パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

アバウト・タイム~愛おしい時間について~★★★★

2014年10月03日 | アクション映画ーア行
タイムトラベルの能力を持つ家系に生まれた青年が意中の女性との関係を進展させようと奮闘する中で、愛や幸せの本当の意味に気付くヒューマンコメディー。『ラブ・アクチュアリー』などで知られるラブコメに定評のあるリチャード・カーティス監督が、恋人や友人、家族と育む何げない日常の大切さを描く。『ハリー・ポッター』シリーズなどのドーナル・グリーソンを主演に、『きみに読む物語』などのレイチェル・マクアダムス、『ラブ・アクチュアリー』にも出演したビル・ナイらが共演。
あらすじ:自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。しかしタイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまい……。
<感想>タイム・トラベルを題材にしたハートウォーミングな人間ドラマである。人生はどこまでやり直せるのだろうか?・・・もしあの時間に戻れたら、理想の相手と結ばれていたはずなのに。そんな願望を、タイムトラベル能力を持った主人公が達成する物語。一見、SFのようで、時間を巻き戻して人生をやり直す青年の心の成長を描いています。
主人公のドーナル・グリーソンやレイチェル・マクアダムスの若手俳優たちに加えて、カーティス監督作品の常連であるビル・ナイも味のある演技で存在感を発揮している。

一族に伝わる男だけのタイム・トラベルの法則とは、能力は一族の男性だけに代々伝わるもの。ただし能力を発揮できるのは、21歳になってから。
クローゼットの中や物置の中が実行の場所に最適。手を強く握って、行きたい場所と時間を念じればいいのだ。それに、彼女も連れて行ってもいい。
行けるのは、自分の記憶の中にある過去のみ。それ以外の歴史を変えることはできない。もちろん、未来へはいけません。能力を使ったとしても、自分の未来を決めるのは自分の選択しだい。良く考えて実行しよう。

始めは夏休みに、ティムの家に遊びに来た妹の友達シャーロットに一目惚れするも、ドギマギして何も告白できなかった。そして、ティムはメアリーに恋をする。好きな女性を振り向かせようと、タイム・トラベルを試みたら、彼女に恋人ができてしまう。諦めきれないティムは、何度も過去に戻っては、彼女を振り向かせようとするのだが。

そこで、いったん気持ちを整理して作戦を練った上で、出会った時間にトリップする。気の利く男として行動してメアリーと上手くいくのだ。当然初めてのセックスでは、相手が喜ぶテクや、お互いの相性も未知数なのだ。イマイチだったら、つまりは、セックスをする前に戻ってやり直すこと。その繰り返しによって、最後は人生で最高のセックスを実現することにって、本当なの。
それに、舞台作家のハリーが手掛けた舞台の初日に、役者が台詞を忘れてしまい、劇が大失敗になる。キャリアが危うくなった友人のために、ティムは時間を溯って、役者に台詞を紙に書いて見せるのだ。
もう一つ、ティムの最愛の妹が、恋人と喧嘩してヤケになり交通事故に遭ってしまう。妹を救うために能力を使うティムだったが、さらなる家族の問題が彼を悩ませるのだ。
理想の人生を送るには、ちょっとした軌道修正が必要な時もあり、でも万が一、過剰な修正をしてしまうと、そこにいるはずの人がいなくなるという「タイムパラドックス」が起きるのである。

タイムトラベルを極めた父親が病気(癌)になり、ティムが彼から受ける教えには、人生の心理が、・・・。家族の問題が描かれる後半では、本当の幸せについて考えさせられ、胸が締め付けられ感じがしてならない。つまりは、今の幸せに満足することで、タイムトラベルなんてしなくてもいいということなのだ。
主人公のティムが、5分前に戻って、行動をやり直すなど、タイムトラベル場面の演出がとにかく軽快でいい。そこに心にグットくる名台詞を散りばめ、さらには映像と完璧にマッチした名曲が流れるという、作品全体のムードも最高です。
監督・制作総指揮・脚本のリチャード・カーティス。撮影中のビル・ナイとの会話がきっかけだったという。それは撮影をすませた1日の終りに、ビーチをビルと歩いている時に、「今度はここを歩くときは、仕事で100人のスタッフを連れてではなく、プライベートで歩きたい」と話たこと。それが「家族と共に人生を楽しもう」という考えに変わってしまった。まさにこの映画のテーマそのものだったということなんですね。
2014年劇場鑑賞作品・・・305 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« ファーナス/訣別の朝 ★★★ | トップ | 大いなる沈黙へ ★★★.5 »

