パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

ザ・ウォーク3D★★★★★

2016年01月23日 | アクション映画ーサ行
1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した、フィリップ・プティの著書を実写化した実録ドラマ。彼が成し遂げた前代未聞の偉業の全貌が映し出される。メガホンを取るのは、『フォレスト・ガンプ/一期一会』などのロバート・ゼメキス。『ドン・ジョン』などのジョセフ・ゴードン=レヴィットがフィリップ・プティを熱演、その脇をオスカー俳優のベン・キングズレーらが固める。事実は小説よりも奇なりを地でゆく物語はもとより、めまいがしそうな歩行シーンも見どころ。

あらすじ:1974年。フランス人の大道芸人フィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、誰も考えついたことのない挑戦をすることに。それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ2棟構造の高層ビル、ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤーロープを張って命綱なしで渡っていくというものだった。そして、ついに決行の日を迎えるフィリップ。地上110階の高さに浮いているワイヤーを、一歩、また一歩と進んでいく彼だったが……。

<感想>今までの3Dは画面の奥からこちらへと飛び出してくる映像効果が多かったから、本作のように高低差に特化して、高所にいることを疑似体験できるなんてことは、本当に新鮮な驚きでした。地上441mの高さで綱渡りをするなんて想像もできないけれど、実話なんですから尚のことその感覚が伝わってきます。ビルの屋上から下を見るシーンだけでも震えて来てしまう。

準備段階から、ほぼぶっつけ本番に近い当日までを、克明に追い掛けておりサスペンスを盛り上げてくれる。ツインタワービルというと、2001年9・11アメリカ同時多発テロによって崩壊され、今となっては存在しない2つとも崩壊してしまった今は無きワールドトレードセンターのこと。それを完璧なまでに再現したのも凄いけれど、ニューヨーカーに愛されるこの建物に対する、レクイエムでもあるんじゃないかと思うと、実に感慨深い気持ちになります。

フィリップはフランスでこのNYのツインタワービル完成の記事を読み、自分にはこのビルにワイヤーを掛けて綱渡りをするという大義名分のような、綱渡りに憑りつかれて、その途方もない夢に周囲を巻きこんでいきます。彼には、誰もしていないことを成し遂げる征服感というものが漲っていたのだろう。
ですが、そうは簡単にこのビルの屋上まで登れるわけもなく、屋上での下見には、観光客に変装したり、工事現場の人に変装したりと、しかし、そこで釘を踏んでしまうというアクシデントが発生。出血が止まらなく病院へもいかない頑固もののフィリップ。足を引きずりながらも、屋上へ行き弓矢でロープを渡して、ワイヤーを取りつける段取りに夢中なのだ。その弓矢の先のロープもとんでもない場所に落ちているのだ。

エネルギーに満ち溢れてはいるけれど、よくよく考えて見たらかなり危ないヤツで、そんなキャラクターに説得力を持たせるジョセフ・ゴードン=レヴィットの熱演が見ものです。最後にワイヤーの上でとんでもないことをやってのけるんですからね。2つのビルの屋上には、警備員や警官たちが押し寄せて、いまかいまかとフィリップを捕まえようと待ち構えているのに、彼はワイヤーの上で行ったり来たりしながら、悠悠と腰かけたり、寝そべったり、と、なんともはや前代未聞の風景でした。

2016年劇場鑑賞作品・・・15映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« ホワイト・ゴッド 少女と犬... | トップ | エージェント・ウルトラ ★★★... »

