遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 




東京都民より神奈川県民より千葉県民より懸命な選択だった...
と言ったら叱られるだろうか。
築地虚言東京都知事カジノ容認の神奈川県知事子どもを大事にしない
なにかと問題あるオレは男だ千葉県知事 ...大野氏はまだ未知数だが 
期待がもてる。

もっとも自公が県民をなめていたのだ。この難しい時代700万県民
を抱える埼玉県の舵取りをスポーツライターにまかせようとするなんて。
自民党はいつものとおり業界を巻き込んでの業界選挙だったが ここの
ところ 業界の人たちも思ったように動かないようである。ご愁傷さま。
日々 国民をないがしろにしている 当然の報いである。


だが どんなに実直そうに見えても温厚そうに見えても 県民は
油断してはならない。権力はひとを腐敗させる。過去は如実に物語る。

因縁の暦代埼玉県知事の軌跡である。

昭和47年 畑知事は元川口市長大野元美(大野知事の祖父)を破って当選
平成4年の県知事選挙で6選を目指すが、自身の実弟を含む建設業者
による「埼玉土曜会」談合・献金疑惑が起き、出馬を断念。政界を引退。
畑知事は社会党右派であったが その後社会党を離脱した。
平成4年 自民党公認土屋義彦氏が県知事に当選。
平成15年 政治資金規正法違反え長女桃子が逮捕され辞任 娘の名を
人造湖につけるなど 任期後半は公私混同が目立った。
平成15年上田知事当選
新自由クラブ 自民党 新生党 新進党 民主党と渡り歩いた方。
しかし中身は右派で ジェンダーフリー反対 君が代を歌わない教師は
やめるべき発言 人員削減に励み 県立図書館がつぎつぎ消された。
自身の多選自粛条例を撤回四選 Mテック談合疑惑 パワハラ セクハラ
疑い惑。

対立候補青島氏はもと春日部共栄の野球選手 そのせいか 越谷草加
春日部では 大野氏の得票を上回った。

気になるのは 毎日?の出口調査では 3 6 で大野だったのに
意外に接線だったこと... 都知事選とまではいかないまでもなにか
やっているのかな....


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 6000日のもの... 24時間テレ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。