ぶんちゃん日記

最北の、何もない静かな山奥「ぶんちゃんの里」のオーナーの交流日記です!

慌ただしい1週間の始まり

2009-11-29 19:46:00 | Weblog
 雪も僅かで気温も少し高く、とても過ごしやすい師走目前の最北。
私にとって慌ただしい1週間の始まりです。会議、行事が集中した1週間です。

 30日は早朝仕事を途中にして深川に向けて出発。午後からの拓大での「グリーかツーリズム論」の特別講師として120分の講義。パワーポイントも100枚超を準備。私の実践を学生さんに張り切って伝えてきます。
それを終え1日~2日の会議出席のため札幌へ。2日に帰宅して3日は稚内で開発建設部の「わが村は美しくー北海道運動」宗谷ブロック活動報告会。私も10分間の報告あり。これもパワーポイント50枚を準備。5日は再び札幌へ。食農わくわくネットワークの収穫祭で50分の話す機会を与えられました。
できもしないのに、頼まれるとすぐに「ハイ、分かりました」と行ってしまう悪い癖で後で後悔すること度々。
その後悔をこうして書くことで、ストレスを発散させているのかも・・・。

 私の留守の間の牧場は、ヘルパーさんにお願い。もちろん研修生くんも大活躍。妻もいつもの通り手伝ってくれて・・・私の携帯メールに仕事の進捗状況を入れてくれる。こうやって守っていてくれる牧場を大切にしながら、私も与えられた任務をキチッとこなす事の責務を感じながら頑張るしかないと痛感しています。
コメント

「機密費」か・・・。

2009-11-28 19:53:33 | Weblog
 澄みきった青空を眺めながらカメラ片手に歩いていると、頭の上をカラスが飛んできたと思い、退屈しのぎにシャッターを切った。良く見るとオオワシで、何枚か写したが遅かった。
そろそろウソタンナイ川に上るサケを目当てにやってくるオオワシの到来時期何だと改めて思った。

 今日は酪農ヘルパー組合の会議があり、責任者の立場で職員確保対策で議論を交わしてきた。雇用問題が大きな社会問題になっている中で、採用しても長続きせず無断欠席のまま退職をさせられたり、勝手な言い分ですぐにやめてしまったりで、親切丁寧に仕事の指導に当たっても、身勝手な行動に役員一同イライラがつのっていた昨今でもある。
 
 そんな中にあって、「給料が安いから他の職場に移りたい」という人をどう引き留めておくかで議論は集中し頭を悩ませた。そんな議論の最中に私は、先日に国会で話題になっていた機密費の事を思い出していた。
2億とは言わないが、せめて5~6万円のお金が自由に使えたら「これで3ヶ月間頑張ってくれないか」と内緒で渡せたかも・・・と。善悪は別にして筋は違っても、機密費と照らしあわせて、心の中で笑っていた。
そんな事を思っている間に、結論めいた方向に意見は集中していた。責任者として、提案したのとは別の方向に行ってしまったことで、更なる悩みも・・・。
 
 問題になっている雇用だけに「もう少し頑張ってみるかとの強い決意も必要だ」と言う意見も出ていた。
でも、年間十数億も使う機密費は何に使うんだろうかなあぁぁ~~。余計なことか。酪農ヘルパーの職員確保に全力だ!!

 
コメント

湿った雪 2

2009-11-27 20:09:49 | Weblog
 湿った雪が枝先まで積もり重そうな大木。真っ青な青空の中にそびえ立ち逞しさが伝わってくる。
コメント

湿った雪

2009-11-27 20:02:01 | Weblog
 少し気温の高い日だった最北。夕方から雨が降っていて今も続いている。この後に寒気が入ってくると言うから、これからは湿った雪になるでしよう。
湿った雪が降った後は、辺り一面の山々が白一色の幻想的な光景を描き出してくれる。大木の枝先まで雪が積もる。
昨日の雪もそうであったが、我が家の裏から見た景色も美しかった。
コメント

ある反省会

2009-11-25 19:55:46 | Weblog
 昨夜の稚内でのある組織のOB会。1年ぶりに会う仲間たちと親しく杯を交わしいつものごとく飲み過ぎた。
思いがけなく○○副支○長に同席いただいた。私の所にも来ていただいたり、何度かお会いしていたが、杯は初めてであった。宿に戻ったのは何時だっただろうか。遅くまで楽しかった。
朝食後、稚内から雪のない11月末の国道を走ってきた。気温の高い1日だったが町に近づくにつれ湿った雪も少し積もった。

 そんな中、9月におこなわれたあるツァーの反省会がおこなわれ、主催した責任者として若者の意見を聞く為に参加してきた。
当時を思い出していただくために、写真をスライドにして写してあげた。意見を聞きながら多くの感じるものがあり語りもした。ここで記しはしないが、このままでダメな事だけは確かで、私どもも含めて進んだ想像力と実践力が求められていると痛感した。
「どうすれば良いのか」がはっきり見えていてもそのことを伝えきれない、実践できない焦れったさもある。

 床屋に行ってすっきりしてきたので呑気にかまえていくしかないかな~~。そんな呑気にもしていれない。末からの深川、札幌、稚内、札幌と短期間に行き先が決まってる。せめて表札が変わらないように気をつけなくては・・。

 
コメント (2)