アクション映画ーサ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

31 トラックバック

ザ・ウォーク (3D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(14) 3D効果で久しぶりに胃が浮いてしまった(爆)
「ザ・ウォーク」☆手汗でギトギト (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
じっとりと汗をかく?とんでもない!! 汗で手がびしょびしょになって、膝に乗せた上着やカバンが、困ったことになるよ!
劇場鑑賞「ザ・ウォーク」 (日々“是”精進! ver.F)
天空を、歩く… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601240000/ <期間限定!お得!クロネコDM便ご選択で送料無料!>■予約■SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【...価格:5,790円(税込、送料別) フライト(Blu-ra...
「ザ・ウォーク」高いよ~!恐いよ~!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 1974年、当時世界で最も高い建物だったNYのワールドトレードセンターに、1本のワイヤーを張り、その上を歩いて渡った男がいた。男の名はフィリップ・プティ。「ザ・ウォーク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。最初に言っておきますけど、高所恐怖症の...
ザ・ウォーク (3D) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WALK】 2016/01/23公開 アメリカ 123分監督:ロバート・ゼメキス出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デール 地上411メートル/ワイヤー幅2.2センチ STORY:1974年。フランス人の大道芸人フィリ...
「ザ・ウォーク」@ソニーピクチャーズ試写室 (新・辛口映画館)
 私は映画.com独占試写会で作品を拝見した。客入りは8割位。3D字幕版が上映された。
ザ・ウォーク(3D字幕)/THE WALK (我想一個人映画美的女人blog)
1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した、フィリップ・プティの著書を実写化! 2008年のアカデミー賞受賞ドキュメンタリー「マン・オン・ワイヤー」でも描かれたが本作の 監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ 一....
ザ・ウォーク(3D) / The Walk (勝手に映画評)
フランスの綱渡り芸人フィリップ・プティの自伝を下にした作品。自伝がベースであるためか、主人公フィリップの視点で物語が進みます。なので、自分に都合がわるい所は省かれているかも。 ジョセフ・ゴードン=レビットは、フランス文学に傾倒していたことがあるためか、...
ザ・ウォーク 3D字幕 (♪HAVE A NICE DAY♪)
わー凄い!これは劇場で3Dで観る映画ですね! これは、劇場で観るのと観ないとじゃ面白さも半減しますね ドキドキ感も。3D映像が素晴らしかった フィリップ・プティさんの夢は二つのビル ワールド・トレード・センターの 屋上と屋上にロープを張って空中で歩くこと....
『ザ・ウォーク』 (こねたみっくす)
高所恐怖症にはあまりにも怖すぎる青春映画。 膝がガクガク震えてしまいました。作り物の映像だと分かっていても、スクリーンを見続けることが苦痛になる映画でした。 映画を見続 ...
『ザ・ウォーク』 (beatitude)
8歳の時、故郷フランスで“世界一の綱渡り一座”と呼ばれるサーカス団“白い悪魔たち”の妙技に魅せられたフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、独学でトレーニングを積み、“白い悪魔たち”の門を叩く。ところが、座長....
ザ・ウォーク (Akira's VOICE)
その歩み、威風堂々。  
映画「ザ・ウォーク(3D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ザ・ウォーク(3D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 なお、原作小説である大道芸人フィリップ・プティのノンフィクション『マン・オン・ワイヤー』は未読。 また、本作...
ザ・ウォーク (風に吹かれて)
ひえぇぇ~~~ 公式サイト http://www.thewalk-movie.jp 実話の映画化 原作: マン・オン・ワイヤー (フィリップ・プティ著/白揚社)監督: ロバート・ゼメキス 8歳の時にサ
No.526 ザ・ウォーク (気ままな映画生活)
米ニューヨークのワールドトレードセンターで命がけの綱渡りを敢行した男の物語を3Dで映画化。1974年8月7日、当時世界一の高さを誇ったワールドトレードセンター。フランス人の大道 ...
『ザ・ウォーク(THE WALK)』ロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ザ・ウォーク』THE WALK監督 : ロバート・ゼメキス出演 : ジョセフ・ゴードン=レヴィットベン・キングズレーシャルロット・ルボン、他物語・1974年。フランス人の大道芸人フィリップ・プティ(
ザ・ウォーク (映画好きパパの鑑賞日記)
