしてしまう。

 種は他に、枝豆、ダイコンがある。ナスやトマトの苗も購入してきた。天気とにらめっこしながら植えていこう。
何だか体が何個あっても足りなくなるような忙しさの気がして来た。

 話しは違うが、町で行う100㌔マラソンの取り組みのNHKの取材が今朝も我が家で少し行った。
数秒の放映だろうが丁重な取材だ。昨年私が手作りで作った応援看板を物置から出してきて撮影した。ボツにならなければ
良いが…。

                          

 収穫の喜びを想定しながら、もう少しの間家庭菜園づくりの楽しさは続くだろう。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜も少しいただきました。

2012-05-23 23:01:25 | Weblog
 一昨日の夕食は、研修生ちゃんと妻と3人で暗くて花は見えなかったが、焼き肉で花見を行い、少し飲み
ました。昨夜は、NHKの取材の為に来訪したデレクターさんと多少飲みました。

 今夜は、取材の皆さんと飲み、その後色々と語りながらJTBのMさんと我が家の居間で、多めに飲みました。

                        

 飲んでの語りは楽しい発想が豊になります。
光を見出し実践に結びつける事も戦略かも知れません。

 いくら飲んでも、こうしてブログやフェイスブックへの書き込みを行うのも、アルコールの力でしようか。
その為か、ついつい思い切った事を書き反省すること数えきれない。今夜は大丈夫だろうか。

 今回の取材は100㌔マラソン出の地域のとりくみでした。
明日の朝も若干牧場の様子の撮影とか・・・。

            

 珍しい事に3日連続、今夜も多少飲みました。
             
 

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「刺激をもらった」という言葉のうらに・・。

2012-05-22 20:36:07 | Weblog
 今日の我が家周辺はとても暖かかった。
暑くて暑くて、午後からははじめて半袖に切り替えた。フェイスブックで暑い事を書いたら千葉県の友達が「こちらは15度です」
と言う書き込みがあった。

 午後から豊富町など北宗谷から酪農家の女性グループが、ファームインなどの見学に来られた。

        

 私の取り組みを詳細に説明し何かを伝えたいと思った。
いつもの青空教室の所でパワーポイントで語った。

  
       
 どんな形の来訪であれ、来ていただいた方々に何らかの感動を与える事は、受け入れた方にしてみるととても大切な事だと
常に思っていて責務のようなものを感じてきた。

 そんな時に「刺激をもらいました」と言う言葉を聞く事が出来ました。
とても嬉しい言葉でした。
この言葉のウラには「何かおやってみたい」という強い思いがあるのかな~と感じてしまった。

 今日の来訪は体験ではなかったために紙芝居の予定はなかったが、「見たい」という事で急遽、「いのちをいただく」の
紙芝居を行った。
紙芝居の内容は、酪農家でいつも体験している事であるはずであるが、あらためて紙芝居で見ると自然と涙がでてしまうの
だろう。大粒の涙を流して紙芝居を見ていただいた。

       

 真の語りも良かった~~。

 

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最北の我が家から見た皆既日食

2012-05-21 09:18:13 | Weblog
 快晴の我が家周辺。
早朝からの仕事中に、皆既日食一色のニュースがラジオから流れ、知らず知らずのうちに空に目線が行った。
どうやって見るかを考えていたら溶接用のマスクを思いついた。
みんなで代わる代わる仕事の手を休め空を眺めた。

 午前6時30分頃から始まった。
我が家の牛舎前からシャッターをきった。

        

        

        

 そして、午前7時50分頃に最高に達した。

        

 周りは少し薄暗くなった。
みんなで、あらためて太陽のありがたさを語った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子牛争奪戦

2012-05-20 20:05:12 | Weblog
 集落内では今日も行事があった。
今年で2回目となる、閉校した豊寒別小学校を拠点に交流活動を推進する、「とよかんべつ交流大学」主催の
「知ってよ酪農!!子牛争奪ソフトバレー大会」が開かれた。

          

 酪農を理解していただき応援者になってもらう事も含めて、異業種の方々との交流を図って楽しい一時を過ごす
事をめざしての開催だ。
天候が良かったために農作業の準備等で、地域の人達の参加はイマイチであったが、それでも和気あいあいとゲームを
楽しんだ。力あまっての珍プレーや好プレーに見学者から笑いや拍手がおこった。

         

         

 1位と2位になられたチームには、風船こと、子牛が1頭進呈された。
スポンサー役も努めた「ぶんちゃんの里」を代表して妻が「とても楽しく過ごす事ができました」と講評をのべ
閉会した。

         

 その後、参加者した全員で豚汁におにぎりを食べ交流した。
学校も泣くなって2年目、集落住民のコミュニティや交流を通しての地域の活性化の為に、集落住民は元気一杯だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加