棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

かんぴょう

2018-08-11 18:44:58 | 山郷の暮し
雨の気配がある夕方の散歩でお婆ちゃんが「兄さん、干瓢もっていきましょ」とでっかいやつをつきだす。
「食べ方を知らないし、いいですよ」とご辞退したが、どうしてもと言うことになってしまった。
正直 それを持って帰路に着くには重過ぎる。
足元に小さいやつがあったので「お婆ちゃん、それでいいわい・・。」
「小さいやつはまずいから、コレにしましょ」と中型ものと小さなもの。

一度湯がいて灰汁を取るのだそうだ。

犬のハナが運んでくれるわけでなし・・。ありがたいがしんどかった。
家に着いたときは腕はビリビリと、しばらくは上げることもできなかった。

味噌汁・鉄火とういろいろ調理ができるようだが、晩酌には向きそうにも無い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 人類の愚行を観る私 | トップ | 靖国神社を考える-1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山郷の暮し」カテゴリの最新記事