きばなの硝子瓶

呑兵衛夫婦の日々の食卓.......

タタキなめこ(ねばねば和え)

2018-09-22 | 和えもの
                

すこしだけ残ってた「なめこ」を茹で冷蔵してあったので
それを叩いて味をつけ、ほかの「ねばねば」と合わせてみた


◆タタキなめこ

 ・茹でて冷蔵してあった冷たいなめこ
 ・包丁で細かくたたく
 ・少量の根昆布だし・うすくち醤油


◆サイコロ切りのとろろ芋(水っぽいタイプ)
◆めかぶ(味付け)
◆赤パプリカ(みじん)
◆あぶらげ(油ぬき・みじん・乾煎り)
◆小葱


 ・醤油を添えて供す

※レンゲだと食べやすい





おまけ...................



ふだんダイエットでりんご夕餉のおっとも、週末はおつまみを食べて晩酌する

だけど何も拵える元気がなかったので、お弁当の残りもんの「唐揚げ」を揚げて
それだけでは少なかったから、冷食の「白身フライ」を揚げた(揚げすぎてまた失敗)
そのついでに茹で卵も添えた、青レモンとソースとマヨネーズと醤油も添える

こんなとき、常備していた「冷凍パセリ」があると見た目も風味もいいのに
先日の停電で処分、あたらしく拵えとくの忘れてた..................


おまけのおまけ........................



おにぎり屋さんのおにぎり、ちょっと高いけどそのぶん大きい
ご飯も中身も美味しく、お初の「高菜納豆」が美味しかったらしい(おっと談)

だけどやっぱり「すじこ」は止めといた方がよい





コメント (2)

なっぱ油揚げのナメコ和え

2018-09-22 | 和えもの

◆なめこ

 ・下茹でして笊にあげ、めんつゆをかけ和える
 ・笊のまま冷まし、水気をきる

◆あぶらげ(下茹で)
◆ほうれん草(下茹で)

 ・根昆布だし(ちょっぴり)
 ・うすくち醤油
 ・露しょうが

 ・ごま油(ちょっぴり)


※それぞれ、下茹でしたあと水分はキッチリ処理すること




ついでに........................



おっとのダイエット夕餉、りんごサラダ

◆りんご
◆そのときある生野菜

◆市販のフレンチドレッシング(白)
 ヨーグルトの上澄み液・マヨネーズ・胡椒

 ・材料はすべて冷たく、ドレッシングも冷たく
  暑い日は、器も冷たく.................




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ただいまの気温は15℃、くもり、ときどき雨


ゆうべは爆睡、タオルケットを蹴飛ばしてなかったところをみると
本当に熟睡していたらしい、この数日よく眠れるようになったせいか、
昼間の不快な睡魔がすこし減った気がする、そういえば昼寝タイムもない

朝から頭がぐらぐらしてたからな~ここんとこずっと

数日前から、昼間は「こっち専属の乳母」をやってるもんだから
のんびり気ままに家事をやることもできず、オカメの顔色をみながら
あいまあいまの小走り家事を展開してるせいか、運動量があったのかも(笑)


オカメのこっちは、引っ越し直前に危篤状態になって諦めかけたけど
奇跡的に回復し、そのご無事に車と船旅を終え札幌で暮らしはじめた

しばらくは見違えるように元気になって、完璧に回復はしないまでも
まだ数年は生きていてくれるかな?と期待してたんだけど、甘かった

夏前からまた徐々に悪化していき、保温や栄養などに気を配ってきたけれど
何度かまた危篤状態になって、今度こそダメかとあたしも諦め泣いていたが
そのたんびギリギリで何かを食べ、それがキッカケで持ち直す、を繰り返す

でも、持ち直しつつも、身体はどんどんダメになり動くと苦しいからか
しばらくは、暗くして保温したカゴの中で「ひきこもり生活」だった
だから触れ合うこともできず、このままお別れか~と寂しかった

気づけば片目が見えなくなってるらしく、それで体のバランスがとれずに傾き
力もなくなってきてるので、飛ぼうとしても飛べず転がってしまう状態で........


