ぶんちゃん日記

最北の、何もない静かな山奥「ぶんちゃんの里」のオーナーの交流日記です!

またまたお嬢さんが・・・。

2014-01-31 21:25:40 | Weblog
 酪農体験のお嬢様がまたまたやってきた。
京都からの21歳ちゃんで、飛行機での移動で、伊丹~千歳~稚内空港の飛行航路だったようだが千歳空港にの到着するなり
千歳~稚内間が欠航であることを知らされ、相当に焦ったとのこと。列車やバスを乗り継いで無事に到着。
それでも我が家への到着が3時間程の遅れで、午後8時半だった。暗くて何も見えない我が家への到着だったが、雪深い、しかも
厳しい寒さに驚いていたようだ。 明るくなってみる光景に、どんな言葉が・・・・。

 「家の中が暖かい」と安堵の表情も・・・・。
何だか私どもが京都弁になりそうな気配・・。

          

                             

 明日から厳しい酪農体験が待っている。
午前5時30分の厳寒の出勤が「お、も、て、な、し」てくれるだろう~~。 
コメント

ヤク(薬)

2014-01-30 20:26:03 | Weblog
 老体になるとヤク(薬)のお世話になることが多い。
私も持病があって2種のヤクを飲み始めてしばらくの年数がたつ。数ケ月に一度検診を受け、28日分のヤクをいただい
てくる。検診以外でヤクを頂きに行くのは、決まって妻である。私が行かないので行ってくれているのだろう~。

 さすが、検診を頼むわけも行かず、重い腰をあげて私が行く。当たり前のことだが・・・・。病院嫌いも困ったものだ。
その検診日が今日であった。いつもの健診時は、検診が終わったら直ぐに帰ってきて、後で妻に会計の支払いとヤクをもらいに
行ってもらっている。なんとも我がままな態度か…と思われそうでだが・・そうでもない。病院での待ち時間を惜しんで仕事したり
会議があったりで・・・。

 今日の検診には用事がてら妻も同行し、会計の支払いやヤクをもらってくるまで、私も車の中でつきあった。
数週間前に激痛があったこともあって鎮痛剤ももらった。

           

 残り少ない人生だと思うが、生涯にわたって2種のヤクは飲み続けなければならなんだろう~~。
イヤイヤ2種のヤクで終わるのなら最高だが・・・そうは行かないだろう。
ヤク(薬)のお世話にならない人生であることを願いたい。

 今日の我が家周辺、暖かい日であった。
温度計はみなかったが、プラス3~4度はあったのでは・・・。時々日中は雨だった。
あすからは低温になるとか・・・。温度差が大きくて・・。
コメント

稚内での会議

2014-01-28 17:32:39 | Weblog


出張が続く。
今日は稚内で宗谷管内農業委員会会長、事務局長研修会が開かれた。毎年の恒例の会議で当面の農業農地情勢について研修を受ける。
農業関係の新年度予算の見通しなど説明も受け不満も多いしイライラ感もでる。地域に戻り課題を共有しながら頑張りたいものだ。
情報交換会もある。この時間も大切にしながら稚内で過ごしたい。
コメント

流氷

2014-01-27 19:35:33 | Weblog
 「晴れている割りには寒さがきびしいなあぁ~」と思っていたら 今冬2回目の流氷がやってきていた。
フェィスブックに何人かの方が「流氷接岸」の投稿がありましたが、私がオホーツク海沿いの道を通ったときにはすでに、岸から
離れていた。風のむきによって直ぐにその姿を変える。

           

 斜内山道(神威岬)もつい先ほどまで流氷が接岸していたのだろう~、冷たい寂しさが感じられる光景だ。

           

 そんな流氷の姿を見に来たであろう老婆が姿があった。
流氷はすでに遠くの地平線上に帯び状になっていたが、老婆はなにかの思いにふけているのか、離れようとしない。

           

                             

 何の動きもなく、ただただ冷たさを与えてはくれるだけの流氷だが、人を「物思いの世界」に迎えてくれるエネルギーが
あるのかも知れない。老婆の姿からそんなことを感じた。

 今度は接岸したときをとらえよう~~。
コメント

北海道グリーンツーリズムネットワーク

2014-01-26 15:26:27 | Weblog
 昨日、北海道グリークツーリズムネットワークの会議が開かれ参加してきた。
久しぶりに、全道各地で大活躍されている方々との論議を通して沢山の元気をいただいてきた。

 普段だったら講演でなければ聞くことの出来ない、林美香子さんや鈴木宏一郎さん達と膝を交えて論議でき、多くの意見交換を
することが出来たことも大きな成果である。
子供を教育的観点から酪農体験で受け入れている事や多くの高校生を教育的旅行で受け入れている体験談など、私たちが今後の
グリーンツーリズムを推進していく中で大いに参考になった。

        

        

 会議では、北海道GTネットワークが2年間とりくんできた「北海道グリーンツーリズムステップアップ研究会」の成果報告や
今後のGTネットワークの活動展開について議論を深めた。
活躍されている皆さんも、地域の中では活動推進が深まらないことや新たに活動に参画する人が増えないなどの悩みをかかえてい
ることなど、率直に出された。

