むしろイランだけ─


 旅と世界遺産を掲載しているブログ3にて、
ペルセポリス編その2を作成しました

 これでようやく、去年行ったイランの世界遺産9件を
全て書き終えました。
 もうすぐ1年経とうとしているのに、やっとかよ!

 それを言ってしまえば、2年前に行ったトルコも、
3年前のネパールも、4年前のスリランカも、
5年前のカンボジアも、6年前の中国も
未だに完成の日の目を見てないわけですが…
 むしろイランだけこんなに早く完成にこぎつけたわけです。

 早く完成させたかったのは、それだけ面白かった!ということでもあり、
みんなにイランの姿を見てもらいたいと強く思ったことでもあり、
書いていても面白かった(一応事実関係のためにネットで検索したり
モノの本にあたったりしているのですが、その勉強時間もまた楽しかった)
ということでもあります。

 さて、一つは完結したところで、次はどれを完結させようか。
 そうこうしているうちに、次は9月の、新たな旅が
始まろうとしているわけですが…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


肝心の山の写真は─



 ブログ4にて、先週の登山で撮った鳥の写真
アップしておきました。

 肝心の山の写真はそっちのけで
先に鳥の写真からアップするあたり、
自分の登山に対するスタンスが
よく反映されているようです。


 さて、毎週のように登山をしてきましたが、
今週、てか今日は風邪の影響もあってか、
疲れて11時まで眠ってしまったため
山登りに行けませんでした。
 明日があるではないかと言われても、
明日は雨だから行けませぬ。

 でもまぁ、無理して行かなくても
いいではないですか。
 どっぷり休養する日もあるから、
こうやってブログが更新できるというものです。

 …まるで、ブログが更新出来ないのを
忙しさアピールに置き換えてるみたいだな!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


左膝を鍛える方法は─



 昨日の登山の写真を整理し終えました。

 さて、そのうち頂上からの景色を撮った写真を
何枚か記事に上げております。
 他にも、花や鳥や蝶も撮影しましたので、
それは別途ブログ4にでも上げる予定です。


 それにしてもちょっと面倒なのは、
撮った写真のうち何枚かは仕事用に回すので、
ブログで使う写真はそれらを外さないと
いけないということですな。

 さらに残念なのは、これはいい画が撮れた!と
思った写真は、仕事用に回してしまったことですな。
 そんなことを言ってしまっては、じゃぁこのブログは
没写真を拾って貼ってんのかって話になってしまうか…
 でも恐れることはない、昨日撮影した写真は
総数482枚なのだ、いい画はまだ他にもあるぞ…多分。


 


 何故か知らないけれども今日は一日中
腰が痛かった。
 おそらくは昨日の登山の筋肉痛だと
思うのだけれども、何故腰なのかはわからない。
 むしろ昨日は左膝を傷めたのだけれども、
何故か今日の膝は何ともない。

 しかしこの程度で痛いなどと言ってられない。
 今年8月は久方ぶりの、泊りがけの登山に
挑戦するつもりなのだから。

 そのためにももっと体力を付けなくては。
 あと、左膝を鍛える方法はないものだろうか…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


シジュウカラみたいな鳥─



 今日もまた、山に登ってきました。
 いい画もたくさん撮れました。

 でも写真を整理するだけで
無駄に時間がかかってしまった…
改めて、登山の様子をブログに上げるのは
また今度ということで。
(「今度」が何日後かはたまた
 何年後になるのかは不明ですが。)

 →1日後に上げたぞ!「登山3回目 高い山々を眺めるための山」


 現地で、
「あれはなんて鳥ですか?」
とすれ違った登山客に聞かれたので、
あれはシジュウカラです
と答えたのですが、
写真をじっくり見ると
どうも違ってましたね。
 なんかすいませんねぇ。

 シジュウカラみたいな鳥は、
カメラの前に現れるや、
どうだ俺をうまく撮ってみろと
言わんばかりに小刻みに枝を飛び回ります。
 こちらも負けじと、その跳ね回る姿を
4K動画に収めておりました。

 おかげさまで、被写体を追いかけながら
ピントをマニュアル調整する技術が
だいぶ上がったような気がします。
 今日はいい写真撮影の練習になりました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


登山3回目 高い山々を眺めるための山



 今年3回目の登山。

 結構高い山なんだけれども、
周囲にもっと高い山があるから、
登頂してもいまいち高いところに来たという
達成感が沸き上がらなかった…

 頂上は親子連れがとても多かった。
 5~6歳の子も登っていた。
 そんな簡単に登れるほど低くは
ないのだけれども…負けてらんないなぁと思う。



 群馬の中心地が一望できる。
 それにしても周囲の峰々はなんと険しい…
 これが、グンマーか…



 この山の名前の由来となった山が、
すぐ目の前に聳えている(ように感じだ。
写真じゃ案外遠く感じるけれども…)。
 きれいな形をした山だ。

 今回登った山から眺めるのが、
一番綺麗に見えるのではなかろうかと思える。



 そして反対側を観れば、
4年前に登頂した山がうっすらと
しかし稜線はくっきりと見えるでは
ありませんか。

 でもその左隣には、
未登頂の山が聳えているわけで。
 今年、登ってみっかな…

 今回は、周囲の高い山々を眺めては
次に登頂する山を考えるという、
そういう登山なのであった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