そんなんでもなぜか元気になってきて、朝になるとカゴから出たがるようになってくる

(今もこれを書いてるとき大きな声で鳴いて出せと要求、おっとが面倒をみてる)

だけどすぐにウツラウツラとするからカゴに入れようとすると、暴れて嫌がり
あたしの身体からも離れたがらず、仕方がないので布団で一緒に寝ている

片腕で抱っこ寝しながら、あたしは読書したりスリザーリンクしたり、あいまに餌を食べさせ
水までクチバシへもっていって飲ませている(こ~しないといつまでも食事しないから)

こっちを布団に残し、トイレや家事をしようと離れると、2分くらいは待っていてくれるけど
それ以上になると鳴いて呼び、それでも来ないとなると、フラフラと部屋中さがし歩いてしまう

身体が弱ってきたから防衛本能が強くなり、守ってくれる者のそばにいたいんだと思う

だけどこんなふうにヨボヨボになってはいるんだけど、身体は以前よりラクなようで
苦しそうなそぶりも殆どないし、ヨボヨボなりにのんびりと日々を楽しんでいる

もう一歩、先へすすんでしまったって感じだけど、パリパリと餌を美味しいそうに食べる仕草や
べったりとすりよってきて、お互いの体温を感じながらお昼寝したり掻いてあげたりと.......

(子守担当のおっとがトイレにいったので、今はあたしの左肩にのって掻けと耳を齧ってます)

諦めていたスキンシップもとれるし、ヨボヨボなりに以前のように暮らしている姿をながめ
飼い主の心はとても慰められている、願わくばこのまま時が流れていってくれると嬉しいが

それは無理だろう

だったらせめて、あとどのくらい時間が残ってるかわからないけど(これが意外とあるから驚く)
お嬢のわがままをきけるだけきいて、このまま穏やかにゆっくりとお別れできたらいいなぁ~と

食べたがるもの何でも食べさせてやりたい、気が済むまで添い寝してやって(長期戦かもだけど)

こんなことを来年も言っていられたら幸せだなと、どこかで願いつつ
左肩で羽繕いしているこっちに話しかけながら、近況報告をおわります

地震のときは心配してくださった方がたくさんいて、本当に幸せもののオカメだなぁと感謝しています

ほら、お礼いいなさいと話しかけたら後ろをむいてしまいました、ご無礼陳謝

あっ、すっちは絶好調です、こちらも夏ごろ弱りかけたけど栄養を強化したら復活
元気すぎてうるさくて困ってます、さっき頭上をホバリングしてむこうへ飛んでいきました


・・・一昨日のふたり・・・


コメント (2)

砂肝ガーリック

2018-08-31 | 和えもの

砂肝を茹でてから下味をつけ、最後にガーリック油を和える
白髪ねぎをたっぷり天盛りして、混ぜながら食べた.........


◆砂肝

 ・下処理し、薄切りする
 ・サッと茹でて、笊にあげる

※灰汁のモロモロがあったので、水をすこしかけた

◆紹興酒・醤油・テーブルコショウ

 ・砂肝が熱いうちに和える

◆ガーリック油

 ・熱いガーリック油(※)をかけ和える

※新にんにくスライスを、ごま油で狐色に揚げる
※にんにくチップスをカリカリで食べたいなら、除けておく

 ・粗熱がとれるまで漬ける

 ・盛りつけて

◆白髪ねぎ・糸とんがらし

※お好みで酸味を加えてもいい



コメント

胡瓜のキムチ和え

2018-08-25 | 和えもの
                

1ヶ月ほど前に仕込んだ「※キムチの素」で、生の胡瓜を和えただけ

微かに酸味がでて、熟成した味でとっても美味しい


◆胡瓜

 ・細長い乱切り(冷たくして)

◆キムチの素(※これ



◆醤油(少々)
◆白ごま(指で擂り潰しながらタップリ)

 ・よく和えて盛りつける


軽く漬けこんだのも美味しいけど、サラダ感覚のも瑞々しくて美味



コメント

竹輪キムチの胡瓜ぞえ

2018-08-16 | 和えもの

いつぞや仕込んだ「※簡単キムチの素」をつかって、簡単おつまみ


◆ちくわ(紀文の焼きちくわ)

 ・切って茹でる
 ・笊にあげ湯をよくきる

◆簡単キムチの素(※これ
◆醤油(ごく少々)
◆ごま油(ごく少々)

 ・ちくわを和えて盛りつける

◆胡瓜の薄塩
◆白ごま

 ・ギュッと絞って盛りつけ、白ごまを


キムチの素は、熟成して美味しくなっていた




コメント

トマトもずく酢

2018-08-07 | 和えもの

◆もずく酢(市販品)
◆フルーツトマト
◆とびっこ

 ・すべて冷蔵庫から出したて.......