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

『アバウト・タイム~愛おしい時間について~(About Time)』リチャード・カーティス監督、ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクア... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』About Time監督 : リチャード・カーティス主演 : ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ 物語
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (風に吹かれて)
日日是好日 公式サイト http://abouttime-movie.jp 製作総指揮・監督・脚本: リチャード・カーティス  「ラブ・アクチュアリー」 「パイレーツ・ロック」 イギリス南西部の海辺の
「アバウト・タイム 愛おしい時間について」:爽やかなエンドマーク (大江戸時夫の東京温度)
映画『アバウト・タイム 愛おしい時間について』を試写会で観ました。まさに試写会タ
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/ドーナル・グリーソン (カノンな日々)
『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督によるタイムトラベル・ロマンティック・コメディ。リチャード・カーティス監督がタイムトラベルものでくるとは思わなかっ ...
『アバウト・タイム -愛おしい時間について-』 2014年9月9日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アバウト・タイム -愛おしい時間について-』 を試写会で鑑賞しました。 この映画はなぜここまで人を惹きつけたのか 久しぶりに、良い気分で帰れる良作でした 【ストーリー】  自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(...
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/ABOUT TIME (我想一個人映画美的女人blog)
わたしが心に止めている言葉のひとつに、映画「アメリカン・ビューティ」の中の言葉 「今日という日は、残りの人生の最初の一日」というのがある。 本当に毎日はあっという間にすぎてくからー。一日一日を意識して大事に生きたい。 この気持ちを更に強くする作品...
No.455 アバウト・タイム 愛おしい時間について (気ままな映画生活)
タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、ずっと恋人ができずにい ...
『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」□監督・脚本 リチャード・カーティス □キャスト ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ、       トム・ホランダー ハリー、マーゴット・ロビー、リンゼイ...
アバウト・タイム 愛おしい時間について (ハリウッド映画 LOVE)
原題:About Time監督:リチャード・カーティス出演:ドーナル・ルリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ、トム・ホランダー、マーゴット・ロビー
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (にきログ)
またまた映画の感想です 事前情報はタイムスリップの能力をもった青年の恋愛物語ということでした が、想像したのとは少し違った作品でしたね どちらかというとヒューマンドラマな印象でした あらすじ 自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン...
愛おしい映画について~『アバウト・タイム~愛おしい時間について』 (真紅のthinkingdays)
 ABOUT TIME  英国南西部、コーンウォール。海岸沿いの家に家族と暮らす冴えない青年ティ ム(ドーナル・グリーソン)は、21歳を迎えた時、父(ビル・ナイ)からある事実を知 らされる。それは、彼の家系の男子に代々伝わる特殊能力、タイムトラベル...
アバウト・タイム 愛おしい時間について (ハリウッド映画 LOVE)
原題:About Time監督:リチャード・カーティス出演:ドーナル・ルリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ、トム・ホランダー、マーゴット・ロビー
「アバウトタイム~愛おしい時間について」 (Con Gas, Sin Hielo)
今ここにあるしあわせを。 タイムトラベルものは、よほど調理の仕方を誤らないかぎり話はおもしろくなる。それは時空を超えることによって巻き起こる騒動であり、能力自体が物語の軸となる。 本作が異なるのは、話が進むにつれて時間旅行の頻度が減ることにある。物語....
「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」 (セレンディピティ ダイアリー)
リチャード・カーティス監督の最新作、「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ '13:イギリス ◆原題:ABOUT TIME ◆監督:リチャード・カーティス「ラブ・アクチュアリー」 ◆出演:ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ、トム・ホランダー、マーゴット・ロビー、リンゼイ・...
アバウト・タイム 愛おしい時間について 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『ラブ・アクチュアリー』などで知られる リチャード・カーティス監督の新作でハリー・ ポッターシリーズに出演しているドーナル・ グリーソン主演、『誰よりも狙われた男』などに 出演しているレイチェル・マクアダムスを共演に 迎えた『アバウト・タイム 愛おしい時間に...
『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』 (こねたみっくす)
今日という時間は一度しかない。だから愛おしく美しい。 リチャード・カーティス監督が引退作として選んだ、自分の過去にだけタイムトラベルが出来る男を主軸としたこの感動作。 ...
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2013年 英国 上映時間:124分 監督:リチャード・カーティス  過去にだけタイムトラベルが出来る能力を持つ青年が、その能力をフルに使って意中の女性のハートをつかむというSFラブコメである。監督はあの『ラブ・アクチュアリー』でラブコメには
映画評「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年イギリス映画 監督リチャード・カーティス ネタバレあり
「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」 まさに時は愛おしい (はらやんの映画徒然草)
昨年公開された作品で、恒例の年末のブロガーさんのランキングでも評価が高かったのを