 今後は、北海道GTネットワークとして地方の中で活動を展開し、GTに関心のある方々の理解促進をはかることの必要性の意見
も出され有意義なものとなった。

 赤レンガでの会議は久しぶりで、何だか懐かしさの感じた。
会議室の周辺では日本語で語らない観光客の声等も聞こえた。

         

 会議も午後6時に一端、終了し懇親会の会場に引き継がれた。
皆さんとの杯も1年以上ぶりのように思えた。ここでも酒の力も借りながら、会議の続きの論議が活発に行われていた。
色々なものを飲んだが、珍しいことに新聞紙にくるまれた日本酒の封切りがあった。福島県産とのこと・・。
ラベルが新聞紙・・・?
甘くてグイグイいきそうで、直ぐに切り替えた。

         

 お腹も少しすいた気分と少し飲みたれない気分もあって、ふらっと歩いて「サクラの咲いているカウンター」を目指して
足はひとりでも歩き始めた。

                            

 出張つづきだが、今週もまた・・・。
元気にがんばろう~~。

 
コメント

赤レンガ

2014-01-25 22:54:33 | Weblog

土曜日の今日、赤レンガで会議があった。八時間の移動で三時間の会議。とても有意義であった。
終了後はみんなで懇親会。
なんだかお腹がすいたような気分になり締めのつもりで正油ラーメンを食べ腹一杯になって元気にふらっと~~どこかへ・・・。
コメント

バッテリーの交換

2014-01-24 20:36:35 | Weblog
 昨日の日記に記したように、出張の祭の駐車場での厳寒の中での二泊の野宿に、エンジンがかからないハプニングを
起こさないために、バッテリーの交換を行い明日の出張に備えた。

 全国的に暖かい気温が明日あさってと続きそうであるが、その後の寒気も気にかかる。
今回は一泊の野宿だから安心だが…・。

      

      

                               

 今夕の我が家周辺は小雨が降っていて日中の気温もブラスであった。その為に屋根の雪も落ちてくれて大助かりだ。
今冬は、屋根に雪が多く積もった頃に暖気になって、雪下ろしが少なくとても楽である。
今のところ、昨年よりは雪も少なめのようで、このまま進んでくれることを願っているがはたして。・・・。
コメント

エンジンかからない~

2014-01-23 20:13:14 | Weblog
 2泊3日の出張を終えて帰ってきた。
片道1時間の車、3時間のJR、往復8時間の移動時間だ。「やっぱり遠いなあぁ~~」といつもながらに感じる。

 冬の期間は車での移動は、音威子府駅の駐車場まで。
車はここで今回は2泊していただいた。しかも野宿で・・・おそらく-20度以下だったんだろう~。

 午前11時に下車し車に・・。15㎝ほどの積雪が車の上に。しかもバリバリ状態。

          

 なんとなんとエンジンは「ぶ~るるる~ん~」とノンビル回る状態。ガッカリ!!
何度か予熱しても・・・何とも、かからない。あせってJAFへ連絡。

                              

 リードして、ようやく、ようやくかかって一安心。
これまでこんな事なかったのに・・・と、これからの野宿に不安を・・。
寒さもこれからが本番に・・・早々にバッテリーの交換対策を終え次なる駐車場での野宿にそなえる。

 我が家が近づき、小高い道からオホーツクを眺めると、遠くに真っ白い帯状の物体が・・・
「流氷が近づいている」と・・・。そう遅くない時期に接岸も・・・。さすが、太陽は照っているが気温は低い。

 いよいよ寒さも本番だ~~。

 

            

          
コメント

夜の時間も大切に

2014-01-22 10:23:07 | Weblog



今年の最初の出張の二日目に元気に入った。時間の合間にお世話になっているところに挨拶に行ったりと有効にすごしている。
特別ではないが夜の時間も大切にしている。量を調整しながら体調の万全を考えて~。
家をあけることは、生き物相手の仕事だけに気遣いも多い。度々入る電話に胸をドキッとさせながら~。
雪や凍結状況も気にかかるのもいまの時期の心配ごと。
ヤクを飲みながらだがしっかりと任務を果たしていこう。
コメント

お嬢さま、その後のその後

2014-01-20 12:50:50 | Weblog
 3日間、福島県いわき市からの酪農体験中のお嬢さまの話題になった。
今日の話題は、厳寒の体験一コマだ。

 今朝、午前7時過ぎの我が家周辺の気温は今冬最低の-20℃であった。
あまりないことだが、畜舎の一部の水道も凍結し解凍まで少しの時間がかかるほどだった。
隣町の歌登は-30度を越えたと言う。

                            

 そこで-20度の体験をお嬢様に・・・。
水でぬれたタオルをぐるぐる振り回して数十秒後、カチンカチンに・・・。手を真っ赤にしての演技にアッパレ!!

          

          

          

 厳寒の雪の中での3日間の酪農体験は、お嬢さまにはどんなふうにうつただろうか~。
今夕が最後の牛のお世話体験。青年達との意見交流も楽しく出来たようで、再訪の話しがでてくるだろうか~~。

 明日の早朝、私の出張と合わせて札幌まで一緒して帰路につく予定だ。      
コメント