アル中(歩中)オジさんのフォト日記

 散歩中の出来事などを中心に写真とともに日記風に綴ったものです。

締めくくりは八重桜

 | Weblog
 やっと、というか落ち着いた暖かさの季節が巡ってきました。16日も東京は快晴で気温も21度を超え、日中は半袖でも十分なくらいのお天気が続きます。長いこと咲いててくれたサクラもソメイヨシノに代わってシーズンの締めくくりになる八重桜が見頃を迎えました。八重桜は品種ではなく、八重咲きのサクラの総称だそうで、お花見の定番ソメイヨシノが花びらが5枚しかないのに対して少なくても10枚から多いのは100枚もの花びらが重なって咲きますね。その形から牡丹桜とも呼ばれますが、遠目に見ても重量感のある花がたくさん咲いていると圧倒的な見応えです。

 今年は長い間咲いていましたがソメイヨシノの開花期間は大体1週間ほどで儚い命ですが、八重桜はソメイヨシノが終わった頃に咲きだし、咲いている期間が長く5月ごろまで見頃が続くのがいいですねえ。関山、一葉などさまざまな種類がありますが、写真の花は福禄寿だそうです。室町時代から存在しているそうで、和歌に詠まれることも度々で、古くから親しまれてきたサクラです。ちなみに今、サクラと言えばソメイヨシノが代表的ですが、こちらは歴史は浅く江戸時代に染井(今の東京都豊島区)の植木屋さんで売り出されたのが始まりだそうです。品種ではなく、接ぎ木で増やして広まった、いわばクローンで、ほぼ一斉に咲き、同じく散るというのもそのせいなんだったて。
コメント (2)