 手に汗握るというけど、見終わった後、本当に手のひらが汗でベチョベチョに。高所恐怖症なので、見ている最中、「これは映画だこれは映画だ」とずっと念じていました(笑)  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ロバート・ゼメキス 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴ...
ザ・ウォーク 3D (そーれりぽーと)
予告編を観る限り、真面目で熱い男のノンフィクションというイメージで、観ないでおこうかと思っていたのですが、とりあえず大好きなロバート・ゼメキス監督作だし、でも前作の事も有るしと葛藤しながら『ザ・ウォーク』を観てきました。 ★★★★★ 映画館で、3D公開し...
ザ・ウォーク・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
極限の縁を歩く。 ?ワイヤーの上のアーティストの、創造の夢と狂気。 ?1974年8月、当時完成目前だったニューヨークのワールド・トレード・センターのツインタワーの間にワイヤーを渡し、地上411メートルで命綱なしの綱渡りを行ったフランス人、フィリップ・プティの挑...
ザ・ウォーク (映画的・絵画的・音楽的)
 『ザ・ウォーク』(3D)をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)予告編から面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭には、「これは実話である」(True Story)との字幕が出ます。  次いで、黒いタートルネックを着た本作の主人公フリップ・....
ザ・ウォーク (セレンディピティ ダイアリー)
ロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演の、実話に基づくアドヴ
綱渡り~『ザ・ウォーク』 【2D字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 THE WALK  1974年。パリの大道芸人フィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット) は、NYに地上110階、高さ411メートルのツインタワーが建設されることを知 る。ワイヤー・ウォークに魅せられていた彼は、ツインタワーにワイヤーを張 り、そ...
『ザ・ウォーク』 身体が自然に反応する、そんな映画 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『フォレスト・ガンプ/一期一会』のロバート・ゼメキス監督の最新作。  今回は試写会にて一足先に鑑賞させていただいたのだが、劇場公開は本日23日から。  主役のフィリップ・プティにはフランス語の堪能なジョセフ・...
ザ・ウォーク(ネタバレあり!) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ザ・ウォーク] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2016年4本目です。 【あらすじ】 パリの路上でジャグリングや綱渡りを披露し人気の大道芸人になっていたフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、ニュ...
ザ・ウォーク (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ 渋谷にて鑑賞ザ・ウォーク/THE WALK 2015年/アメリカ/123分 監督: ロバート・ゼメキス 出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ベン・キングズレー/シャルロット・ルボン/ジェームズ・バッジ・デール/ベン・シュワルツ 公式サイト 公開: ...
ザ・ウォーク (C’est joli ここちいい毎日を♪)
ザ・ウォーク '15:米 ◆原題:THE WALK ◆監督:ロバート・ゼメキス「フライト」「Disney's クリスマス・キャロル」 ◆主演:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン 、ジェームズ・バッジ・デール、クレマン・シボニー、...
綱渡り男の挑戦 ~ 実写編 (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「ザ・ウォーク」IMAX 3Dを鑑賞しました。 1974年 フランス人の大道芸人フィリップ・プティは誰も考えついたことのない挑戦をすることに。それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤー...
「ザウォーク」 (Con Gas, Sin Hielo)
生命を吹き込む荘厳な儀式。 R.ゼメキス監督ももう60歳を超えた。「バックトゥザフューチャー」から30年経ったのだから当然ではあるが、大成功を収めた「フォレストガンプ」以降は、あまり作品を発表していない印象がある。 それでも新しい技術を駆使して見たことのな....
ザ・ウォーク 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
70年代にワールド・トレード・センターでの空中綱渡り に挑戦した、フランス人フィリップ・プティの実際の 出来事を基にした映画『ザ・ウォーク』が公開され ましたので観に行ってきました。 こちらは3D作品でしたので3D字幕版を選択、シネコン の大きいスクリーンで上映...
ザ・ウォーク (銀幕大帝α)
THE WALK 2015年 アメリカ 123分 ドラマ/サスペンス/伝記 劇場公開(2016/01/23) 監督: ロバート・ゼメキス 『フライト』 製作: ロバート・ゼメキス 原作: フィリップ・プティ...
映画評「ザ・ウォーク」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督ロバート・ゼメキス ネタバレあり