おわり

つるんと冷たくてとっても美味しかった


コメント

若芽のとびっこ和え・・・炙り椎茸・チーズ卵焼き

2018-06-05 | 和えもの
                      

札幌に越してきてから「とびっこ」を常備している
わりと日持ちするものなので、役にたつ助っ人だ


◆わかめ

 ・塩蔵わかめ(北海道)をサッと戻し
 ・熱湯をかけ笊にあげ、刻む
 ・ギュッと絞る

◆とびっこ(醤油漬け)
◆ごま油

 ・和える

◆大葉

 ・繊切りし水に晒して、ペーパーで絞る
 ・天盛りする





魚グリルで強火でサッと炙り(長々と炙ってるとミイラ化)
おろし生姜・生しょうゆをかけ、熱いうちに食べる



きび砂糖いりの卵焼き、芯に三角チーズの切ったのが2つぶん入っている
おっとはそのまま、あたしはお醤油をちょっと垂らして食べた


あと、豆菓子などで呑んだ




コメント

うどの酢味噌あえ(梅シロップ)

2018-06-04 | 和えもの
                      

酢味噌に「梅シロップ」を使うと、爽やかでツンツンしない味


◆白味噌(粒)

 ・すり鉢で擦り

◆梅シロップ
◆千鳥酢(少々)

 ・味をみながら、よく擦る

※きび砂糖や蜂蜜を足してもいい
※酸味が苦手なら、梅シロップだけでいい



◆独活(北海道の)

 ・厚く皮をむき
 ・斜めに切って、酢水に晒す

 ・砂糖をいれた湯で湯がき
 ・水に晒す



 ・酢味噌に和える(全量は使わない)
 ・しばらく置く



 ・でてきた水分を捨て(全部じゃない)
 ・あらたに酢味噌を和え、供す



今回は厚めに切ったので、こんなふうにして味を滲みさせた


コメント

舞茸煮のかいわれ大根あえ

2018-05-21 | 和えもの

舞茸をサッと煮て、つめたく冷やしといて
供す直前に、かいわれ大根と和える

かいわれのシャキシャキと辛味と緑が、舞茸煮とあう

美味しい


◆舞茸
◆酒・濃縮めんつゆ

 ・サッと炒り煮する(味は濃くしない)
 ・冷めたら冷蔵庫へ..............

◆かいわれ大根

 ・ざっくり和えて、盛りつける


※参考レシピは、出汁・酒・うすくち醤油であっさりと煮ていた
※仕上げに、油を足してもいいかも








コメント

韓流さきいか

2018-05-13 | 和えもの
                      

◆さきいか

 ・ひたすら細く裂く



◆ごま油
◆コチュジャン
◆韓国とうがらし
◆うすくち醤油
◆すりごま(たっぷり)

 ・ボールの中でよく混ぜてから、さきいかを入れ
 ・手で揉むようにして、よく味を馴染ませる

 ・絡まないように、ほぐしながら盛りつける


※大蒜を使ったり、甘味を追加してもいい



コメント

山独活の辛子酢みそ

2018-05-10 | 和えもの

北海道のうど、皮をむいて晒し砂糖湯で茹でた(※下記事)
それに、辛子酢みそを和える...................

香りよく、歯ごたえとよく、美味しかった

※葉の蕾部分の茹でたのも和えた

今回は白みそがなく、自家製の赤い田舎みそしかなかった
和えると汚くなるから、盛りつけながらポトッポトッと落とした

擂鉢に.....................

◆手前味噌
◆梅シロップ
◆きび砂糖

 ・擂りまぜて

◆辛子(粉を練ったもの)

 ・混ぜる


コメント

キムチたらこチーズ

2018-05-10 | 和えもの

酒肴、海苔で巻いて食べた


◆キムチ(こまかく刻む)
◆たらこ(ほぐす)
◆三角チーズ(小さく切る)
◆きざみ葱(ねぶか・小葱)
◆ごま油・醤油(各少々)
◆白ごま





コメント

春かぶのキムチあえ

2018-04-29 | 和えもの

◆かぶ(北海道産)
◆ゲランド塩

 ・ごく薄塩をあて、しばらく置く
 ・でてきた水分を捨て

◆キムチ(刻んで)
◆うすくち醤油
◆半殺し白ごま

 ・ざっくり和える


コメント

胡瓜とチーズのとびっこ和え

2018-04-26 | 和えもの

◆胡瓜こんぶ漬け(うんと薄塩)
◆三角チーズ
◆とびっこ(わさびを和える)

 ・盛りつけ、和えながら食べる


胡瓜漬けとチーズに、わさび風味の「とびっこ」があって美味しかった


コメント

一文字ぐるぐる

2018-03-12 | 和えもの

葱を茹でて、ぐるぐる巻いたもの



◆浅葱

 ・葉先を切って、茹でて冷ます(グッと水分をしごいとく)
 ・根元を折り畳み、残りを「ぐるぐる」巻きつける

※意外と歯ごたえがあるので、大きくなりすぎないよう注意する
※太いものは2つに裂いて、細いものは2本まとめて

 ・小鉢に盛りつける


◆白味噌(西京みそ)
◆梅シロップ
◆グラニュー糖・醤油
◆和がらし

 ・よく練って、一文字ぐるぐるにかける




コメント