千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

「新たな

2012年12月18日 | 企画

新たな捜査手法導入に反対」 山下幸夫弁護士 12月22日(土)

山下幸夫弁護士とは、パソコン通信時代からの長い付き合い。

救援連絡センター機関紙「救援」では、20年以上の連載コラム。8面の彼と、2面のわたしが続いている。

このまえ逢ったら、50歳と聞いて愕然としたわん。

ところで下記の討論会。よろしくね。

そのあとは、望年会だあ。今回も足立昌勝関東学院大学教授が、手ぐすねひいて待ってるわ。

日時   2012年12月22日(土)14時∼16時

提起   山下 幸夫さん(弁護士)

場所   日本橋公会堂第3洋室

東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目31番1号(地下鉄人形町駅、水天宮駅下車)

現在、法務省で法制審議会新時代の刑事司法制度特別部会が開かれています。ここでは、「新時代に即した新たな刑事司法制度の在り方について」とするテーマの下、具体的には警察が望む「新たな捜査手法の導入」について論議され、取り調べの録画・録音を取り入れることとバーターで、盗聴捜査の拡大、おとり捜査、潜入捜査、黙秘権否定などが新たに導入されようとしています。全体として警察・検察の権限を強化し、治安弾圧体制の強化を実現しようとしている、と言わざるを得ません。

先日、ようやく再審無罪が確定した東電女性社員殺害事件でのゴビンダさん裁判、また村木事件、小沢事件など多くの冤罪事件で、警察・検察の証拠隠し、証拠ねつ造・事件デッチ上げ、組織的腐敗が暴露され、取り調べ可視化が強く求められてきました。

しかし、法制審では取り調べの可視化について、さまざまな条件づけや、部分可視化にとどめようという警察・検察の抵抗が続いています。「新たな捜査手法」とは、警察による全面的盗聴、室内会話盗聴、スパイ潜入による組織の内部情報の入手、司法取引による証言強制、黙秘に対する不利益推定、虚偽の供述処罰、DNA型データベース拡充など、これまで日本の刑事司法では「汚い捜査手法」として認められてこなかったものです。

法制審での論議の進行状況は、日弁連などの委員から「全面可視化」が主張されていますが、警察・検察側委員を中心に抵抗が強く、全体として供述自供中心主義捜査からの脱却なき捜査権限拡大となろうとしています。法制審特別部会で16回、論議が行われてきましたが、記事録と会議資料はかなり遅れて公開されているのが現状です。重大な刑事司法制度の改悪の問題であり、本来は公開の場で論議されるべきです。まったくといってよいほどマスコミは報道せず、学者の中での論議も進まず、労働者民衆は何も知らないまま、改悪が行われかねません。私たちは法制審議会の動きにさらなる警戒を強め、労働者民衆の中での論議、危険な改悪への批判活動を続けます。12・22討論会にご参加下さい。

連絡先  「新しい捜査手法」を考える会

東京都港区新橋2−8−16石田ビル5階 救援連絡センター

TEL:03−3591−1301 FAX:03−3591−3583

Comment   この記事についてブログを書く
« 智詠との | TOP | 80歳 »
最新の画像もっと見る

post a comment