陽気な天気の昼間

2009-11-24 12:56:14 | Weblog
 珍しく昼間にブログに向かっている。
居間のストーブが消され、窓カラ指す陽で暖かい。そんな暖かさの中、黙っているのももったいない、との思いから収納した機械を引っ張り出して、少し貯まっていた堆肥散布をおこなった。真っ白い雪原の中をトラクターで走るのも何となく気持ちが良い。
時折、シカの足跡と雪をほじって草でも食べようとしたあとが目にはいる。

 予定のお昼過ぎに作業を終え、これからある組織のOB会のため稚内にむかってのお出かけだ。杯を酌み交わす事が主たる目的だが、年に一度の集まりに懐かしい面々に会うのがとても楽しみである。牛舎の仕事はヘルパーさんにお願いだ。

 急がなければならない仕事以外の仕事もあり、パソコンを持っての稚内だ。早朝に目がさめるであろうから、はかどるかも知れない。

 飲み過ぎない事を肝に銘じて、さあぁ~稚内に出発だ。
コメント

孫と将棋

2009-11-23 21:33:38 | Weblog
 気温の高い日になりました。50㎝近くもありました降雪は昨日からの雨で僅かになりました。この先も天気が良いようですから、積雪ゼロになりそうです。
週間予報でも雪マークは1日だけです。良かった良かった。

 またまた孫の話題ですが、昨日遊びに来ていた小学2年生の孫と将棋をして楽しみました。そばで5才の孫も宣戦を見つめます。
学校で将棋をしているせいか、全てのコマの動きも知っていましたが、私の方が忘ていて悪銭苦闘しました。

 何十年ぶりに将棋のコマにさわる私も、「さも知っているふり」して、孫にあれこれ指示していましたが、まさかまさかの敗戦でした。僅か15分程度だったでしようか。
「負けた!!」との声に台所に立つ妻も、「本気だったの」の声。「出来ないながらも本気だったよ」との声に笑いが・・。自慢げな孫に「たいしたものだ」とお褒めの言葉。
ゲームゲームとばかりに思っていたら、いつの間にか将棋を覚えていたことに感激する孫バカが・・・。

 将棋をやらせている学校もたいしたものだ。こんな時代だからこそ必要なことなのかも・・。
コメント

雪とのたわむれ

2009-11-22 20:20:28 | Weblog
 雪の中の外遊びには絶好の天気だった今日、孫たちを遊びに連れてきた。
外遊びが好きな孫たちは車から降りて、そのまま雪の中に。雪は慣れしているとはいえ、雪は最高の遊び道具かも知れない。逞しくたくましく・・・と孫バカの思いにふけていた。

 
コメント

最初の雪かき

2009-11-21 12:45:09 | Weblog
 昨日から随分と雪が降りました。すっかり真冬の到来の感じです。
我が家の周辺で50㎝程あるだろうか。今朝は少し湿った雪がシンシンと降り続いています。

 昨朝は、今冬初めての除雪車が走りました。除雪車より早く出勤してくる研修生くんは、深い雪ももろともしない車で、まだ夜が明け切らない暗い中を白銀の世界を走ってきました。
誰も走っていない白一色の深い雪の道を、ひとり占めしたように走るのは、私なんかは、いつも気持ち良く感じていました。果たして研修生くんはどう感じただろうか。これからの日々はそういうことがしばしば・・・。

 我が家の家前も随分と積もりました。今冬最初の雪かきはエプロン姿で妻が頑張りました。我が家の除雪車の準備はまだ出来ていませんが、そろそろ機械の取り付けをしなくてはなりません。
根雪になるかどうかは分かりませんが、本格的な雪の到来でしよう。
コメント

簡易宿泊所の許可

2009-11-19 19:49:09 | Weblog
 初雪は解け黒色の大地が顔を出していたが、今日1日でたっぷり降った。さすが山奥だけあって30㎝位積もっただろうか。
本格的かなぁぁ~と思っているが、週間予報では3~4日後に気温の高い日が来るようですから、また解けてほしいです。

 かねてから準備し申請していた簡易宿泊所の許認可を今日いただいた。
ファームインを開業して10年目になるが決して繁盛はしていないが、学生などが体験に来てくれた時に、今までのファームインだけでは泊まりきれない事も一度位あるので、住宅の空いている部屋の許認可をいただいた。

 農業体験などを受け入れる農家にだけ与えられたこの制度を有効に使いながら、子供たちや消費者を農業体験にどんどん受け入れ、農業体験を通して食育などに役立てていただきたいものだ。
仲間の中にはまだ申請準備をしている方も数名おり、私も大いに支援しながら許認可数が増えるように頑張っていきたいものだ。
ただ、経験のない農家の私どもが申請に必要な図面を書いたりの諸申請書を準備することは難儀である。私も大変に苦労しあきらめが脳裏を横切ったりした。

 活動に先進的な町の状況を聞いてみると、関係機関の全面的な支援があって出来ているとのこと。素晴らしい限りである。その為に20~30軒も一度に許認可がとれるのだろう。
私も宗谷支庁のある方から沢山の情報をいただいた。メールで相談、質問すると素早く調査してくれすぐに解答してくれた(あえて記しておこう)。こういう人にこそ給料をうんと上げてやるべきだ。
そんな支援があってこそ自分で出来たのだろう。

 老いたせいか随分とイヤミも多くなった。そんなことより、明日の朝は今冬はじめての雪かきだろうか。寒さに負けず頑張ろう。
コメント